*

小笠原満男引退!また一人、ゴールデンエイジが消えていく。そしてあの男は?

日本サッカー界で、燦然と輝いた年代があります。年代=エイジ。燦然と=ゴールデンということで、この年代の選手達をゴールデンエイジと呼んでいました(います)。

 

その選手達とは

 

小野伸二を筆頭に、稲本潤一、高原直泰、中田浩二、加地亮、遠藤保仁、酒井友之、本山雅志、そして小笠原満男など。

 

今思っても豪華な面々がズラリと揃って、なんとワールドユースで準優勝なんていう、とんでもない結果を残したわけです。そらもう、いくら当時から「トルシェ嫌い」だった僕も、この結果にはかなり驚いたというか、狂気乱舞状態。

 

「おいおい!?ごっつぃことをやりよったで!?って。これなら・・・この連中がいれば・・・ワールドカップでグループリーグを突破するのも夢じゃないんじゃねーの?」みたいな感じ。今の「おいおい!バルサの久保君と、レアルのピピ(中井君)がいれば、日本がワールドカップでベスト8に入るのも夢じゃねーんじゃね?」っていう気持ち以上に、「ねーんじゃね?」感が増幅していました。

 

そんなゴールデンエイジも、一人消え、また一人消え、どんどん現役選手が少なくなってきたところに、今日、また一人、小笠原満男が現役引退を発表しちゃいました。

 

<Sponsered Link>



 

 

小笠原については、特に「グンバツ」の何かを感じたこともないし、いっちゃ悪いが「それなり」のプレーをいつも「それなり」にしっかりとこなす・・・そんなイメージ。これ、考えてみたらメチャメチャ「鹿島のサッカー」に合ってる感じがするよね。※僕の鹿島アントラーズ観はこちらでちょこっと書いてますので興味のある方は覗いてみてくらはい。

 

やっぱり寂しいよなぁ~。あと何人残ってるんやろ。稲本だって札幌の次は決まってないみたいやし。ちょうど野球で言う松坂世代のように、このゴールデンエイジのシンボルは小野。もしこの世代のシンボルである小野が引退ということになれば、その時こそはそれこそこの世代の終息を痛感するんやろうなぁ~。そしていずれ確実に遠藤も。。。

 

あ~~~~~、そんな日がいつか来るんやなぁ~~~~~。って、思わず思っちまいました。小笠原を失うことで遠藤の貴重さを感じた次第です。ゴメンね、小笠原。でもお疲れさんした!

 
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!
 

サイドバナー




関連記事

アジアカップ決勝、カタール戦直前!歴代監督緊急座談会

ついにアジアカップも残すところ決勝戦のみとなった。新しい代表監督である「森保一」率いる「ポイチ・ジャ

記事を読む

ザキトワの演技構成で論戦中に思い浮かんだ一人のサッカー選手とは?

個人資格で参加しているロシアのザキトワ選手が、弱冠15歳の若さで、平昌オリンピックで金メダルを獲得。

記事を読む

「逃げれば狙われる」「立ち止まれば食べられる」クルピの言葉にあの師を思い出しました。

Jリーグも開幕して2節を終了しました。で、3節を迎えるこの週からはルヴァンカップがスタートします。

記事を読む

日本代表の問題点を一気に解決する方法を知ってるんやけど、知りたいですか?

今回のネタは、このタイトルそのものです。日本代表は先の欧州遠征で1分1敗の結果に終わりました。ただ、

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【マ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

香川真司がやってのけたぜ!9分間で2点は、トルコの宝石箱やぁ~~!

香川がトルコのベシクタシュに移籍したのが1月31日。そしてなんと!その4日後の2月4日には、もう新し

記事を読む

最後の球回しはお見事!ポーランド戦の採点です

それではポーランド戦の採点です。 GK 川島 7.5 ようやく出ました!カワシ~マ、ビッグセービ

記事を読む

西野ブランド赤丸急上昇!セネガル戦の採点

それではセネガル戦(WC)の採点です。   GK 川島 5.5 出た出た出た出た~~

記事を読む

「このくにのサッカー」。日本人初のFIFA特別賞受賞の最高齢サッカージャーナリストが語る。

私が一昨年(2016年)の5月からお邪魔している、サッカーフリークにとっては、ワールドカップ決勝戦の

記事を読む

祝Jリーグ開幕!新四半世紀のスタート。今年の目標はこれだ!

いよいよです。今年もまたJリーグが開幕です。今年でJリーグも26年目。25年を四半世紀として一区切り

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




コパ・アメリカのセレソンのロッカールームでの会話

今まであまり詳しいことは述べてこなかったが、我々「読裏グループ」は、世

さすが英国!007に黒人女性。その驚きの表現がまた洒脱

英国のスパイ映画、あのジェームス・ボンドこと007シリーズ。 &

実は僕はフェンダーミラー派。なぜタクシーはフェンダーミラーにするのか?

最近、ふと、思ったことですが・・・。   タクシ

ブラジル戦評を、あの「岡田監督」にインタビューしました。

「日本、王国に惨敗!」   という、見出しがスポーツ

ハムストリングの別名は「紅茶の美味しい〇〇〇」

「歌は世につれ、世は歌につれ」とはよく言われるフレーズであるが、世につ

→もっと見る

  • 2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券