*

ロペテギの後任は、ひさびさ・爽やか・アルゼンチン人、サンティアゴ・ソラーリ!

レアルのロペテギ監督が解任された。先のクラシコで1-5の大敗を喰らった時点で完全にアウト!やったね。

 

もうロペテギは風前の灯状態だったから(その時のネタはこちらで書いてますので、よろしければどうぞ)、たとえこの試合でレアルが勝っていたとしてもたぶんその寿命は1週間か2週間延びたぐらいだっただろう。

 

僕はこの試合をちょこっとだけ見てたけど、そら1-3から後の時間は酷かった。「おいおい?これがあのレアルかよ?」というぐらいボロボロでした。統率もないし、守備の意識は希薄だし、選手個々は勝手に動くし。

 

いくら彼を擁護しようとしても、あんだけ「バラバラ」な現実を見せられたら、そら誰でも監督交代を考えますわ。

 

で、その後任は!?

 

いろいろ噂のあったコンテでもなく、ポチェッティーノでもなく、下部からの昇格で、世間的には「暫定」とみなされているソラーリ。そう、あのアルゼンチン代表にもちょこっとだけ入っていたサンティアゴ・ソラーリ。

 

やったね!

 

<Sponsered Link>



 

ひっ~っさびさの!レアルのアルゼンチン人監督だぜ!?調べてみたら1993年にバルダーノが監督をして以来、25年ぶり、四半世紀ぶりのアルゼンチン人監督。

 

年齢もメチャ若い!42歳!と、言っても、彼の現役時代を知っている我々オッサンファンからすれば「そうかぁ~、ソラーリももうそんな歳になってたんかぁ~」という感覚ですが、名声と実力を最優先して監督選びをしてきたレアルからみたらそらもう異例の若さ。外見もどこかアメリカの青年実業家のような爽やかさを感じます。

 

現役時代は、それこそ南米選手独特の雰囲気で長髪をなびかせていたイメージがあったけどね。

 

その爽やかな風貌で就任会見したセリフもかなり爽やか!元々アトレチコ・マドリ―出身で、レアル後もインテルやペニャロールを渡り歩いたキャリアを感じさせない「レアル愛」をプンプンさせてました。ちょっとイメージは「巨人の監督」に就任した原辰徳のよう。

 

ちょこっとそのセリフを紹介すると・・・

 

【レアルのためにあらゆることをやってきた。このユニフォームのために、懸命にプレーしたきたんだ。他の多くの選手と同じようにね。クラブを去った人もいれば今も残っている人もいる。彼ら全員がレアル・マドリ―なんだ。選手個人よりもクラブの方が大きい。でも全員がクラブの一部でもある。レアルのために仕事ができることを今は非常に嬉しく思っているよ】

 

どうよ?これ。完璧やん!「一人は万人のために、万人は一人のために」という、神戸灘生協のスローガンみたいやん!?(爆)

 

ソラーリが灘生協会員でないことは間違いないけど、とにも、かくにも、同じアルゼンチン人として(何故私がアルゼンチン人なのか?はこちらでどうぞ)、ぜひぜひ、ともとも、頑張って欲しいなぁ~。ソラーリよ!このままず~~~~っと連勝して、大物監督の仲間入りをしてくれよん!

 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

究極の対決(選択)!気持ちが引き裂かれる対戦。試合の結果は?

その昔、それは今から20年前のことです。1998年。日本代表が初めてワールドカップに出場しました。ワ

記事を読む

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく今日になって、その原因と仕組み

記事を読む

『ホンマに来るの?度』史上最大!あのイニエスタがやってくる!その計り知れない影響度

イニエスタが神戸にやってくる?というニュースを最初に見たときには「おうおう、またガセかよ?」「ほぅ~

記事を読む

まったく何を言っているのか解らん日本代表分析を見つけました

アジアカップ決勝のカタール戦。日本は残念な結果に終わってしまったが、どことなく一人「残念ではない?」

記事を読む

サッカーワールドカップ。応援するなら期待しよう!期待しないのに応援してはしてはいけません。

今回は、非常にシンプルな事をシンプルに伝えたい。   いよいよワールドカップが

記事を読む

12月1日、W杯抽選の時はポットとポッド。どっちが正しいのか?

W杯の出場を決めている国の人たちにとって、その前年の12月1日は我々サッカーフリ

記事を読む

「このくにのサッカー」。日本人初のFIFA特別賞受賞の最高齢サッカージャーナリストが語る。

私が一昨年(2016年)の5月からお邪魔している、サッカーフリークにとっては、ワールドカップ決勝戦の

記事を読む

ガラタサライの長友の盟友、スナイデルが語った意外な日本人選手とは?

長友がトルコのガラタサライに移籍して2週間ほどが経ちました。で、移籍直後にもかかわらず、ガラタサライ

記事を読む

「逃げれば狙われる」「立ち止まれば食べられる」クルピの言葉にあの師を思い出しました。

Jリーグも開幕して2節を終了しました。で、3節を迎えるこの週からはルヴァンカップがスタートします。

記事を読む

ワールドカップへの最終調整試合。やったぜ!Bチーム!パラグアイ戦の採点

それではパラグアイ戦の採点です。   GK 東口 5.0 今回、ワールドカップで日本

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




崎陽軒のシウマイと似た世界はここにもあるよ。関西学院の読み方の都市伝説について

ひょんなことから話題になった「崎陽軒のシウマイ」。”ひょんなこと”とい

もしかして人生初?お盆に直撃!台風10号でUターンラッシュに大打撃。車も新幹線もどうなるのか?

お盆の真っただ中。帰省のラッシュも一段落して、あと数日すればUターンラ

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれ

→もっと見る

  • 2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券