*

ヴィッセル神戸初タイトル!ジーコ対イニエスタはイニエスタの勝ち!

 
やっぱ、元旦の午後は天皇杯っしょ!
 
もの心ついたときから、元旦の13時は、NHKでサッカーを観る・・・というのが僕の人生の習慣でした。
 
当時、日本の地上波(そもそも地上波しかなかったけど・・・苦笑)でサッカーを一試合分観られるのは、年に数回。三菱ダイヤモンドサッカーはサッカーを観ることは出来たけれども、なんと!一回の番組(45分)で前半か後半かしか見られないという、とんでもない構成だったもので。
 
今やそれほどの希少価値はこの天皇杯にはないんだけれども、習慣とは怖ろしいもので、ついつい元旦の午後はチャンネルをNHKに合わしてしまいます。
 
で、今年の対戦は、VIP率いる(V=ビジャ、I=イニエスタ、P=ポドルスキ)ヴィッセル神戸と、ジーコ(の亡霊)が率いる鹿島アントラーズ。
 
鹿島なんて、「毎年この決勝に出てるんじゃねーの?」というくらいの常連。で、毎年毎年鹿島が勝つシーンを見せつけられておりました。
 
勝負事のセオリーというか、パターンでいけば、今回もかなりの確率で「鹿島が勝つ」というように予測してました。ええ・・・これでもワタクシ、統計学もちょっとだけかじってましたもんでね。
 
ま、統計学というものを根拠に使わんでも、サッカーを観続けていれば、「いっつもどうせ最後は鹿島」「決勝に初めて出てきたような未経験者が勝つほど勝負は甘くない」という2大要因をもってして、予想はかなり鹿島。もし僕がブックメイキングするなら、そらもう鉄板で鹿島に放り込んじゃう。
<Sponsered Link>



 
ところが、ところが、ギッチョンチョン!
 

勝ってしまいましたがな。神戸が。
 
途中、何度もあった鹿島のFK。「ああ、ここで、きっちり、やっぱり、点が入るんやろうなぁ~」って思ってました。
 
0-1の時も全然勝つなんて思ってなかったし、0-2になっても、「どうせ鹿島が追いついて最後はドスン!とやるんやろうな」と思ってたし。で、残りが15分(この時も全然神戸が勝つと思ってなかったし)、10分(おいおい、まさかもしかか?)、5分(いやいや、ここから怒涛の反撃でロスタイムで同点やろう?)、3分ぐらいで・・・
 
「へぇ~~~、神戸かよぉ~~~」と、思い始めた、思い直した次第。
 
それほど鹿島に棲みついているジーコの勝利の哲学というもんに、私自身は畏敬を感じておりましたのです。呪縛といってもいいかな。
 
でも、今回は違ったわけで。
 
それはやはり、イニエスタという、「ジーコがなんぼのもんじゃい!」という、「俺はワールドカップ優勝メンバーやで」という、「バルサでチャンピオンズリーグを何回いわしたと思てんねん!」という、「ついでにリーガもアホみたいに勝ってるんや」という、「鹿島とバルサとどっちが勝利の哲学沁みついてると思てんねん」という・・・
 
そういう存在が大きかったんやろう。ベンチではビジャもオーラ出してたし。
 
んでもって、酒井高徳なんか、「鹿島がナンボのもんか知らんけど、こちとらブンデスの残留争いで、キツイしのぎを削ったんや!」という、異文化に触れた猛者もいたわけで。
 
そうか、そういうことか・・・と。神戸もここまで来たかと。あの川崎製鉄がとうとう天皇杯かよと。
 
僕は神戸在住なのですが、何故かヴィッセルに対する思い入れはほとんど(全く)ないのですが、さすがに知人や友人が新国立競技場に出向いて、優勝の瞬間に撮った写メをSNSなんかで送ってきたのを見ると、感慨深いもんがありました。
 
やったね。神戸。苦節25年、初タイトルおめでとう!
 
たぶんビジャは川崎製鉄水島のことを知らんのやろうけど(爆)
 

 
このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。
 

サイドバナー




関連記事

今シーズン、日本人が最も胸を張れる出来事。

日本人の海外選手って今はいったい何人いるんだろう?   つい10年前までは数え

記事を読む

さぁ決勝だ!さぁ韓国だ!森保監督初優勝か?ここでアジアのブラジルになろうぜ!

アジア大会で森保監督率いるU21代表が準決勝でUAEを破って見事決勝に進出しました。 &nbs

記事を読む

サッカーワールドカップ。応援するなら期待しよう!期待しないのに応援してはしてはいけません。

今回は、非常にシンプルな事をシンプルに伝えたい。   いよいよワールドカップが

記事を読む

6得点が入るリーグってどうよ?

「サッカーは得点が少ないから面白くない」   昔から言われてきたこのフレーズ。

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループFの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

やったぜ!大金星!コロンビア戦の採点です。

それではコロンビア戦(WC)の採点です。   GK 川島 4.5 最近、川島が出て「

記事を読む

1試合2億5千万、1ゴール12億5千万貰って帰っていった男。

1試合で2億5千万、1ゴールで12億5千万貰えたら、アナタはどうしますか?  

記事を読む

南野リヴァプールデビュー戦の評価が酷い!

  南野が、リヴァプールに移籍して、早くも公式戦にデビューした。相手はエバートン。と言って

記事を読む

怪物くん。引退を表明。ドリフ大爆笑のあの鉄板フレーズはもう使えないのか?

アナタは「怪物くん」と聞いたら何を思い浮かべますか?   「♪おれは、かいぶつ

記事を読む

ラファエル・シルバの中国移籍に球団は痛手。という報道に違和感を感じるところは?

出ました!ラファエル・シルバの中国電撃移籍。こんなん今に始まったことでも何でもないっしょ?ひと昔前か

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




VARで疑念は減るのか?増えるのか?

  VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字を

25回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから25回目。25年目、とうとう

タイで最も有名になった日本人!?

  アジア選手権U23=東京五輪サッカーのアジア予選がいよい

森保解任論に見るオシムの凄さ

2020年1月。AFC-U23選手権。この大会は東京五輪サッカーアジア

成人の日に一番ふさわしい本

  成人の日。昔は1月15日という決まった日だったけど、今は

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券