*

さぁ決勝だ!さぁ韓国だ!森保監督初優勝か?ここでアジアのブラジルになろうぜ!

アジア大会で森保監督率いるU21代表が準決勝でUAEを破って見事決勝に進出しました。

 

決勝の相手は、永遠のライバル、「韓国」である。

 

いやぁ~~、ひ~~さびさに燃えてきたよなぁ~~。やっぱ韓国が相手となると気持ちが違うよなぁ~。気合が違うよなぁ~。(韓国の方がその思いはもっともっと強いだろうが・・・)

 

ホンマ、ひさしぶりやなぁ~~~、韓国。やっぱり違うよなぁ~、カンコク。なんかもう、カンコクっていう音を聞いただけで、勝負感というか、ガチンコ感というか、やったるで感というか、絶対に負けへんで感というのが、それこそそういうのがハンパなくヒートがアップしてくるわけで。

 

韓国とはこのところ(たぶん10年ぐらい?)W杯の予選でも同じ組になったことがなかったんで、彼らとガチンコの勝負をするという機会がほとんどなくなってたから、余計にね。

 

それも決勝なわけでさ。前回大会は準々決勝で彼らに煮え湯を飲まされたからそのリベンジを!なんて外野はいろいろ言うだろうけど、やってる本人達(選手達)は、そんな年月の意識よりも「目の前の大きな敵」という感じなんやろうね。

 
 

<Sponsered Link>



 

しかし、今回のチーム、最初はそらもうゆったりスタートというか、グループリーグではあのベトナムに負けたり、ラウンド16では、あのマレーシアにラスト2分まで粘られて、あやうく躓くか?というような立ち上がり。

 

「あの~~」というのは、つまりその、「え?あんなんに?」という意味の「あの」。「あの〇〇に負けるかぁ~~?」って僕らが現役の時に使っていた、あの「あの」である。

 

それがどうよ・・・。サウジ辺りの戦いからグン!とエンジンが掛かってきてさ、今回の準決でも、かなり危なげなく試合を支配、コントロールしてました。

 

日本がアジアのブラジルなんて言われて、それなりの時間が経っているけれど、ブラジルっぽさはゲーム中のパス回しやポゼッションの高さで言われているだけで、いわゆる「大会を勝ち抜く」というテクニックというかメソッドというか、メカニックというか、メンタリティというか、そういうもんはブラジルとはほど遠かったような。

 

ブラジルってさ、今はそうでもないけれど、僕らが若い頃は、かなり大会スロースターターなんよね。グループリーグで3試合、ノックアウトステージで3~4試合を戦い抜くときに、最初から飛ばさない・・・というか、たぶん寄せ集め感が、いつの時代のどの大会でも強いブラジルは、グループリーグでは結構苦戦して、ヘタしたら「え?こんなとこに負けたん?大丈夫か?今回のブラジルは?」なんて周りに思わせて、結局決勝のピッチに立っているのはいつもの黄色(カナリア)軍団。

 

で、そういう意味では、今回のU21って、そんなブラジルの大会通過コースとかなり似通ったコースを通過しているように思います。

 

だってさ、いくら下馬評が高いとはいえ、あのベトナムに負けるかね?あのマレーシアにポゼッションされるかね?というくらいスタートはボロボロ。「これじゃグループリーグを突破したって(事実日本は2位通過でした)、ノックアウトステージで呆気なく負けるんじゃね~の?」なんて思わせるようなスロースタートでしたもん!

 

それが、ノックアウトでマレーシアにヒヤヒヤしたものの、サウジを破り、そして今回UAEを破って決勝進出。その勝ち方も全部1点差。2-1のサウジも、1-0のUAEも、内容はかなり危なげないというか、しっかりと勝利を掴むゲーム運び。森保っぽさが色濃く出た感じです。

 

この勝ち上がり方ってまさに僕の中にあるブラジルのイメージ。一戦一戦コンビが合ってきて、面子が決まってきて、最後は敵無し状態に。

 

さぁ、そんな文字通り「アジアのブラジル」になってきたU21代表。韓国相手にキッチリとブラジルして勝ってしまおうぜ!ソン・フンミンが相手なら不足はないぜ!まってろソンフンミン!待ってろ韓国!

 

う~~~!久々にワクワク・ドキドキしてきたなぁ~

 
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

サイドバナー




関連記事

バルセロナがシメオネを一蹴。終わってみればやっぱりメッシ。

リーガエスパニョーラもいよいよ終盤に差し掛かってきて、首位バルセロナがこのままゴールのテープを切るの

記事を読む

ポイチ・ジャパン誕生!?「森って誰?」と呼ばれた男。森保一、日本代表監督就任!

どうも新しい日本代表監督が決まったらしい。ベルギー戦でロシアワールドカップから離れてから約3週間。や

記事を読む

ロシアW杯組分け決定!一番早い8つのグループ評価

ロシアW杯の抽選会が、モスクワ宮殿で厳かに行われ、我々日本代表は最終のH組、の、

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【サ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

アジアカップで解った南米の人たちの気持ち

アジアカップが開催されて、大いに!?盛り上がろうとしている感じがしないでもない。そんな感じです。

記事を読む

レアルに挑む、鹿島アントラーズというクラブの実体は?

あまり盛り上がってない(というのは僕だけか・・・)2018クラブワールドカップ。久しぶりにアジアを制

記事を読む

12月1日、W杯抽選の時はポットとポッド。どっちが正しいのか?

W杯の出場を決めている国の人たちにとって、その前年の12月1日は我々サッカーフリ

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループGの巻

【お詫び】このネタは、6月17日にアップしたつもりがアップし損ねておりました。既に結果が出かかってお

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループDの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

スコアレスドローの「魅力と美しさ」をもっと知って欲しいです!サッカーは点が入らないから面白い!

スコアレスドロー。この言葉を聞いて何を想像されるだろう?    

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

セブン・イレブンよ。初心に帰ろうぜ!?

セブン・イレブン。   こう聞いて &nb

新記録が更新されたら連続記録は途切れるの法則

「記録は破られるためにある」   誰が最初に語っ

洒落ゴコロ満載!ダムカレーが食べたい!

「ダムカレー」というものを最近知りました。これ、ダムの名前ではありませ

→もっと見る

  • 2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑