*

西野ブランド赤丸急上昇!セネガル戦の採点

それではセネガル戦(WC)の採点です。

 

GK 川島 5.5

出た出た出た出た~~~~~!ポカポカポカポカ~~~~~。またまたまたまたやぁ~~~~~。しかし、っぜったいに、っんとに、ポカるなぁ~~~。あの1点目はあれは完全にポカやで?分かってるよな?しっかし、パンチを真正面に弾き返すかね?ビリヤードの玉やないねんから、上に弾かんと!上に!まぁ、途中にビッグセービングもあったから、それでチャラかな。しかし、川島のクリーンシートって、いつから無いんやろ?次も多分1点はやられるのかい?次ぐらい完封しようぜ!

 

DF 昌司 8.5

ええやんかぁ~~~。ぜんぜんええやん!←これ、前々回のパラグアイ戦の君へのコメント、そして前回のコロンビア戦の書き出しと全く同じ。ファルカオは止めるわ、ニアンは止めるわ、それもほとんど完封やんか!昔、長友がロッベンを完封して一気にのしあがったのを思い出しますわ。ニアンが足首痛めて、足を引きずりながら、ピッチを後にしたあの瞬間、君の勝利が、昌司ブランドがが確定した瞬間やったね!よくやってくれたよ!有難う!これから海外のビッグクラブに行ってもっともっと屈強になってくれよな。

 

DF 吉田 8.0

昌司との関係性ももちろんなんやけど、それよりも長谷部との入れ替わりや、前後の連携が抜群やったよ。ヘッドもほとんど勝ってたし、今日の仕事ぶりは最近の君の仕事の中で出色の出来やと思うな。素晴らしかったよ。今までだったらさ、ラスト5分でFKなんか与えようもんならそらもうドキがムネムネ・・・いや、胸がドキドキ、どころの騒ぎやなくて、それこそ「や、やめてくれぇ~~~い」って叫んでたんやけど、今日なんかはホンマ冷静に見ることができたもん!今日のセネガルを止めた君と昌司なら、ポーランドだって止められるはずや!頼むで!

 

DF 酒井(宏) 9.0

完璧!さすがオフランス帰り!いや、フランスでもこんなプレーはなかなかやらなかったんじゃないの?最初の5分ぐらいかな、マネにちょっと仕掛けられたのは。。。それ以降の85分はほぼ完封!ヘッドはほとんど勝つし、身体を入れたらまず獲られないし、スピードでも負けてないし、そんでもってパスも正確やし、そんでもってそんでもってサイドの上下運動は恐ろしい量とスピードで駆け抜けるし。完全にこっちのサイドは酒井が支配してたよな?いやぁ~~~~、長く君を見ているが、これほど良かった酒井を見るのは初めてやなぁ~~。通常なら8.5でおさえておくんやけど、なんせ今日はワールドカップやからね。その大舞台代として0.5のプラスで大台に乗せました。いや、9.0でも物足りないぐらい今日は良かったよ!MOMは君です。

 

DF 長友 7.3

試合の入りはかなり裏とスピードを意識し過ぎたのか、間を空け過ぎていたよな?そのお陰で立て続けにコーナーを取られたときには正直「今日はどうなることやら・・・」と思ったんだけど、徐々に相手のスピードにも慣れてきて、相手のやることを読み切ってきたタイミングから、どんどん高い位置にポジションを移していって、前半途中からはいつものナガトモポジションで柴崎の長いボールをしっかりと受けてたのはかなり印象的でした。その後はいつものナガトモやったね。プレーとしては7.5です。マイナス0.2はその金髪。全然似合ってないんでね。今後その金髪が続く限り、基本マイナス0.2がついてまわるので、覚えておいてくれたまえ。(※注 私がナガトモと表記するときは、海外で通用するプレーヤー・長友という意味で使っています。はい、細かいところを使い分ける読裏一流のワザです=爆)

 

MF 長谷部 7.0

柴崎がどちらかというと攻撃寄りに軸足を置いているので、かなり全体を見ながら、危険な要所をしっかりと抑えていました。また吉田との連携で前後に動いてボールの回しをスムーズにさせていたのも好印象。相手のトラップの瞬間にビシィ~~!って当たりに行く姿は、昔の長谷部を思い出すぐらい、今日の君のプレーは積極的やったよな?メッチャええ感じだったよ。隙があれば8~9メートルのタテへのグラウンダーのボールも効いていたし、前が全部詰まってたら無理をせずに後ろで回すその中心になっていたしね。え?「それなら7.5ぐらいは貰ってもいいんじゃないですか?」って?うん。確かにそうなんだけど、君に7.5を与えると、8.0や8.5の人たちとの差がなくなるようで、彼らに悪いだろ?だからここはキャプテンとして他の面子にハナを持たせてやってくれたまえ。

MF 柴崎 8.0

いいねぇ~~~!柴崎!こぼれ球には常にチェイスに行けていたし、そんでもってチェイスに行くだけじゃなしに、ほとんどそれをマイボールにしてたし。吉田や昌司のヘッドのこぼれ球もほとんど柴崎が拾っていた印象が強い。これ、かなり落下地点を読み切る力と、そこへすぐさま寄っていく瞬間的な速さとが両立しないと出来ない芸当。柴崎が拾うから、相手の波状攻撃が続かないし、二次攻撃もどこか単調。そういう意味ではディフェンスにもかなり貢献しているとも言える。MOMは君か酒井か、どちらかと思ったんやけどね。それぐらい今日の試合では利いてたし、光ってたよ。

 

MF 原口 6.5

前回の君への採点に対して、私の先輩である、あるお方からクレーム?というか、アドバイスを頂きました。以下はその全文です。

 

「彼(原口)の役割はポリバレントを体現する事にあるので、ボールを追いかけピッチを倒れるまで走り回るのが役割なのです。「霊はピッチに置いてきました」と顔に書いてある原口をもっと評価してもよいのでは?

 

というわけで、その先輩に敬意を表して今日は6.5を付けました。この先輩の言葉がなかったら、今日の君は5.5か5.0だったんだよ?僕の先輩に感謝したほうがいいね。

 

MF 香川 6.0

まぁ、目立たないディフェンスのポジショニングとか、ちょっとしたポストプレーとか、それなりに、一瞬一瞬は光るものを見せてくれてましたが、やっぱりトップ下やからねぇ~。ドルトムントではもっと自由に反転したり、ドリでかき回してたりしてたんだけど、今日も(前回のコロンビア戦も)なんか、物足りないんよ。「香川がゲームを支配している」「香川中心にボールがどんどん回っている」という感覚がほとんどない。ましてや「ぺナコに侵入してそこから何かをやらかして」なんてイメージもまったくない。乾や長友との流れにただ乗っかってただけ・・・のような感じでした。正直言って、物足りんです!

 

MF 乾 7.5

同点ゴールはお見事!まさにそのひとことです!あれ、完全に乾の角度、乾の距離やね。カットインからあの角度であの巻き方でゴールを決める。まるでデル・ピエーロか、アリエン・ロッベンか・・・てな感じでした。ただ、デル・ピエーロもロッベンも、彼らならあの2本目のあのバーに当たったシュートは完全に決めていたぜ?あそこで決めていたら、どんなにヒネクレものの読裏でもMOMは君やったのに。

 

FW 大迫 6.5

確かによく身体を張って踏ん張ってたよ。身体だって負けてなかったよ。足元に収めて、左右への球出しもしっかりこなしてた。でもなぁ~、あのシュートを空振りされるとなぁ~。メッチャ、萎えるんよ。あれ、空振りやんな?まるで大先輩である「柳●さん」のQBKを彷彿させるような空振り。左足で押し込むほうが良かったのに。なんか中途半端に終わった感じ。いわゆる今日の大迫は、かなり「ハンパ」でしたわ。

 

<Sponsered Link>



 

FW 岡崎 MF 宇佐美  採点対象の出場時間に満たず。本田も採点対象の出場時間には届かないものの、3大会連続得点記録、貴重な同点ゴールをあげたので、特別採点として6.0 ←得点入れたから7.5や8.0を自動的にいつでも貰えると思うと大間違いです。正直得点以外ではほとんど見るべきところなし。いや、一つだけ言わせてもらうよ「フォンダ!途中から入ったんやから、もっと走ってもっと追いかけ回さんかい!何プラプラ歩いとんねん!」

 

DER 西野 朗 8.0

勝っているときは変えない。これ、ジーコの方針でもあり、ブラジルのセオリーでもあります。ですんでスタートメンバーに変更なしというのは全くOK!また、選手交代のタイミングも非常に絶妙。相手の2点目が入る前から交代を予定していたという。ということは同点からでも勝ちに行くという哲学をそのまま今日の選手交代で明確にさせたように思います。

代表の2~3年の中で最もダイナミックで最もエキサイティングで、それでいてコレクティブな試合を展開してました。「やったのは選手だから」と言うかもしれないけれど、それは絶対に違う。監督の意思や哲学がなければ、あんな試合には絶対にならない。つまり「獲られてもいいから攻める」「ミスを怖がってズルズル下がるな」「入れるところはしっかりと楔を入れる」ということが徹底されてたからだと思います。この2ヶ月でよくもこれだけチームを変えたなぁ~・・・と。

結果論じゃないか?と言う人もいるかもしれないが、そんな人には「それじゃ結果以外に何を見るんだい?」と聞きたいね。サッカーは表現された試合の内容、そこに現れた結果が全てだよ。

これで「監督・西野」という評価は「ぐぅ~~~~~~ん」と上がったんじゃないかな?何より「攻める」姿勢というのが、歴代のどの代表監督よりも強いように感じます。今日だって交代は前の3人やからね。

あ、それと「宇佐美」を出してくれたのは凄く嬉しかったです。本人もきっと西野さんに足を向けては寝ないでしょう(ホテルのベッドの位置はよう知らんけど=爆)

 

コロンビア戦の採点はこちらです。

パラグアイ戦の採点はこちらです。

スイス戦の採点はこちらです。

ガーナ戦の採点はこちらです。



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

私の天才列伝。栄えある1回目は『礒貝洋光』

今回は勝手に「シリーズ化」を目論んでおります「私の天才列伝!」 その一回目をお贈りしたいと思っ

記事を読む

究極の対決(選択)!気持ちが引き裂かれる対戦。試合の結果は?

その昔、それは今から20年前のことです。1998年。日本代表が初めてワールドカップに出場しました。ワ

記事を読む

スコアレスドローの「魅力と美しさ」をもっと知って欲しいです!サッカーは点が入らないから面白い!

スコアレスドロー。この言葉を聞いて何を想像されるだろう?    

記事を読む

12月1日、W杯抽選の時はポットとポッド。どっちが正しいのか?

W杯の出場を決めている国の人たちにとって、その前年の12月1日は我々サッカーフリ

記事を読む

後任は西野さん?ハリルホジッチ電撃解任で遠藤復帰も!?

ハリルホジッチ解任!の一報が携帯の速報で朝一番に飛び込んできました。ちょっと驚き。でも意外ではなかっ

記事を読む

結果が大事?プロセスが大事?サッカーの実在派と実証派との間の話。

先日読んだ「物理学」の本で面白い表現がありましたので、ここでちょっと引用させていただきます。

記事を読む

怪物くん。引退を表明。ドリフ大爆笑のあの鉄板フレーズはもう使えないのか?

アナタは「怪物くん」と聞いたら何を思い浮かべますか?   「♪おれは、かいぶつ

記事を読む

ドイツvsメキシコ戦の所感。やっぱ守備やなぁ~。もう一度アギーレを呼ぶ?

人はよくスペインのことを「無敵艦隊」と呼んでいるが、僕から言わせるとホンマの無敵艦隊こそドイツ。ドイ

記事を読む

アーセン・ヴェンゲル退任。遂にこの時がきた!さぁ、次はどこへ?言いたいことは解るよね?

ふと気付くと、4月も終盤に差し掛かってきているではないか?あと何日かすれば世間はGWだ。あ、GWとい

記事を読む

「逃げれば狙われる」「立ち止まれば食べられる」クルピの言葉にあの師を思い出しました。

Jリーグも開幕して2節を終了しました。で、3節を迎えるこの週からはルヴァンカップがスタートします。

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




抱腹絶倒サッカー中継「めっちゃ風邪ひいてんねん!」

今回は、まったく、他人様(=ひとさま)からの受け売りです。オリジナリテ

「ブラックホールで死んでみる」

僕は宇宙が好きだ。そして宇宙の事を知ろうとすれば、星のことや、光のこと

何故か不思議なセブンとイレブンの話!?

今回は「7」と「11」のお話し。   で、「7」

国際試合の意味は?本当の狙いは別なところにある説。

7月最後の日となった31日、各地でクラブ間の国際親善試合が行われた。浦

アルゼンチンの兄貴と弟分の会話

弟分1)暑いっすねぇ~。兄貴!日本ってこんなに暑いんすか? &n

→もっと見る

  • 2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑