*

ヴィッセル神戸初タイトル!ジーコ対イニエスタはイニエスタの勝ち!

 
やっぱ、元旦の午後は天皇杯っしょ!
 
もの心ついたときから、元旦の13時は、NHKでサッカーを観る・・・というのが僕の人生の習慣でした。
 
当時、日本の地上波(そもそも地上波しかなかったけど・・・苦笑)でサッカーを一試合分観られるのは、年に数回。三菱ダイヤモンドサッカーはサッカーを観ることは出来たけれども、なんと!一回の番組(45分)で前半か後半かしか見られないという、とんでもない構成だったもので。
 
今やそれほどの希少価値はこの天皇杯にはないんだけれども、習慣とは怖ろしいもので、ついつい元旦の午後はチャンネルをNHKに合わしてしまいます。
 
で、今年の対戦は、VIP率いる(V=ビジャ、I=イニエスタ、P=ポドルスキ)ヴィッセル神戸と、ジーコ(の亡霊)が率いる鹿島アントラーズ。
 
鹿島なんて、「毎年この決勝に出てるんじゃねーの?」というくらいの常連。で、毎年毎年鹿島が勝つシーンを見せつけられておりました。
 
勝負事のセオリーというか、パターンでいけば、今回もかなりの確率で「鹿島が勝つ」というように予測してました。ええ・・・これでもワタクシ、統計学もちょっとだけかじってましたもんでね。
 
ま、統計学というものを根拠に使わんでも、サッカーを観続けていれば、「いっつもどうせ最後は鹿島」「決勝に初めて出てきたような未経験者が勝つほど勝負は甘くない」という2大要因をもってして、予想はかなり鹿島。もし僕がブックメイキングするなら、そらもう鉄板で鹿島に放り込んじゃう。
<Sponsered Link>



 
ところが、ところが、ギッチョンチョン!
 

勝ってしまいましたがな。神戸が。
 
途中、何度もあった鹿島のFK。「ああ、ここで、きっちり、やっぱり、点が入るんやろうなぁ~」って思ってました。
 
0-1の時も全然勝つなんて思ってなかったし、0-2になっても、「どうせ鹿島が追いついて最後はドスン!とやるんやろうな」と思ってたし。で、残りが15分(この時も全然神戸が勝つと思ってなかったし)、10分(おいおい、まさかもしかか?)、5分(いやいや、ここから怒涛の反撃でロスタイムで同点やろう?)、3分ぐらいで・・・
 
「へぇ~~~、神戸かよぉ~~~」と、思い始めた、思い直した次第。
 
それほど鹿島に棲みついているジーコの勝利の哲学というもんに、私自身は畏敬を感じておりましたのです。呪縛といってもいいかな。
 
でも、今回は違ったわけで。
 
それはやはり、イニエスタという、「ジーコがなんぼのもんじゃい!」という、「俺はワールドカップ優勝メンバーやで」という、「バルサでチャンピオンズリーグを何回いわしたと思てんねん!」という、「ついでにリーガもアホみたいに勝ってるんや」という、「鹿島とバルサとどっちが勝利の哲学沁みついてると思てんねん」という・・・
 
そういう存在が大きかったんやろう。ベンチではビジャもオーラ出してたし。
 
んでもって、酒井高徳なんか、「鹿島がナンボのもんか知らんけど、こちとらブンデスの残留争いで、キツイしのぎを削ったんや!」という、異文化に触れた猛者もいたわけで。
 
そうか、そういうことか・・・と。神戸もここまで来たかと。あの川崎製鉄がとうとう天皇杯かよと。
 
僕は神戸在住なのですが、何故かヴィッセルに対する思い入れはほとんど(全く)ないのですが、さすがに知人や友人が新国立競技場に出向いて、優勝の瞬間に撮った写メをSNSなんかで送ってきたのを見ると、感慨深いもんがありました。
 
やったね。神戸。苦節25年、初タイトルおめでとう!
 
たぶんビジャは川崎製鉄水島のことを知らんのやろうけど(爆)
 

 
このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。
 

サイドバナー




関連記事

4月を前に、知っておいて欲しい話です。「継続こそ力なり」。

もうすぐ4月です。   4月は新学期、新社会人、新生活の季節。いろいろ環境が変

記事を読む

いったい何のために予選を戦っているのだろう?

  私もこの齢(よわい)になると、いろんなもんを見てきたわけです。   ま、ここ

記事を読む

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアとボリビア。スコアはコロンビアに

記事を読む

大変な駆け引きが繰り広げられたクラシコ。メッシが伝説のプレーヤーと並んだ日。

クリスマスウィークの週末。サンチャゴ・ベルナベウ、レアル・マドリーの本拠地にてクラシコが行われた。普

記事を読む

バルセロナvsマジョルカ戦後の久保建英のコメントがプレーよりも凄い!お洒落過ぎる!

「マジョルカの」久保が、カンプノウの地で、バルサと対戦した。   結果は2-5

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループBの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

人口が減らない!「新潟・聖籠町」のヒミツはサッカーにあった!

先日のカーリング女子の「吉田知」選手の凱旋コメント「何もない町だよね?でも~~~」を聞いたときにはか

記事を読む

Jリーグと吉本新喜劇はどちらが刺激的か?

このブログを読裏クラブとしてアップしているワタクシの事を知っている人が少数ではありますがいらっしゃい

記事を読む

おめでとうヤット!でもヤットの偉業は、まだまだ続く!

このブログを「スポナビ」時代から読んでいただいている読者の方々であれば、私(読裏)が、アルゼンチン人

記事を読む

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7月22日。その延期の原因となっ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

「彼」のような立場になるとマトモに生きる自信がない。

「彼」の評判がどんどん上がっている。 今「彼」は、超ビッグなワー

ついに再開したJリーグ。そこでは懐かしい景色が

コロナ禍で止まっていたJリーグが、ついに再開。  

ブンデスリーガ66日ぶりに再開!世界にフットボールが戻ってきた!

世界にフットボールが戻ってきた!と、大袈裟に言いたくなる気持ちをおさえ

→もっと見る

  • 2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券