*

VARで疑念は減るのか?増えるのか?

 
VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字をとったこのアルファベット3文字。これが僕らの前に(ほぼ)初めてお目見えしたのがロシアW杯。
 
ドイツを皮切りにヨーロッパの主要リーグではどんどん導入の方向で進んでおり、来年のJリーグでもJ1で導入が決定。もちろんFIFA主催の主要大会も使用を前提に運営されている。
 
 
主審が胸の前で「箱」を示すようなしぐさ、「四角形」を作ったら、「VARで確認する」という意思の表れである。
 
 
導入前当初は「試合が間延びする」とか「主審の権威が損なわれる」とかの反対意見があったけれど、もはや「VARありき」で我々も試合を見ている
 
 
最近は、会社の会議でも、疑惑の発言や疑念のある発言があった際には、会議の中で「胸前で四角形の型枠を手で描く」なんてケースが多くなったという噂を聞いたような気がしないでもないという噂がどことなく流れているという噂があるという話を聞いたような気がしないでもないような気がする(爆)
 
 
そのVAR周りが最近なにかと騒がしい。

 
 
主審のジャッジをあくで「アシスト」するためのシステムであるVARが、逆に主審のジャッジに「アシスト」という名分で「いちゃもん」をつけて、ジャッジを覆させるケースが増えているのだ。
 
 
つい先日も、「52年ぶりの悲願、五輪出場」をかけたタイ代表がVARの「いちゃもん裁定」によって敗北した(と、言い切っても過言ではないぐらいの酷いジャッジだった)。
<Sponsered Link>



 
 
本来は、主審が「VARでもう一度確認させてくれ」と意思表示してから使うべきものだと思うのだが、最近はなんか「上から(目線)」主審のジャッジにモノ申す「不気味な存在」になりつつある。
 
 
しかも、主審と違って「姿」が見えない。
 
 
誰がやってるのか?誰もその姿を知らない。ある意味疑念だらけである。

 
 
そして介入してくるタイミングも疑念だらけ。

 
 
そら、確かに、厳密に、「よ~~~~~~~~~~~~ぉく」見れば、スパイク半分だけオフサイドラインから出ているときもあるし、正確に、「よぉ~~~~~~~~~~~~~~っく」見れば、肩ではなく手の上部分に当たってるというのもあるんやけれど、プレーの流れからしたら絶対点やろう?というものでも、ズッタズッタに切られて、ノーゴールなんてのになってるケースが非常に多い。

 
 
こういうのを頻繁に見せつけられると「なんや?これ?」という感じがするんよね。
 
 
そら確かに、当時もしVARがあれば、マラドーナのあれは完全にノーゴールだったろうし、アンリだってそうだっただろう。でも、だからと言って今のこの傾向はどうなんやろう?
 
 
なんかVAR導入で疑惑が減るどころか増えているように思うなぁ~。今年のJ1でも絶対に物議を醸すVARジャッジが生まれるはず。それでも、それが解っていても、この(導入に向かっての)流れは止められないんやろうね。
 

 
このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。
 

 

 

サイドバナー




関連記事

ワールドカップ開幕直前!スイス戦の採点です

それではスイス戦の採点です。 GK 川島 6.0 そう言えば最近君のトレードマークの「どや顔」っ

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【サ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

おめでとうヤット!でもヤットの偉業は、まだまだ続く!

このブログを「スポナビ」時代から読んでいただいている読者の方々であれば、私(読裏)が、アルゼンチン人

記事を読む

阪急電車で聞いた「日本もここまで来たか」感の話

いやぁ~~、日本もえらい国になったもんです!! というのが本日のお題。   別

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループFの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

ザキトワの演技構成で論戦中に思い浮かんだ一人のサッカー選手とは?

個人資格で参加しているロシアのザキトワ選手が、弱冠15歳の若さで、平昌オリンピックで金メダルを獲得。

記事を読む

倉敷保雄さん(クラッキー)で代表戦の中継を!あなたの一番好きなサッカー中継アナウンサーは誰ですか?

今日は我々に不可欠な「サッカー中継」のお話しをば・・・。   「サッカー中継」

記事を読む

私の天才列伝。栄えある1回目は『礒貝洋光』

今回は勝手に「シリーズ化」を目論んでおります「私の天才列伝!」 その一回目をお贈りしたいと思っ

記事を読む

2月1日は特別な日。香川移籍!トルコ名門ベシクタシュに!

2月1日。それはサッカー界では特別な日ともいえる。正確にはその前日の1月31日なのだが、我々「日出る

記事を読む

フランス、気の抜けたシャンパン!まったく違う味で優勝。

ロシアワールドカップが終わりました。優勝はフランス。ま、今回のフランスは優勝候補の一角に名を連ねてい

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




ACミランが首位につけているのは、当然「あのお方」がいらっしゃるからである。

前回は、マンチェスター・ユナイテッドの久しぶりの首位キープ!(暫定やけ

マンチェスターユナイテッドが久々の首位!暫定やけど

)今回は久しぶりに本格的?な、フットボールネタを。 プレミアリー

檸檬堂が売れるとホンマに思ってた?

日本コカ・コーラボトラーズが販売する缶チューハイ「檸檬堂」が売れに売れ

26回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから26回目。26年目、もう四半

今年は「忙しい人」にならないようにします!

あっという間に新年1月も半ばを過ぎました(汗)ほんま、あっと言う間。リ

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券