*

大迫招集拒否に思う、「日本もとうとうここまで来たか」という嬉しさ。

今年のポイチ・ジャパンの最大の試金石は、アジアカップではなく、もちろんキリン・チャレンジカップでもなく、6月に行われる「南米選手権」、通称「コパ・アメリカ」での戦いである。

 

レベルで言えば「チャンピオンズリーグ」>「コパ・アメリカ」=「ユーロ」>「ワールドカップ」となるだろうか?これは僕の勝手な順列だけれどね。とにかくどの国との対戦も気が抜けない。南米は2強(ブラジルとアルゼンチン)というイメージがあるが、その他の面々も虎視眈々度はヨーロッパのそれよりも強いのではないだろうか?

 

そんな南米選手権に臨む我々にとってこんなニュースが飛び込んで来た。

 

「大迫勇也は南米選手権には出さない!招集があっても拒否をする!」と、所属クラブである「ブレーメン」がコメントしたのだ。

 

この一報を聞いて悲しんだ代表ファンも多いと思うが、僕はちょっと違う感情が湧いていたのでした。

 

「おお!とうとう日本もここまで来たか」と。

 

このブログでは、ときどき「日本サッカーもここまで来たか」、略して「日本サッカーもここまで来たかネタ(え?略してないって?ほとんどまんまやん!って?まぁまぁ。。。難しいことは言わんと、雰囲気で流したってつかぁ~さい)」をあげておりますが、この一報もまさしくそんな感じである。

 

時は数十年前にまで遡る。まだ読裏クラブ氏が、青少年だった頃の話だ。当時は当然インターネットもなく、スポーツ新聞はプロ野球一色。そんな環境でもっとも海外サッカーの情報を届けてくれた「冊子:イレブン」によくこんなニュースが載っていたのだ。

 

「ドイツ代表の●●●、所属クラブが代表招集を拒否」と。当時、僕はこの意味がよく理解できなかった。当時の日本サッカーは「日本代表」(←これも、呼称は『全日本』と呼ばれたものである)に入る、呼ばれることは、何よりも名誉なことであり、それを所属のチームが断るなんてあり得ないことだった。「ヤンマー」の●●が呼ばれたら、ヤンマーは喜んで選手を差し出したし、「三菱」の、「古河」の、「日本鋼管」の、選手が呼ばれたら、それこそ盛大なる「送迎会」でも開かんばかりの、大歓迎。というより、選手各々だって『全日本』に選ばれる、『全日本』に選ばれて国際試合に出ることが、キャリアの最終目標であり、それを所属チームが拒否するなんてあり得なかったのだ。

 

つまり・・・

 

アマチュアだったわけやね。日本リーグで優勝するよりなにより、全日本が優先。

 

だから海外ニュースで代表招集をクラブが拒否するなんて、信じられなかったわけ。

 

でも、クラブにとっては、自チームのエースが代表に行って怪我でもして、戻ってきたときに試合に出られない状態にでもなられようもんなら、タマランわけです。

「何してくれるねん!」てなもんです。

 

読裏少年も、その情報を確認して、事情を把握するにつれ、その「拒否する背景」が解ってきました。もちろん今ならその気持ち、「よ~~~~く解ります」。だから、ワールドカップはヨーロッパのサッカーシーズンが終わってから、オフに入る前にやるわけです。つまり野球で言うところの日本シリーズが終わってから・・・というイメージ。万一のことがあっても所属クラブには迷惑がかからないようなタイミングで行われるわけ。

 

<Sponsered Link>



 

それから十数年、日本も進歩して、とうとう海外のクラブに選手を輩出するまでになりました。1FCケルンの尾崎や、奥寺から始まって・・・もうそれは数えきれないほど。でも、今まで所属クラブから「代表招集拒否」を正式に表明された日本人選手はまずいなかった。もちろんワールドカップはシーズンオフだから「どうぞやっておくんなまし」となるが、シーズン真っただ中の各大会の予選や、今回のアジアカップのように、大陸の違いや、春秋シーズンの違いによって、2~3週間選手を招集するときも、割とスンナリと日本人選手は代表に入れたんよね。

 

つまり「え~~!?いなくなるとメッチャ痛いし!あかん!出さへんで!」と、言われるほどの存在感というか、大黒柱的な、そのチームのエース格というところまで日本人選手はまだ到達していなかったとも言える。

 

そんな中でのブレーメンの大迫招集拒否。コメントでは

 

「ユウヤが合流後にプレーできない状態になっていることに非常に戸惑っている」

 

と、強く不満を漏らし

 

「ユウヤはW杯、そしてアジアカップに出場した。2度にわたり、準備や回復のための期間を利用できなかった。和我々は最も大事な選手の一人が燃え尽きないよう気を配らなければならない」

 

と、強く警告している。

 

言い方はいろいろあるが、要は

 

「代表に出して戻ってきたら、使われへんやん!それ、はっきり言ってメッチャ痛いし!メッチャ腹立つし!もうこれ以上そんなんゴメンやし!」と言っているのだ。

 

あの「イレブン」に載っていた、あの海外チームの、あのブンデスリーガの、あのクラブが・・・である。

 

いやぁ~、これ、日本人としては甚だ喜ばしい。胸を張りたくなるよね。

 

う~ん、「日本もここまで来たか」と。大迫が南米選手権に出られないのは痛いけれど、そういうのって、どの列強国も一つや二つ経験しているわけでさ。そういう経験をしているってのも、ちょっとした自慢になりそう。

 

「え?韓国君は、いつもベストメンバーを組めるのかい?ええよなぁ~」とか「おう、そうかそうか。オマーン君やカタール君ならまだそういう感じなんだろうね。羨ましいよ」とか「僕らも一度でいいからベストメンバーを区みたいものさ。でも、あらゆる選手がヨーロッパの国々で活躍しているもんだから、彼らが離さないんだよね。ま、ツライところさ」みたいな。。。

 

ね?そう思うと「大迫招集拒否」でも、ちょっと気が休まるというか、気が晴れるでしょ?(苦笑)

 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

「このくにのサッカー」。日本人初のFIFA特別賞受賞の最高齢サッカージャーナリストが語る。

私が一昨年(2016年)の5月からお邪魔している、サッカーフリークにとっては、ワールドカップ決勝戦の

記事を読む

ヴィッセル神戸初タイトル!ジーコ対イニエスタはイニエスタの勝ち!

  やっぱ、元旦の午後は天皇杯っしょ!   もの心ついたときから、元旦の13時は

記事を読む

中山雅史、引退じゃない事実上の引退。

中山雅史、53歳。選手としてJ3の沼田を退団し、今季から古巣ジュビロのコーチに就任するという。

記事を読む

サッカーワールドカップ。応援するなら期待しよう!期待しないのに応援してはしてはいけません。

今回は、非常にシンプルな事をシンプルに伝えたい。   いよいよワールドカップが

記事を読む

なぜ「イブラヒモヴィッチ(様)」には異常なほどの敬語を使わなければならないのか?

  先日、正確には日本時間の2020年、1月11日の(夜)11時の試合、セリエA第19節の

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【サ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

巻も引退!あの時代のあの選手達が、どんどんいなくなる淋しさ。

先日、女優の(というより、僕の中ではあのマンガの声優のイメージの方が強いんだけど)市原悦子さんがお亡

記事を読む

サッカーが無くなった日々で是非見て欲しい番組がこれ!

今は4月。2020年の4月。ときがときならば、あと3ヵ月で開幕するオリンピックに心躍らせ、開幕したプ

記事を読む

どうなってるねん?久保がレアルで阿部がバルサ。まさかこんな時代が来るなんて!

鹿島の阿部がバルセロナに正式に移籍するらしい。つい先日まで、バルサと言えば久保。久保と言えばバルサ。

記事を読む

フランス、気の抜けたシャンパン!まったく違う味で優勝。

ロシアワールドカップが終わりました。優勝はフランス。ま、今回のフランスは優勝候補の一角に名を連ねてい

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




今後はこの大学選手権の大会名をあの会社の冠大会に!

大学サッカーの特例全国大会で、東海大学が、関東1部リーグ所属の法政大学

中村憲剛、FROに就任!FROってどう読むの?

先日引退した中村憲剛が、FROなる役職に就いたらしい。と、言われても「

無観客なら、かなり強い読裏(世代)!

2021年のJリーグの日程が発表された。2月26日に開幕。開幕カードは

ジダン、コロナ陽性!数日前の自身コメントで予言?

このブログを何年も前から読んでいる読者の方々なら、そこはかとなく、なん

サッカーをMECEで分析する

突然ですが、MECEという言葉をご存知でしょうか?MECEと書いて「ミ

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券