*

究極の対決(選択)!気持ちが引き裂かれる対戦。試合の結果は?

その昔、それは今から20年前のことです。1998年。日本代表が初めてワールドカップに出場しました。ワールドカップ98。フランス大会でした。

 

日本代表のグループリーグの相手は、アルゼンチン、クロアチア、そしてジャマイカでした。で、初めてのワールドカップの試合の初めての相手が、アルゼンチンでした。

 

私は当時、すでにサッカー人としては、アルゼンチン人となっていました。つまりサッカーではアルゼンチン人。でも日常生活では日本人という人間で、その人間としてはこの「アルゼンチンvs日本」というガチ試合は、非常に複雑で非常に贅沢(?)で、非常に困惑した気持ちを持って観戦したのを今でも鮮烈に覚えています。

 

日本にはお世話になっているし、日本の初めてのワールドカップで是非とも頑張って欲しい!とは思いつつ。。。アルゼンチンとしては「神様からのプレゼント(~抽選結果の翌日、当時のアルゼンチンの新聞ではこういうタイトルが一面に載りました)」をみすみす逃すなんてのは考えれられん。できれば得失点差を考えたらボコボコに日本をいわしておかんと。まさかヘタレヤポネに万々一でも負けるようなことがあったら・・・。なんて考えたくもない。

 

<Sponsered Link>



 

そんな胸中を他の日本人の人に打ち明けられるわけもなく・・・独り悶々としたものでした。

 

正直「こういう対戦はシンドイな。もうええわ」と思っていました。ある意味究極の選択です。

 

が、なんと!

 

そんな、私の胸中をかきむしるような対戦が、またまた実現してしまいました!それが今日行われたのです!

 

その試合は、ワールドカップのイングランドvsクロアチア戦のことではありません。アジアの片隅の日本という国の、西が丘という会場で、19時から!ひっそり(?)と行われました。天皇杯の3次ラウンド。

 

「東京ヴェルディ1969vs関西学院」

 

 

そうです。サッカー人としては、私の故郷であり、望郷であり、憧れの、あのミドリのクラブ(このブログ名、私のHNの原型でもあります)と、10年間の学び舎であり、これでも一応そこのサッカー部に籍を置いたOBの身としては、どっちが勝てば良いのか?どっちが勝ってもガッツポーズが出るし、どっちが負けても頭を抱えるわけです!

 

ああ、なんという不幸!なんという幸せ!まさに究極の対決(選択)です。

 

「頑張れ!〇〇〇〇!■■■■なんか、いわしてまえ!」

 

う~~ん、〇〇〇〇と■■■■に、どっちが入るのか?わからへん!(爆泣)

 

で、さきほど試合が終わって、結果が出ました。結果は・・・

 

サッカーの故郷、東京ヴェルディ1969が1-0で勝利。

 

ちょうど20年前に対戦したアルゼンチンvs日本も、スコアは1-0でした。歴史は繰り返されるんやね。

 

となると、僕がまだ生きている間に、こんな究極の対決(選択)の試合がまたやってくるんやろうか?正直こういうシンドイ思いはもうええけど(汗)

 

まさか「アルゼンチンvs関西学院」とか?(爆)

 



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

最後の球回しはお見事!ポーランド戦の採点です

それではポーランド戦の採点です。 GK 川島 7.5 ようやく出ました!カワシ~マ、ビッグセービ

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【タ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

バロンドールのモドリッチと区別がつかなかったもう一人の選手とは?

2018年のFIFAが「年間最優秀選手賞」を発表して、「モドリッチ」が、11年ぶりに「あの二人」以外

記事を読む

ドイツvsメキシコ戦の所感。やっぱ守備やなぁ~。もう一度アギーレを呼ぶ?

人はよくスペインのことを「無敵艦隊」と呼んでいるが、僕から言わせるとホンマの無敵艦隊こそドイツ。ドイ

記事を読む

西野ブランド赤丸急上昇!セネガル戦の採点

それではセネガル戦(WC)の採点です。   GK 川島 5.5 出た出た出た出た~~

記事を読む

日本代表で初?現象!これほどサッカーが面白いとは!

森保監督の日本代表、通称ポイチ・ジャパン(これ言ってるの、だんだん僕のところだけになってきた気もする

記事を読む

ラファエル・シルバの中国移籍に球団は痛手。という報道に違和感を感じるところは?

出ました!ラファエル・シルバの中国電撃移籍。こんなん今に始まったことでも何でもないっしょ?ひと昔前か

記事を読む

サッカー日本代表に、ラファエル・シルバを入れる方法(画期的な賀川浩案!)

浦和レッズが10年ぶりに、ACL王者に輝き、12月6日から始まる「クラブワールド

記事を読む

おめでとうヤット!でもヤットの偉業は、まだまだ続く!

このブログを「スポナビ」時代から読んでいただいている読者の方々であれば、私(読裏)が、アルゼンチン人

記事を読む

「ローマは一日にしてならず」は、サッカー界の新しい「ことわざ」 です。

世の中にはいろいろ機知に富んだ「ことわざ」がある。アナタは「ことわざ」と聞いて直ぐに思い浮かべるのは

記事を読む

サイドバナー




Comment

  1. ベルントシュスター より:

    観戦しましたよーん!

    乾杯ちう(^-^)/

    そういえば…1985キリンカップの日本代表戦。1-0で勝ち!(^-^)それもここ西が丘でした!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




10年ぶりに復活した「入れ替え戦」がヤバ過ぎるぜ!だからサッカーは面白い!

プロ野球になくてJリーグにあるものはなんでしょう?  

8181、ポケベル。50年の歴史に幕

ポケットベル。略してポケベル。   そのポケベル

残ってポンテ!

今回は前回のエントリー「フィンケの退任に思うこと」の続編に当たります(

フィンケ退任に思うこと。

名古屋が優勝したその日、もう一つのニュースが飛び込んできていました。浦

もしも巨人軍に「巨人軍ユース」があったなら?

本日はちょっと「ハイブリッド(掛け合わせ)」なネタ展開です。 &

→もっと見る

  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑