*

12月1日、W杯抽選の時はポットとポッド。どっちが正しいのか?

公開日: : サッカー

W杯の出場を決めている国の人たちにとって、その前年の12月1日は我々サッカーフリークにとっては特別な日だ。この日はW杯のグループリーグの抽選会の日である。

 

つい数ヶ月(国によっては数週間?)前では「出ることに必死」だった立場だったのが、いよいよこの日をさかいに本番モード。対戦国が決まれば俄然、酒場の話題もカフェの話題も、もちとんサイトのネタも、それこそ根掘り葉掘りモードで対戦相手の特徴、選手の顔ぶれ、そしてお国事情で満載となる。

 

これがまた楽しく、そしてこれこそがW杯出場国の国民の特権でもあるわけ。ただ、その立場立場でどうなるのか?は、12月1日次第となります。

 

どの大会でも出現する「死のグループ」に入ろうものなら、頭を抱えながら、心配だらけの情報を確認しながら本番に臨むことになるし、比較的「ラッキーグループ」に入れば「よし!グループ突破は見えてきたぜ!」となる。

 

でも、これはあくまで「第1ポット」や「第2ポット」の国の凡そ16ヶ国の人たちの立場でして、我々日本代表なんていうまだまだ若輩者(←正確な感じを漢字で表そうとしたら、「弱杯者」(W杯で弱い国っちゅう意味です。はい。「感じ」と「漢字」は掛けています。はい。知る人ぞ知る読裏名物、掛け言葉です)からしたら、「ひぇ~~~、ご勘弁を~~~」てなグループになるのか「え?僕らもそこそこやれてもええっすか?」というグループになるか?の瀬戸際です。

 

<Sponsered Link>



 
今回のこの抽選、キーとなるのが開催国ロシアの扱い。当然ながらW杯では開催国はポット1の扱い。つまり「開催国が強いとこと当たってグループリーグ敗退なんて目にあったらW杯も盛り上がらないし、出来るだけ開催国はグループリーグは突破してね」というFIFAの差配。

 

で、このロシアがなんと!W杯出場国32ヶ国の中で、なんとランキングが最下位だそうな。「え~?ロシアってそんなに弱かったっけ?ブロヒンもいたし、ボニエクもいたやん!?」っていうオールドファンの人たちは「ソ連」と「ロシア」を完全に混同しております。そう、ロシアはソ連ではありません。ウクライナの選手もロシアには入ってません。つまりかなり「弱い」らしいのです。

 

ただ、その煽りを受けて本来はポット1の実力の持ち主がポット2に回されることになり、それが今回では「スペイン」となります。さぁ、前々大会優勝国のスペインが、第2ポットとなったということは、酢スペインと当たった第3、第4ポットの国は事実上ポット1が二ついるグループでやらんとアカンということになります。

 

逆にもし、ロシアのグループに入ったら?まぁ開催国というやり難さは確かにありますが、それでもランキング的には第3ポット以下の国なので、そこに入った第3、第4ポットの国は事実上第4ポットと第3ポット同士の「同レベルグループ」でやれることになります。

 

この違いはデカい!です。「点と線」・・・じゃ、なかった「天と地」ほどの違いがありますです。

 

楽しみやねぇ~?ここまで違いが出ると我々はどっちに入るのか?それとも穏便なる、普通ぅ~~の、「やっぱりどこも強いわ」的な、そんなグループに入るのか?

 

って、ここまでは完全なるサッカーネタ。W杯ネタなんですが、ここでちょっと横道にそれて、この抽選組合せの時に出てくる「ポット」のお話し。皆さん、この手の話題を話しているとき、無意識に「ポッド」って言ってませんか?「ポット」と「ポッド」を混同してない?ちょうど「ロシア」と「ソ連」を混同してたように。

 

こうやって突然言われたら、「ポッド」が正しいのか?「ポット」が正しいのか?一瞬解らんようになるでしょう?「バッグ」と「バック」ってどっちが鞄やったっけ?みたいな。

 

ここで改めて説明しますが、正解は「ポット」です。つまり「壺」ですな。「壺」の中に入っているボールを取り出して抽選するというイメージ。因みに「ポッド」は辞書で調べると「エンドウ」のさやの部分を指すということです。それよりも我々は「ポッドキャスト」なんて言葉を頻繁に使うからどうしても言いやすい「ポッド」というのをこの手の会話でも使ってしまう。

 

ここで改めて説明しますが、正解は「ポット」です。つまり「壺」ですな。「壺」の中に入っているボールを取り出して抽選するというイメージ。因みに「ポッド」は辞書で調べると「エンドウ」のさやの部分を指すということです。それよりも我々は「ポッドキャスト」なんて言葉を頻繁に使うからどうしても言いやすい「ポッド」というのをこの手の会話でも使ってしまう。

 

なので、しっかりと「ポット」って言葉を使って12月1日以降のW杯抽選の話題で盛り上がりましょう。あ、それでも「ブラジル・スペイン・スウェーデン」なんていう恐ろしいグループに入ってしまったら、盛り上がらんとヘナヘナヘナァ~ってなって黙りこくっていいからね。

サイドバナー




関連記事

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく今日になって、その原因と仕組み

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループFの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

ワールドカップの醍醐味!それは一にも二にも「星取り」である!

さあ!いよいよだ。いよいよあと数日でワールドカップが始まる。   「うん!そう

記事を読む

10年ぶりに復活した「入れ替え戦」がヤバ過ぎるぜ!だからサッカーは面白い!

プロ野球になくてJリーグにあるものはなんでしょう?   そう問われるといろいろ

記事を読む

ポイチジャパン船出のメンバー選出に一人肝入りの選手が!

ポイチジャパンの船出となるキリン・チャレンジ用の代表が選出されました。   そ

記事を読む

エクアドル戦(コパ・アメリカ)の採点

それではエクアドル戦の採点です。 GK 川島 6.5 前回のウルグアイ戦で「ポカがなくなった川島

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループEの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

遠藤保仁(ヤット)よ!君の夢と僕の夢を叶えるために、この移籍を実現してくれないか?

Jリーグが再開して、いよいよあの「イニエスタ」が神戸のピッチに登場した。ただ、そのプレーは、まだまだ

記事を読む

クリロナって永遠にゴールを獲り続けるんじゃねーの?

イタリアのセリエA。僕の中では「ある程度のレベルの高さは解かるけど、なんか試合が戦術的過ぎて、ボール

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ア】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




コロナ禍でも絶好調!あの「西松屋」って、メチャメチャ優良企業やったんやね。

♪「にっしぃ、まっつやぁ~~」というCMを見た人、どれぐらいいるのかな

メッシがどこに行っても「興味が湧かない」理由

メッシがバルセロナに決別の意思を示してからしばらく経ちました。

まさに2020年らしい、お盆にチャンピオンズリーグという違和感。

2020年。夏。とにかく暑い。暑い日は、「夏日」という表現から「猛暑」

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

→もっと見る

  • 2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券