*

南米っていう表記は本当に正しいのだろうか?その疑問を今、全公開します!

「読裏クラブのワンツー通し」時代からこのブログを読まれている方々ならば、私が実はアルゼンンチン人であることはよくよくご存知でしょう。

 

私の現役はピチパンでストッキングは降ろして、シューズの紐は足首に巻いてから結ぶと言う、いわゆる「南米スタイル」を貫いてきたのです・・・というネタも、たぶん読まれた方も多くいらっしゃるでしょう。

 

で、そんな私なのですが、先日のクラブW杯などで「ヨーロッパ対南米」のネタを書いているときにふと思ったのですよ。ふと思ったというよりも、ふと気付いたという方が正確かもしれませんが。

 

それは「南米」っていうコトバ、かの地の人々はどう思っているんやろう?っていうこと。

 

え?「読裏さん、アンタ、アルゼンチン人やったら、【かの地】なんて言わんでも自分で言うたらええやん?」って?う~ん。痛いところを突きまんなぁ~。いや、そら、そうなんやけど、ほら、僕も日本に住んで結構長いやん?関西に住んですっかり関西弁やん?そやからちょっと南米の人の意見も聞いてみたいやん?

 

というわけです。

 

ただ、僕らサッカー出身(経験)者の立場からすると

 

南米=サッカーの本場!

南米=サッカーメチャ巧ま!

南米=サッカー格好エエ!

南米=独特のリズム

南米=ラテンの血

南米=溢れる太陽!

 

なんていう、勝手なイメージと、勝手な思い込みがあるんですが、そもそも何で「南の米」、つまり「アメリカの南」なんやろうね?

 

これって結構失礼な話じゃないか?と。

 

南米諸国に(当たり前やけど)アメリカが入っていないのに、「君ら、アメリカの南の辺の人やろ?」ってなノリなわけでしょ?

 

これを我々の近くで適用しようとしたら、例えば・・・例えばの話だよ・・・

 

日本は中国の東側にあるから、君らのことを「東中国」って言うね。とか

日本はマレーシアの北側にあるから、君らのことを「北マレーシア」って言うよ。とか

日本の事を「アメリカ大陸から最も遠い位置」と捉えて「君たちを極遠米って呼ぶね」みたいな。

 

もっと卑近にすれば東京の人たちを南埼玉地方って呼んだり、西千葉って呼んだり、東横浜って呼ぶのと同じじゃね?ってこと。

 

ね?何となく僕の言いたいこと、雰囲気的に解ってきました?

 

<Sponsered Link>



 

先日、鳥取県が地元の「石破茂」さんが、「今でこそもうなくなったが、私がまだ諸学生だったころ、天気予報で日本海側のことを「裏日本」と呼んでいたのはいまでも忘れない。【今こそみておれ】と当時から思っていたんです(苦笑)」と言っていたのを、ちょっと思い出す。そんな感じね。

 

誰が裏日本やねん!と。誰が南米やねん!と。思っても不思議じゃない。

 

つまり主権もアイデンティティーもしっかりとしたものがある国(この場合は国々)に対して【〇〇の■■側】(=〇〇はある国<地域>を表し、■■は<東西南北>を表す)って、こんな失礼な言い方ってあるんやろうか?

 

ごっつい失礼やん!?

 

しかも、しかもだよ。「俺らを呼ぶのに事もあろうに、サッカーの後進国のアメリカの名前を何で使うねん!?と。俺らはあんなにヘタレやないで!」と。

 

そっちがそう呼ぶんなら、こっちだってアメリカのことを「北南米」って言うで!と。

 

でもまぁ、アメリカの南側の北側やったら結局元に戻って「ふつうのアメリカでええやん?」みたいにもなるし。う~ん。右の左側の右は結局今の場所みたいな。まるで禅問答。これは哲学的な問題になってきましたな。

 

それで言うならサクラメントは北南米の西海岸の東寄りみたいに言うことになって。ちとややこしい。。。

 

ま、この言い方で通用するのは

 

「明日の待ち合わせは、西中島南方の東出口の北側な!?」っていう時だけかも。。。(このネタは解る人には解る、解らない人にはまったく解らない、関西地方の一部超ローカルネタで、すんまへん!)

サイドバナー




関連記事

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループGの巻

【お詫び】このネタは、6月17日にアップしたつもりがアップし損ねておりました。既に結果が出かかってお

記事を読む

ガンバレ!スルガ銀行!

皆さんは「スルガ銀行」という銀行をご存知だろうか?   関東地方の方ならまだし

記事を読む

ワールドカップへの最終調整試合。やったぜ!Bチーム!パラグアイ戦の採点

それではパラグアイ戦の採点です。   GK 東口 5.0 今回、ワールドカップで日本

記事を読む

巻も引退!あの時代のあの選手達が、どんどんいなくなる淋しさ。

先日、女優の(というより、僕の中ではあのマンガの声優のイメージの方が強いんだけど)市原悦子さんがお亡

記事を読む

最後にして、初めての元旦

皆様、明けましておめでとうございます。 2008年にスポナビブログにて書き始めた「読裏クラブの

記事を読む

『ホンマに来るの?度』史上最大!あのイニエスタがやってくる!その計り知れない影響度

イニエスタが神戸にやってくる?というニュースを最初に見たときには「おうおう、またガセかよ?」「ほぅ~

記事を読む

結果が大事?プロセスが大事?サッカーの実在派と実証派との間の話。

先日読んだ「物理学」の本で面白い表現がありましたので、ここでちょっと引用させていただきます。

記事を読む

アジアカップのグループリーグ突破について(僕も)一言

2019年のアジアカップが始まってます。   日本はグループF。相手は初戦がト

記事を読む

「逃げれば狙われる」「立ち止まれば食べられる」クルピの言葉にあの師を思い出しました。

Jリーグも開幕して2節を終了しました。で、3節を迎えるこの週からはルヴァンカップがスタートします。

記事を読む

フィッカデンティの敗戦コメント、ソクラテスも顔負けの三段論法に脱帽!

マッシモ・フィッカデンティ。イタリア人。50歳。サガン鳥栖の監督です。   &

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




新元号決定直前企画!新元号の本命はコレだ!?

いよいよあと数日で新元号が発表されます。発表は4月1日の月曜日、まさに

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアと

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑