*

バロンドールのモドリッチと区別がつかなかったもう一人の選手とは?

2018年のFIFAが「年間最優秀選手賞」を発表して、「モドリッチ」が、11年ぶりに「あの二人」以外の選手として、バロンドールを獲得した!

 

と、書いたら正確には「間違い」なんやて?

 

これ、わかります?どこが間違いか。では、次の4つから答えをお選びください。

 

A) モドリッチ が間違い

 

B)11年ぶり が間違い

 

C)あの二人 が間違い

 

D)バロンドール が間違い

 

はい。正解は?

 

それ、ファイナルアンサー?

 

って、しょうもない「掴み」と「改行」でえらいスペースを使ってしまいました。

 

で、正解は「D」。はい、バロンドールってのが、どうも間違いらしい。

 

バロンドールは、「フランス・フットボール紙」が、独自の視点で欧州でプレーするプレーヤーの中から最優秀選手を選んで、その選手に与えられる称号のこと。バロンはフランス語で黄金の球(日本語にしたらあきまへん・・・爆)。

 

それに目を付けたFIFAが、「おいおい、俺ら差し置いて、何勝手に一人で表彰なんかやっとんねん!表彰するんやったらちゃんとそれなりに筋、通さんかい!」というわけで、妥協して続けていたのが「フランス・フットボール FIFA」共催のバロンドール。

 

で、これもとうとう2016年に終了して、今やFIFA単独で表彰することになったわけです。で、つけた名前が「ザ・ベストFIFAフットボールアウォーズ 男子最優秀選手賞」

 

ダッセェ~~!

 

たまらんよね。この名称。そもそも言うのに時間かかり過ぎるし!

 

そらもうバロンドールやろう?

 

歴史が違いまんがな!歴史が!

 
 

<Sponsered Link>



 

このバロンドールの歴代の受賞者には

 

ディ・ステファノ

レフ・ヤシン

エウゼビオ

ボビー・チャールトン

ジョージ・ベスト

ヨハン・クライフ

フランツ・ベッケンバウアー

アラン・シモンセン

ミシェル・プラティニ

マルコ・ファンバステン

ジネディーヌ・ジダン

パベル・ネドベド

 

などなど。。。(←↑ いちおう、この「ネドベド」と「などなど」って掛けてるんやけど・・・わかる?爆)

 

そらもう、こうやって名前をカタカナで打っているだけでも、幸せな気分になるほどの錚々たる面子。

 

この10年間は、あの例の二人、リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドとが交互にこの受賞者となっていたので、可哀想にこの10年間に活躍した大勢の優れたプレーヤー(たとえば、シャビ。たとえば、イニエスタ、たとえばネイマール)は受賞できなかったけれども、とうとうその二人に代わって「ルカ・モドリッチ」が受賞です。

 

これには、誰もが納得やろうね。W杯の準優勝の立役者。レアルのCL3連覇の立役者。それだけではなく、プレーの優雅さ、フットボールに対する真摯さ、「巧いけれども汗もかく」という・・・。本来の「バロンドール」の本質を貫くプレースタイルです。

 

好きやったからなぁ~、僕。昔からモドリッチを。

 

でもね、実はモドリッチと同じくらい「巧いなぁ~、ええ選手やなぁ~」って思ってた選手がいてね。当時はモドリッチと彼とがイメージが被ってしまっていて、どっちがどっちってわからんかったもん。

 

まるで当時のオジサンが「山口百恵」と「桜田淳子」がどっちがどっちかようわからんー―なんて言っていたのと同じ現象(苦笑)。

 

その名は「リッカルド・モントリーヴォ」!

 

ね?「ラ行」(「リ」と「ル」)で始まる名前、「モ」で始まる苗字。プレーも技巧派。何となく顔も似てたし。

 

でも、片やバロンドールを獲って、文字通り「レジェンド」の仲間入り。

 

なんか、これも「山口百恵」と「桜田淳子」に似てると思わへん?

 
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!
 

 

 

 

サイドバナー




関連記事

日本代表の問題点を一気に解決する方法を知ってるんやけど、知りたいですか?

今回のネタは、このタイトルそのものです。日本代表は先の欧州遠征で1分1敗の結果に終わりました。ただ、

記事を読む

巻も引退!あの時代のあの選手達が、どんどんいなくなる淋しさ。

先日、女優の(というより、僕の中ではあのマンガの声優のイメージの方が強いんだけど)市原悦子さんがお亡

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【サ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

アルゼンチンvsナイジェリア戦の所感 でかした!ジャイアント・ロホ!ラスト5分のボレーシュート!勝った!勝ったでぇ~!?

アルゼンチンvsナイジェリアの所感。というタイトルですが。。。所感というよりは、歓喜という方が正しい

記事を読む

さぁ決勝だ!さぁ韓国だ!森保監督初優勝か?ここでアジアのブラジルになろうぜ!

アジア大会で森保監督率いるU21代表が準決勝でUAEを破って見事決勝に進出しました。 &nbs

記事を読む

神戸の新監督はグラディオーラの師匠、ファン・リージョ。いよいよ本気か!?

異例だった。「ヴィッセル神戸の吉田監督が退任し、午後から新監督が発表されます」というニュースが午前中

記事を読む

中山雅史、引退じゃない事実上の引退。

中山雅史、53歳。選手としてJ3の沼田を退団し、今季から古巣ジュビロのコーチに就任するという。

記事を読む

ロシアW杯でテルスター復活!?歴代W杯で最高のサッカーボールとは?

サッカーで最も必要なものは何でしょうか?ゴール?審判?ユニフォーム?それとも選手でしょうか?

記事を読む

「逃げれば狙われる」「立ち止まれば食べられる」クルピの言葉にあの師を思い出しました。

Jリーグも開幕して2節を終了しました。で、3節を迎えるこの週からはルヴァンカップがスタートします。

記事を読む

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7月22日。その延期の原因となっ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




檸檬堂が売れるとホンマに思ってた?

日本コカ・コーラボトラーズが販売する缶チューハイ「檸檬堂」が売れに売れ

26回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから26回目。26年目、もう四半

今年は「忙しい人」にならないようにします!

あっという間に新年1月も半ばを過ぎました(汗)ほんま、あっと言う間。リ

中山雅史、引退じゃない事実上の引退。

中山雅史、53歳。選手としてJ3の沼田を退団し、今季から古巣ジュビロの

勘違いと思い込みは、真実に近づくときもある?

今日は「勘違い」と「思い込み」のお話。   誰で

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券