*

ロシアW杯組分け決定!一番早い8つのグループ評価

公開日: : 最終更新日:2017/12/06 サッカー

ロシアW杯の抽選会が、モスクワ宮殿で厳かに行われ、我々日本代表は最終のH組、の、最終の扱い(ポット4)で、最後の最後に、32番目の国としてエントリーされた。この抽選会の模様はNHKの地上波でも生放送されて、多くの人が「ハラハラ」と「ドキドキ」を味わったのではないだろうか?

 

今後はAからHまでの各8つのグループについて、そらもういろいろな情報が飛び交うし、いろいろな勝敗予想や、いろいろな怪情報も入り乱れるでしょう。監督だって今の監督が32人無事にロシアW杯のピッチ(の横)に立てるかもわからんしね。

 

さて、そんな8つのグループをここで改めて確認するとともに、抽選会直後の「読裏クラブ」としての第一印象をここでご披露しておこうと思います。もちろん!・・・今後大会が始まるまでには、もっともっと詳細な、マニアックな星取り予想もまた発信するつもりではありますが、まずは昨日の今日!という段階での感想です。

 

グループA ロシア・サウジアラビア・エジプト・ウルグアイ

一般的にはウルグアイがトップで、次はどこ?っていう組合せ。開催国ロシアはポット1と言えども実際はFIFAランキングで32ヶ国中最下位のランキングなわけで、エジプトだってサッカー強豪国か?と言えばそうでもないし。ウルグアイの国民はそれこそ「神様!有難う!」って言ってるだろうね。あ、抽選会をライブで見ていて、ポット3までが確定したとき、僕は思わず「頼む!Aに入らせてくれ!」って叫んでたし(笑)

 

グループB ポルトガル・スペイン・モロッコ・イラン

スペインがここに入った時点で会場は一斉に騒めき、「Bが死のグループか?」って思ったに違いない。何といっても今回の抽選の目玉はポット2に回された事実上ポット1のスペインがどこに入るか?だったからね。ただ、騒めきはポット3の抽選に入って鎮まり、最後のポット4が終わった時点で「Bが死のグループ」ではなくなりました。事実上ポット1が2つ。事実上ポット4が2つ。の、完全なる2極化が成立したここは、ある意味平穏なるグループなんじゃないかなぁ~?当然、初戦のポルトガルvsスペインは「様子見で引き分け」が大本命かな。

 

グループC フランス・オーストラリア・ペルー・デンマーク

あちらさんのどこぞのプレスでは「フランスはいつもクジ運に恵まれる」なんていうコメントを残したそうだが、そうかなぁ~?あんまりそうは思わんけど。オーストラリアなんて、体格的にはほとんどヨーロッパやし、デンマークはいつも要注意やし、ペルーだけが少し「落ちる」感じだけれど、それとてやっぱり南米出身やしね。ま、フランスが初戦でオーストラリアに不覚をとったら、このグループ、低レベルでの死のグループになる可能性だってあると思うなぁ~。

 

グループD アルゼンチン・アイスランド・クロアチア・ナイジェリア

あのナイジェリアがポット4だったのは意外中の意外。僕の中ではポット1とポット2の間ぐらい、世界のトップ10前後・・・みたいなイメージだったんだけど、オコチャが率いていたあの時代からずいぶん月日も経ったわけでね。もしナイジェリアがランキング通りだったとしたら、そらもうここは我が母国「アルヘンティーナ」と「クロアチア」が鉄板でしょうな。それにしてもアルゼンチンとクロアチアが入って、もしここに日本が入っていたら?「すわ、フランスの再来か?」って思ったりしたけれど、神様はそこまで遊び心はなかったんやね。

 

<Sponsered Link>



 

グループE ブラジル・スイス・コスタリカ・セルビア

今この時点では、たぶんドイツよりも強いであろうブラジル。そんなブラジルはとにかく前回大会の屈辱を晴らしたい一心だろうし、グループリーグはできればエネルギーを使わずにノックアウトに入ってからエンジンを掛けたいだろう。そんなブラジルの思惑がほぼ達成できるグループなんじゃないかな?ブラジルにとってはほとんど無風グループなわけでま、ブラジル=一抜け。2位争いがどこ?という、1強3弱の典型のようなグループになったよね。

 

グループF ドイツ・メキシコ・スウェーデン・韓国

どの大会でも必ず1つは出現する、いわゆる「死のグループ」。今大会はグループFがその舞台となりやした。ま、ドイツとすればとにかく韓国戦を「休息」モードになれるように、そして絶対に1位を取れるように、初戦のメキシコが一番の関所だろうね。お隣のEの1位がブラジルがほぼ100%確定なだけに、万々一ここで2位になったら、ノックアウトでいきなりブラジルと当たってしまうという過酷な状況に追い込まれるわけやから。それにしても二分の一の確率で、一歩間違っていたらここに日本が入っていたわけで、この差は天と地との差があるよなぁ~。(ラス前のあのボールから紙が出される瞬間が、この抽選会の一番のハイライトでした)

 

グループG ベルギー・パナマ・チュニジア・イングランド

普通に考えたらベルギーとイングランドやろう。初戦もしっかり別々に戦えるし、この両国がぶつかるのは3つ目やしね。3つ目に顔を合わせるまでにお互い2勝していたら、それこそ「お手々つないで・・・引き分けロード」みたいなことになるんだろうが、ま、グループHの2位にもし日本が出てきそうな雰囲気がしたら、俄然「1位争い」でガチな3つ目の戦いになるのかも。ま、まだまだそんなことを考えるのは早いけどね。

 

グループH ポーランド・セネガル・コロンビア・日本

日本側から見れば、グループFよりは数倍まし!グループAよりはちょっとキツイ。グループGよりもかなりラク。そしてEでブラジルに当たらんでよかった。Dでフランス大会の再来にならんでよかった。Bになってイランと草刈りブラザーズにならんでよかったよね。ただ、ポーランドやコロンビアから見たら「ラッキュィ~~~!有難う!神様!」って、ウルグアイと同じくらい神に感謝してるんやろうなぁ~。

 

サイドバナー




関連記事

天皇杯決勝にサッカー界の大谷翔平登場!その選手の名は!?

1月1日の元旦。サッカーを愛する人ならば、元旦イコール天皇杯決勝。これがもう身体に沁みついていること

記事を読む

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアとボリビア。スコアはコロンビアに

記事を読む

おめでとうヤット!でもヤットの偉業は、まだまだ続く!

このブログを「スポナビ」時代から読んでいただいている読者の方々であれば、私(読裏)が、アルゼンチン人

記事を読む

世界で最も過酷なリーグが日本にある!?

J2が第14節を終了して、ちょうど「21試合×2=42試合」の3分の1を消化しました。 &nb

記事を読む

大迫招集拒否に思う、「日本もとうとうここまで来たか」という嬉しさ。

今年のポイチ・ジャパンの最大の試金石は、アジアカップではなく、もちろんキリン・チャレンジカップでもな

記事を読む

1位がネイマール、2位がメッシ、49位がクリロナ!?って。これ、何の順位やねん!?

1位はネイマール。(うん、まぁそうかい。ちょっと買いかぶりかもよ?)2位はメッシ。(全然面白くもなん

記事を読む

ザキトワの演技構成で論戦中に思い浮かんだ一人のサッカー選手とは?

個人資格で参加しているロシアのザキトワ選手が、弱冠15歳の若さで、平昌オリンピックで金メダルを獲得。

記事を読む

日本代表で初?現象!これほどサッカーが面白いとは!

森保監督の日本代表、通称ポイチ・ジャパン(これ言ってるの、だんだん僕のところだけになってきた気もする

記事を読む

サッカー日本代表に、ラファエル・シルバを入れる方法(画期的な賀川浩案!)

浦和レッズが10年ぶりに、ACL王者に輝き、12月6日から始まる「クラブワールド

記事を読む

発煙筒が燃える景色

時々、このブログで、ワタクシ、読裏クラブが綴る「日本もここまで来たか」シリーズ。  

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




コロナ禍でも絶好調!あの「西松屋」って、メチャメチャ優良企業やったんやね。

♪「にっしぃ、まっつやぁ~~」というCMを見た人、どれぐらいいるのかな

メッシがどこに行っても「興味が湧かない」理由

メッシがバルセロナに決別の意思を示してからしばらく経ちました。

まさに2020年らしい、お盆にチャンピオンズリーグという違和感。

2020年。夏。とにかく暑い。暑い日は、「夏日」という表現から「猛暑」

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券