*

日本代表欧州メンバー発表!宇佐美、お帰り。中島、初めまして!そして、え?え?宇賀神!?

ロシアワールドカップの日本代表の最終調整の試合である欧州遠征のメンバー26人が発表された。

 

 

いつもいつも思うのだが、いちいち、いっかいいっかいの招集で「当選」「落選」と騒ぎ立てるのはいかがなものか?と思うね。

 

 

乾、落選! 岡崎、落選!と大きく扱うのは勝手だけれど、それじゃ井手口も浅野も落選!だぜ?そういう言い方をするプレスはいないのに、何で乾や岡崎ばかり取り上げるんやろうね?(そもそも吉田だって香川だっていないしね)

 

 

この前も「外された!」とか「落選!」と大騒ぎした本田がキッチリと呼ばれているわけでさ。結局本番までの長い長いプランと過程の中で、今回の欧州遠征では「彼と彼と彼を見てみたい」「彼のここを見てみたい」「彼はこの場合どうなるのか?」という、未知数な部分や、未知の可能性を最後の最後まで確認したいという至極当たり前の選択を、ハリルホジッチがしているに過ぎないわけでさ。

 

 

最終のピースにハマる可能性のある選手を一人でも多く確認しておきたい!というだけやと思います。本番にはたぶん乾も岡崎も入ってくるやろう。と。

 

 

だから「落選!」という文字が似合うのは、本番用のメンバー発表の日、5月31日(あるいは次の朝刊)で充分ですわ!その時は私、読裏もしっかりとサプライズ当選や、サプライズ落選のネタを上げさせていただきます!

<Sponsered Link>




さて・・・。今回の招集で、私「読裏」的には「へぇ~~」「ふぅ~~ん!」「ほぅ~~~」と思える名前があったので、ちょこっとばかりその辺を書いてみました。

 

 

まず一番最初に「おお!?」と思ったのが「中島翔哉」。彼、ヴェルディの至宝としてそらもうず~~~っと若い頃からその才能は誰もが認める選手でした。不幸にして(不幸ではないのかもしれんが・・・)ヴェルディの経営難で彼は移籍という道を歩んだわけだけれど、ロシア本番の3ヵ月前に「ぎりぎり間に合った!」という感じ。そら呼ばれても全然おかしくない選手でした。

 

 

ただハリルホジッチの「日本人離れしたドリブルの爆発力」とか「抜くスピード、抜く能力を買った」とかはかなり話半分で聞くようにしています。そうやってこれでもか!というような修飾語で飾られて招集されては消えていったAキャップ選手がたくさんいるからねぇ~。

 

 

なので、中島にはこう言いたいね「初めまして!中島!これからもよろしくね!」と。今まで星の数ほどいた「ちょっとだけ呼ばれたでしょう!」「そう言えば呼ばれたことあるでしょう!」みたいな選手にならないことを願います。

 

 

で、「呼ばれたことあるでしょう!」と言えば・・・そういう存在になりかけていた選手が今回復帰。それが元祖天才の「宇佐美」。なんやかんや言うて、所属クラブのキャリア欄に「バイエルン・ミュンヘン」なんて、「エゲツナイカタカナ」が躍るのは宇佐美ぐらいっしょ?そのブランド力はハンパやないです。僕は今回この宇佐美の名前を見ておもわず(ホンマに)「おお!?」っと声を出してしまいました。ガンバとドイツをいろいろ試行錯誤しながら行ったり来たりして、ようやく何とかここまで辿り着いた。だからこそ何とか爆発してほしい!

 

 

なので、宇佐美にはこう言いたいね「お帰り!宇佐美!こんどこそボコボコに抜いたれよ!」と。「しょうもないパス出し」や「しょうもない献身プレー」なんか要らんで!と。ガシガシ持ってキンキンに抜いて、バシィ~~っと撃ったれよ!」と。

 

 

と、言いながら、今回どんだけの選手が実際にピッチに立てるんやろうねぇ~。FWだけでも8人呼ばれているしね。原口もいるし、久保もいるし、森岡だっているし、小林悠も杉本も試すのだろうしさ。呼んでおいて出さないというパターンだって全然あってもおかしくないしね。

 

 

今回の読裏的なサプライズは、何と言っても「宇賀神」です。「え?う?う?宇賀神?」とつぶやいてしまいました。(レッズサポさん、ゴメンね)まぁ、どうなんでしょ?サイドバックのユーティリティー探しの一環で呼ばれたのかな?高徳よりも宇賀神?てな感じですが、正直ちょっと大丈夫なんやろうか?とは思います。まぁ、長友ー酒井宏が、今のところ鉄板なので、そのサブは左右両方できるユーティリティーというのが本命筋。でも、もっとユーティリティーな車屋の方が僕としては見てみたい気もするなぁ~。

 

 

今回の招集メンツは、そういう目で見ると(パーツ探し、可能性の確認、未知の部分を縮小する作業)ほぼ納得の面々が名を連ねました。呼ばれなかった人も呼ばれた人もほとんど納得。悪い言い方をすればサプライズはなし!

 

 

ただ、出来れば、もうちょっとサプライズが欲しかったなぁ~。え?たとえば?う~ん、そうやねぇ~、たとえば「ミナミノ」(え?萬田銀次郎?って?ちゃいまんがな!そのはミナミの帝王!ここで言うミナミノっていうたら、ザツツブルクのミナミノですやん!

 

 

それと、無理筋は重々承知のスケやけれど、驚きを与えてくれて、ワクワク感を与えてくれる・・・そんな要素で「クボ」!え?「クボは選ばれてるやん!」って?いやいや、そっちのクボやなくて。。。もちろんドラゴンのクボでもなくて、ほら、昨日J1トップチームで初得点が決勝点となった、我らが久保君!やっぱり無理か・・・(苦笑)

 

 

さて、この26人で誰がピッチに立つか?試合の結果よりも、そっちの方が気になりますな。

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

 

サイドバナー




関連記事

東西の2大ブロガーがビッグ対談!・・・2018ロシアワールドカップを大いに語る!の巻

2018ロシアワールドカップも4強が出揃い、残すところ準決勝と決勝のみ。ま、「3位決定戦」というお茶

記事を読む

「逃げれば狙われる」「立ち止まれば食べられる」クルピの言葉にあの師を思い出しました。

Jリーグも開幕して2節を終了しました。で、3節を迎えるこの週からはルヴァンカップがスタートします。

記事を読む

ザキトワの演技構成で論戦中に思い浮かんだ一人のサッカー選手とは?

個人資格で参加しているロシアのザキトワ選手が、弱冠15歳の若さで、平昌オリンピックで金メダルを獲得。

記事を読む

本田がなんと!カンボジア代表監督に就任!?

ロシアワールドカップが終わって、「次のカタール大会に出場しない」と、名言は避けたものの事実上の日本代

記事を読む

強い勝ち方のスコアって?ポイチ・ジャパンは強いのか?

ここで突然の問題です。   皆さんはサッカーの試合において「5対2」で勝つチー

記事を読む

大変な駆け引きが繰り広げられたクラシコ。メッシが伝説のプレーヤーと並んだ日。

クリスマスウィークの週末。サンチャゴ・ベルナベウ、レアル・マドリーの本拠地にてクラシコが行われた。普

記事を読む

アジアカップ決勝、カタール戦直前!歴代監督緊急座談会

ついにアジアカップも残すところ決勝戦のみとなった。新しい代表監督である「森保一」率いる「ポイチ・ジャ

記事を読む

アルゼンチンvsアイスランド戦の所感。まぁこれがサッカーさ。しかしメッシよ、何しとんねん!

ワールドカップ2018。これまでグループAとグループBがあっという間に終わって、いよいよ今日から我ら

記事を読む

Jリーグ開幕!ビッグ3で黒星スタート!だからサッカーは面白い

平成最後の・・・あ、いや、新元号の最初の・・・Jリーグが、いよいよ始まりました!!  

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【タ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




新元号決定直前企画!新元号の本命はコレだ!?

いよいよあと数日で新元号が発表されます。発表は4月1日の月曜日、まさに

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアと

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑