*

フィッカデンティの敗戦コメント、ソクラテスも顔負けの三段論法に脱帽!

マッシモ・フィッカデンティ。イタリア人。50歳。サガン鳥栖の監督です。

 

 

Jリーグの監督としては、初のイタリア人監督。我々日本人ではザッケローニがイタリア人監督として思い浮かびますが、彼は代表監督。Jではこのフィッカデンティが初の監督です。

 

 

彼のサッカーや、彼の言動には以前から興味がありました。彼を見ていると、もっともっとJリーグにはイタリア人監督がいて欲しい。。。もっともっとJリーグにイタリア人監督が増えて欲しい。そう思います。

 

 

「それは戦術的に?」もちろんそれもあります。「カウンターサッカーを身に付けられるから?」もちろんそれもあります。しかしそれ以上に、やはりヨーロッパ人独特の、哲学的で創造的なその思考や概念に触れられるから。実はそう思えるようなコメントを今日聞くことができました。ちょっと長いけれども、以下がその内容です。

 
<Sponsered Link>




 

日本は全てのルールがリスペクトされている素晴らしい国だと思っていた。今日の試合もルールが適用されていたら、勝っていたとは言わないが、もうちょっと違った状況になった。まるで日本にいないような、日本という国だったら全ての人に平等にルールが適用されるはず。それとも自分の日本という国に対するイメージが間違っていたのかもしれない。

 

 

ちょっと冗談も言いましたが、冗談では済まないレベルのおかしな判定が毎週、我々の試合以外でもある。ペナルティーエリアの中で手を使ったらPK。私はサッカーの監督をやるということで日本に来たが、違うスポーツなんじゃないかなと。私が知るサッカーのルールが適用されていなかった

 

 

どうよ?これ。見事な三段論法ではないですか?

 

 

私はサッカーの監督をしている→サッカーではペナルティーエリアで手を使えばPK→今日の試合でペナルティーエリアで手を使いながらPKにならなかった→これはサッカーのルールではない→つまりこのスポーツはサッカーではない→私は違うスポーツの監督をしている

 

 

というこの論法もお見事なら

 

 

私は日本という国は素晴らしい国だと思っている→日本という国は平等にルールを守る国だから→平等にルールを守っている国なら、今日のペナルティーエリアで手を使った相手はPKのはず→今日の試合でペナルティーエリアで手を使いながらPKにならなかった→これはこの国で平等にルールが適用されていないことを表す→平等にルールが適用される国ではない→日本は平等にルールが適用される国→ここは日本ではない。百歩譲って日本が平等にルールが適用されない国なのなら、私の認識が誤っていたことになる。

 

 

この論法もお見事。

 

 

もう、ソクラテス顔負けの三段論法どころか、ダブル三段論法である。

 

 

それも、怒りが収まらない試合後の記者会見で、この言いざまである。「今日は相手ではなく審判にやられた」とか「今日の審判は最も酷い」とか「今日の勝者はセレッソではなく審判だ」とか「今日の審判はセレッソからいくら貰っていたんだ?」などという、お決まりの怒りに任せた言葉ではなく、それ以上に相手に堪えるようなこのコメント。

 

 

さすがやね。こりゃ僕らも見習いたいもんです。

 

 

マッシモ・フィッカデンティ。今日で一気に好きになりましたよ。

 

 
※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 
 

 

 

 

 

サイドバナー




関連記事

コロンビア戦直前!歴代監督緊急座談会

ついにワールドカップが開幕した。そして『グループH』の初戦がもうそこに、本当にもうすぐそこ!に、やっ

記事を読む

17分間の幸せ。ベルギー戦の採点です。

それではベルギー戦の採点です。 GK 川島 6.0 あ。。。あれ。。。。あれ、なに?ようやく超久

記事を読む

1位がネイマール、2位がメッシ、49位がクリロナ!?って。これ、何の順位やねん!?

1位はネイマール。(うん、まぁそうかい。ちょっと買いかぶりかもよ?)2位はメッシ。(全然面白くもなん

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループGの巻

【お詫び】このネタは、6月17日にアップしたつもりがアップし損ねておりました。既に結果が出かかってお

記事を読む

『ホンマに来るの?度』史上最大!あのイニエスタがやってくる!その計り知れない影響度

イニエスタが神戸にやってくる?というニュースを最初に見たときには「おうおう、またガセかよ?」「ほぅ~

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【タ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

ロシアW杯組分け決定!一番早い8つのグループ評価

ロシアW杯の抽選会が、モスクワ宮殿で厳かに行われ、我々日本代表は最終のH組、の、

記事を読む

ドイツvsメキシコ戦の所感。やっぱ守備やなぁ~。もう一度アギーレを呼ぶ?

人はよくスペインのことを「無敵艦隊」と呼んでいるが、僕から言わせるとホンマの無敵艦隊こそドイツ。ドイ

記事を読む

クラブワールドカップの歴史を知ろう!そうすれば、浦和を応援したくなるよ

クラブワールドカップ2017がUAEで、12月6日に開幕。総勢7つの

記事を読む

祝Jリーグ開幕!新四半世紀のスタート。今年の目標はこれだ!

いよいよです。今年もまたJリーグが開幕です。今年でJリーグも26年目。25年を四半世紀として一区切り

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




新元号決定直前企画!新元号の本命はコレだ!?

いよいよあと数日で新元号が発表されます。発表は4月1日の月曜日、まさに

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアと

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑