*

VARで疑念は減るのか?増えるのか?

 
VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字をとったこのアルファベット3文字。これが僕らの前に(ほぼ)初めてお目見えしたのがロシアW杯。
 
ドイツを皮切りにヨーロッパの主要リーグではどんどん導入の方向で進んでおり、来年のJリーグでもJ1で導入が決定。もちろんFIFA主催の主要大会も使用を前提に運営されている。
 
 
主審が胸の前で「箱」を示すようなしぐさ、「四角形」を作ったら、「VARで確認する」という意思の表れである。
 
 
導入前当初は「試合が間延びする」とか「主審の権威が損なわれる」とかの反対意見があったけれど、もはや「VARありき」で我々も試合を見ている
 
 
最近は、会社の会議でも、疑惑の発言や疑念のある発言があった際には、会議の中で「胸前で四角形の型枠を手で描く」なんてケースが多くなったという噂を聞いたような気がしないでもないという噂がどことなく流れているという噂があるという話を聞いたような気がしないでもないような気がする(爆)
 
 
そのVAR周りが最近なにかと騒がしい。

 
 
主審のジャッジをあくで「アシスト」するためのシステムであるVARが、逆に主審のジャッジに「アシスト」という名分で「いちゃもん」をつけて、ジャッジを覆させるケースが増えているのだ。
 
 
つい先日も、「52年ぶりの悲願、五輪出場」をかけたタイ代表がVARの「いちゃもん裁定」によって敗北した(と、言い切っても過言ではないぐらいの酷いジャッジだった)。
<Sponsered Link>



 
 
本来は、主審が「VARでもう一度確認させてくれ」と意思表示してから使うべきものだと思うのだが、最近はなんか「上から(目線)」主審のジャッジにモノ申す「不気味な存在」になりつつある。
 
 
しかも、主審と違って「姿」が見えない。
 
 
誰がやってるのか?誰もその姿を知らない。ある意味疑念だらけである。

 
 
そして介入してくるタイミングも疑念だらけ。

 
 
そら、確かに、厳密に、「よ~~~~~~~~~~~~ぉく」見れば、スパイク半分だけオフサイドラインから出ているときもあるし、正確に、「よぉ~~~~~~~~~~~~~~っく」見れば、肩ではなく手の上部分に当たってるというのもあるんやけれど、プレーの流れからしたら絶対点やろう?というものでも、ズッタズッタに切られて、ノーゴールなんてのになってるケースが非常に多い。

 
 
こういうのを頻繁に見せつけられると「なんや?これ?」という感じがするんよね。
 
 
そら確かに、当時もしVARがあれば、マラドーナのあれは完全にノーゴールだったろうし、アンリだってそうだっただろう。でも、だからと言って今のこの傾向はどうなんやろう?
 
 
なんかVAR導入で疑惑が減るどころか増えているように思うなぁ~。今年のJ1でも絶対に物議を醸すVARジャッジが生まれるはず。それでも、それが解っていても、この(導入に向かっての)流れは止められないんやろうね。
 

 
このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。
 

 

 

サイドバナー




関連記事

南米っていう表記は本当に正しいのだろうか?その疑問を今、全公開します!

「読裏クラブのワンツー通し」時代からこのブログを読まれている方々ならば、私が実はアルゼンンチン人であ

記事を読む

ワールドカップへの最終調整試合。やったぜ!Bチーム!パラグアイ戦の採点

それではパラグアイ戦の採点です。   GK 東口 5.0 今回、ワールドカップで日本

記事を読む

アジアカップで実現!「試合を潰すことは、試合に勝つよりも難しい」

2019アジアカップのサウジアラビア戦で、日本のボールポゼッションが23%強だったという。 &

記事を読む

西野ブランド赤丸急上昇!セネガル戦の採点

それではセネガル戦(WC)の採点です。   GK 川島 5.5 出た出た出た出た~~

記事を読む

2018ワールドカップで今までなかった〇〇〇〇〇試合がとうとう出現!

2018ロシアワールドカップも、グループリーグの最終戦に突入。いよいよベスト16が決まろうとしてます

記事を読む

日本サッカー協会会長は誰がふさわしいのか?彼を見ると、あのフランス人を思い出す。

  1月7日に七草粥を食べる人は少なくなったのだろうけれど、やはり1月も一週間を過ぎると、

記事を読む

10年ぶりに復活した「入れ替え戦」がヤバ過ぎるぜ!だからサッカーは面白い!

プロ野球になくてJリーグにあるものはなんでしょう?   そう問われるといろいろ

記事を読む

コスタ・リカvsセルビア戦の所感。巧い!セルビア!さすが東欧のブラジル!

ブラジルがいよいよ登場!というグループEの裏カードが、ブラジルvsスイスより先に行われました。コスタ

記事を読む

フランス、気の抜けたシャンパン!まったく違う味で優勝。

ロシアワールドカップが終わりました。優勝はフランス。ま、今回のフランスは優勝候補の一角に名を連ねてい

記事を読む

祝!50年ぶりの優勝!関西学院高サッカー部が兵庫県代表に!

50年と言えば、半世紀。半世紀といえば、一世紀の半分。つまり四半世紀の倍の時間が半世紀で、その年月が

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




コロナ禍でも絶好調!あの「西松屋」って、メチャメチャ優良企業やったんやね。

♪「にっしぃ、まっつやぁ~~」というCMを見た人、どれぐらいいるのかな

メッシがどこに行っても「興味が湧かない」理由

メッシがバルセロナに決別の意思を示してからしばらく経ちました。

まさに2020年らしい、お盆にチャンピオンズリーグという違和感。

2020年。夏。とにかく暑い。暑い日は、「夏日」という表現から「猛暑」

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券