*

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループFの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流の気合と根性(爆)といったワールドカップの醍醐味は数あれど、何と言ってもワールドカップの醍醐味はグループリーグの星取りです。(※星取りの濃いくて深い世界を覗きたいかたはこちらへどうぞ)。まさに醍醐味の中の醍醐味、キング・オブ・ダイゴミであります。

 

というわけで、ここでは各グループリーグの星取りの醍醐味を大胆かつ無謀、独断且つ偏愛をもってして、皆さんと一緒にサッカーに関しては異常なほどの造詣の深さを持っていると、世間の一部で巷間噂されているという、伝説があるとかないとか囁かれている「ワタクシ・読裏クラブ」が、その予想をもってご紹介しようと思います。さて・・・どんだけ当たるかな?(あ、いや、当てもんやないっす!予想っす!)

 

【GROUP F】

 

GERMANY

MEXICO

SWEDEN

KOREA REP

 

初戦に向けて

どんな大会にもドイツはいます(昔は西ドイツでしたが、我々旧世代もようやく西ドイツと言わずにドイツという表現に慣れてきました)。そしてどんな大会でもドイツは面白くないほど冷徹で、面白くないほど生真面目で、面白くないほど強くて、そして面白くないほど勝つ。それがドイツ。今までそれほど「死のグループ」と呼ばれるようなグループに入らなかったというのもあるけれど、それは逆に言えばドイツが入ると死のグループにさせないという面白くないほどの実力があるからです。

 

同組に入ったメキシコやスウェーデンを見たら、今までのドイツからすれば、今回はちょっと・・・ちょっとだけ死のグループに近い組合せになったか?とも思うけれど、やっぱりオアシスの韓国が入ったし(苦笑)。初戦のメキシコに面白くない勝ち方をすれば、それこそ面白くないグループ突破という結果を手にするんだろうなぁ~。

 

裏側はスウェーデンと韓国。イブラ様がせっかく「代表に入ってやってもいいんだぜ?」と、おっしゃってくださったのに、なんと!イブラ様のご意向に背を向けたチームで臨むことになりました。これはイブラ様のお怒りが、イブラ様のバチが当たるような気がします。スウェーデンは韓国と戦うのではなく、イブラ様のお怒りの力と戦うことになるわけです。それが初戦の一番の見どころかも。

 

で、結果は・・・

 

 

となりました。

 

ドイツはメキシコを翻弄まではいかなくても、しっかり、かっちり、ガッチリと勝利。エジルが出るかどうか?で面白ろさの違いはあれど、エジルが出ようが、誰が出ようが、ケディラやミュラーやクロースがゲームを支配したらクオリティーは一緒ですわ。メキシコはいつもいつもダークホース。一時は我々日本人がアギーレを迎えて、このメキシコのようなサッカーをやろうとしてたんだけどね。

 

で、スウェーデン。前半早々に失点。「ま、相手は韓国やし、いつか追いつくやろ」と試合を支配しながらも、後半ラスト10分まで追いつけず、さすがに焦りが出て前掛かりになったところをソン・フンミンの独走ドリで追加点を許し、ジ・エンド。スウェーデン国内では「イブラヒモビッチがいたら」というスポーツニュースでの特別コーナーが設けられて敗戦を振り返った。そのとき、イブラ様はお一人でカウンターバーでカードで隣の男に酒を奢っていたという。

 

第2戦に向けて

さて、この結果を踏まえての第2戦。ドイツはここでスウェーデンに勝てば、またまた楽勝でグループ突破。スウェーデンはここで負ければ早々に帰国の途に。そうなると無慈悲なるドイツの本領発揮。遠慮とか躊躇とかはこの国にはないから。そうじゃなかったら、開催国の立場であるブラジル相手に7-1なんて失礼極まれないこと、出来まへん。なのでスウェーデンは弱り目にたたり目、踏んだり蹴ったり。美味いもんは美味い(By 民芸肉料理はや:笑福亭鶴瓶)。という結果に。もう今からでもロサンゼルスに飛んでイブラ様にお詫びするしかないけど時既に遅し・・・でした。

 

メキシコはドイツの敗戦をこの韓国相手で払拭したい。もし裏側でスウェーデンがドイツに負ければ、自分たちと当たるスウェーデンは腑抜け状態。勝ち点3を獲るのもそれほど難しくなくなってくるわけです。なので、「まぁ、スウェーデンに勝ったんはマグレやろ?」と少し舐めてかかれば痛い目に遭うのですが、どうなるか?

 

で、その結果は

 

 

となりました。

 

ドイツは無慈悲な勝利で悠々の突破。メキシコは韓国を舐めてしまい、キ〇チパワーのキ〇チ味の試合になってしまいました。この辺りが毎回毎回ワールドカップに出てるのに6大会連続でグループリーグ敗退のメキシコの勝負弱さというところか。

<Sponsered Link>



 

最終戦に向けて

さぁ!ここからが醍醐味です!ワールドカップ、グループリーグの最終戦。2試合は同時刻に試合を開始して、お互いの星取りに有利不利を発生させないように2試合同時刻の試合開始となります。と、なるのが常なのですが、ここまででほぼ「勝負あった」のが2ヶ国。ドイツとスウェーデンは突破と敗退が決定。つまりのこり一つの椅子をメキシコと韓国が争うという図。

 

ここで4ヶ国の立場をおさらいしておこう!

韓国はここまで勝ち点4。相手は勝ち抜けを決めているドイツ。一方のメキシコは勝ち点1ながらも相手は腑抜けでイブラサマノタタリに畏れおののいているスウェーデン。ある意味非常に興味がある2試合となります。メキシコは韓国がドイツに完敗することを前提に、勝つのはもちろんのこと何とか1点でも多く獲って勝ちたい。韓国はここでドイツに勝てば、グループリーグ1位突破という偉業を達成!どちらも必死です。グループリーグの最終戦はこれやからやめられまへん!

 

さて、最終戦の結果は

 

 

と、なりました。

1位=ドイツ 2位=メキシコ

 

結局スウェーデンは3戦3敗。しかも全試合で0封され、270分間で無得点。この2018ロシアのスウェーデンの戦いは、向こう半世紀たっても「イブラ様の祟り」という名で、スウェーデン全土に語り継がれることになりました。

 

一方の韓国。キ〇チパワーも、ゲルマン魂にはまったく通用せず、体力勝負ではまったくゲルマンに歯が立たないことを思い知らされる結果となり、今後の韓国サッカーにおいて「自分達のアイデンティティーの見直し」を迫られる、暗い歴史の始まりとなるワールドカップでした。

グループBの大胆かつ無謀な星取り予想はこちら

グループCの大胆かつ無謀な星取り予想はこちら

グループDの大胆かつ無謀な星取り予想はこちら

グループEの大胆かつ無謀な星取り予想はこちら

グループGの大胆かつ無謀な星取り予想はこちら



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

「読裏クラブのワンツー通し」が遂に書籍化決定へ!?

スポナビさんにて、2008年から始めたブログ「読裏クラブのワンツー通し」が、この春になんと!「本」に

記事を読む

ガラタサライの長友の盟友、スナイデルが語った意外な日本人選手とは?

長友がトルコのガラタサライに移籍して2週間ほどが経ちました。で、移籍直後にもかかわらず、ガラタサライ

記事を読む

アルゼンチンvsナイジェリア戦の所感 でかした!ジャイアント・ロホ!ラスト5分のボレーシュート!勝った!勝ったでぇ~!?

アルゼンチンvsナイジェリアの所感。というタイトルですが。。。所感というよりは、歓喜という方が正しい

記事を読む

ロシアW杯でテルスター復活!?歴代W杯で最高のサッカーボールとは?

サッカーで最も必要なものは何でしょうか?ゴール?審判?ユニフォーム?それとも選手でしょうか?

記事を読む

1試合2億5千万、1ゴール12億5千万貰って帰っていった男。

1試合で2億5千万、1ゴールで12億5千万貰えたら、アナタはどうしますか?  

記事を読む

倉敷保雄さん(クラッキー)で代表戦の中継を!あなたの一番好きなサッカー中継アナウンサーは誰ですか?

今日は我々に不可欠な「サッカー中継」のお話しをば・・・。   「サッカー中継」

記事を読む

2018年の名古屋グランパスは台風の目になるジョー?

先日、2018年度を戦う名古屋グランパスの新加入選手とともに全メンバーの背番号も発表されました。

記事を読む

ストッキングをずらして似合う選手ベスト5の発表!

日本人は番付が大好き。お相撲さんの世界はもちろんのこと、毎年行われる「ヒット商品」だってしっかり番付

記事を読む

アーセン・ヴェンゲル退任。遂にこの時がきた!さぁ、次はどこへ?言いたいことは解るよね?

ふと気付くと、4月も終盤に差し掛かってきているではないか?あと何日かすれば世間はGWだ。あ、GWとい

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ヤ】【ワ】【ン】の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




世界を知る101冊

皆さんは、秋の夜長、どのような本を手にお過ごしでしょうか? 僕は

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上

つい手を出してしまったキーパーの取り調べ室での会話

ここはとある取調室。一人の男が取締官の尋問を受けている。今回はそんなシ

読裏クラブへの10の質問

今日は、ゆる~~く、私への質問コーナーを設けました。私の好みを知ってい

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく

→もっと見る

  • 2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑