*

秋の夜長に読む一冊「スティーブン・ジェラード自伝」

公開日: : 最終更新日:2017/12/29 サッカー

台風の被害に遭われた方々へのお見舞いを申し上げます。

そんな挨拶が通常になる、台風シーズン。そして台風がやってくるたびに、台風が通過するたびに、秋の深まりを再認識するのもまた事実。

そう、そんな秋と言えばやはり「スポーツの秋」、「食欲の秋」、「芸術の秋」、そして「読書の秋」。

で、今回は「読書の秋」の話題を。ちょっと強引ですけどね(笑)

<Sponsered Link>



先日3連休の最終日、久しぶりにまとまった時間がとれたので、お気に入りのカフェのお気に入りの場所に陣取って、ある本を通読しました。結構分厚い本で492ページもあったんですが、まさに「一気読み」という表現がぴったりな「一気に読み上げて」しまいました。

その本とは

「スティーブン・ジェラード自伝」~君はひとりじゃない~

僕自身はリヴァプールというクラブにはリスペクト感はあったものの、特に親近感は持っていなかったし、ジェラードという選手も「こんな選手いたら楽やろうなぁ~」という感想は持っていたし「ええ選手やなぁ~」というのも常に感じてはいたんだけれど、かといって「好きな選手か?」と聞かれれば決してそうでもないし、あまりこの自伝に対しても「期待感」というものは持たずに読み始めてみたんだけれど・・・

これが実に面白い!いや、ホンマに面白いんよ!

なんせ、彼の目線で語られているいろいろな場面。ピッチの中、ロッカールーム、クラブのオフィス、医療室の映像が浮かぶような臨場感溢れる文章で、一気読みできるんですよね。

本の構成も自伝によくあるような「生誕」→「幼少期」→「少年時代」→「青年期」→「現在」という編集ではなく、最近流行りの「時制を前後」させる手法がとられていて、読み手を飽きさせない工夫がほどこされているのもグッド!

もちろんこれだけの筆力がジェラードにあるとは思えず、たぶん原稿自体はゴーストライターが書いたのだろうけれど、でもピッチの中に立って、パスコースのことや、ボールが飛んでくるときの風景、コーナーのポジショニングを奪い合うときの気持ちをゴーストライターが勝手に書けるわけもなく、確実にジェラードの内面が描かれているのも事実。

フットボール好きの人で、秋の夜長にちょっと時間が出来て「読み応えのある本、ないかなぁ~?」なんて思案している人には絶対におススメの一冊です。

サイドバナー




関連記事

アジアカップで解った南米の人たちの気持ち

アジアカップが開催されて、大いに!?盛り上がろうとしている感じがしないでもない。そんな感じです。

記事を読む

クラブワールドカップの歴史を知ろう!そうすれば、浦和を応援したくなるよ

クラブワールドカップ2017がUAEで、12月6日に開幕。総勢7つの

記事を読む

平成最後の日にはやっぱりこれかな?

いやぁ~~~、ずいぶんとご無沙汰してしまってました。こんだけネタを上げずにいたのはいつ以来かなぁ~?

記事を読む

ヴィッセル神戸初タイトル!ジーコ対イニエスタはイニエスタの勝ち!

  やっぱ、元旦の午後は天皇杯っしょ!   もの心ついたときから、元旦の13時は

記事を読む

バレンタインデーが近づくと考える、男前論

もうすぐバレンタインデー。昔と違って最近はずいぶんと僕の周りもバレンタインデーは様変わりして、「今日

記事を読む

風前のロペテギ

日本のプロ野球では、巨人の高橋監督が、阪神の金本監督が、それぞれ成績不振の責任を取って辞任を発表しま

記事を読む

ストッキングをずらして似合う選手ベスト5の発表!

日本人は番付が大好き。お相撲さんの世界はもちろんのこと、毎年行われる「ヒット商品」だってしっかり番付

記事を読む

日本サッカー協会会長は誰がふさわしいのか?彼を見ると、あのフランス人を思い出す。

  1月7日に七草粥を食べる人は少なくなったのだろうけれど、やはり1月も一週間を過ぎると、

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【マ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

韓国敗退!シャビィ、大当たりぃ!

2019アジアカップは、ベスト8が出揃って、いよいよノックアウトステージも佳境に入ってきました。

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




僕らは連戦になるとこの選手の名前を叫んでいた。

レンセンブリンクが亡くなったらしい。クライフもいなくなり、また一人、あ

クリロナのルーティーンを彼のルーティーンと比べてみた!

  スペインのメディアに、メッシとクリロナが日々行っているル

VARで疑念は減るのか?増えるのか?

  VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字を

25回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから25回目。25年目、とうとう

タイで最も有名になった日本人!?

  アジア選手権U23=東京五輪サッカーのアジア予選がいよい

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券