*

「彼」のような立場になるとマトモに生きる自信がない。

「彼」の評判がどんどん上がっている。

今「彼」は、超ビッグなワールドワイドのグローバル企業に転籍して、その後すぐに、ある企業に武者修行として転籍させられた。

そこで「実績」を積めば、本社(本部)に戻してくれるという前提で。

ただ、戻れるかどうか?は、そこでの「彼」の仕事ぶり次第ということだ。

幸い、「彼」が転籍した先は、「彼」を認め、「彼」に適切な仕事を与えて、「彼」のパフォーマンスをしっかりとサポートしている。

そのおかげで、「彼」はぐんぐんその持てる力を発揮して、彼自身の存在感を改めて周囲に、そして彼の動向をチェックしている各関係者に示している。

素晴らしい。

なんと言っても彼が所属している本籍の企業は、誰もがうらやむ、誰もが憧れる、誰もが身を置きたい、世界有数の、いや、もしかすると世界最高最大のビッグカンパニーなのだ。

もし僕なら・・・

この企業に入った瞬間に、この企業のネームプレートを首からぶらさげた瞬間に、この企業のロゴが入った名刺や、便せんや、パソコンや、シャーペンや、キーホルダーや、マグカップや、給与明細書や、作業服(企業によってはユニフォームと呼ぶところもあるらしい)、それらを見るたびに、がMAXとなって・・・

「明日からどんな仕事をしようか?」とか、

「もっと素晴らしい仕事をしよう」とか

そんなことはほとんど考えず

 

 

「俺もココまで来たか」感がMAXとなって・・・

「今度の休日はどこのカフェでランチを食おうか」とか

「今週の週末はどっちのパーティーに出ようか」とか

「次の遠征先で晩飯はどこで食おうか」とか

「その時は●●ちゃんと一緒がいいか□□ちゃんを誘ったほうがいいかな?」とか

 

 

たぶん、そんなことばぁ~~~っかり考えて過ごすと思うんよね。

 

<Sponsered Link>



 

ところが「彼」は、休日(オフ)の日も、自分の仕事場に出て次の準備のために時間を使ったり

「次の仕事」のために身体と精神をリフレッシュしたりしているらしい。

 

今の「彼」の目標はと聞かれて言ったセリフが憎い。

 

「この世界で、自分の名前を残したい」と。

「どんな組織でも通用する仕事のスキルを身に着けたい」と。

「どんな上司に出遭っても、(使いたい)と思われる存在に早くなりたい」と。

言える?こんなセリフ?

 

凄いよね。

 

そんな「彼」のパフォーマンスを見て、ドイツの新興有力企業から、パリの超バリバリの企業から、そしてイングランドの老舗優良企業からも

「ウチで働かないか?」というヘッドハンティングというか、業界で言うオファーが届いているのだとか。

 

いやぁ~、「久保建英」。

なんか「久保」への期待って、彼が11歳の時よりも、彼が15歳になった時よりもさらに膨らんできてます。

 

昔から「若き天才」とか「神童」とか「●●2世」とか呼ばれても、それに溺れてどこかに消えていった人間がいるなかで

「久保建英」についてはそんな心配はまったく無用。

 

僕がもし久保だったら・・・。もし彼の肉体と僕の肉体が入れ替わって、明日から僕が「久保」になったら・・・。

そらもう「誘惑」と「怠惰」と「驕り」の大洪水でズブズブに溺れまくるけどなぁ~。。。

 

それにしても、日本人サッカー選手が、ここまで”本当の”評価を得るようになるとは。

こりゃ、ホンマに僕の目の黒いうちに、W杯の決勝のピッチに日本代表が立っている日がやってくるかも!

本気でそう思える、そんな今日この頃です。

 

このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。

サイドバナー




関連記事

17分間の幸せ。ベルギー戦の採点です。

それではベルギー戦の採点です。 GK 川島 6.0 あ。。。あれ。。。。あれ、なに?ようやく超久

記事を読む

倉敷保雄さん(クラッキー)で代表戦の中継を!あなたの一番好きなサッカー中継アナウンサーは誰ですか?

今日は我々に不可欠な「サッカー中継」のお話しをば・・・。   「サッカー中継」

記事を読む

発煙筒が燃える景色

時々、このブログで、ワタクシ、読裏クラブが綴る「日本もここまで来たか」シリーズ。  

記事を読む

ベネゼエラ戦で思い浮かぶのは、この「CM」。知っている人はいるのだろうか?

今年最後の日本代表Aチームの試合が終わりました。   令和になっても、最後はい

記事を読む

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく今日になって、その原因と仕組み

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループGの巻

【お詫び】このネタは、6月17日にアップしたつもりがアップし損ねておりました。既に結果が出かかってお

記事を読む

秋の夜長に読む一冊「スティーブン・ジェラード自伝」

台風の被害に遭われた方々へのお見舞いを申し上げます。 そんな挨拶が通常になる、台風

記事を読む

ハリー・ケインが止まらない!それでも新記録の4年連続プレミア得点王にはなれない理由とは?

ハリー・ケインがまた点を獲った。というニュースを見ても、もう何も誰も驚かない。どちらかというと「へぇ

記事を読む

獲りも獲ったり13点。Jリーグ新記録「13-1」で見えた(聞こえた)リーグのレベル

つい先日「6得点が入るリーグってどうよ?」というネタをあげさせてもらいました。そのネタでは「あまりに

記事を読む

クリスティアーノ・ロナウドってなんやかんや言うて、メチャメチャ凄いんとちゃうのん?と、今思ってしまった理由。

17-18のチャンピオンズリーグは、グループリーグのステージが終わり、いよいよノックアウトステージへ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




まさに2020年らしい、お盆にチャンピオンズリーグという違和感。

2020年。夏。とにかく暑い。暑い日は、「夏日」という表現から「猛暑」

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

「彼」のような立場になるとマトモに生きる自信がない。

「彼」の評判がどんどん上がっている。 今「彼」は、超ビッグなワー

ついに再開したJリーグ。そこでは懐かしい景色が

コロナ禍で止まっていたJリーグが、ついに再開。  

→もっと見る

  • 2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券