*

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアとボリビア。スコアはコロンビアには「0-1」で終わり、ボリビアには逆に「1-0」で勝利。ま、「1-0」とか「0-1」とかのスコアは、ひっじょ~~~にサッカーらしいスコアで、観ているこちらも緊迫感が最後まで維持できる、私は大変好きなスコアです。

 

この大会(というより冠カップとか冠練習試合と僕は呼んでいます)は、いつもヘタレさんを呼んでお手盛りの「3-0」の大勝とか「4-2」とかの大味な試合を見せつけられていたので、ほとんど興味を持てなくなっていたのですが、そういう意味では今回はスコアはかなりGOOD!

 

ただ、試合が終わった次の日の会話は、そんなスコアのGOODさよりも、内容に関してかなり盛り上がっておりまして、これも私のような「サッカー旧世代人類」からすれば「大変ウレシ」な感じでした。

 

その盛り上がりとは、そらもうこの3人。中島、堂安、南野。

 

明らかにこの3人が入ってから、リズムも何もかもが変わりましたもんね。サッカーをやったことのない一般の人(仕事の同僚さんとか)が明確にそれを指摘できたぐらい、その輝き方は充分でした。

 

翌日はこの3人を「新BIG3」とかの新しい称号を使って賛辞していました。

 

 

<Sponsered Link>



 

何か、「香川」が気の毒になるくらいでした。「乾」がフツーに見えました。「宇佐美」なんて新星とか天才とかのフレーズがもう使えないよな?てな感じでピッチの中で平々凡々な選手になってしまってました。

 

誰かがボリビア戦のメンバーをBチームとか、B5チーム(AとBの間でB.5という意味らしい)とか呼んでいましたが、そのチームに香川が悲壮感さえ感じられるような表情でメンバーに入り、ベンチでは笑顔さえ見せながら中島と堂安が余裕の表情でどっかり座ってる。何が印象的ってこのシーンが一番印象的やったね。

 

こりゃ、確実に、『時代が変わってきてる。新陳代謝が猛スピードで進んでる』と感じましたな。そしてよりワクワク感が膨らむのは、この日行われていたU23の日本代表に出ていた我らが「タケフサ」が、まだ彼らの後ろに控えているということ。柴崎の座はピピも狙ってる!?

 

いやもう・・・何という幸せな感じなんでしょう!

 

新陳代謝は、何も「前」だけではなくて、「後ろ」でも起きていました。畠中と安西はメチャメチャ良かったし、それを眺める昌子。おいおい?こうなったら吉田が入る場所が急激に無くなってくるんじゃねぇ~の?っていう感じ。

 

いやぁ~、実に頼もしい!畠中のフィードは噂には聞いていたけど、Jリーグだけのレベルでないことをしっかりと見せつけてくれたし、内田が「長友さんよりいい!」って言っていた通り、安西はメチャメチャ攻撃的やし(ちょっと前掛かり過ぎる気もするが・・・苦笑)。

 

小林も良かったけど、高橋はもっと良かったし!この二人は柴崎がいる以上、どちらかは出られないわけで。

 

いやぁ~、森保さん、僕がちょっと目を離している隙に、ずいぶんといいメンバーといいサッカーを作り上げてるじゃん!?

 

平成31年の3月。あと数日で新元号が発表されます。平成とともに走ったイチローの引退した月でもあります。そして昭和の中で最も輝いた山口百恵さんと一緒に「新御三家」を組んでいた「森昌子」さんも引退を発表しました。

 

森昌子さんが引退を発表したその月に、「昌子」を中心としたディフェンスが形成されつつあるというのも、何かの歴史のメッセージなのでしょうか?

 

そう思うと、やはり「中島」「南野」そして「堂安」は、新BIG3というよりも、「(新元号+)新御三家」と呼んで欲しいなぁ~。

 
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!
 

サイドバナー




関連記事

1試合2億5千万、1ゴール12億5千万貰って帰っていった男。

1試合で2億5千万、1ゴールで12億5千万貰えたら、アナタはどうしますか?  

記事を読む

ワールドカップの醍醐味!それは一にも二にも「星取り」である!

さあ!いよいよだ。いよいよあと数日でワールドカップが始まる。   「うん!そう

記事を読む

サッカー好きの彼氏にピッタリのクリスマスプレゼントをご紹介します!

彼氏がサッカー好きの彼女は今年のクリスマスプレゼント、どういうものを考えているのでしょうか?サッカー

記事を読む

日本代表で初?現象!これほどサッカーが面白いとは!

森保監督の日本代表、通称ポイチ・ジャパン(これ言ってるの、だんだん僕のところだけになってきた気もする

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループGの巻

【お詫び】このネタは、6月17日にアップしたつもりがアップし損ねておりました。既に結果が出かかってお

記事を読む

サッカーワールドカップ。応援するなら期待しよう!期待しないのに応援してはしてはいけません。

今回は、非常にシンプルな事をシンプルに伝えたい。   いよいよワールドカップが

記事を読む

巻も引退!あの時代のあの選手達が、どんどんいなくなる淋しさ。

先日、女優の(というより、僕の中ではあのマンガの声優のイメージの方が強いんだけど)市原悦子さんがお亡

記事を読む

コスタ・リカvsセルビア戦の所感。巧い!セルビア!さすが東欧のブラジル!

ブラジルがいよいよ登場!というグループEの裏カードが、ブラジルvsスイスより先に行われました。コスタ

記事を読む

大杉漣さん逝く。サッカー界の名バイプレーヤーよ永遠に!

「大杉漣さん死去」。それは突然の訃報だった。「え?」っと思わず絶句した人もホントに多かったのでは?

記事を読む

フェリペ・コウチーニョのバルサ移籍を誰よりも先に知っていたのは誰だ?

とうとうというか、いよいよというか、やっぱりというか、ついにというか。。。  

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




もしかして人生初?お盆に直撃!台風10号でUターンラッシュに大打撃。車も新幹線もどうなるのか?

お盆の真っただ中。帰省のラッシュも一段落して、あと数日すればUターンラ

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれ

吉野家の数量限定サーロイン使用「特選 すきやき重」は、本当に数量限定なんだろうか?

私(読裏)は、普段は広告戦略やマーケティングなどのコンサルティングをし

→もっと見る

  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券