*

南野リヴァプールデビュー戦の評価が酷い!

公開日: : 最終更新日:2020/01/07 サッカー , , , , ,

 
南野が、リヴァプールに移籍して、早くも公式戦にデビューした。相手はエバートン。と言ってもリーグ戦ではなくてFAカップ戦。
 
また、この時期のプレミアのビッグクラブの宿命である過密日程(リーグ戦やFAカップやCLなんかで)による怪我人続出のお陰で、この試合に出ている面子は、はっきり言ってBチーム。
 
エリオットなんていう17歳の子は出てるわ、チリベジャなんていう聞いたこともないような選手はいるわ、背番号も68とか67とか47とか48とか。リヴァプールらしいのは、ユニの赤さとアンフィールドの芝生の綺麗さぐらい。
 
まぁ、だからして、パスは回らんっすわ。みんな、自分がボールを持ったら「何かをしたい」「何かを見せたい」「ええとこ見せたい」「存在感を示したい」というプレーばかり。
 
南野がデビューした試合は、まずは「そういう試合だった」ということを是非頭に入れとかんとアカン。
 
だもんで、
 
ダイレクトでポンポン回るようなパス回しは皆無。連動というプレーはほとんど見受けられませんでした。
 

<Sponsered Link>



 
だもんで、
 
南野のお得意プレーである、ペナコを斜めに横切る裏取りの動きに合わせてボールが出ることなんてほとんどありませんでした。味方は、南野の特徴をよく解っていないのか?それとも出す気がそもそもないのか?それとも「どこぞの馬の骨かも解らん東洋人に何が哀しゅうてパスださんとアカンねん!?」と、17歳の子どもにさえも見下されたのか?
 
ま、いろんな要素があるんやろうけど、結果として南野が70分で交代するまで、彼らしいプレーはほとんど見られず、目にしたプレーは、ただただボールを追いかけるだけ。
 
たまにボールが入っても、エバートンのDFにガチガチ当たられて、ほとんど見せ場もなし。
 
「ま、そんなもんやろな・・・」と思ってました。
 
チームに入ってまったく日も経っていないし、ザルツブルグの仲間なら信頼して預けるようなシーンでもリヴァプールのBチームの連中にはそんな技術も戦術眼も、気もないし。
 
これから練習なんかで「オ!?ミナミノッテヤルヤンケ!?」って、チームメイトに認識させるところから始めないとな・・・って思ってました。
 
で、一夜明けて、ネット等で南野のデビュー戦の記事を見ると!?
 
『クロップ絶賛』とか『南野、地元紙が賛辞』とか『ひと際目立つ存在感』とか『エレガントなプレーに終始』とか・・・。
 
「ええええええええええ!!!!!?????」
 
「なんじゃ~~~~~~~!?????これ~~~~~!???」
 
って、思わずうなってしまうようなタイトル。
 
まあ、南野を持ち上げて損する人は誰もいないし、このデビュー戦での彼のプレーに低評価をくだしても誰も得する人間もいないから、こうなるんかもしれんけど。
 
ちょっと酷いっすわ。
 
もうちょっとさ。たとえオンラインで、うたかたのように消えていく記事だとしてもさ。
 
ちゃんと書こうぜ!
 
ちゃんと見てる!?
 
思惑もなく、何の利害関係もない、この「読裏」だから書くけどさ
 
もし南野のデビュー戦を寸評するなら僕ならこう書くよ
 
【南野、アンフィールドのピッチで70分間芝生の感触を味わっただけの苦いデビュー戦】ってね。僕のいつもの採点で言うなら、最大限に持ち上げて「4.5」ぐらいかなぁ~。
 

 

 
このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。
 

 

 

サイドバナー




関連記事

天皇杯決勝にサッカー界の大谷翔平登場!その選手の名は!?

1月1日の元旦。サッカーを愛する人ならば、元旦イコール天皇杯決勝。これがもう身体に沁みついていること

記事を読む

結果が大事?プロセスが大事?サッカーの実在派と実証派との間の話。

先日読んだ「物理学」の本で面白い表現がありましたので、ここでちょっと引用させていただきます。

記事を読む

バルセロナvsマジョルカ戦後の久保建英のコメントがプレーよりも凄い!お洒落過ぎる!

「マジョルカの」久保が、カンプノウの地で、バルサと対戦した。   結果は2-5

記事を読む

日本代表で初?現象!これほどサッカーが面白いとは!

森保監督の日本代表、通称ポイチ・ジャパン(これ言ってるの、だんだん僕のところだけになってきた気もする

記事を読む

大迫招集拒否に思う、「日本もとうとうここまで来たか」という嬉しさ。

今年のポイチ・ジャパンの最大の試金石は、アジアカップではなく、もちろんキリン・チャレンジカップでもな

記事を読む

フィッカデンティの敗戦コメント、ソクラテスも顔負けの三段論法に脱帽!

マッシモ・フィッカデンティ。イタリア人。50歳。サガン鳥栖の監督です。   &

記事を読む

2018年の名古屋グランパスは台風の目になるジョー?

先日、2018年度を戦う名古屋グランパスの新加入選手とともに全メンバーの背番号も発表されました。

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループCの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

大杉漣さん逝く。サッカー界の名バイプレーヤーよ永遠に!

「大杉漣さん死去」。それは突然の訃報だった。「え?」っと思わず絶句した人もホントに多かったのでは?

記事を読む

「ローマは一日にしてならず」は、サッカー界の新しい「ことわざ」 です。

世の中にはいろいろ機知に富んだ「ことわざ」がある。アナタは「ことわざ」と聞いて直ぐに思い浮かべるのは

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




檸檬堂が売れるとホンマに思ってた?

日本コカ・コーラボトラーズが販売する缶チューハイ「檸檬堂」が売れに売れ

26回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから26回目。26年目、もう四半

今年は「忙しい人」にならないようにします!

あっという間に新年1月も半ばを過ぎました(汗)ほんま、あっと言う間。リ

中山雅史、引退じゃない事実上の引退。

中山雅史、53歳。選手としてJ3の沼田を退団し、今季から古巣ジュビロの

勘違いと思い込みは、真実に近づくときもある?

今日は「勘違い」と「思い込み」のお話。   誰で

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券