*

4月を前に、知っておいて欲しい話です。「継続こそ力なり」。

もうすぐ4月です。

 

4月は新学期、新社会人、新生活の季節。いろいろ環境が変わったり、新しいことに挑戦する人達が大勢いることでしょう。例えば学生さんなんかでいったら、クラブの勧誘や、サークルの勧誘が激しくなるときじゃないでしょうか?大学の正門なんかにズラリと並んで、新入生を勧誘している景色は、季節の風物詩として微笑ましく感じます。

 

そんなこの季節に、ちょっとこんな話をしようと思います。

 

 

それは僕の母校にて語り継がれている物語です。

 

僕の母校は中学部⇒高等部⇒大学の10年一貫教育。そんな中学部の新入生で一人の男の子がサッカー部に入部しました。

 

 

その男の子はサッカーが大好きで、中学部のサッカー部に入部してから、ずっと部の練習を欠かしませんでした。雨の日も、風の日も。そして晴れて中学を卒業。でも、その男の子は結局中学の3年間、一度もサッカー部の試合に出ることはありませんでした。

 

 

そんな彼はそのまま高等部でもサッカー部に入部。そして高校3年間、一度も休むことなく、サッカー部の練習を毎日毎日続けました。サッカーが大好きな彼でしたが、大勢の部員の中にあって彼は結局レギュラー選手にはなれず、3年間一度も試合に出ることなく、高校生活を終えました。

 

その彼が大学に入学して(高等部から大学部へ進んで)もちろん選んだ大学生活はサッカー部でした。当時のこの大学のサッカー部は、それなりの猛者が連なる強豪であって、サッカーが好きというだけでは試合に出ることが出来るというほど甘い環境ではありませんでした。とうとう大学でも4年間一度も試合に出ることはありませんでしたが、それでもこの男は、4年間、一度も練習を休むことなく、最後の最後まで自分の100%の力で、サッカー部の練習を全うしました。

 

そうです。結局彼は、この学校で中学⇒高校⇒大学と、10年間で1度も練習を休むことはなかったのですが、1度も試合に出ることもありませんでした。

 

でも、そんな男を周りはいつしか尊敬の目で見るようになっていました。彼こそがサッカー部の見本であると。彼こそが本当のサッカー野郎だと。

<Sponsered Link>



 

そんな彼は社会人となり、「ツバメ」のマークで有名な石油会社に入社し、会社のトップになりました。

 

我が母校のサッカー部出身者が中心になって組まれている社会人サッカークラブ名は「スワローFC」と言います。知らない人が見たら「サッカーやってるヤクルトファンの集まりのクラブか?」と思うでしょうが、この歴史と伝統を知っているメンバーは、誇りを持ってこのクラブを「スワロー」と呼びます。

 

それはこの尊敬すべき先輩の精神を、ずっと受け継いで行きたいと思うからです。

 

ね?ちょっと「ええ話」でしょ?

 

これからクラブに入ろうとしている諸君!どんなクラブでも、どんなスポーツでも、どんなことでもいいから、続けてみようぜ!続けていればきっと何かが見えてくるからさ。

 

PS かくいうこの私、その「スワローFC」のキャプテンを務めていたことがありますねん。どう?ちょっと見直した?(爆)

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

 

サイドバナー




関連記事

ロシアW杯でテルスター復活!?歴代W杯で最高のサッカーボールとは?

サッカーで最も必要なものは何でしょうか?ゴール?審判?ユニフォーム?それとも選手でしょうか?

記事を読む

ザキトワの演技構成で論戦中に思い浮かんだ一人のサッカー選手とは?

個人資格で参加しているロシアのザキトワ選手が、弱冠15歳の若さで、平昌オリンピックで金メダルを獲得。

記事を読む

「ローマは一日にしてならず」は、サッカー界の新しい「ことわざ」 です。

世の中にはいろいろ機知に富んだ「ことわざ」がある。アナタは「ことわざ」と聞いて直ぐに思い浮かべるのは

記事を読む

やったぜ!大金星!コロンビア戦の採点です。

それではコロンビア戦(WC)の採点です。   GK 川島 4.5 最近、川島が出て「

記事を読む

サッカーワールドカップ。応援するなら期待しよう!期待しないのに応援してはしてはいけません。

今回は、非常にシンプルな事をシンプルに伝えたい。   いよいよワールドカップが

記事を読む

大変な駆け引きが繰り広げられたクラシコ。メッシが伝説のプレーヤーと並んだ日。

クリスマスウィークの週末。サンチャゴ・ベルナベウ、レアル・マドリーの本拠地にてクラシコが行われた。普

記事を読む

ハリー・ケインが止まらない!それでも新記録の4年連続プレミア得点王にはなれない理由とは?

ハリー・ケインがまた点を獲った。というニュースを見ても、もう何も誰も驚かない。どちらかというと「へぇ

記事を読む

J2と大富豪(大貧民)

いよいよの「J開幕」で一気に春めいた今日この頃なんですが、今回はJ2についてです。  

記事を読む

倉敷保雄さん(クラッキー)で代表戦の中継を!あなたの一番好きなサッカー中継アナウンサーは誰ですか?

今日は我々に不可欠な「サッカー中継」のお話しをば・・・。   「サッカー中継」

記事を読む

コスタ・リカvsセルビア戦の所感。巧い!セルビア!さすが東欧のブラジル!

ブラジルがいよいよ登場!というグループEの裏カードが、ブラジルvsスイスより先に行われました。コスタ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




やったぜ!大金星!コロンビア戦の採点です。

それではコロンビア戦(WC)の採点です。   GK 川島

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループGの巻

【お詫び】このネタは、6月17日にアップしたつもりがアップし損ねており

コロンビア戦直前!歴代監督緊急座談会

ついにワールドカップが開幕した。そして『グループH』の初戦がもうそこに

ドイツvsメキシコ戦の所感。やっぱ守備やなぁ~。もう一度アギーレを呼ぶ?

人はよくスペインのことを「無敵艦隊」と呼んでいるが、僕から言わせるとホ

コスタ・リカvsセルビア戦の所感。巧い!セルビア!さすが東欧のブラジル!

ブラジルがいよいよ登場!というグループEの裏カードが、ブラジルvsスイ

→もっと見る

  • 2018年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑