*

こんなパス廻しは見た事ない!13分間の「最強のパス」廻し

 
最強のパス廻しとは、どんな状態を言うのだろう?
 
 
何本もパスが廻ること?ダイレクトでポンポンと廻ること?ドリブルが存在せずパスだけでボールが動くこと?
 
 
どれも「最強」だろう。でもまぁそんなパス廻しはまず存在しない。
 
 
はず・・・
 
 
なのだが・・・
 
 
なんと!先日この「最強のパス廻し」が13分間出現したのだ!
 
 

<Sponsered Link>



 
 
それはドイツ・ブンデスリーガ24節のバイエルン・ミュンヘン対ホッフェンハイム戦。バイエルンが敵地に乗り込み前半で4-0と大量リードを奪い、後半47分と62分にも2点を奪い、6点リードとほぼ大勢が決まったとき。
 
 
大量リードに気をよくしたのか、それとも最初から掲げるタイミングを見計らっていたのか、敵地に乗り込んだバイエルンサポーターが、相手ホッフェンハイムの出資者であるディートマー・ホップ氏を侮辱するバナーを掲げたのだ。
 
 
これにはバイエルンの選手、監督はじめ首脳陣も反応し、自分達のサポーターに激しく抗議して試合は中断。この中断に一時は降ろされた侮辱的バナーだが、しばらくするとまた性懲りもなく掲げられた時点で、バイエルンの選手達はピッチを去ろうとする態度さえ見せたという。
 
 
ここで本当にピッチを去ると当然バイエルンは敗北という公式記録がつくはずなので、さすがにその光景を見たサポーターもバナーを降ろしたのだが、試合は幾度も中断され、また幾度もバナーを掲げ、幾度ももめて・・・落ち着きを取り戻してようやく試合は再開。残りあと13分という状況だった。
 
 
ここで「最強のパス廻し」が生まれたのだ。
 
 
バイエルンの選手は抗議の意思として、戦うプレーを放棄。ホッフェンハイムの選手達にパスを廻し、ホッフェンハイムの選手達もその行為に賛同する意思としてボールを数回廻してはバイエルンにパス。もらったバイエルンも攻撃の意思「0」のボールを数回廻してまた敵の足元の綺麗なパス。時には敵と味方でダイレクトパスがポンポンと繋がるという・・・
 
 
滅多に見られない光景が13分間生まれたのである。それがこれ。
 
 

 
 

「君たちの行為は許さない。だからそんな君たちの前では僕らは戦う姿勢は見せないよ」というバイエルンの意思が明確に表明された13分間だった。
 
 
これにはホッフェンハイムのベンチも拍手を送り、スタジアムに詰めたホッフェンハイムのサポーターもスタンディングオベーションを贈った。
 
 
ええねぇ~~、こういうの。これぞスポーツマンシップというか、ヒューマンシップだと思うね。何のためにスポーツで戦うのか?相手を罵るためでも、相手を罵倒するためでもないだろう?スポーツはお互いの切磋琢磨を証明するため、お互いの戦う姿勢をリスペクトするためにやっているという「第一原則」を再認識する光景だった。(時々勝負にこだわり過ぎて我々はそれを忘れてしまいがちになるが)

 
 
「最強のパス廻し」。。。ええもんを見せてもらいました。
 
 

このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。
 

サイドバナー




関連記事

日本人でまさかの禁断の移籍! 「時代はここまで来たか?」感

コパ・アメリカが始まるまさにその直前! なんと! 久保建英のレアル・マドリー移籍の情報が飛び込んでき

記事を読む

韓国君に教えたいこと。オーストラリア君に教えてもらいたいこと。

アジアカップのベスト8が出揃いました。常連の韓国も、オーストラリアも、イランも順当に勝ち上がってきて

記事を読む

ポグバとクロースの交換トレード成立?そら、断トツで●●●が損やろ!?

  この時期、いろんなネタが飛び込んできます。これ、「イレブン」の2ヶ月遅れの文字情報でし

記事を読む

今シーズン、日本人が最も胸を張れる出来事。

日本人の海外選手って今はいったい何人いるんだろう?   つい10年前までは数え

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ナ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

やったぜ!大金星!コロンビア戦の採点です。

それではコロンビア戦(WC)の採点です。   GK 川島 4.5 最近、川島が出て「

記事を読む

レアルに挑む、鹿島アントラーズというクラブの実体は?

あまり盛り上がってない(というのは僕だけか・・・)2018クラブワールドカップ。久しぶりにアジアを制

記事を読む

天皇杯決勝にサッカー界の大谷翔平登場!その選手の名は!?

1月1日の元旦。サッカーを愛する人ならば、元旦イコール天皇杯決勝。これがもう身体に沁みついていること

記事を読む

風前のロペテギ

日本のプロ野球では、巨人の高橋監督が、阪神の金本監督が、それぞれ成績不振の責任を取って辞任を発表しま

記事を読む

サッカーワールドカップ。応援するなら期待しよう!期待しないのに応援してはしてはいけません。

今回は、非常にシンプルな事をシンプルに伝えたい。   いよいよワールドカップが

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

「彼」のような立場になるとマトモに生きる自信がない。

「彼」の評判がどんどん上がっている。 今「彼」は、超ビッグなワー

ついに再開したJリーグ。そこでは懐かしい景色が

コロナ禍で止まっていたJリーグが、ついに再開。  

ブンデスリーガ66日ぶりに再開!世界にフットボールが戻ってきた!

世界にフットボールが戻ってきた!と、大袈裟に言いたくなる気持ちをおさえ

→もっと見る

  • 2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券