*

ヤンマーディーゼル化する?パナソニック

公開日: : サッカー

2017年シーズンでJリーグ制覇には届かなかったものの、ルヴァン・カップと天皇杯の2大カップを制覇したセレッソ大阪。天皇杯の優勝回数が4回と数えられた人に違和感を持たなかった人は、それなりにサッカー歴が長い人でしょう。

 

セレッソ大阪の前身は、知る人ぞ知る、関西サッカーの雄「ヤンマーディーゼル」。釜本邦茂氏という不世出のストライカーが所属し、それ以外にも阿部さんや楚輪さんなどのクレバーな中盤の選手、山野兄弟や、西村さんなどの粘着系DFが所属し、そして我らが大先輩!加茂周さんがいた名門チームです。

 

残念ながらそのヤンマーは、Jリーグ発足当時の「オリジナル10」に入ることが出来ず、そこに席を置いたのが、当時の松下電器。今のガンバ大阪です。

 

そのガンバ大阪の前身の松下電器の前身はヤンマーの2部的組織のヤンマークラブだというのも何かの因縁(←このネタはまたどっかでちゃんとしっかりとご説明させていただきます)。

 

全国的にはガンバの方が大阪のクラブの筆頭というイメージで、発足当時は結構「jリーグのお荷物」などと揶揄されながらも、遠藤・二川・明神・橋本の黄金のカルテット時代に一気に強豪クラブの仲間入り。西野政権にてその地位は確固たるものとなっていました。ま、遠藤保仁という存在がデカいかもしれんけどね。

 

そんなセレッソ(ヤンマーディーゼル)とガンバ(松下電器=パナソニック)の関係が、ここにきてかなり変わろうとしています。

 

<Sponsered Link>



 

先の「セレッソ=カップ2冠制覇」「ガンバ=無冠」というのもありますが、それよりもこの変化を象徴していたのが、2017年シーズン終了間際に発表された監督交代。西野氏に次ぐ長期政権か?と思われた長谷川健太監督を契約満了で契約を終わらせ(というよりも事実上の解任・更迭)、その後任監督に、あの「クルピ」氏を招聘したのです。セレッソがガンバを追うという形が、どこかガンバがセレッソを追うという形に。

 

「クルピ」氏と言えば、セレッソの育ての親とでも呼ぶべき存在。香川、清武、乾を育て、柿谷も師と仰ぐ名将。そのクルピ氏が来年からは、ダービーと称されるほどのライバルである「ガンバ大阪」の指揮を執るわけです。

 

このニュースを見たときには「へぇ~、ガンバもやるやん!結構本気でクラブの強化に乗り出すんやなぁ~」と思ってそれなりに感心はしたんですよ。

 

しかし、ここ数日のこのネタを見てその気持ちはかなり変わりましたな。それは・・・

 

「ガンバ大阪、FW不足解消に柿谷獲得を検討」

 

え~~~?そういうことなん?それやる??

 

というのが正直な感想です。ま、シーズンオフの移籍報道ってどこか「書いたもん勝ち」という気がしないでもないけれど、それでもねぇ~。「火のないところに煙は出ない」って言うしさ。

 

これがもし実現したら、ちょっと来年は騒がしくなるかもよ。

 

ま、セレッソサポの皆さん、くれぐれもキンチョーの地に、豚の頭だけは飛ばさんようにしてね。

 

 

サイドバナー




関連記事

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ヤ】【ワ】【ン】の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

「読裏クラブのワンツー通し」が遂に書籍化決定へ!?

スポナビさんにて、2008年から始めたブログ「読裏クラブのワンツー通し」が、この春になんと!「本」に

記事を読む

1位がネイマール、2位がメッシ、49位がクリロナ!?って。これ、何の順位やねん!?

1位はネイマール。(うん、まぁそうかい。ちょっと買いかぶりかもよ?)2位はメッシ。(全然面白くもなん

記事を読む

祝Jリーグ開幕!新四半世紀のスタート。今年の目標はこれだ!

いよいよです。今年もまたJリーグが開幕です。今年でJリーグも26年目。25年を四半世紀として一区切り

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ア】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ナ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

南米っていう表記は本当に正しいのだろうか?その疑問を今、全公開します!

「読裏クラブのワンツー通し」時代からこのブログを読まれている方々ならば、私が実はアルゼンンチン人であ

記事を読む

天皇杯決勝にサッカー界の大谷翔平登場!その選手の名は!?

1月1日の元旦。サッカーを愛する人ならば、元旦イコール天皇杯決勝。これがもう身体に沁みついていること

記事を読む

ストッキングをずらして似合う選手ベスト5の発表!

日本人は番付が大好き。お相撲さんの世界はもちろんのこと、毎年行われる「ヒット商品」だってしっかり番付

記事を読む

結果が大事?プロセスが大事?サッカーの実在派と実証派との間の話。

先日読んだ「物理学」の本で面白い表現がありましたので、ここでちょっと引用させていただきます。

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




『ホンマに来るの?度』史上最大!あのイニエスタがやってくる!その計り知れない影響度

イニエスタが神戸にやってくる?というニュースを最初に見たときには「おう

アーセン・ヴェンゲル退任。遂にこの時がきた!さぁ、次はどこへ?言いたいことは解るよね?

ふと気付くと、4月も終盤に差し掛かってきているではないか?あと何日かす

「ローマは一日にしてならず」は、サッカー界の新しい「ことわざ」 です。

世の中にはいろいろ機知に富んだ「ことわざ」がある。アナタは「ことわざ」

後任は西野さん?ハリルホジッチ電撃解任で遠藤復帰も!?

ハリルホジッチ解任!の一報が携帯の速報で朝一番に飛び込んできました。ち

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ヤ】【ワ】【ン】の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血

→もっと見る

  • 2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑