*

さぁ決勝だ!さぁ韓国だ!森保監督初優勝か?ここでアジアのブラジルになろうぜ!

アジア大会で森保監督率いるU21代表が準決勝でUAEを破って見事決勝に進出しました。

 

決勝の相手は、永遠のライバル、「韓国」である。

 

いやぁ~~、ひ~~さびさに燃えてきたよなぁ~~。やっぱ韓国が相手となると気持ちが違うよなぁ~。気合が違うよなぁ~。(韓国の方がその思いはもっともっと強いだろうが・・・)

 

ホンマ、ひさしぶりやなぁ~~~、韓国。やっぱり違うよなぁ~、カンコク。なんかもう、カンコクっていう音を聞いただけで、勝負感というか、ガチンコ感というか、やったるで感というか、絶対に負けへんで感というのが、それこそそういうのがハンパなくヒートがアップしてくるわけで。

 

韓国とはこのところ(たぶん10年ぐらい?)W杯の予選でも同じ組になったことがなかったんで、彼らとガチンコの勝負をするという機会がほとんどなくなってたから、余計にね。

 

それも決勝なわけでさ。前回大会は準々決勝で彼らに煮え湯を飲まされたからそのリベンジを!なんて外野はいろいろ言うだろうけど、やってる本人達(選手達)は、そんな年月の意識よりも「目の前の大きな敵」という感じなんやろうね。

 
 

<Sponsered Link>



 

しかし、今回のチーム、最初はそらもうゆったりスタートというか、グループリーグではあのベトナムに負けたり、ラウンド16では、あのマレーシアにラスト2分まで粘られて、あやうく躓くか?というような立ち上がり。

 

「あの~~」というのは、つまりその、「え?あんなんに?」という意味の「あの」。「あの〇〇に負けるかぁ~~?」って僕らが現役の時に使っていた、あの「あの」である。

 

それがどうよ・・・。サウジ辺りの戦いからグン!とエンジンが掛かってきてさ、今回の準決でも、かなり危なげなく試合を支配、コントロールしてました。

 

日本がアジアのブラジルなんて言われて、それなりの時間が経っているけれど、ブラジルっぽさはゲーム中のパス回しやポゼッションの高さで言われているだけで、いわゆる「大会を勝ち抜く」というテクニックというかメソッドというか、メカニックというか、メンタリティというか、そういうもんはブラジルとはほど遠かったような。

 

ブラジルってさ、今はそうでもないけれど、僕らが若い頃は、かなり大会スロースターターなんよね。グループリーグで3試合、ノックアウトステージで3~4試合を戦い抜くときに、最初から飛ばさない・・・というか、たぶん寄せ集め感が、いつの時代のどの大会でも強いブラジルは、グループリーグでは結構苦戦して、ヘタしたら「え?こんなとこに負けたん?大丈夫か?今回のブラジルは?」なんて周りに思わせて、結局決勝のピッチに立っているのはいつもの黄色(カナリア)軍団。

 

で、そういう意味では、今回のU21って、そんなブラジルの大会通過コースとかなり似通ったコースを通過しているように思います。

 

だってさ、いくら下馬評が高いとはいえ、あのベトナムに負けるかね?あのマレーシアにポゼッションされるかね?というくらいスタートはボロボロ。「これじゃグループリーグを突破したって(事実日本は2位通過でした)、ノックアウトステージで呆気なく負けるんじゃね~の?」なんて思わせるようなスロースタートでしたもん!

 

それが、ノックアウトでマレーシアにヒヤヒヤしたものの、サウジを破り、そして今回UAEを破って決勝進出。その勝ち方も全部1点差。2-1のサウジも、1-0のUAEも、内容はかなり危なげないというか、しっかりと勝利を掴むゲーム運び。森保っぽさが色濃く出た感じです。

 

この勝ち上がり方ってまさに僕の中にあるブラジルのイメージ。一戦一戦コンビが合ってきて、面子が決まってきて、最後は敵無し状態に。

 

さぁ、そんな文字通り「アジアのブラジル」になってきたU21代表。韓国相手にキッチリとブラジルして勝ってしまおうぜ!ソン・フンミンが相手なら不足はないぜ!まってろソンフンミン!待ってろ韓国!

 

う~~~!久々にワクワク・ドキドキしてきたなぁ~

 
【サッカーショップKAMO】海外クラブチーム特集

サイドバナー




関連記事

アーセン・ヴェンゲル退任。遂にこの時がきた!さぁ、次はどこへ?言いたいことは解るよね?

ふと気付くと、4月も終盤に差し掛かってきているではないか?あと何日かすれば世間はGWだ。あ、GWとい

記事を読む

究極の対決(選択)!気持ちが引き裂かれる対戦。試合の結果は?

その昔、それは今から20年前のことです。1998年。日本代表が初めてワールドカップに出場しました。ワ

記事を読む

ワールドカップへの最終調整試合。やったぜ!Bチーム!パラグアイ戦の採点

それではパラグアイ戦の採点です。   GK 東口 5.0 今回、ワールドカップで日本

記事を読む

ロシアW杯でテルスター復活!?歴代W杯で最高のサッカーボールとは?

サッカーで最も必要なものは何でしょうか?ゴール?審判?ユニフォーム?それとも選手でしょうか?

記事を読む

ガラタサライの長友の盟友、スナイデルが語った意外な日本人選手とは?

長友がトルコのガラタサライに移籍して2週間ほどが経ちました。で、移籍直後にもかかわらず、ガラタサライ

記事を読む

フィッカデンティの敗戦コメント、ソクラテスも顔負けの三段論法に脱帽!

マッシモ・フィッカデンティ。イタリア人。50歳。サガン鳥栖の監督です。   &

記事を読む

「ローマは一日にしてならず」は、サッカー界の新しい「ことわざ」 です。

世の中にはいろいろ機知に富んだ「ことわざ」がある。アナタは「ことわざ」と聞いて直ぐに思い浮かべるのは

記事を読む

祝!50年ぶりの優勝!関西学院高サッカー部が兵庫県代表に!

50年と言えば、半世紀。半世紀といえば、一世紀の半分。つまり四半世紀の倍の時間が半世紀で、その年月が

記事を読む

クリスティアーノ・ロナウドってなんやかんや言うて、メチャメチャ凄いんとちゃうのん?と、今思ってしまった理由。

17-18のチャンピオンズリーグは、グループリーグのステージが終わり、いよいよノックアウトステージへ

記事を読む

ピピ、見参!中井卓大がいよいよ日本代表に招集!

ロシアワールドカップが終わって、森保ジャパンの船出はこれ以上ないほどの順調さ。戦績もさることながら、

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




コロナ禍でも絶好調!あの「西松屋」って、メチャメチャ優良企業やったんやね。

♪「にっしぃ、まっつやぁ~~」というCMを見た人、どれぐらいいるのかな

メッシがどこに行っても「興味が湧かない」理由

メッシがバルセロナに決別の意思を示してからしばらく経ちました。

まさに2020年らしい、お盆にチャンピオンズリーグという違和感。

2020年。夏。とにかく暑い。暑い日は、「夏日」という表現から「猛暑」

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券