*

バロンドールのモドリッチと区別がつかなかったもう一人の選手とは?

2018年のFIFAが「年間最優秀選手賞」を発表して、「モドリッチ」が、11年ぶりに「あの二人」以外の選手として、バロンドールを獲得した!

 

と、書いたら正確には「間違い」なんやて?

 

これ、わかります?どこが間違いか。では、次の4つから答えをお選びください。

 

A) モドリッチ が間違い

 

B)11年ぶり が間違い

 

C)あの二人 が間違い

 

D)バロンドール が間違い

 

はい。正解は?

 

それ、ファイナルアンサー?

 

って、しょうもない「掴み」と「改行」でえらいスペースを使ってしまいました。

 

で、正解は「D」。はい、バロンドールってのが、どうも間違いらしい。

 

バロンドールは、「フランス・フットボール紙」が、独自の視点で欧州でプレーするプレーヤーの中から最優秀選手を選んで、その選手に与えられる称号のこと。バロンはフランス語で黄金の球(日本語にしたらあきまへん・・・爆)。

 

それに目を付けたFIFAが、「おいおい、俺ら差し置いて、何勝手に一人で表彰なんかやっとんねん!表彰するんやったらちゃんとそれなりに筋、通さんかい!」というわけで、妥協して続けていたのが「フランス・フットボール FIFA」共催のバロンドール。

 

で、これもとうとう2016年に終了して、今やFIFA単独で表彰することになったわけです。で、つけた名前が「ザ・ベストFIFAフットボールアウォーズ 男子最優秀選手賞」

 

ダッセェ~~!

 

たまらんよね。この名称。そもそも言うのに時間かかり過ぎるし!

 

そらもうバロンドールやろう?

 

歴史が違いまんがな!歴史が!

 
 

<Sponsered Link>



 

このバロンドールの歴代の受賞者には

 

ディ・ステファノ

レフ・ヤシン

エウゼビオ

ボビー・チャールトン

ジョージ・ベスト

ヨハン・クライフ

フランツ・ベッケンバウアー

アラン・シモンセン

ミシェル・プラティニ

マルコ・ファンバステン

ジネディーヌ・ジダン

パベル・ネドベド

 

などなど。。。(←↑ いちおう、この「ネドベド」と「などなど」って掛けてるんやけど・・・わかる?爆)

 

そらもう、こうやって名前をカタカナで打っているだけでも、幸せな気分になるほどの錚々たる面子。

 

この10年間は、あの例の二人、リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドとが交互にこの受賞者となっていたので、可哀想にこの10年間に活躍した大勢の優れたプレーヤー(たとえば、シャビ。たとえば、イニエスタ、たとえばネイマール)は受賞できなかったけれども、とうとうその二人に代わって「ルカ・モドリッチ」が受賞です。

 

これには、誰もが納得やろうね。W杯の準優勝の立役者。レアルのCL3連覇の立役者。それだけではなく、プレーの優雅さ、フットボールに対する真摯さ、「巧いけれども汗もかく」という・・・。本来の「バロンドール」の本質を貫くプレースタイルです。

 

好きやったからなぁ~、僕。昔からモドリッチを。

 

でもね、実はモドリッチと同じくらい「巧いなぁ~、ええ選手やなぁ~」って思ってた選手がいてね。当時はモドリッチと彼とがイメージが被ってしまっていて、どっちがどっちってわからんかったもん。

 

まるで当時のオジサンが「山口百恵」と「桜田淳子」がどっちがどっちかようわからんー―なんて言っていたのと同じ現象(苦笑)。

 

その名は「リッカルド・モントリーヴォ」!

 

ね?「ラ行」(「リ」と「ル」)で始まる名前、「モ」で始まる苗字。プレーも技巧派。何となく顔も似てたし。

 

でも、片やバロンドールを獲って、文字通り「レジェンド」の仲間入り。

 

なんか、これも「山口百恵」と「桜田淳子」に似てると思わへん?

 
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!
 

 

 

 

サイドバナー




関連記事

地元ブラジルでノーゴール判定!?命知らずな審判にある疑いが

ブラジルのゴールが3度も取り消し!という事がコパ・アメリカのベネズエラ戦で起きました。 &nb

記事を読む

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか、「王の中の王」とか。これぞ!

記事を読む

東京にアルゼンチンとブラジルがやってくる!

  東京オリンピックまであと半年を切りました。カウントダウン的なニュースがこれからいよいよ

記事を読む

なぜ「イブラヒモヴィッチ(様)」には異常なほどの敬語を使わなければならないのか?

  先日、正確には日本時間の2020年、1月11日の(夜)11時の試合、セリエA第19節の

記事を読む

クリスティアーノ・ロナウドってなんやかんや言うて、メチャメチャ凄いんとちゃうのん?と、今思ってしまった理由。

17-18のチャンピオンズリーグは、グループリーグのステージが終わり、いよいよノックアウトステージへ

記事を読む

イニエスタよ!もうちょっとだけ、もうちょっとだけ、我慢してくれよん!

暑い。とにかくこの暑さは尋常でない。ほとんど毎日のように「熱中症」というフレーズが飛び交っている。先

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【サ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

日本のGK 仮面ライダー1号・2号 同時引退!

突然ですが・・・「ゴールキーパーってつくづく因果な商売やなぁ~」って、いつも思います。 &nb

記事を読む

香川真司がやってのけたぜ!9分間で2点は、トルコの宝石箱やぁ~~!

香川がトルコのベシクタシュに移籍したのが1月31日。そしてなんと!その4日後の2月4日には、もう新し

記事を読む

大変な駆け引きが繰り広げられたクラシコ。メッシが伝説のプレーヤーと並んだ日。

クリスマスウィークの週末。サンチャゴ・ベルナベウ、レアル・マドリーの本拠地にてクラシコが行われた。普

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




コロナ禍でも絶好調!あの「西松屋」って、メチャメチャ優良企業やったんやね。

♪「にっしぃ、まっつやぁ~~」というCMを見た人、どれぐらいいるのかな

メッシがどこに行っても「興味が湧かない」理由

メッシがバルセロナに決別の意思を示してからしばらく経ちました。

まさに2020年らしい、お盆にチャンピオンズリーグという違和感。

2020年。夏。とにかく暑い。暑い日は、「夏日」という表現から「猛暑」

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

→もっと見る

  • 2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券