*

ガラタサライの長友の盟友、スナイデルが語った意外な日本人選手とは?

長友がトルコのガラタサライに移籍して2週間ほどが経ちました。で、移籍直後にもかかわらず、ガラタサライで早速試合に出場して、その高い能力を早くもチームのために発揮しているようです。

 

で、今回のネタは、そんな

 

「♪ 長友のようなネタで長友のようなネタでない! ベンベン!」

「♪ ガラタサライのようなネタでガラタサライのようなネタでない!ベンベン!」

 

「♪ そ・れ・は・な・に・かと、たずねたら~!?」

 

「♪ スナイデル!スナイデル!スナイデル!・・・ベンベン!」

 

ということで、スナイデルのインタビューの内容で興味深いものがあったのでご紹介しようかなと。

 

<Sponsered Link>



 

長友とはインテルで同じ釜の飯を食ったスナイデル。今回の彼のガラタサライへの移籍も、スナイデルの助言がかなり背中を押したということで、我々日本人にとってもどこか親近感を覚えるオランダ人がスナイデル。

 

もちろん親近感だけではなくて、そのキャリアはもう一流そのもの。母国の一流クラブ、アヤックスでユース時代から頭角を現した彼はそのまま超一流クラブの頂きである「レアル」へ。

 

あ、ゴメンやけど、僕がレアルって言ったらもうマドリーしかないからね。間違ってもソシエダとかウニオンとかではありませんので・・・え?「誰がレアルって聞いてウニオンなんて思いかべるやつがおるねん!そんなんで貴重な紙面を取ったらアカンで!資源の無駄遣いをしあらアカン!」って?エライすんまへん。でも、紙面の心配はご無用です。なんせこのドメインは、僕のドメインやから(爆)

 

というのはどうでもよくて、スナイデルのキャリアに戻ります。レアルのあとは、インテル。ここで長友と出会ってロッカーやクラブハウスで親友に!その後、イタリアをあとにしてトルコのガラタサライに移籍。同クラブのリーグ優勝に貢献したのちにはフランスのニースに完全移籍して、現在はそこからまた移籍してカタールリーグで現役を続行中。

 

そんな彼を現地カタールのプレスがインタビューして、その内容が一部日本でも紹介されていました。で、ここで「ビックラこいた」のが以下の記事。その一部を再現すると。

 

記者)「君にとって世界最高MFは誰?」

 

スナイデル) 「レアルにいたときのプティだね。彼のプレーは優雅でありながらハードで、とても印象的だ。もっとも能力が高いMFだよ」

 

記者) 「それでは、君のキャリアの中で最も難しい対戦相手は誰だった?」

 

さぁ、ここからですわ。スナイデルといえば、ヨーロッパの一流クラブを渡り歩き、オランダ代表でも2回のW杯に出場して、世界のトップクラスというトップクラスの選手とはほとんど全部対戦していると言ってもよいほどの選手なわけですよ。

 

そらもう、彼の口から「シャビ」とか「イニエスタ」とか「ジェラード」とか「エジル」とか「ポグバ」とか「カカ」とか、どんな一流選手の名前が出てきてもおかしくない、そんなキャリアの持ち主であるスナイデルの口から出た名前が・・・

 

「シンジ」!「シンジ・オノ」!だったんよ!

 

これにはちょっとビックラこきましたわ。

 

その理由をこう語っています

 

スナイデル)「僕がアヤックスでプレーしている時に、彼はフェイエノールトにいたんだ。彼は非常に知的なプレーをしていて、本当に対戦相手として強烈な印象を持っているよ」と。

 

どうよ?これ。インタビューの相手は別に日本人でもなんでもないんだよ?いくら若い頃の印象は記憶に鮮明に残ると言っても、それを上回る対戦キャリアを世界の一流クラブで築き上げたスナイデルだよ?それがねぇ~。。。

 

いやぁ~、やっぱり「小野」ってスゲーよね。ある意味、キング・カズよりも、ヒデ・ナカタよりも、オクデーラよりも、日本が誇るサッカーの宝なんだろうね。

 

札幌のちびっ子達・・・君たちは今、ちょっと幸せなんだよ!?

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ア】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

サッカー日本代表に、ラファエル・シルバを入れる方法(画期的な賀川浩案!)

浦和レッズが10年ぶりに、ACL王者に輝き、12月6日から始まる「クラブワールド

記事を読む

強い勝ち方のスコアって?ポイチ・ジャパンは強いのか?

ここで突然の問題です。   皆さんはサッカーの試合において「5対2」で勝つチー

記事を読む

遠藤保仁(ヤット)よ!君の夢と僕の夢を叶えるために、この移籍を実現してくれないか?

Jリーグが再開して、いよいよあの「イニエスタ」が神戸のピッチに登場した。ただ、そのプレーは、まだまだ

記事を読む

アルゼンチンvsナイジェリア戦の所感 でかした!ジャイアント・ロホ!ラスト5分のボレーシュート!勝った!勝ったでぇ~!?

アルゼンチンvsナイジェリアの所感。というタイトルですが。。。所感というよりは、歓喜という方が正しい

記事を読む

ロペテギの後任は、ひさびさ・爽やか・アルゼンチン人、サンティアゴ・ソラーリ!

レアルのロペテギ監督が解任された。先のクラシコで1-5の大敗を喰らった時点で完全にアウト!やったね。

記事を読む

ザキトワの演技構成で論戦中に思い浮かんだ一人のサッカー選手とは?

個人資格で参加しているロシアのザキトワ選手が、弱冠15歳の若さで、平昌オリンピックで金メダルを獲得。

記事を読む

大迫招集拒否に思う、「日本もとうとうここまで来たか」という嬉しさ。

今年のポイチ・ジャパンの最大の試金石は、アジアカップではなく、もちろんキリン・チャレンジカップでもな

記事を読む

チャンピオンズリーグの準々決勝(ラウンド8)の結果をここで知ることが出来るとは!

4月4日は、桜の満開もピークを迎え、甲子園では選抜高校野球の決勝戦が行われ、プロ野球は開幕後の2カー

記事を読む

ラファエル・シルバの中国移籍に球団は痛手。という報道に違和感を感じるところは?

出ました!ラファエル・シルバの中国電撃移籍。こんなん今に始まったことでも何でもないっしょ?ひと昔前か

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




Jリーグと吉本新喜劇はどちらが刺激的か?

このブログを読裏クラブとしてアップしているワタクシの事を知っている人が

アナタは【逆(に言う)男】に出遭ったことがあるか?

また随分とアップが滞ってしまいました。 実はこれはサッカーネタで

金田正一氏死去。永遠に生きると思ってた人の一人でした。

「かねやん」こと、金田正一さんが亡くなられました。享年86歳。

6得点が入るリーグってどうよ?

「サッカーは得点が少ないから面白くない」   昔

ウレシ、ハズカシ、タノシ、クヤシ。ワールドカップ開催中!の、ラガーマンの気持ちを察します。

ラグビーワールドカップが開催されています。日本代表がアイルランドに大金

→もっと見る

  • 2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券