*

ガラタサライの長友の盟友、スナイデルが語った意外な日本人選手とは?

長友がトルコのガラタサライに移籍して2週間ほどが経ちました。で、移籍直後にもかかわらず、ガラタサライで早速試合に出場して、その高い能力を早くもチームのために発揮しているようです。

 

で、今回のネタは、そんな

 

「♪ 長友のようなネタで長友のようなネタでない! ベンベン!」

「♪ ガラタサライのようなネタでガラタサライのようなネタでない!ベンベン!」

 

「♪ そ・れ・は・な・に・かと、たずねたら~!?」

 

「♪ スナイデル!スナイデル!スナイデル!・・・ベンベン!」

 

ということで、スナイデルのインタビューの内容で興味深いものがあったのでご紹介しようかなと。

 

<Sponsered Link>



 

長友とはインテルで同じ釜の飯を食ったスナイデル。今回の彼のガラタサライへの移籍も、スナイデルの助言がかなり背中を押したということで、我々日本人にとってもどこか親近感を覚えるオランダ人がスナイデル。

 

もちろん親近感だけではなくて、そのキャリアはもう一流そのもの。母国の一流クラブ、アヤックスでユース時代から頭角を現した彼はそのまま超一流クラブの頂きである「レアル」へ。

 

あ、ゴメンやけど、僕がレアルって言ったらもうマドリーしかないからね。間違ってもソシエダとかウニオンとかではありませんので・・・え?「誰がレアルって聞いてウニオンなんて思いかべるやつがおるねん!そんなんで貴重な紙面を取ったらアカンで!資源の無駄遣いをしあらアカン!」って?エライすんまへん。でも、紙面の心配はご無用です。なんせこのドメインは、僕のドメインやから(爆)

 

というのはどうでもよくて、スナイデルのキャリアに戻ります。レアルのあとは、インテル。ここで長友と出会ってロッカーやクラブハウスで親友に!その後、イタリアをあとにしてトルコのガラタサライに移籍。同クラブのリーグ優勝に貢献したのちにはフランスのニースに完全移籍して、現在はそこからまた移籍してカタールリーグで現役を続行中。

 

そんな彼を現地カタールのプレスがインタビューして、その内容が一部日本でも紹介されていました。で、ここで「ビックラこいた」のが以下の記事。その一部を再現すると。

 

記者)「君にとって世界最高MFは誰?」

 

スナイデル) 「レアルにいたときのプティだね。彼のプレーは優雅でありながらハードで、とても印象的だ。もっとも能力が高いMFだよ」

 

記者) 「それでは、君のキャリアの中で最も難しい対戦相手は誰だった?」

 

さぁ、ここからですわ。スナイデルといえば、ヨーロッパの一流クラブを渡り歩き、オランダ代表でも2回のW杯に出場して、世界のトップクラスというトップクラスの選手とはほとんど全部対戦していると言ってもよいほどの選手なわけですよ。

 

そらもう、彼の口から「シャビ」とか「イニエスタ」とか「ジェラード」とか「エジル」とか「ポグバ」とか「カカ」とか、どんな一流選手の名前が出てきてもおかしくない、そんなキャリアの持ち主であるスナイデルの口から出た名前が・・・

 

「シンジ」!「シンジ・オノ」!だったんよ!

 

これにはちょっとビックラこきましたわ。

 

その理由をこう語っています

 

スナイデル)「僕がアヤックスでプレーしている時に、彼はフェイエノールトにいたんだ。彼は非常に知的なプレーをしていて、本当に対戦相手として強烈な印象を持っているよ」と。

 

どうよ?これ。インタビューの相手は別に日本人でもなんでもないんだよ?いくら若い頃の印象は記憶に鮮明に残ると言っても、それを上回る対戦キャリアを世界の一流クラブで築き上げたスナイデルだよ?それがねぇ~。。。

 

いやぁ~、やっぱり「小野」ってスゲーよね。ある意味、キング・カズよりも、ヒデ・ナカタよりも、オクデーラよりも、日本が誇るサッカーの宝なんだろうね。

 

札幌のちびっ子達・・・君たちは今、ちょっと幸せなんだよ!?

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

Jリーガーのスケジューラーはアドレナリンが出まくりん!

新型コロナウィルスで初感染者が奈良で出た!というニュースが飛び込み、書いたネタがこちら。ちょうど1月

記事を読む

天皇杯決勝にサッカー界の大谷翔平登場!その選手の名は!?

1月1日の元旦。サッカーを愛する人ならば、元旦イコール天皇杯決勝。これがもう身体に沁みついていること

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【カ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

発煙筒が燃える景色

時々、このブログで、ワタクシ、読裏クラブが綴る「日本もここまで来たか」シリーズ。  

記事を読む

ガンバ大阪の遠藤保仁、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が秒読みへ?

本日驚愕のニュースが我々の元に飛び込んできた(★)     あ

記事を読む

クラブワールドカップの歴史を知ろう!そうすれば、浦和を応援したくなるよ

クラブワールドカップ2017がUAEで、12月6日に開幕。総勢7つの

記事を読む

ヴィッセル神戸初タイトル!ジーコ対イニエスタはイニエスタの勝ち!

  やっぱ、元旦の午後は天皇杯っしょ!   もの心ついたときから、元旦の13時は

記事を読む

今、コロナ特需で爆売れしている商品でベストイレブンを組んでみました!

新型コロナ感染症拡大でほぼ全てのサッカーが「停まっている」今、普通ではなかなか見ることが出来ないよう

記事を読む

結果が大事?プロセスが大事?サッカーの実在派と実証派との間の話。

先日読んだ「物理学」の本で面白い表現がありましたので、ここでちょっと引用させていただきます。

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【サ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




26回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから26回目。26年目、もう四半

今年は「忙しい人」にならないようにします!

あっという間に新年1月も半ばを過ぎました(汗)ほんま、あっと言う間。リ

中山雅史、引退じゃない事実上の引退。

中山雅史、53歳。選手としてJ3の沼田を退団し、今季から古巣ジュビロの

勘違いと思い込みは、真実に近づくときもある?

今日は「勘違い」と「思い込み」のお話。   誰で

君は読売サッカークラブを知っているか?

皆さんはこのブログのタイトル「読裏クラブのワンツー通し」という名称が、

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券