*

やったぜ!関西学院!ジャイアントキリング!こりゃ、ロシアワールドカップに向けて幸先がいいね!

ロシアワールドカップを直前に控えて、ここ日本ではひっそりと(苦笑)天皇杯が行われております。

 

そんな天皇杯でいつも話題になるのが、Jのクラブを喰う学生チーム。たとえばJ2のクラブに高校生チームが勝っちまうとか、たとえばJ1のクラブに大学生のチームが勝ってしまうとかね。そう、いわゆるジャイアントキリングというやつです。

 

実は今度のロシアワールドカップ。日本代表が戦う相手はコロンビアとセネガルとポーランド。これ、実に厄介な相手というか、難敵というか。これをどうやって表現したら、普通の方々に、あまりサッカーを知らない方々に、上手く説明できるんやろ?って、ずっと考えてたんですが、そうなんよ。この天皇杯という格好の教材を使って説明すればよかったんよね。

 

もしアナタが、ちょっとサッカーを知っていて、次のこんなカードがあるとしたら・・・どちらが勝つと予想するでしょうか?

 

カードは

 

 

「ガンバ大阪」VS「関西学院大学」

 

どうです?しかもガンバ大阪は、メンバーを落とした、いわゆるBチームではなくて、遠藤保仁も出場するなどほぼベストメンバー。

 

「そりゃ、どう考えたって、ガンバ大阪でしょ?」って思うでしょ?思うよね?うん。そりゃ、思うよ。

 

つまり、世界から見れば、コロンビアはガンバ大阪なわけでさ。もちろんセネガルもガンバ大阪で、ポーランドだってガンバ大阪なわけです。ま、正確に表現するならセネガルはどこか身体的に優れている感じで浦和レッズてな感じ(強引か?)で、ポーランドは速くて強い鹿島アントラーズてな感じ。

 

で、当然のごとく日本代表は関西学院。

 

どうです?これでだいたいの力関係が解かるでしょ?

 

え?「それなら日本は3戦3敗じゃん!なんだよ!日本ってそんなに弱いの?」って?

 

うん。力関係ではそうかもしれない。でもさ、サッカーってのは何が起こるか分からないわけでさ。10戦やって1回しか勝てなくても、その1回が次の試合で起きるかもしれない。そう、だからジャイアントキリングなんてコトバがあるわけだし、そしていつもどこかでジャイアントキリングは起きている。それがサッカーなのよ。

 

<Sponsered Link>



 

で、そんなワールドカップ前に・・・そうなんです。ガンバ大阪と関西学院大学が天皇杯で激突!で、見事関学が勝っちまいました!

 

それも88分まで0-0。いよいよ延長か?それでもサッカーはラスト3分で何かが起きるスポーツ・・・と思っていた矢先に、関学がなんとゴール!で先制!あと2分守り切れば関学が大金星!というところで・・・やっぱりサッカーは何が起きるか分からない。なんとガンバがその1分後に同点ゴール!

 

普通なら、目の前にぶらさがっていた大金星を逃がして、延長戦に突入した時点で関学は絶対的に不利。逆に言えばラスト2分で生き返ったガンバは延長の30分間でケリをつければいいわけで、俄然断然有利なわけです。

 

ところが・・・ギッチョンチョン!

 

なんと、関学が延長に2点目を入れて、最後の最後までガンバの猛攻をしのぎ切って、なんと!ホンマに勝ってしまいやした!

 

これだからサッカーは面白(オモロ)い。これだからサッカーは止められん!

 

つまり、日本代表だって、関学になれるわけでさ。コロンビア(ガンバ大阪)に、セネガル(浦和レッズ)に、ポーランド(鹿島アントラーズ)に勝てることが出来るかもしれない!

 

関学に出来たんだからね!

 

いやぁ~~、関西学院。やってくれました!最近は嫌なニュースでしか関西学院の名前が出てこなかったけど(でも関学は被害者だから彼らに何の罪もないんですが)、久々に痛快で爽やかなニュースで関西学院の名前を見ることができました!まして僕の大好きなサッカーでね!

 

ありがとう!関学サッカー部!偉いぞ関学サッカー部!でかした!関学サッカー部!ロシアに向けて勇気をもらったよ!

 

「なんか、読裏さん、関学、関学って、なんでそんなに関学の肩を持ってブログアップするわけ?」って?

 

そんなん決まってるやん!だって彼らは僕の後輩。同じ関学サッカー部なんやからね!(彼らは読裏さんを先輩だと思ってないかもしれんが・・・苦笑)



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

本田はソーセージを茹でたお湯

ボタフォゴの本田が・・・シーズン途中で・・・クラブを離れて、ポルトガルのポルティモネンセに移籍するら

記事を読む

ワールドカップ開幕直前!スイス戦の採点です

それではスイス戦の採点です。 GK 川島 6.0 そう言えば最近君のトレードマークの「どや顔」っ

記事を読む

6得点が入るリーグってどうよ?

「サッカーは得点が少ないから面白くない」   昔から言われてきたこのフレーズ。

記事を読む

ダイナミック琉球はサッカーの応援にも使えるぞ!

夏真っ盛り。夏と言えば・・・?はい。やっぱり旧い我々「おっさん世代」は、夏の甲子園やね。もう見るだけ

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【サ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

大迫招集拒否に思う、「日本もとうとうここまで来たか」という嬉しさ。

今年のポイチ・ジャパンの最大の試金石は、アジアカップではなく、もちろんキリン・チャレンジカップでもな

記事を読む

アルゼンチンvsクロアチア戦の所感 なんでこんなことになっちまったんだ?

アルゼンチンvsクロアチアの所感。というタイトルですが。。。所感というよりは、嘆きという方が正しいし

記事を読む

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか、「王の中の王」とか。これぞ!

記事を読む

史上最大のダサさの日本代表新ユニフォームは、アレに似てる!?

久しぶりのサッカーネタ。いろいろ書きたいことがあって「はてさて・・・何を書こうかな」と思っているので

記事を読む

究極の対決(選択)!気持ちが引き裂かれる対戦。試合の結果は?

その昔、それは今から20年前のことです。1998年。日本代表が初めてワールドカップに出場しました。ワ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




26回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから26回目。26年目、もう四半

今年は「忙しい人」にならないようにします!

あっという間に新年1月も半ばを過ぎました(汗)ほんま、あっと言う間。リ

中山雅史、引退じゃない事実上の引退。

中山雅史、53歳。選手としてJ3の沼田を退団し、今季から古巣ジュビロの

勘違いと思い込みは、真実に近づくときもある?

今日は「勘違い」と「思い込み」のお話。   誰で

君は読売サッカークラブを知っているか?

皆さんはこのブログのタイトル「読裏クラブのワンツー通し」という名称が、

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券