*

ガラタサライの長友の盟友、スナイデルが語った意外な日本人選手とは?

長友がトルコのガラタサライに移籍して2週間ほどが経ちました。で、移籍直後にもかかわらず、ガラタサライで早速試合に出場して、その高い能力を早くもチームのために発揮しているようです。

 

で、今回のネタは、そんな

 

「♪ 長友のようなネタで長友のようなネタでない! ベンベン!」

「♪ ガラタサライのようなネタでガラタサライのようなネタでない!ベンベン!」

 

「♪ そ・れ・は・な・に・かと、たずねたら~!?」

 

「♪ スナイデル!スナイデル!スナイデル!・・・ベンベン!」

 

ということで、スナイデルのインタビューの内容で興味深いものがあったのでご紹介しようかなと。

 

<Sponsered Link>



 

長友とはインテルで同じ釜の飯を食ったスナイデル。今回の彼のガラタサライへの移籍も、スナイデルの助言がかなり背中を押したということで、我々日本人にとってもどこか親近感を覚えるオランダ人がスナイデル。

 

もちろん親近感だけではなくて、そのキャリアはもう一流そのもの。母国の一流クラブ、アヤックスでユース時代から頭角を現した彼はそのまま超一流クラブの頂きである「レアル」へ。

 

あ、ゴメンやけど、僕がレアルって言ったらもうマドリーしかないからね。間違ってもソシエダとかウニオンとかではありませんので・・・え?「誰がレアルって聞いてウニオンなんて思いかべるやつがおるねん!そんなんで貴重な紙面を取ったらアカンで!資源の無駄遣いをしあらアカン!」って?エライすんまへん。でも、紙面の心配はご無用です。なんせこのドメインは、僕のドメインやから(爆)

 

というのはどうでもよくて、スナイデルのキャリアに戻ります。レアルのあとは、インテル。ここで長友と出会ってロッカーやクラブハウスで親友に!その後、イタリアをあとにしてトルコのガラタサライに移籍。同クラブのリーグ優勝に貢献したのちにはフランスのニースに完全移籍して、現在はそこからまた移籍してカタールリーグで現役を続行中。

 

そんな彼を現地カタールのプレスがインタビューして、その内容が一部日本でも紹介されていました。で、ここで「ビックラこいた」のが以下の記事。その一部を再現すると。

 

記者)「君にとって世界最高MFは誰?」

 

スナイデル) 「レアルにいたときのプティだね。彼のプレーは優雅でありながらハードで、とても印象的だ。もっとも能力が高いMFだよ」

 

記者) 「それでは、君のキャリアの中で最も難しい対戦相手は誰だった?」

 

さぁ、ここからですわ。スナイデルといえば、ヨーロッパの一流クラブを渡り歩き、オランダ代表でも2回のW杯に出場して、世界のトップクラスというトップクラスの選手とはほとんど全部対戦していると言ってもよいほどの選手なわけですよ。

 

そらもう、彼の口から「シャビ」とか「イニエスタ」とか「ジェラード」とか「エジル」とか「ポグバ」とか「カカ」とか、どんな一流選手の名前が出てきてもおかしくない、そんなキャリアの持ち主であるスナイデルの口から出た名前が・・・

 

「シンジ」!「シンジ・オノ」!だったんよ!

 

これにはちょっとビックラこきましたわ。

 

その理由をこう語っています

 

スナイデル)「僕がアヤックスでプレーしている時に、彼はフェイエノールトにいたんだ。彼は非常に知的なプレーをしていて、本当に対戦相手として強烈な印象を持っているよ」と。

 

どうよ?これ。インタビューの相手は別に日本人でもなんでもないんだよ?いくら若い頃の印象は記憶に鮮明に残ると言っても、それを上回る対戦キャリアを世界の一流クラブで築き上げたスナイデルだよ?それがねぇ~。。。

 

いやぁ~、やっぱり「小野」ってスゲーよね。ある意味、キング・カズよりも、ヒデ・ナカタよりも、オクデーラよりも、日本が誇るサッカーの宝なんだろうね。

 

札幌のちびっ子達・・・君たちは今、ちょっと幸せなんだよ!?

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

アジアカップで実現!「試合を潰すことは、試合に勝つよりも難しい」

2019アジアカップのサウジアラビア戦で、日本のボールポゼッションが23%強だったという。 &

記事を読む

エクアドル戦(コパ・アメリカ)の採点

それではエクアドル戦の採点です。 GK 川島 6.5 前回のウルグアイ戦で「ポカがなくなった川島

記事を読む

強い勝ち方のスコアって?ポイチ・ジャパンは強いのか?

ここで突然の問題です。   皆さんはサッカーの試合において「5対2」で勝つチー

記事を読む

謹賀新年 2020年も「サッカー」+「小ネタ」で勝負しまっせ!

  皆さん、明けましておめでとうございます。2020年が明けました!考えてみれば2008年

記事を読む

最後の球回しはお見事!ポーランド戦の採点です

それではポーランド戦の採点です。 GK 川島 7.5 ようやく出ました!カワシ~マ、ビッグセービ

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ナ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

ロペテギの後任は、ひさびさ・爽やか・アルゼンチン人、サンティアゴ・ソラーリ!

レアルのロペテギ監督が解任された。先のクラシコで1-5の大敗を喰らった時点で完全にアウト!やったね。

記事を読む

クリロナって永遠にゴールを獲り続けるんじゃねーの?

イタリアのセリエA。僕の中では「ある程度のレベルの高さは解かるけど、なんか試合が戦術的過ぎて、ボール

記事を読む

ヤンマーディーゼル化する?パナソニック

2017年シーズンでJリーグ制覇には届かなかったものの、ルヴァン・カップと天皇杯の2大カップを制覇し

記事を読む

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアとボリビア。スコアはコロンビアに

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




VARで疑念は減るのか?増えるのか?

  VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字を

25回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから25回目。25年目、とうとう

タイで最も有名になった日本人!?

  アジア選手権U23=東京五輪サッカーのアジア予選がいよい

森保解任論に見るオシムの凄さ

2020年1月。AFC-U23選手権。この大会は東京五輪サッカーアジア

成人の日に一番ふさわしい本

  成人の日。昔は1月15日という決まった日だったけど、今は

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券