*

ストッキングをずらして似合う選手ベスト5の発表!

日本人は番付が大好き。お相撲さんの世界はもちろんのこと、毎年行われる「ヒット商品」だってしっかり番付になっちゃいます。というよりもいわゆるランキング(順位付)が好きなんやろうね。年末の「10大ニュース」なんかもそうだし、その昔は「ベストテン」なんていう、そのものズバリの歌番組もありました。

 

 

というわけで・・・

 

 

新しいコーナーとしてご紹介します、「読裏クラブ」が独断と偏見でお贈りするランキング・コーナー。その名も「ヨミウ・ランキング」・・・

 

 

という企画を、今回スタートさせようと思います。

 

 

さて、話は変わりますが、その昔のプロ野球選手のヘルメットには、例の「耳当て(イヤーカバー)」たるものはありませんでした。両耳がしっかり見える、いわゆる「ヘルメット」。王も長島も皆んなそうでした。クロマティーも篠塚も中畑もそうでした。

 

 

田淵が外木場にデッドボールを喰らってから一気に普及しだした「耳当て付ヘルメット」。なんかひ弱感というか、アマチュア色が強く感じられて僕は好きくないです。原辰徳がひ弱に見えたのも実はあの(耳付き)ヘルメットだったからではないか?なんて秘かに思ってました。時代の新旧とは関係ありません。あの落合も耳当てヘルメットはしていませんでした。「片方の耳が塞がれていると、空気感というか、そういう臨場感というものを失くす」なんてコメントを残していたように思います。

 

 

いわゆる「猛者」というイメージを持つ選手は絶対に耳当てヘルメットはしていなかったような。。。

 

 

似たような話で海の向こうのアイスホッケー(NHL)ではヘルメットを付けずにプレーしている選手がいました。アイスホッケーでノーヘル(←もちろんノーヘルメットの略ですな)なんよ?これ、つまり、「俺のスケーティングでは絶対に倒れないから・・・」という強烈な自負の表明らしいです。格好エエよね?こういうのって。。。「プロ」!っていう感じがするよね?

 

 

で、そういう「プロ!」っていう感じを醸し出す「着こなし」がサッカーにも昔はありました。

 

 

掴みが非常に長くなりましたが、今回のヨミウ・ランキング。栄えある第一回は、題して

 

「ストッキングを下ろし(ずらし)て似合う選手」ランキング

 

 

もう今はFIFA様のお達しで、選手は全員「レガース+ストッキングちゃんと上げ」が御決まりですが、その昔は選手は自由にストッキングを足首まで下ろしてプレーしてました。これが実に格好エエ!もちろんノーレガースなわけで、つまりこれは「足首を素で晒しても削られない自信がある」という風にも取れるし「足首のデリケートな動きが自分のドリブルの命綱なんだよ!」というテクニシャンの強烈な自負にも取れる。

 

 

今はなき良き時代の良き姿。それが「ストッキングずらし」でした。

 

 

そんな「ストッキングをずらして似合う選手」のランキングベスト5を、読裏が勝手に選んでみました。

 

 

尚、このランキングでは実際にずらして似合っていた選手と、ずらしたら絶対に似合うだろう選手を混合してランキングしております。

 
<Sponsered Link>




 
 
 

「ストッキングをずらして似合う選手 第5位」 タランティーニ

サイドバックというポジションが「端っこで守っとれ!」という存在から「サイドの開拓者」「切り込み隊長」というポジションに変貌を遂げてからは、上下に疾走するプレーヤーが多く出てきました。その筆頭格がタランティーニ。金髪のカーリーに長い脚。ちょっと舐めたプレーとともにストッキングをずらしてサイドを駆け上がる姿はおそろしく美しかったです。次点では「重戦車ブリーゲル」

 

 

「ストッキングをずらして似合う選手 第4位」 遠藤保仁

意外でしたでしょうか?「いきなり遠藤かよ?」という方もおられるかも知れません。「イージー過ぎへん?贔屓の引き倒しちゃうのん?」という方もおられるかも。でもね、シャビよりもプラティニよりもフィーゴよりもフランチェスコーリよりも、僕は遠藤の方がストッキングずらしは似合うと思う。あの猫背であの長袖の先をつまみながら、前方ルックアップする姿にストッキングずらしが加われば・・・完璧やん!?

 

 

「ストッキングをずらして似合う選手 第3位」 ヤヤ・トゥーレ

黒人(アフリカ系)の選手がストッキングをずらすとかなり格好エエ。と、秘かにずっと思ってます。トレゾールなんてのもそのうちの一人ですが、僕としてはヤヤ・トゥーレに是非ストッキングをずらして欲しい。ドログバも似合いそうだけど、バルサのヤヤ・トゥーレが好きだったんよね。絶対に格好エエと思うなぁ~。これはもう論理的な理由はなくって完全に感覚的なもんです。はい。同系統としてはアスプリージャが次点。

 

 

「ストッキングをずらして似合う選手 第2位」 ピエール・リトバルスキー

スペイン82のあのフランスとの死闘でのリトバルスキー。あの縦横無尽にドリブルで切り裂いたリティの姿は、まさに「ストッキングをずらしたら、どこまでも(足が軽くなるから)ドリブルできるで!」を証明したかのようでした。ちょっと内股で走るのもストッキングずらしと相性抜群やったね!

 

 

「ストッキングをずらして似合う選手 第1位」 ディミタ~~ル・ベ~ルバァ~トフ

そらもう絶対ベルバトフです!ソクラテスも凄く似合うし、ケンペスもかなり似合う。ベルバトフと同じ系列ではベルカンプも似合いそうだし、もしかしたらイブラ様だってお似合いになられそう。でもやっぱりベルバトフ!引退試合でも何でもええから、ベルバトフ、ストッキングずらして、ペナコの中でチョンチョンヒールでワンツー決めてくれへんかなぁ~!

 

 

てなわけで、独断で選んだ「ストッキングをずらして似合う選手ランキング」。楽しんでいただけたでしょうか?ジダンは?バッジオは?バルデラマは?なぁ~んて、ランキングは選ぶ人それぞれで中身は変わるもの。よかったら皆さんのベスト5や、ベスト3をまた教えてくださいな。

 

 

ヨミウ・ランキング。やっぱりそこそこ面白そうなんで、また不定期ながらも、次もやってみようと思います。「こんなランキングでやってよ!」なんて、皆さんからのリクエストもどしどし受付中!(笑)

 

 

それではまた!!
 

 
※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

サイドバナー




関連記事

最後の球回しはお見事!ポーランド戦の採点です

それではポーランド戦の採点です。 GK 川島 7.5 ようやく出ました!カワシ~マ、ビッグセービ

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ハ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループFの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

「逃げれば狙われる」「立ち止まれば食べられる」クルピの言葉にあの師を思い出しました。

Jリーグも開幕して2節を終了しました。で、3節を迎えるこの週からはルヴァンカップがスタートします。

記事を読む

12月1日、W杯抽選の時はポットとポッド。どっちが正しいのか?

W杯の出場を決めている国の人たちにとって、その前年の12月1日は我々サッカーフリ

記事を読む

フェリペ・コウチーニョのバルサ移籍を誰よりも先に知っていたのは誰だ?

とうとうというか、いよいよというか、やっぱりというか、ついにというか。。。  

記事を読む

ドイツvsメキシコ戦の所感。やっぱ守備やなぁ~。もう一度アギーレを呼ぶ?

人はよくスペインのことを「無敵艦隊」と呼んでいるが、僕から言わせるとホンマの無敵艦隊こそドイツ。ドイ

記事を読む

神戸の新監督はグラディオーラの師匠、ファン・リージョ。いよいよ本気か!?

異例だった。「ヴィッセル神戸の吉田監督が退任し、午後から新監督が発表されます」というニュースが午前中

記事を読む

本田がなんと!カンボジア代表監督に就任!?

ロシアワールドカップが終わって、「次のカタール大会に出場しない」と、名言は避けたものの事実上の日本代

記事を読む

ガンバ大阪の遠藤保仁、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が秒読みへ?

本日驚愕のニュースが我々の元に飛び込んできた(★)     あ

記事を読む

サイドバナー




Comment

  1. T.S より:

    いつもユベントス戦を見るとディバラがストッキングをずらしているので女の子みたいだと感じてました、エバートンのデービスもずらしているので若い子だけかとみていましたがあれで当たると痛くならないのですか?
    5人の名前をみるとファッションではなさそうなんですね!?

    • yomiuraclub より:

      T.Sさんへ

      コメント有難うございます。
      返信がメチャメチャ遅くなりましてすみません。。。(汗)

      そらもうストッキングをずらして脛(スネ)に相手のシューズが当たったら、
      メチャメチャ痛いです。痛いなんてもんじゃないっす。悶絶もんです。

      それでも、そういう痛さをかいくぐれるほど、僕はボール扱いに長けている・・・
      つまり、「巧い」という、そういうアッピールなんっすよね。

      そもそもこのストッキングずらしを禁止した理由は
      当時流行っていたエイズ防止のためだったと聞いています。
      血のついた足どうしが接触すると感染の危険性があると。。。

      でも最近はとんとエイズってもんも聞かなくなってきました。

      「俺は巧い」を自己表現する、発信するものとして
      また「ストッキングずらし」って復活・解禁してもいいように思います。

      どう思われますか?
      (一部の人たちは”だらしない”なんて言う人もいますが・・・)

      またご意見、お聞かせくださいませ!

      今後ともどうぞよろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




世界を知る101冊

皆さんは、秋の夜長、どのような本を手にお過ごしでしょうか? 僕は

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上

つい手を出してしまったキーパーの取り調べ室での会話

ここはとある取調室。一人の男が取締官の尋問を受けている。今回はそんなシ

読裏クラブへの10の質問

今日は、ゆる~~く、私への質問コーナーを設けました。私の好みを知ってい

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく

→もっと見る

  • 2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑