*

12月1日、W杯抽選の時はポットとポッド。どっちが正しいのか?

公開日: : サッカー

W杯の出場を決めている国の人たちにとって、その前年の12月1日は我々サッカーフリークにとっては特別な日だ。この日はW杯のグループリーグの抽選会の日である。

 

つい数ヶ月(国によっては数週間?)前では「出ることに必死」だった立場だったのが、いよいよこの日をさかいに本番モード。対戦国が決まれば俄然、酒場の話題もカフェの話題も、もちとんサイトのネタも、それこそ根掘り葉掘りモードで対戦相手の特徴、選手の顔ぶれ、そしてお国事情で満載となる。

 

これがまた楽しく、そしてこれこそがW杯出場国の国民の特権でもあるわけ。ただ、その立場立場でどうなるのか?は、12月1日次第となります。

 

どの大会でも出現する「死のグループ」に入ろうものなら、頭を抱えながら、心配だらけの情報を確認しながら本番に臨むことになるし、比較的「ラッキーグループ」に入れば「よし!グループ突破は見えてきたぜ!」となる。

 

でも、これはあくまで「第1ポット」や「第2ポット」の国の凡そ16ヶ国の人たちの立場でして、我々日本代表なんていうまだまだ若輩者(←正確な感じを漢字で表そうとしたら、「弱杯者」(W杯で弱い国っちゅう意味です。はい。「感じ」と「漢字」は掛けています。はい。知る人ぞ知る読裏名物、掛け言葉です)からしたら、「ひぇ~~~、ご勘弁を~~~」てなグループになるのか「え?僕らもそこそこやれてもええっすか?」というグループになるか?の瀬戸際です。

 

<Sponsered Link>



 
今回のこの抽選、キーとなるのが開催国ロシアの扱い。当然ながらW杯では開催国はポット1の扱い。つまり「開催国が強いとこと当たってグループリーグ敗退なんて目にあったらW杯も盛り上がらないし、出来るだけ開催国はグループリーグは突破してね」というFIFAの差配。

 

で、このロシアがなんと!W杯出場国32ヶ国の中で、なんとランキングが最下位だそうな。「え~?ロシアってそんなに弱かったっけ?ブロヒンもいたし、ボニエクもいたやん!?」っていうオールドファンの人たちは「ソ連」と「ロシア」を完全に混同しております。そう、ロシアはソ連ではありません。ウクライナの選手もロシアには入ってません。つまりかなり「弱い」らしいのです。

 

ただ、その煽りを受けて本来はポット1の実力の持ち主がポット2に回されることになり、それが今回では「スペイン」となります。さぁ、前々大会優勝国のスペインが、第2ポットとなったということは、酢スペインと当たった第3、第4ポットの国は事実上ポット1が二ついるグループでやらんとアカンということになります。

 

逆にもし、ロシアのグループに入ったら?まぁ開催国というやり難さは確かにありますが、それでもランキング的には第3ポット以下の国なので、そこに入った第3、第4ポットの国は事実上第4ポットと第3ポット同士の「同レベルグループ」でやれることになります。

 

この違いはデカい!です。「点と線」・・・じゃ、なかった「天と地」ほどの違いがありますです。

 

楽しみやねぇ~?ここまで違いが出ると我々はどっちに入るのか?それとも穏便なる、普通ぅ~~の、「やっぱりどこも強いわ」的な、そんなグループに入るのか?

 

って、ここまでは完全なるサッカーネタ。W杯ネタなんですが、ここでちょっと横道にそれて、この抽選組合せの時に出てくる「ポット」のお話し。皆さん、この手の話題を話しているとき、無意識に「ポッド」って言ってませんか?「ポット」と「ポッド」を混同してない?ちょうど「ロシア」と「ソ連」を混同してたように。

 

こうやって突然言われたら、「ポッド」が正しいのか?「ポット」が正しいのか?一瞬解らんようになるでしょう?「バッグ」と「バック」ってどっちが鞄やったっけ?みたいな。

 

ここで改めて説明しますが、正解は「ポット」です。つまり「壺」ですな。「壺」の中に入っているボールを取り出して抽選するというイメージ。因みに「ポッド」は辞書で調べると「エンドウ」のさやの部分を指すということです。それよりも我々は「ポッドキャスト」なんて言葉を頻繁に使うからどうしても言いやすい「ポッド」というのをこの手の会話でも使ってしまう。

 

ここで改めて説明しますが、正解は「ポット」です。つまり「壺」ですな。「壺」の中に入っているボールを取り出して抽選するというイメージ。因みに「ポッド」は辞書で調べると「エンドウ」のさやの部分を指すということです。それよりも我々は「ポッドキャスト」なんて言葉を頻繁に使うからどうしても言いやすい「ポッド」というのをこの手の会話でも使ってしまう。

 

なので、しっかりと「ポット」って言葉を使って12月1日以降のW杯抽選の話題で盛り上がりましょう。あ、それでも「ブラジル・スペイン・スウェーデン」なんていう恐ろしいグループに入ってしまったら、盛り上がらんとヘナヘナヘナァ~ってなって黙りこくっていいからね。

サイドバナー




関連記事

最後の球回しはお見事!ポーランド戦の採点です

それではポーランド戦の採点です。 GK 川島 7.5 ようやく出ました!カワシ~マ、ビッグセービ

記事を読む

西野朗監督初陣!W杯選手選考前夜試合なので・・・!ガーナ戦の採点

いやぁ~、メチャメチャ久しぶりですが、(W杯の採点練習という意味もありますが、やっぱり西野さんの初陣

記事を読む

ハリー・ケインが止まらない!それでも新記録の4年連続プレミア得点王にはなれない理由とは?

ハリー・ケインがまた点を獲った。というニュースを見ても、もう何も誰も驚かない。どちらかというと「へぇ

記事を読む

究極の対決(選択)!気持ちが引き裂かれる対戦。試合の結果は?

その昔、それは今から20年前のことです。1998年。日本代表が初めてワールドカップに出場しました。ワ

記事を読む

スコアレスドローの「魅力と美しさ」をもっと知って欲しいです!サッカーは点が入らないから面白い!

スコアレスドロー。この言葉を聞いて何を想像されるだろう?    

記事を読む

1試合2億5千万、1ゴール12億5千万貰って帰っていった男。

1試合で2億5千万、1ゴールで12億5千万貰えたら、アナタはどうしますか?  

記事を読む

ガラタサライの長友の盟友、スナイデルが語った意外な日本人選手とは?

長友がトルコのガラタサライに移籍して2週間ほどが経ちました。で、移籍直後にもかかわらず、ガラタサライ

記事を読む

『ホンマに来るの?度』史上最大!あのイニエスタがやってくる!その計り知れない影響度

イニエスタが神戸にやってくる?というニュースを最初に見たときには「おうおう、またガセかよ?」「ほぅ~

記事を読む

8年ぶりのJリーグ、鹿島復帰の内田篤人が凄い!実は今頃気づきました。

内田篤人が鹿島に復帰しました。8年ぶりのJリーグらしいです。シャルケに7年、ウニオン・ベルリンに1年

記事を読む

祝Jリーグ開幕!新四半世紀のスタート。今年の目標はこれだ!

いよいよです。今年もまたJリーグが開幕です。今年でJリーグも26年目。25年を四半世紀として一区切り

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




抱腹絶倒サッカー中継「めっちゃ風邪ひいてんねん!」

今回は、まったく、他人様(=ひとさま)からの受け売りです。オリジナリテ

「ブラックホールで死んでみる」

僕は宇宙が好きだ。そして宇宙の事を知ろうとすれば、星のことや、光のこと

何故か不思議なセブンとイレブンの話!?

今回は「7」と「11」のお話し。   で、「7」

国際試合の意味は?本当の狙いは別なところにある説。

7月最後の日となった31日、各地でクラブ間の国際親善試合が行われた。浦

アルゼンチンの兄貴と弟分の会話

弟分1)暑いっすねぇ~。兄貴!日本ってこんなに暑いんすか? &n

→もっと見る

  • 2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑