*

やっぱりサッカーは〇〇〇やねぇ~!

公開日: : サッカー , , ,

最近は新しいサッカーネタが少なくなってきてます。その中で元々あまり書かなかった「Jリーグ」ネタとなると、それこそメチャメチャ少なくなってきてます。

 

「読裏さんってJリーグ、あまり好きじゃないの?」とかよく聞かれます。

 

別にそんなこともないんだけれど、「書こう」と思わせるネタがあまりないので、自然と「アップ無し」になってます。

 

ところが最近、ひさしぶりに「これは書きたいよな」と思えるネタがありましたので、ちょっとのお時間を頂戴してお付き合いいただこうと思っております!(この前、生まれて初めて『落語』を見に行ったので、こんなフレーズが出てきます・・・苦笑)

 

皆さんは「やっぱりサッカーは〇〇〇(だ)よね!」と聞かれて、この伏字に何を入れますか?

 

「やっぱサッカーは楽しいよね!」

 

「やっぱサッカーはテクニックだよね!」

 

「やっぱサッカーは攻撃だよね!」

 

「やっぱサッカーは難しいよね!」

 

まぁ、いろいろあるでしょう。それは人それぞれ。否定はしません。ですが、僕は、やっぱりこの伏字にはこのコトバを入れたい!

 

「やっぱサッカーはマモリ(守備)だよね!」と。

 

これを実感したのが、今年のガンバ大阪の1年間でした。

 

最近のガンバ大阪って、どこか中途半端というか、それとはちょっと矛盾するんだけど、「コンセプト優先」というか。「俺たちのサッカーは攻撃サッカー」と標榜しているが故に「勝つ」という目標というか目的が中途半端になっているように思えてならんかったんですよ。

 

挙句、ダービー相手の「セレッソのクルピ」なんかを連れてきて、別の意味で「本気」を出したんだけどこれがまたシーズン開始からズッコケまくって。W杯で中断する時には「また降格か?」という位置まで堕ちておりました。

 

なんせ2月から6月までの15試合で4勝3分8敗で勝ち点16。順位はその時点で16位。降格の危機が漂いはじめてました。

 

クラブは、ここで最もポピュラーな打開策、つまり「監督交代」という手段をとって起死回生を図ります。ま、たいていはそれほどうまくはいかないんだけど、これしか手がないからね。

 

 

<Sponsered Link>



 

その危機脱出の新監督として白羽の矢が立ったのが(ガンバの監督は別に白羽の矢を立てる犠牲者の目印ではないけれどね)ツネ様こと宮本恒靖。当時はガンバU23の監督としてJ3を戦ってました。

 

このニュースを見たときも「ふ~ん・・・ま、それぐらいしか手はないんやろな」というのが正直な感想でしたが、僕が仕事で忙しく日々を過ごしているうちに、僕が宴会でビールをたらふく飲んでいる隙に、僕が週末に原稿を書くのに必死でそっちへ意識がいかなかったのを尻目に・・・

 

グングンと順位を上げ・・・ませんでした。

 

宮本監督になってからも、鹿島に分け、磐田にも分け、名古屋に大逆転負けをくらうわ、仙台でも負けるわ、勝利は遠く、「そう言えばガンバ、どうなってるかな?」なんて思って見たら、22節ではとうとう最下位に。

 

「そら、急に監督やれって言われてもしんどいわな」と、思ってました。

 

ところが

 

僕が仕事で忙しく日々を過ごしているうちに、僕が宴会でビールをたらふく飲んでいる隙に、僕が週末に原稿を書くのに必死でそっちへ意識がいかなかったのを尻目に・・・

 

今度は順位をどんどん上げていきました

 

23節で17位

24節で17位

25節で17位

26節で17位

27節で17位

 

と踏ん張り、ここからは

28節で13位

29節で12位

30節で10位

31節で9位

32節で9位

33節で8位

と、急上昇!最終節を残して見事残留を果たしました。

 

当時、宮本監督が就任最初のミーティングで発したメッセージは「1部残留」!「残り17試合を8勝9敗で勝ち点24を積み上げる!」という、具体的なもの。「残留!」という掛け声だけに終わらせず、8勝9敗という、かなりイメージしやすい目標を掲げ、且つその達成する必要要素として「ハードワーク」を求めたのです。

 

「ハードワーク」を実現してその結果7勝10敗ならそれは時の運であると。

 

最終的なゴールの勝敗目標は掲げながらも、実施する目の前の目標は、より具体的な「ハードワーク」。

 

これ、かなり経営論に使えそう(苦笑)

 

で、結果は・・・ラスト10節を9勝0敗!で通過!

 

中盤には高校出のダイナモ、高を起用したり、前線の助っ人にもじっくり時間をかけてチェイスの必要性を説いたり、とにかくチーム全体の守備の意識を徹底的に叩き込んだわけです。

 

この結果、9連勝中の内容は

 

1-0が3試合

2-0が1試合

2-1が4試合

3-1が1試合

 

2点獲っても3点失っていたガンバが、堅守のクラブに見事に変貌をとげたわけです。

 

西野さんの時に打ち出した「3点獲られても4点獲って勝つサッカー」を目指したガンバ大阪。そのガンバを救ったのは、あきらかに守備!ディフェンス!そしてそれを支えるハードワーク!

 
「やっぱサッカーはマモリ(守備)やねぇ~!」

 

と、本気で思った次第です。

 
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!
 

 

 

サイドバナー




関連記事

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか、「王の中の王」とか。これぞ!

記事を読む

大迫招集拒否に思う、「日本もとうとうここまで来たか」という嬉しさ。

今年のポイチ・ジャパンの最大の試金石は、アジアカップではなく、もちろんキリン・チャレンジカップでもな

記事を読む

ロシアW杯組分け決定!一番早い8つのグループ評価

ロシアW杯の抽選会が、モスクワ宮殿で厳かに行われ、我々日本代表は最終のH組、の、

記事を読む

ラファエル・シルバの中国移籍に球団は痛手。という報道に違和感を感じるところは?

出ました!ラファエル・シルバの中国電撃移籍。こんなん今に始まったことでも何でもないっしょ?ひと昔前か

記事を読む

ワールドカップへの最終調整試合。やったぜ!Bチーム!パラグアイ戦の採点

それではパラグアイ戦の採点です。   GK 東口 5.0 今回、ワールドカップで日本

記事を読む

チャンピオンズリーグの準々決勝(ラウンド8)の結果をここで知ることが出来るとは!

4月4日は、桜の満開もピークを迎え、甲子園では選抜高校野球の決勝戦が行われ、プロ野球は開幕後の2カー

記事を読む

Jリーグ開幕!ビッグ3で黒星スタート!だからサッカーは面白い

平成最後の・・・あ、いや、新元号の最初の・・・Jリーグが、いよいよ始まりました!!  

記事を読む

怪物くん。引退を表明。ドリフ大爆笑のあの鉄板フレーズはもう使えないのか?

アナタは「怪物くん」と聞いたら何を思い浮かべますか?   「♪おれは、かいぶつ

記事を読む

韓国君に教えたいこと。オーストラリア君に教えてもらいたいこと。

アジアカップのベスト8が出揃いました。常連の韓国も、オーストラリアも、イランも順当に勝ち上がってきて

記事を読む

ストッキングをずらして似合う選手ベスト5の発表!

日本人は番付が大好き。お相撲さんの世界はもちろんのこと、毎年行われる「ヒット商品」だってしっかり番付

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




新元号決定直前企画!新元号の本命はコレだ!?

いよいよあと数日で新元号が発表されます。発表は4月1日の月曜日、まさに

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアと

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑