*

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループBの巻

公開日: : 最終更新日:2018/06/20 サッカー , , , ,

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流の気合と根性(爆)といったワールドカップの醍醐味は数あれど、何と言ってもワールドカップの醍醐味はグループリーグの星取りです。(※星取りの濃いくて深い世界を覗きたいかたはこちらへどうぞ)。まさに醍醐味の中の醍醐味、キング・オブ・ダイゴミであります。

 

というわけで、ここでは各グループリーグの星取りの醍醐味を大胆かつ無謀、独断且つ偏愛をもってして、皆さんと一緒にサッカーに関しては異常なほどの造詣の深さを持っていると、世間の一部で巷間噂されているという、伝説があるとかないとか囁かれている「ワタクシ・読裏クラブ」が、その予想をもってご紹介しようと思います。さて・・・どんだけ当たるかな?(あ、いや、当てもんやないっす!予想っす!)

 

【GROUP B】

PRUTUGAL

SPAIN

IRAN

MOROCCO

 

初戦に向けて

いきなり、ポルトガルとスペインが初戦でぶちあたるこのグループB。このあたりが星取りのアヤというか、妙というか。とにかくこの2つがここのトップ2というのは紛れもない事実であり、誰もが認めるところです。もし、ポルトガルとスペインが第3戦に組まれていたら・・・おそらくかなりの確率で2勝どうしの「お手々つないでゲーム」でシャラ~~っと終わってしまうところやったと思います。

 

でも、これが初戦となったんで話は全然変わってくる。お互いに「もしここで勝ったら?俺たち確実に一抜け(イチヌケ=グループリーグの戦いの中で至福の言葉=今後はイチヌケという、固有名詞化で表現させてもらいます)ちゃうのん?」という誘惑にかられるはず。特にポルトガルから見れば「監督問題でゴタゴタしてるこのタイミングがビッグチャンス!」とばかり、初戦の「お手々つないでモード」をまったく無視して挑んでくる可能性がかなり高い。

 

この初戦のポルトガルとスペインの結果で、このグループの結末は大きく変わってきますな。

 

で、裏側(モロッコとイランの人から見ればこの試合が表側でポルトガルとスペインが裏側でしょうが)の試合は、それなりにガチ。お互いに勝ち点3を狙えるのはこの試合しかないわけで、どうしてもここで勝っておきたい!で、ここで勝って、あとのポルトガルとスペインには1分1敗で勝ち点4。これでなんとかグループを突破したい!というのが本音。これはこれでこのグループの星取からするとメッチャ興味のある試合ですな。

 

んで、もって結果は・・・

 

 

となりました。

 

スペインがポルトガルを撃破!直前の監督問題が逆に選手の気持ちに火をつけて、初戦の慎重モードよりも「やらなあかん!やったるで!」モードに大転換。

モロッコとイランはようわからんので、とりあえず・・・(苦笑)でも、こういうほうが結構当たるんよね。

 

第2戦に向けて

さて、この結果を踏まえての第2戦。ポルトガルはプチ崖っぷちです。負ければ敗退決定。(ポルトガルがモロッコに負けた時点でモロッコの勝ち点4が決定し、ポルトガルが最終戦でイランに勝っても最大勝ち点は3。スペインがモロッコとイランに連敗するわけもなく、この時点でジ・エンド)そらもう慎重にリスク回避・・・なんて言ってられまへん。クリロナ疾走、ペペはぶち当たり連発!

 

裏側のスペイン対イランは興味深い一戦です。あのスペインのパス回しにいったいアジアの国はどこまで対応できるのか?どうやって止めるのか?それともチンチンにいわされるのか?スペインはこの試合で勝てばイチヌケ。引き分けでも全然OK!そういう余裕ブリブリの時のスペインはかなりの手強さです。この試合で勝てば、いっきに「イエロ」は脚光を浴びるんやろうね。

 

で、その結果は

 

 

と、なりました。

 

まぁ、いくら崖っぷちとはいえ、プチなわけで、ここでポルトガルが負けることはまずありまへん。いくらクリロナがワールドカップでは「からっきし」とはいえ、ここで負けるとは思えまへん。怒涛の攻めがなんとか功を奏して、後半ラスト15分にあげた虎の子の1点を守り切って、とにかく勝ち点3をゲット!

 

対するスペインは余裕しゃくしゃくの2勝目でこれでグループリーグ突破確定。次のモロッコ戦は休息モードにするか?それとも一気にチームのムードを高めるために勝ち点9を狙いにいくか?

 

 

 

<Sponsered Link>



 

最終戦に向けて

さぁ!ここからが醍醐味です!ワールドカップ、グループリーグの最終戦。2試合は同時刻に試合を開始して、お互いの星取りに有利不利を発生させないように2試合同時刻の試合開始となります。

 

ここで4ヶ国の立場をおさらいしておこう!

 

スペインは、2勝で勝ち点6。相手はモロッコ。ま、普通に10試合やったら8勝2分けぐらいは見込める相手。スペインとしてはグループBの1位になってグループAの2位とやる方が有利なのか?わざとグループBの2位になってグループAの1位とやるほうが楽なのか?は、グループAの1位がウルグアイなのかロシアなのかで決めるという、そこだけが焦点となる試合です。

 

ポルトガルは、1勝1敗で勝ち点3。相手はイラン。勝てば勝ち点6。引き分けで勝ち点4。とにかくこの試合で負けることだけは避けたい。負けるとイランが勝ち点4となり、逆転でグループリーグ敗退となる。引き分ければ、イランがスペインに大差で勝たない限り自分たちが2位で突破。それでも「スペインが2勝の余裕ぶっこいてまさか面子をBチームにして負けるかも。。。」という可能性も無きにしも非ずなので、できれば勝ちたい。勝ちたいけれど負けられない。引き分けなら相手の結果次第・・・という、まさに90分間の中でこれらの星計算をしながらゲームメイクする高等テクニックを要求される高度な試合運びが必要となる。「ああ、こんなことやったらスペイン戦は引き分けでよかったのに」という後悔もあとのまつりなのである。

 

で、結果は

 

と、なりました。

1位=スペイン 2位=ポルトガル

はい。最終的には収まるところに収まった感じ。ま、この4つの面子でイランが勝ち抜けるとは思えんし、モロッコがポルトガルとスペインを喰ってグループリーグ突破というのもやっぱり無理があります。ポルトガルは高齢化という弱点があるにはあるけど、それは決勝トーナメントになってから効いてくる感じで、ここはノーマルに予想しました。オモロなくてゴメンね!(爆)

 

グループCの大胆かつ無謀な星取り予想はこちら

グループDの大胆かつ無謀な星取り予想はこちら

グループEの大胆かつ無謀な星取り予想はこちら

グループFの大胆かつ無謀な星取り予想はこちら

グループGの大胆かつ無謀な星取り予想はこちら



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

遠藤保仁(ヤット)よ!君の夢と僕の夢を叶えるために、この移籍を実現してくれないか?

Jリーグが再開して、いよいよあの「イニエスタ」が神戸のピッチに登場した。ただ、そのプレーは、まだまだ

記事を読む

最後の球回しはお見事!ポーランド戦の採点です

それではポーランド戦の採点です。 GK 川島 7.5 ようやく出ました!カワシ~マ、ビッグセービ

記事を読む

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか、「王の中の王」とか。これぞ!

記事を読む

天皇杯決勝にサッカー界の大谷翔平登場!その選手の名は!?

1月1日の元旦。サッカーを愛する人ならば、元旦イコール天皇杯決勝。これがもう身体に沁みついていること

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループGの巻

【お詫び】このネタは、6月17日にアップしたつもりがアップし損ねておりました。既に結果が出かかってお

記事を読む

サッカー日本代表に、ラファエル・シルバを入れる方法(画期的な賀川浩案!)

浦和レッズが10年ぶりに、ACL王者に輝き、12月6日から始まる「クラブワールド

記事を読む

日本代表で初?現象!これほどサッカーが面白いとは!

森保監督の日本代表、通称ポイチ・ジャパン(これ言ってるの、だんだん僕のところだけになってきた気もする

記事を読む

バロンドールのモドリッチと区別がつかなかったもう一人の選手とは?

2018年のFIFAが「年間最優秀選手賞」を発表して、「モドリッチ」が、11年ぶりに「あの二人」以外

記事を読む

「読裏クラブのワンツー通し」が遂に書籍化決定へ!?

スポナビさんにて、2008年から始めたブログ「読裏クラブのワンツー通し」が、この春になんと!「本」に

記事を読む

日本代表の問題点を一気に解決する方法を知ってるんやけど、知りたいですか?

今回のネタは、このタイトルそのものです。日本代表は先の欧州遠征で1分1敗の結果に終わりました。ただ、

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




10年ぶりに復活した「入れ替え戦」がヤバ過ぎるぜ!だからサッカーは面白い!

プロ野球になくてJリーグにあるものはなんでしょう?  

8181、ポケベル。50年の歴史に幕

ポケットベル。略してポケベル。   そのポケベル

残ってポンテ!

今回は前回のエントリー「フィンケの退任に思うこと」の続編に当たります(

フィンケ退任に思うこと。

名古屋が優勝したその日、もう一つのニュースが飛び込んできていました。浦

もしも巨人軍に「巨人軍ユース」があったなら?

本日はちょっと「ハイブリッド(掛け合わせ)」なネタ展開です。 &

→もっと見る

  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑