*

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ア】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

 

が、しかし、ばっと、ハウエバー!

 

サッカーは何もフリークだけのものではございやせん。子ども達もサッカーは大好きだし、そしてもちろん女性の方々だって。その女性だって誰もかれもが「小柳ルミ子さん」並みの知識があるとは限りません。はっきり言って「小柳ルミ子さん」は別格です。僕も彼女には到底追いつけない(汗)

 

そんな小柳ルミ子さんじゃない普通の人の中には、「今年から子どもがサッカーをやりはじめたので・・・」とか、「今度の彼氏がサッカー好きで・・・」などという「サッカー初心者」だってきっといるでしょう。「ワールドカップって見たことがないけれど、今度初めて見るワールドカップって凄く楽しみ!ドキドキ、ワクワク!」という人もきっといるでしょう。

 

というわけで、以前はスポナビさんにて「読裏クラブのワンツー通し」としてアップしていたこのブログも、新しくこの場所でアップすることになった以上、老若男女を問わず、サッカーに興味をお持ちの方以外も含めて「サッカーの面白さ」「サッカーの奥深さ」を改めてご紹介、ご披露させていただこうと思っています。でも、ちょっと「灰汁(アク)」は強いけどね(爆)

 

永久保存版!サッカー用語辞典

 

で、そんな新しい「読裏クラブ」のブログでは、サッカー用語を詳しく説明するシリーズを連載します。名付けて「小柳ルミ子さんじゃない、普通の主婦でも今日から解る!永久保存版サッカー用語辞典!!」

 

え?タイトルが長い?はい。スンマセンなぁ~。こういうベタさは新しいブログの場所になっても変わりまへんねん。なんせ、書いてる人間が同じでっさかい(爆)

 

と、いう長い掴みはこの辺にして。。。もっとサッカーを知るために!もっとサッカーを楽しむために!よりサッカーを味わうために!「聞きたくても聞けなかった言葉」や「よく聞くけど意味がまだよく解らないという言葉」を「わかりやす~~~~~く」解説していきます。

 

もうこの「読裏サッカー用語辞典」さえあれば、今年のJリーグも、今年のワールドカップも、今年のブンデスリーガも、今年のリーガ・エスパニョーラも・・・え?長い?はい。すんまへん!

 

では参りましょう!今回まずは【ア行】から。

 

<Sponsered Link>



 

【ア】アタッキング・サード

ここ数年でかなり使われるようになった用語の一つですかね。最近はちと下火になったかもしれないけれど、それでもこれを連発する人は確実に存在します。

 

サッカーのピッチを縦に1/3ずつ分けて、自陣ゴール側の1/3をディフェンディング・サード(と言うらしい)。真ん中の1/3をミドル・サード、そして最後の敵陣側の1/3をアタッキング・サードと呼んでいます。

 

ま、ミドルとディフェンディングはほとんど使用されずに、もっぱらアタッキング・サードの使用頻度が高いです。なにかこの用語を使えば「理論家」っぽいとか「戦術家」っぽいとか、「俺(私)、サッカーの事詳しいよ!」的な、そんな雰囲気を漂わす言葉として使われてる感じがしないでもない。

 

昔の言葉でこれに代わるのが「敵陣深く」とか「敵のゴール前で」とか。僕としては断然にこっちの方が「敵陣感ブリブリ」なんだけれど、ビジネスの世界でもなんでもとにかく「カタカナ」が流行るのはどこでも同じかな。因みにルパン3世はルパン・ザ・サードだし、鮎原こずえは、アタックNO1。はい・・・何の関係もありまへん。すんまへん。

 

【イ】イブラ様

ある選手名がサッカー用語か?という疑問はごもっともと言えばごもっとも。しかし、これは「読裏辞典」なので、読裏ワールドを知っておくという意味では絶対に理解しておかねばならない言葉をご紹介しているわけで。そうなると「イブラ様」は完全に用語として理解しておいていただきたい。

 

つまり「イブラヒモビッチが」とか「ズラタンが」と言ってはいけないということです。イブラヒモビッチの正式用語は「イブラ様」です。当然ご本人が「オレ様」と仰っている以上、我々下々のサッカーフリークは「イブラ様」と言わなければなりません。

 

使用例としては「イブラ様がボールをお持ちになった」とか「イブラ様がお呼びになっているのに、味方がイブラ様にボールを出しよらへんかった!考えられへん!」とか。そういう場合に使います。

 

え?「それは解るけど、今回のワールドカップには呼ばれてないじゃん?」って?だから、その場合は、「何と!馬鹿げて愚かなことにスウェーデンは今回のワールドカップにイブラ様を招集していないようだ!」という表現でこの用語を使用することになります。はい、初めてイブラ様のことを知ったそこの主婦の方々。。。解かりましたね?間違っても「イニエスタ様」とか「イスコ様」とか、「イ」で始まるからって勝手に「様」をつけたらアカンよ。「様」をつけられる選手は「イブラ様」だけやからね。

 

【ウ】裏を取る

ここのブログ名は「読裏クラブ~~」。そう、裏という文字が使われています。これは何も「読〇クラブ」をもじったうえでのゴロ合わせだけで使っているわけではございやせん(もちろんその意味もあるけど)。サッカーでは「裏」という言葉をけっこう頻繁に使うわけです。

 

一般的に「裏を取る」というのは「逆のやり方」とか「正反対の」という意味で使用したり、「証拠を確認する」とかに使用しますが、ことサッカーの場合はまた別モノ。基本的な使い方はDFとGKの間のスペースを狙ったり、DFの後ろ側のスペース(場所)のことを指します。「裏狙い」とはDFの後ろを狙っているという意味。「裏を通す」とはそういうスペースにナイスボールをグラウンダーで通すということ。同様に「表ばかり」という表現は、DFの前ばかりでプレーしているという意味ね。そういえば現役時代にはよく言われたなぁ~「読裏!(←当然実際は本名ですが)、表ばかり廻さんと、裏一本入れろよ!」って。

 

【エ】エグイプレー

これ、かな~~~り、表現が難しいというか、ニュアンスが難しいというか。独特のフィーリングなのでどこまでお伝えできるか解かりませんが、「エグイプレー」というのは確実にサッカーの世界には存在しますのです。ハイ。

 

それはドリブルであったりパスであったりプレーの内容ではなくて、限度というかレベルというかそういう感じですね。つまり「そこでそれするかぁ~?」とか「それをそこまでやるかぁ~?」とか「それをそんなことするかぁ~?」とか。そんな場合に使いますね。

 

使用例をひとつふたつご紹介すると。

・ライン際でボールキープして、ディフェンダーを2~3人引きつけるだけ引きつけて、カンカンドリブルで超狭いスペースで一気に置き去りにするドリブルをした選手に「エッグゥ~~そこ抜くかぁ~?」

 

・ぺナコ前10メートルぐらいの位置で「胸トラップ~ワンタッチ~どこかにスルーパス」だと思っていたら、そのままジャンピングボレーでシュートを選んでそのままサイドネットを揺らす超絶シュートを撃ったイブラ様のプレーを見て、「イブラ・・様・・・エッグゥ~~」とか(←こういう場合でもちゃんとイブラ様と言いましょう!)

 

・タテを切りまくっている相手DFの間合いに入りながらも、お構いなしにボールを前に出して、そのままタッチラインの外側から回り込んで相手をぶち倒して突破するベイルのような荒くれドリブルを見て「エッグゥ~~~」と言いながら苦笑する。

 

とかです。どうですか?使い方、解りましたか?

 

「エッグゥ~~」とか、「エッグィね、これ」とかを適切な場所で適切に使うことが出来ると、ちょっと「お?サッカー知ってるね?」と周りからも認められる可能性が大ですので、思い切って使っていきましょう!

 

【オ】オフサイド

おそらくサッカーのルールで最も難しいのがこの「オフサイド」でしょう。そもそもオフサイドラインなんてものもないし、何で今のがオフサイド?って言われてもちゃんと説明できない人も結構いるんじゃないかな?

 

このルール、その出来た理由を理解してもらえれば少しは理解が深まるかもしれません。このルールの根底にあるのは「待ち伏せはダメ!それは男らしくないだろ?」というもの。それが原点です。

 

全員が攻めて、全員が守るのがフットボール。全員が守っていて、相手が全員で攻めているのに、1人だけ守らずに(敵が全員で攻めているのをいいことに)待ち伏せして、味方がボールを獲ったら「ボッコ~~~ン」と蹴ってもらって、あとはキーパーと1対1。はい!ゴール!なんてプレーは、男らしくないし、卑怯なやり方やん!だからそれをやったらファールな!というのが基本精神です。

 

だから相手の最後のところにいる選手よりも前でボールを貰ったら(つまり待ち伏せ状態になったら)オフサイド!。ま、これでも解り難いので、どこかでしっかり図解入りで説明しようとは思いますが。

 

で、このルールを逆手に取って相手FWを自分達より前に置き去りにさせようとするのが「オフサイドトラップ(オフサイドにする罠という意味ですね)。で、このトラップを掛けて、相手FWをオフサイドに誘い込んだ時の正しいアピールの仕方が「オフサイやんぇけ~~~」という叫び声です。

 

よく相手FWがゴールした瞬間にDFが片手を上げているのは、英語でもフランス語でもドイツ語でもスペイン語でもイタリア語でも、共通で「オフサイやんけぇ~~」と言っているのです。スタンドからは聞こえ難いけどね(笑)

 

 

いかがでしたか?今回の【ア】行の巻。お勉強になりましたか?「こういう辞書が出るのを待ってたんですぅ~~」と、絶賛されている方がどれだけいらっしゃるかは解りませんが、コメントをいただくとまた励みになりますので、是非ご感想や、「この用語も説明してください!」てなリクエストも入れてくださいね。

 

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね。

 

サイドバナー




関連記事

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【マ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

南米っていう表記は本当に正しいのだろうか?その疑問を今、全公開します!

「読裏クラブのワンツー通し」時代からこのブログを読まれている方々ならば、私が実はアルゼンンチン人であ

記事を読む

「このくにのサッカー」。日本人初のFIFA特別賞受賞の最高齢サッカージャーナリストが語る。

私が一昨年(2016年)の5月からお邪魔している、サッカーフリークにとっては、ワールドカップ決勝戦の

記事を読む

サッカー日本代表に、ラファエル・シルバを入れる方法(画期的な賀川浩案!)

浦和レッズが10年ぶりに、ACL王者に輝き、12月6日から始まる「クラブワールド

記事を読む

アーセン・ヴェンゲル退任。遂にこの時がきた!さぁ、次はどこへ?言いたいことは解るよね?

ふと気付くと、4月も終盤に差し掛かってきているではないか?あと何日かすれば世間はGWだ。あ、GWとい

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ハ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

ストッキングをずらして似合う選手ベスト5の発表!

日本人は番付が大好き。お相撲さんの世界はもちろんのこと、毎年行われる「ヒット商品」だってしっかり番付

記事を読む

実は私はアルゼンチン人なのです!

皆さん、実は非常に大事なことをこのブログにてお伝えしておりませんでした。私としたことが何と言う不覚!

記事を読む

1試合2億5千万、1ゴール12億5千万貰って帰っていった男。

1試合で2億5千万、1ゴールで12億5千万貰えたら、アナタはどうしますか?  

記事を読む

ハリー・ケインが止まらない!それでも新記録の4年連続プレミア得点王にはなれない理由とは?

ハリー・ケインがまた点を獲った。というニュースを見ても、もう何も誰も驚かない。どちらかというと「へぇ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




『ホンマに来るの?度』史上最大!あのイニエスタがやってくる!その計り知れない影響度

イニエスタが神戸にやってくる?というニュースを最初に見たときには「おう

アーセン・ヴェンゲル退任。遂にこの時がきた!さぁ、次はどこへ?言いたいことは解るよね?

ふと気付くと、4月も終盤に差し掛かってきているではないか?あと何日かす

「ローマは一日にしてならず」は、サッカー界の新しい「ことわざ」 です。

世の中にはいろいろ機知に富んだ「ことわざ」がある。アナタは「ことわざ」

後任は西野さん?ハリルホジッチ電撃解任で遠藤復帰も!?

ハリルホジッチ解任!の一報が携帯の速報で朝一番に飛び込んできました。ち

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ヤ】【ワ】【ン】の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血

→もっと見る

  • 2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑