*

ストッキングをずらして似合う選手ベスト5の発表!

日本人は番付が大好き。お相撲さんの世界はもちろんのこと、毎年行われる「ヒット商品」だってしっかり番付になっちゃいます。というよりもいわゆるランキング(順位付)が好きなんやろうね。年末の「10大ニュース」なんかもそうだし、その昔は「ベストテン」なんていう、そのものズバリの歌番組もありました。

 

 

というわけで・・・

 

 

新しいコーナーとしてご紹介します、「読裏クラブ」が独断と偏見でお贈りするランキング・コーナー。その名も「ヨミウ・ランキング」・・・

 

 

という企画を、今回スタートさせようと思います。

 

 

さて、話は変わりますが、その昔のプロ野球選手のヘルメットには、例の「耳当て(イヤーカバー)」たるものはありませんでした。両耳がしっかり見える、いわゆる「ヘルメット」。王も長島も皆んなそうでした。クロマティーも篠塚も中畑もそうでした。

 

 

田淵が外木場にデッドボールを喰らってから一気に普及しだした「耳当て付ヘルメット」。なんかひ弱感というか、アマチュア色が強く感じられて僕は好きくないです。原辰徳がひ弱に見えたのも実はあの(耳付き)ヘルメットだったからではないか?なんて秘かに思ってました。時代の新旧とは関係ありません。あの落合も耳当てヘルメットはしていませんでした。「片方の耳が塞がれていると、空気感というか、そういう臨場感というものを失くす」なんてコメントを残していたように思います。

 

 

いわゆる「猛者」というイメージを持つ選手は絶対に耳当てヘルメットはしていなかったような。。。

 

 

似たような話で海の向こうのアイスホッケー(NHL)ではヘルメットを付けずにプレーしている選手がいました。アイスホッケーでノーヘル(←もちろんノーヘルメットの略ですな)なんよ?これ、つまり、「俺のスケーティングでは絶対に倒れないから・・・」という強烈な自負の表明らしいです。格好エエよね?こういうのって。。。「プロ」!っていう感じがするよね?

 

 

で、そういう「プロ!」っていう感じを醸し出す「着こなし」がサッカーにも昔はありました。

 

 

掴みが非常に長くなりましたが、今回のヨミウ・ランキング。栄えある第一回は、題して

 

「ストッキングを下ろし(ずらし)て似合う選手」ランキング

 

 

もう今はFIFA様のお達しで、選手は全員「レガース+ストッキングちゃんと上げ」が御決まりですが、その昔は選手は自由にストッキングを足首まで下ろしてプレーしてました。これが実に格好エエ!もちろんノーレガースなわけで、つまりこれは「足首を素で晒しても削られない自信がある」という風にも取れるし「足首のデリケートな動きが自分のドリブルの命綱なんだよ!」というテクニシャンの強烈な自負にも取れる。

 

 

今はなき良き時代の良き姿。それが「ストッキングずらし」でした。

 

 

そんな「ストッキングをずらして似合う選手」のランキングベスト5を、読裏が勝手に選んでみました。

 

 

尚、このランキングでは実際にずらして似合っていた選手と、ずらしたら絶対に似合うだろう選手を混合してランキングしております。

 
<Sponsered Link>




 
 
 

「ストッキングをずらして似合う選手 第5位」 タランティーニ

サイドバックというポジションが「端っこで守っとれ!」という存在から「サイドの開拓者」「切り込み隊長」というポジションに変貌を遂げてからは、上下に疾走するプレーヤーが多く出てきました。その筆頭格がタランティーニ。金髪のカーリーに長い脚。ちょっと舐めたプレーとともにストッキングをずらしてサイドを駆け上がる姿はおそろしく美しかったです。次点では「重戦車ブリーゲル」

 

 

「ストッキングをずらして似合う選手 第4位」 遠藤保仁

意外でしたでしょうか?「いきなり遠藤かよ?」という方もおられるかも知れません。「イージー過ぎへん?贔屓の引き倒しちゃうのん?」という方もおられるかも。でもね、シャビよりもプラティニよりもフィーゴよりもフランチェスコーリよりも、僕は遠藤の方がストッキングずらしは似合うと思う。あの猫背であの長袖の先をつまみながら、前方ルックアップする姿にストッキングずらしが加われば・・・完璧やん!?

 

 

「ストッキングをずらして似合う選手 第3位」 ヤヤ・トゥーレ

黒人(アフリカ系)の選手がストッキングをずらすとかなり格好エエ。と、秘かにずっと思ってます。トレゾールなんてのもそのうちの一人ですが、僕としてはヤヤ・トゥーレに是非ストッキングをずらして欲しい。ドログバも似合いそうだけど、バルサのヤヤ・トゥーレが好きだったんよね。絶対に格好エエと思うなぁ~。これはもう論理的な理由はなくって完全に感覚的なもんです。はい。同系統としてはアスプリージャが次点。

 

 

「ストッキングをずらして似合う選手 第2位」 ピエール・リトバルスキー

スペイン82のあのフランスとの死闘でのリトバルスキー。あの縦横無尽にドリブルで切り裂いたリティの姿は、まさに「ストッキングをずらしたら、どこまでも(足が軽くなるから)ドリブルできるで!」を証明したかのようでした。ちょっと内股で走るのもストッキングずらしと相性抜群やったね!

 

 

「ストッキングをずらして似合う選手 第1位」 ディミタ~~ル・ベ~ルバァ~トフ

そらもう絶対ベルバトフです!ソクラテスも凄く似合うし、ケンペスもかなり似合う。ベルバトフと同じ系列ではベルカンプも似合いそうだし、もしかしたらイブラ様だってお似合いになられそう。でもやっぱりベルバトフ!引退試合でも何でもええから、ベルバトフ、ストッキングずらして、ペナコの中でチョンチョンヒールでワンツー決めてくれへんかなぁ~!

 

 

てなわけで、独断で選んだ「ストッキングをずらして似合う選手ランキング」。楽しんでいただけたでしょうか?ジダンは?バッジオは?バルデラマは?なぁ~んて、ランキングは選ぶ人それぞれで中身は変わるもの。よかったら皆さんのベスト5や、ベスト3をまた教えてくださいな。

 

 

ヨミウ・ランキング。やっぱりそこそこ面白そうなんで、また不定期ながらも、次もやってみようと思います。「こんなランキングでやってよ!」なんて、皆さんからのリクエストもどしどし受付中!(笑)

 

 

それではまた!!
 

 
※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

サイドバナー




関連記事

人口が減らない!「新潟・聖籠町」のヒミツはサッカーにあった!

先日のカーリング女子の「吉田知」選手の凱旋コメント「何もない町だよね?でも~~~」を聞いたときにはか

記事を読む

小笠原満男引退!また一人、ゴールデンエイジが消えていく。そしてあの男は?

日本サッカー界で、燦然と輝いた年代があります。年代=エイジ。燦然と=ゴールデンということで、この年代

記事を読む

蓮舫も山尾も顔負け。Jリーグを渡り歩く男。「おいおい・・・」

人生長く生きていると、いろいろ興味深いものを見ることができる。その時に発する言葉は「おいおい・・・」

記事を読む

おめでとうヤット!でもヤットの偉業は、まだまだ続く!

このブログを「スポナビ」時代から読んでいただいている読者の方々であれば、私(読裏)が、アルゼンチン人

記事を読む

長谷川健太の同級生「さくらももこ」さん死去。頑張れ!清水エスパルス

また訃報です。今年は特にそう感じるんだけど、一報を聞いて(正確にはスマホのニュースが飛び込んでくるの

記事を読む

西野朗監督初陣!W杯選手選考前夜試合なので・・・!ガーナ戦の採点

いやぁ~、メチャメチャ久しぶりですが、(W杯の採点練習という意味もありますが、やっぱり西野さんの初陣

記事を読む

ロシアW杯でテルスター復活!?歴代W杯で最高のサッカーボールとは?

サッカーで最も必要なものは何でしょうか?ゴール?審判?ユニフォーム?それとも選手でしょうか?

記事を読む

12月1日、W杯抽選の時はポットとポッド。どっちが正しいのか?

W杯の出場を決めている国の人たちにとって、その前年の12月1日は我々サッカーフリ

記事を読む

アーセン・ヴェンゲル退任。遂にこの時がきた!さぁ、次はどこへ?言いたいことは解るよね?

ふと気付くと、4月も終盤に差し掛かってきているではないか?あと何日かすれば世間はGWだ。あ、GWとい

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【カ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

サイドバナー




Comment

  1. T.S より:

    いつもユベントス戦を見るとディバラがストッキングをずらしているので女の子みたいだと感じてました、エバートンのデービスもずらしているので若い子だけかとみていましたがあれで当たると痛くならないのですか?
    5人の名前をみるとファッションではなさそうなんですね!?

    • yomiuraclub より:

      T.Sさんへ

      コメント有難うございます。
      返信がメチャメチャ遅くなりましてすみません。。。(汗)

      そらもうストッキングをずらして脛(スネ)に相手のシューズが当たったら、
      メチャメチャ痛いです。痛いなんてもんじゃないっす。悶絶もんです。

      それでも、そういう痛さをかいくぐれるほど、僕はボール扱いに長けている・・・
      つまり、「巧い」という、そういうアッピールなんっすよね。

      そもそもこのストッキングずらしを禁止した理由は
      当時流行っていたエイズ防止のためだったと聞いています。
      血のついた足どうしが接触すると感染の危険性があると。。。

      でも最近はとんとエイズってもんも聞かなくなってきました。

      「俺は巧い」を自己表現する、発信するものとして
      また「ストッキングずらし」って復活・解禁してもいいように思います。

      どう思われますか?
      (一部の人たちは”だらしない”なんて言う人もいますが・・・)

      またご意見、お聞かせくださいませ!

      今後ともどうぞよろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




新元号決定直前企画!新元号の本命はコレだ!?

いよいよあと数日で新元号が発表されます。発表は4月1日の月曜日、まさに

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアと

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑