*

ガンバレ!スルガ銀行!

皆さんは「スルガ銀行」という銀行をご存知だろうか?

 

関東地方の方ならまだしも、関西地方の方々は、ほとんど知らないと言っていいかもしれない。「名前ぐらいは聞いたことがあるよ」という方でも「それじゃ、スルガ銀行の通帳持ってる?口座って開いてる?」って聞かれて「YES」と言える人はそんなに多くないのでは?と思う。

 

でも、しかし、ハウエバー!

 

ところが、ところが、ギッチョンチョン!

 

日本サッカーを長らく愛してきた我々たちは違うのである。

 

スルガ銀行と言えば、そらもう「え!?あの、スルガ銀行!?」と、呼ばれるほどの、ビッグネーム!大ブランドなのである。会社は「地方銀行」であるが、ブランドは都市銀よりも上かもしれない。それがスルガ銀行なのだ。

 

スルガ銀行チャレンジカップという、立派なFIFA公認の国際マッチの名称になっているのが、なんといってもデカい!そして、あまり知られていないが、ナビスコのルヴァンカップでも協賛スポンサーとして名を連ねている。加えて、何十年間も天皇杯のスポンサードも務めている。それだけではなく、創設者の岡野一族のサッカーに対する愛情と理解がハンパなく、常に日本サッカーのために表となく裏となく尽力してくれた・・・それがスルガ銀行なのだ。

 

<Sponsered Link>



 

僕なんか、ネタでどんだけ「スルガ・チャレンジカップ」(正式名称はチャレンジシップらしいが、雰囲気でチャレンジカップと言っていた。この辺のユルさが似合うのが、これまたスルガ・チャレンジカップ(シップ)なのである!!)を使ったことか。正式名称を「スルガ・チャレンジシップJリーグYBCルヴァンカップ/コパ・スダメリカーナ王者決定戦」という。ナガ!!(爆)。こういうのも、ネタとしては恰好なのだ。

 

たとえば「日陰でひっそり・・・」というネタには必ずスルガ・チャレンジカップを喩えに出したし、え?そんなんやってたん?という、「こじんまり系、そんなんやってたん?系」のネタにも必ずスルガ・チャレンジカップは登場していた。また大会がシーズンオフ真っただ中というタイミングを利用して、季節外れとか、オフシーズンというイメージの象徴としてもスルガ・チャレンジカップは使わせてもらっていた。

 

そのスルガ銀行が実は危ないのだそうな。先日発表された連結決算では、純損額が961億円の赤字。中間期に計上したシェアハウス向けの不正融資に絡む多額の貸し倒れ引当金が重くのしかかって、前年黒字から一転して経営を脅かすレベルの赤字である。一時は「市場最強の地銀」とまで言われたのに、いろいろボロが出てきて、今や株価は急降下。預貯金もどんどん流出していいるらしい。

 

ま、僕はあそこに預金もしていないし、あそこでローンも組んでいないので、直接的な金融被害はおそらくまったくぜんぜんない!のだけれども、それでもやはり我々日本サッカーを愛する人間からすると大ショックである。

 

スルガ銀行が無くなったら・・・?そう思うとゾッとするぜ!

 

何と言っても「スルガ・チャレンジカップ」は、その冠を失い、名称が変わるか、ヘタをすると大会自体が無くなってしまう。

 

ルヴァンカップだって天皇杯だって、少なからず影響を受ける。

 

そして何より・・・。

 

僕の中で「定番」的に使ってきた、独特のポジショニングの喩えが使えなくなってしまうのだ。ちょうど「平山相太」の引退とともに、「な?ソウタもそう思うだろ?」という、独特の〆め言葉(時にはそれがオチにもなっていた)が使われなくなっていったように。

 

痛い!それは痛すぎるぜ!

 

だから、強くスルガ銀行の復活を望むのです。

 

ガンバレ!スルガ銀行!たとえメジャーじゃなくても、皆に必要とされる存在ってあるんだよ!

 

ちょうど「スルガ・チャレンジシップ」のようにね!(爆)

 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

祝!50年ぶりの優勝!関西学院高サッカー部が兵庫県代表に!

50年と言えば、半世紀。半世紀といえば、一世紀の半分。つまり四半世紀の倍の時間が半世紀で、その年月が

記事を読む

「このくにのサッカー」。日本人初のFIFA特別賞受賞の最高齢サッカージャーナリストが語る。

私が一昨年(2016年)の5月からお邪魔している、サッカーフリークにとっては、ワールドカップ決勝戦の

記事を読む

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく今日になって、その原因と仕組み

記事を読む

いったい何のために予選を戦っているのだろう?

  私もこの齢(よわい)になると、いろんなもんを見てきたわけです。   ま、ここ

記事を読む

10年ぶりに復活した「入れ替え戦」がヤバ過ぎるぜ!だからサッカーは面白い!

プロ野球になくてJリーグにあるものはなんでしょう?   そう問われるといろいろ

記事を読む

ワールドカップへの最終調整試合。やったぜ!Bチーム!パラグアイ戦の採点

それではパラグアイ戦の採点です。   GK 東口 5.0 今回、ワールドカップで日本

記事を読む

2018年の名古屋グランパスは台風の目になるジョー?

先日、2018年度を戦う名古屋グランパスの新加入選手とともに全メンバーの背番号も発表されました。

記事を読む

ラファエル・シルバの中国移籍に球団は痛手。という報道に違和感を感じるところは?

出ました!ラファエル・シルバの中国電撃移籍。こんなん今に始まったことでも何でもないっしょ?ひと昔前か

記事を読む

フランス、気の抜けたシャンパン!まったく違う味で優勝。

ロシアワールドカップが終わりました。優勝はフランス。ま、今回のフランスは優勝候補の一角に名を連ねてい

記事を読む

6得点が入るリーグってどうよ?

「サッカーは得点が少ないから面白くない」   昔から言われてきたこのフレーズ。

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




コロナ禍でも絶好調!あの「西松屋」って、メチャメチャ優良企業やったんやね。

♪「にっしぃ、まっつやぁ~~」というCMを見た人、どれぐらいいるのかな

メッシがどこに行っても「興味が湧かない」理由

メッシがバルセロナに決別の意思を示してからしばらく経ちました。

まさに2020年らしい、お盆にチャンピオンズリーグという違和感。

2020年。夏。とにかく暑い。暑い日は、「夏日」という表現から「猛暑」

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券