*

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループGの巻

【お詫び】このネタは、6月17日にアップしたつもりがアップし損ねておりました。既に結果が出かかっておりますが・・・。恥を忍んでそのままアップさせていただきます(泣)2強は当たってるのですが、スコアは・・・●●●です(泣爆)

 

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流の気合と根性(爆)といったワールドカップの醍醐味は数あれど、何と言ってもワールドカップの醍醐味はグループリーグの星取りです。(※星取りの濃いくて深い世界を覗きたいかたはこちらへどうぞ)。まさに醍醐味の中の醍醐味、キング・オブ・ダイゴミであります。

 

というわけで、ここでは各グループリーグの星取りの醍醐味を大胆かつ無謀、独断且つ偏愛をもってして、皆さんと一緒にサッカーに関しては異常なほどの造詣の深さを持っていると、世間の一部で巷間噂されているという、伝説があるとかないとか囁かれている「ワタクシ・読裏クラブ」が、その予想をもってご紹介しようと思います。さて・・・どんだけ当たるかな?(あ、いや、当てもんやないっす!予想っす!)

 

【GROUP G】

BELGIUM

ENGLAND

TUNISIA

PANAMA

 

初戦に向けて

誰がみてもこのグループは、2強2弱です。1強1中2弱でもなく、1強3弱でもなく、2強1中1弱でもなく・・・。くっきりと2強と2弱に色分けされた感じ。もちろん2強はベルギーとイングランド。その昔なら2強の順番はイングランド→ベルギーだったし、もうちょっと遡るとイングランド1強、ベルギー1中ぐらいだったけどね。

 

でも、時が経って、時代は変わり。。。今回はベルギーがイングランドを圧倒して上回るポジションになっています。そら面子はそらもう、スゲー顔ぶれ。

 

おお!あのチェルシーのアザールかよ?

おお!あのマンUのルカクかよ!?

おお!今、もしかしたら最も旬とちゃうのん?という、あのマンCのデ・ブライネかよ!?

おお!マンCにはコンパニもおったけど、コンパニもベルギーやん!?

おお!トットナムのデンベレもおるで!?

おお!キーパーはクルトワやん? おお?フェライニはサブか?(ま、そうやろうけど・・・苦笑)

 

てな具合。あのフィーゴやルイ・コスタ、フェルナンド・コウト、カルバーリョなどがいたポルトガル黄金時代を彷彿させます。今、このベルギーは間違いなく歴代最強の同国の黄金時代のメンバーでしょうな。シーフォやプァフの時代よりもたぶん上だと思います。

 

おっと。初戦に向けてのコメントが、ベルギーオンリーになっちまいました。そんなベルギーは初戦で超楽勝でパナマと。残りのイングランドはチュニジアと当たります。ま、ここで番狂わせがあるようだと、ワールドカップの品格にも疑念を持たれてしまいますわね。勝つべきところが勝たんと、あとあとが面白(オモロ)くないから。

 

てなわけで、ここまでクッキリと色分けされたグループGなんで、ここは順を追わずに、一気に第2戦も、最終戦も発表しちまいましょう!あ、別に面倒臭くなってそうしたとか、時間がなくて手を抜いているとか、そんなことはないからね!(爆)

 

 

 

となりました。

 

1位=ベルギー 2位=イングランド

星取りの妙で非常に重要なのが、その対戦順ですな。今回のグループGは、グループBとまったく逆のパターン。2強が最初にぶち当たったグループBと、2強が最後に対戦するグループG。ベルギーもイングランドももし2戦までに2勝をあげていれば、この「直接たいけつドイツはメキシコを翻弄まではいかなくても、しっかり、かっちり、ガッチリと勝利。エジルが出るかどうか?で面白ろさの違いはあれど、エジルが出ようが、誰が出ようが、ケディラやミュラーやクロースがゲームを支配したらクオリティーは一緒ですわ。メキシコはいつもいつもダークホース。一時は我々日本人がアギーレを迎えて、このメキシコのようなサッカーをやろうとしてたんだけどね。

 

で、スウェーデン。前半早々に失点。「ま、相手は韓国やし、いつか追いつくやろ」と試合を支配しながらも、後半ラスト10分まで追いつけず、さすがに焦りが出て前掛かりになったところをソン・フンミンの独走ドリで追加点を許し、ジ・エンド。スウェーデン国内では「イブラヒモビッチがいたら」というスポーツニュースでの特別コーナーが設けられて敗戦を振り返った。そのとき、イブラ様はお一人でカウンターバーでカードで隣の男に酒を奢っていたという。

 

 

<Sponsered Link>



 

最終戦に向けて

さぁ!ここからが醍醐味です!ワールドカップ、グループリーグの最終戦。2試合は同時刻に試合を開始して、お互いの星取りに有利不利を発生させないように2試合同時刻の試合開始となります。と、なるのが常なのですが、ここまででほぼ「勝負あった」のが2ヶ国。ドイツとスウェーデンは突破と敗退が決定。つまりのこり一つの椅子をメキシコと韓国が争うという図。

 

ここで4ヶ国の立場をおさらいしておこう!

韓国はここまで勝ち点4。相手は勝ち抜けを決めているドイツ。一方のメキシコは勝ち点1ながらも相手は腑抜けでイブラサマノタタリに畏れおののいているスウェーデン。ある意味非常に興味がある2試合となります。メキシコは韓国がドイツに完敗することを前提に、勝つのはもちろんのこと何とか1点でも多く獲って勝ちたい。韓国はここでドイツに勝てば、グループリーグ1位突破という偉業を達成!どちらも必死です。グループリーグの最終戦はこれやからやめられまへん!

 

 

 

グループBの星取り予想はこちら

グループCの星取り予想はこちら

グループDの星取り予想はこちら

グループEの星取り予想はこちら

グループFの星取り予想はこちら



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【サ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

ヤンマーディーゼル化する?パナソニック

2017年シーズンでJリーグ制覇には届かなかったものの、ルヴァン・カップと天皇杯の2大カップを制覇し

記事を読む

モウリーニョ、辞任!?解任!?マンU電撃退任!次のクラブはここ?

マンチェスター・ユナイテッドの監督であったジョゼ・モウリーニョが同クラブを退任するという。退任とはい

記事を読む

バロンドールのモドリッチと区別がつかなかったもう一人の選手とは?

2018年のFIFAが「年間最優秀選手賞」を発表して、「モドリッチ」が、11年ぶりに「あの二人」以外

記事を読む

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアとボリビア。スコアはコロンビアに

記事を読む

「逃げれば狙われる」「立ち止まれば食べられる」クルピの言葉にあの師を思い出しました。

Jリーグも開幕して2節を終了しました。で、3節を迎えるこの週からはルヴァンカップがスタートします。

記事を読む

まったく何を言っているのか解らん日本代表分析を見つけました

アジアカップ決勝のカタール戦。日本は残念な結果に終わってしまったが、どことなく一人「残念ではない?」

記事を読む

クリスティアーノ・ロナウドってなんやかんや言うて、メチャメチャ凄いんとちゃうのん?と、今思ってしまった理由。

17-18のチャンピオンズリーグは、グループリーグのステージが終わり、いよいよノックアウトステージへ

記事を読む

大杉漣さん逝く。サッカー界の名バイプレーヤーよ永遠に!

「大杉漣さん死去」。それは突然の訃報だった。「え?」っと思わず絶句した人もホントに多かったのでは?

記事を読む

サッカー日本代表に、ラファエル・シルバを入れる方法(画期的な賀川浩案!)

浦和レッズが10年ぶりに、ACL王者に輝き、12月6日から始まる「クラブワールド

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




久保建英はワールドカップに何回出られるか?

まったく唐突ではあるが、我々の生活の中心、フットボールの世界の中心、W

勢いって何?勢いという名の生き物っているの?

どんなスポーツにも出てくる言葉があります。「勢い」って言葉。 &

FIFA会長の恐ろしい発言

「選手が別の場所でプレーすることを望んでいるのであれば、そうする方法を

バックパスは必要です!

今回は「バックパス」について触れてみたい。  

「よしなに」って何?

コトバは生き物。いろいろなコトバを見聞きするたびに、この事を痛感します

→もっと見る

  • 2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券