*

西野朗監督初陣!W杯選手選考前夜試合なので・・・!ガーナ戦の採点

いやぁ~、メチャメチャ久しぶりですが、(W杯の採点練習という意味もありますが、やっぱり西野さんの初陣なんで)ガーナ戦の採点です。

GK 川島 6.0
初歩の初歩。壁の枚数というか、壁の開いているとこをどうするか?なんて、練習で何千、いや何万回もサッカー人生でやってきたやろうに。あの「割れ」で点を入れられたら、あんな試合開始早々にあんな入れられ方したら、そらもう「萎える」よ。僕としてはね。
 
 

DF 槙野 5.0
あかん、とにかく、君が「君が代」を歌う姿、濃い眉毛で君が気合の入った顔をすればするほど、僕は不安で不安で。。。心配モードがグングンと上がるんよ。それと必死モード満載のギリギリのプレーも止めてくれへんかなぁ~。最終ラインの最高形は、やっぱりベッケンバウアーの冷静且つ繊細なボールを吸い上げるスキルだと思うわけでさ。2018年の採点でまさかベッケンバウアーが出てくるとは君も思わなかったやろうけどね。ま、今回はメンバーに入って本番にも多少は出るんやろうけど、とにかくお願いしたいのは、「異様なほど気合の入った顔」するのをやめてくれへんか?もうそれだけですわ。君に望むのは。
 
 

DF 長谷部 5.5
フランクフルトでやってたかもしれんけど、相手はレバンドフスキやマネやからなぁ~。それに両サイドが危なっかしい槙野と、縦に弱々の吉田やろ?それは苦労すると思うわ。どうする?もう3バック止める?
 
 

DF 吉田 5.0
サイドに回ると、もう危なっかしさMAX!3バックになれば、単純切返しで置き去りにされるシーンをW杯で何回も何回も見ることになるんやろうなぁ~。長谷部とも意見が合うと思うんやけどさ、もう3バック止めにせぇへん?なんか槙野-長谷部-吉田って。。。はっきり言って心臓に悪すぎる。
 
 
MF 山口 6.0
ええ感じです。常に顔を出していたし、冷静にはたいていたし、ボールの速度も君のサイドキックが一番速かった。ただ、どうしても左右の近いところに長友や原口がいるから、前よりも横にすぐにはたいちゃう。そういう意味では君の長所はこの3バックはあまり生きないように思うなぁ~。なぁ、長谷部と吉田と君と、今晩にでも話し合って「3バック止めたいっす」って監督に進言せぇへん?
 
 
MF 大島 4.5
普通のプレーを普通にしてるんやけど、あと一つ、あとちょっと、球足が弱い。パスも弱いし、コースは表側ばっかり。はっきり言って君の今日のパスなら、相手は全然怖くないぜ!?
 
 
MF 長友 7.5
さすがです!いやもうさすが!インテル!さすが!ガラタサライ!略してインテサライ・ドリ!日本の構築が良い形になったときは全部君がからんだ左サイド。「え?それ追いつくか?」とか「え?そこでボールまだ持つか?」とか。そして極めつけはパーティエに1対1で完全に勝ってたプレー!ハリルよ、有難う!お陰様でナガトモはデュアルで勝つようになったぜ!(デュアルで勝てるようになったのはナガトモだけやけど)
 
 
MF 原口 6.5
追いかけて、追いかけて、走って、走って、守って、守って。で、君がいなくなったらそこのスペースを支配されて苦しくなったわけで、それが君が効いていたという証拠なんでしょう。でも「いなくなって解る価値」というのは選手としての勲章としてはどうなのか?守備力やカバーの能力を買われるMFとは何なのか?そこは微妙やねぇ~。
 
 
FW 宇佐美 6.0
「お?ヒール!いいねぇ~!シュートは枠にね!ウンウン!いいよ!」って思ってたのは最初の15分ほど。あとは段々と消えていって、最後は「おぃ~~!撃てよ!」っていつものように文句言ってました。今日は期待してたし、宇佐美も気合バリバリに入っていたやろうになぁ~。いろいろ言いたいことはあるんやろうけど、もうちょっと光って欲しかったっす。明日、どうなんやろ?
 
 
FW 大迫 5.5
もう全然身体が小さく見えました。身体能力の違いと言えばそれでお終いなんだろうけど、セネガルの屈強DF相手にどこまで出来るんだろうか?正直「はぁ~~~~~」って言う、長ぁ~~~~い溜息しか今日は出ませんでしたわ。頭の中では「大迫、全然ハンパなくねぇ~~」って呟いてました。「はぁ~~~~~~・・・・」

 
<Sponsered Link>



 

MF 本田 4.5
フォ~~ンダァ~~!!ハリルがいなくなって、目の前に君を遮るものは何もなくなって、スタートピッチに立てて、王様状態で試合に入れて、ほんで・・・これかい?例によってスピード感「0」のボールキープと、ロッベンの半分のキレ味しかない左足のカットインと。タテに行く力はもう全然ないし。中に切れ込んでもシュートまでももっていけないし。西野さん、土壇場で3バックなんてことやるんやったら、本田をボランチにしたらどうでしょうか?あ、ここは本田の採点欄やったね。とにかく採点として冷静且つ厳格に実施させていただきました。ご意見があるのならコメント欄にどうぞ。
 
 
MF 酒井高 5.5
頑張ってたと思うよ。気合も顔に出ていたし。0-2になってからもタテへの意識はメンバーの中で一番見えていたしね。元々僕は「高徳派」なので、あの姿勢には大変共感を覚えました。3バックから4バックに変わる際のユーティリティーさも長友と同じく持ち合わせているので、明日は当確だと思います。一足先に「おめでとう!ゴウトク!」
 
 
MF 香川 FW 武藤 FW 岡崎 MF柴崎 採点基準の出場時間に満たず。
(なのですが、香川にだけ一言。続けざまのあの3回のシュート。あれで君と代表の相性の悪さは決定的だと僕は判断させていただきました。正直今のままならホンマ苦しいね)
 
 
DER 西野 朗
まずは「初陣」おめでとうございます!宇佐美を使ってもらって有難うございます!井手口も呼び戻してくれて、有難うございます!山口をスタートピッチに立たせてくれて有難うございます!という挨拶はしっかりと済ませたうえで。。。感想ですが。。。ま、どうしてもここでやっておきたかったんでしょうな。そら向こうに行って対スイス(対ポーランド用)、対パラグアイ(対コロンビア用)で3バックを試すというのはかなりリスクが高いというか冒険モードになるわけで、それならいっそ「本番」まで一切3バックを見せずに、本番での攪乱作戦として採用か?なんてこともあるかもしれないのですが、ま、とにかく今日の3バックは全くじぇんじぇん(じぇんじぇんとは全然のもっと悪い比較上級用語です)機能しませんでした。どうします?これ。
 



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

やったぜ!関西学院!ジャイアントキリング!こりゃ、ロシアワールドカップに向けて幸先がいいね!

ロシアワールドカップを直前に控えて、ここ日本ではひっそりと(苦笑)天皇杯が行われております。

記事を読む

フィッカデンティの敗戦コメント、ソクラテスも顔負けの三段論法に脱帽!

マッシモ・フィッカデンティ。イタリア人。50歳。サガン鳥栖の監督です。   &

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループFの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

天皇杯決勝にサッカー界の大谷翔平登場!その選手の名は!?

1月1日の元旦。サッカーを愛する人ならば、元旦イコール天皇杯決勝。これがもう身体に沁みついていること

記事を読む

クラブワールドカップの歴史を知ろう!そうすれば、浦和を応援したくなるよ

クラブワールドカップ2017がUAEで、12月6日に開幕。総勢7つの

記事を読む

神戸の新監督はグラディオーラの師匠、ファン・リージョ。いよいよ本気か!?

異例だった。「ヴィッセル神戸の吉田監督が退任し、午後から新監督が発表されます」というニュースが午前中

記事を読む

コロンビア戦直前!歴代監督緊急座談会

ついにワールドカップが開幕した。そして『グループH』の初戦がもうそこに、本当にもうすぐそこ!に、やっ

記事を読む

最後の球回しはお見事!ポーランド戦の採点です

それではポーランド戦の採点です。 GK 川島 7.5 ようやく出ました!カワシ~マ、ビッグセービ

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループCの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

ダイナミック琉球はサッカーの応援にも使えるぞ!

夏真っ盛り。夏と言えば・・・?はい。やっぱり旧い我々「おっさん世代」は、夏の甲子園やね。もう見るだけ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




10年ぶりに復活した「入れ替え戦」がヤバ過ぎるぜ!だからサッカーは面白い!

プロ野球になくてJリーグにあるものはなんでしょう?  

8181、ポケベル。50年の歴史に幕

ポケットベル。略してポケベル。   そのポケベル

残ってポンテ!

今回は前回のエントリー「フィンケの退任に思うこと」の続編に当たります(

フィンケ退任に思うこと。

名古屋が優勝したその日、もう一つのニュースが飛び込んできていました。浦

もしも巨人軍に「巨人軍ユース」があったなら?

本日はちょっと「ハイブリッド(掛け合わせ)」なネタ展開です。 &

→もっと見る

  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑