*

バロンドールのモドリッチと区別がつかなかったもう一人の選手とは?

2018年のFIFAが「年間最優秀選手賞」を発表して、「モドリッチ」が、11年ぶりに「あの二人」以外の選手として、バロンドールを獲得した!

 

と、書いたら正確には「間違い」なんやて?

 

これ、わかります?どこが間違いか。では、次の4つから答えをお選びください。

 

A) モドリッチ が間違い

 

B)11年ぶり が間違い

 

C)あの二人 が間違い

 

D)バロンドール が間違い

 

はい。正解は?

 

それ、ファイナルアンサー?

 

って、しょうもない「掴み」と「改行」でえらいスペースを使ってしまいました。

 

で、正解は「D」。はい、バロンドールってのが、どうも間違いらしい。

 

バロンドールは、「フランス・フットボール紙」が、独自の視点で欧州でプレーするプレーヤーの中から最優秀選手を選んで、その選手に与えられる称号のこと。バロンはフランス語で黄金の球(日本語にしたらあきまへん・・・爆)。

 

それに目を付けたFIFAが、「おいおい、俺ら差し置いて、何勝手に一人で表彰なんかやっとんねん!表彰するんやったらちゃんとそれなりに筋、通さんかい!」というわけで、妥協して続けていたのが「フランス・フットボール FIFA」共催のバロンドール。

 

で、これもとうとう2016年に終了して、今やFIFA単独で表彰することになったわけです。で、つけた名前が「ザ・ベストFIFAフットボールアウォーズ 男子最優秀選手賞」

 

ダッセェ~~!

 

たまらんよね。この名称。そもそも言うのに時間かかり過ぎるし!

 

そらもうバロンドールやろう?

 

歴史が違いまんがな!歴史が!

 
 

<Sponsered Link>



 

このバロンドールの歴代の受賞者には

 

ディ・ステファノ

レフ・ヤシン

エウゼビオ

ボビー・チャールトン

ジョージ・ベスト

ヨハン・クライフ

フランツ・ベッケンバウアー

アラン・シモンセン

ミシェル・プラティニ

マルコ・ファンバステン

ジネディーヌ・ジダン

パベル・ネドベド

 

などなど。。。(←↑ いちおう、この「ネドベド」と「などなど」って掛けてるんやけど・・・わかる?爆)

 

そらもう、こうやって名前をカタカナで打っているだけでも、幸せな気分になるほどの錚々たる面子。

 

この10年間は、あの例の二人、リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドとが交互にこの受賞者となっていたので、可哀想にこの10年間に活躍した大勢の優れたプレーヤー(たとえば、シャビ。たとえば、イニエスタ、たとえばネイマール)は受賞できなかったけれども、とうとうその二人に代わって「ルカ・モドリッチ」が受賞です。

 

これには、誰もが納得やろうね。W杯の準優勝の立役者。レアルのCL3連覇の立役者。それだけではなく、プレーの優雅さ、フットボールに対する真摯さ、「巧いけれども汗もかく」という・・・。本来の「バロンドール」の本質を貫くプレースタイルです。

 

好きやったからなぁ~、僕。昔からモドリッチを。

 

でもね、実はモドリッチと同じくらい「巧いなぁ~、ええ選手やなぁ~」って思ってた選手がいてね。当時はモドリッチと彼とがイメージが被ってしまっていて、どっちがどっちってわからんかったもん。

 

まるで当時のオジサンが「山口百恵」と「桜田淳子」がどっちがどっちかようわからんー―なんて言っていたのと同じ現象(苦笑)。

 

その名は「リッカルド・モントリーヴォ」!

 

ね?「ラ行」(「リ」と「ル」)で始まる名前、「モ」で始まる苗字。プレーも技巧派。何となく顔も似てたし。

 

でも、片やバロンドールを獲って、文字通り「レジェンド」の仲間入り。

 

なんか、これも「山口百恵」と「桜田淳子」に似てると思わへん?

 
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!
 

 

 

 

サイドバナー




関連記事

バルセロナがシメオネを一蹴。終わってみればやっぱりメッシ。

リーガエスパニョーラもいよいよ終盤に差し掛かってきて、首位バルセロナがこのままゴールのテープを切るの

記事を読む

クリスティアーノ・ロナウドってなんやかんや言うて、メチャメチャ凄いんとちゃうのん?と、今思ってしまった理由。

17-18のチャンピオンズリーグは、グループリーグのステージが終わり、いよいよノックアウトステージへ

記事を読む

jリーグ初の女性監督誕生!

知ってる人は知っていますが、知らない人は全然知らないので、とりあえず「お断り」でご報告しておきますと

記事を読む

アジアカップのグループリーグ突破について(僕も)一言

2019年のアジアカップが始まってます。   日本はグループF。相手は初戦がト

記事を読む

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアとボリビア。スコアはコロンビアに

記事を読む

風前のロペテギ

日本のプロ野球では、巨人の高橋監督が、阪神の金本監督が、それぞれ成績不振の責任を取って辞任を発表しま

記事を読む

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか、「王の中の王」とか。これぞ!

記事を読む

ポイチ・ジャパン誕生!?「森って誰?」と呼ばれた男。森保一、日本代表監督就任!

どうも新しい日本代表監督が決まったらしい。ベルギー戦でロシアワールドカップから離れてから約3週間。や

記事を読む

モウリーニョ、辞任!?解任!?マンU電撃退任!次のクラブはここ?

マンチェスター・ユナイテッドの監督であったジョゼ・モウリーニョが同クラブを退任するという。退任とはい

記事を読む

アーセン・ヴェンゲル退任。遂にこの時がきた!さぁ、次はどこへ?言いたいことは解るよね?

ふと気付くと、4月も終盤に差し掛かってきているではないか?あと何日かすれば世間はGWだ。あ、GWとい

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




久保建英はワールドカップに何回出られるか?

まったく唐突ではあるが、我々の生活の中心、フットボールの世界の中心、W

勢いって何?勢いという名の生き物っているの?

どんなスポーツにも出てくる言葉があります。「勢い」って言葉。 &

FIFA会長の恐ろしい発言

「選手が別の場所でプレーすることを望んでいるのであれば、そうする方法を

バックパスは必要です!

今回は「バックパス」について触れてみたい。  

「よしなに」って何?

コトバは生き物。いろいろなコトバを見聞きするたびに、この事を痛感します

→もっと見る

  • 2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券