*

日本人でまさかの禁断の移籍! 「時代はここまで来たか?」感

コパ・アメリカが始まるまさにその直前! なんと! 久保建英のレアル・マドリー移籍の情報が飛び込んできた。

 

ま、移籍と言えばマドリー。マドリーと言えば移籍。大型補強。「白い巨人」はいつもそう。まるで東京の「巨人軍」がいつも補強、いつもFA、いつもトレード!で、来季の陣容を整えようとしているように。

 

別にスペインの白い巨人と、東京の巨人とはまったく関係がないのだけれど、どこか似ているこの体質。

 

そして似ているのが、ユニフォーム力。ま、別の言い方をすれば「ブランド」力。誰もがなびくその名前とユニ。

 

「一度は袖を通したい」という、選手心をくすぐる独特の魔力。

 

ひと昔前は、それで清原も、広澤も、工藤も、江藤も、そして小笠原も、ちょっと雰囲気は違えどあの落合だって。みんなみんなユニフォームの袖で頬をひっぱたかれて、巨人に入っていきました。そして使い物にならなければ、ポイ。そう、まるでゴミ扱いのように捨てられる。それが解っているのに、何故か選手という選手はこのクラブ(球団)への憧れを隠そうともしない。

 

白い巨人もかなりのもの。

 
 

<Sponsered Link>



 

ヨーロッパのフットボールにはFAというものはないけれど、それはそれなりに選手の権限が確保されていて、デルもノコるも契約次第。

 

そしてまるでブラックホールに吸い寄せられるように、皆が皆がレアルに引き寄せられる。

 

ロナウド、ジダン、クリロナ、ベッカム、カカ、シャビ・アロンソ。中堅どころならもう、うなるほど名前が上がる。フンテラールも、ディ・マリアも、ロッベンだって、エジルも、ウーゴ・サンチェスも、アデバヨールも、カンナバーロだってそう。ロビーニョも、スナイデルも、白いユニに吸い込まれていったわけで。

 

懐かしいところでは、マイケル・オーウェンやレドンドも。あのハジだってレアルの門を叩いたよね。

 

♪「なぜにあなたはレアルがいいの~?レアルの街がそんなにいいの~?この~わたしを~のこしてぇ~~」という歌が取り残されたクラブのサポから聞こえてきたとかこなかったとか。

 

そんな誰もが憧れるレアルだけれど、だからといって誰もが入れるというわけでは当然なくて。レアルが認めた選手しか入ることができまへん。なんせ世界一のブランド。超超超一流クラブなだけに、そのクラブからオファーが来ただけでも、もう一生自慢できるほどのネタになる。

そんなクラブからオファーを受けてなびかんわけない。なんせ超超帳一流クラブに入った瞬間に、自分は超超超一流選手になったというわけやからね。

 

そんなレアルが、日本に出てきたという。しかもその選手はまだ18歳だという。

 

これ・・・

 

ごっ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~つい、自慢できます!

 

めっ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ちゃ、胸張れます!

 

鼻、たぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~かだかです!

 

しかも、「禁断の移籍」というブランド+デカいインパクト付き。

 

久保建英、君、ごっつぃ選手になったもんやなぁ~!

 

もうホンダのACミランや、ヒデのローマや、長友のインテルや、長谷部のフランクフルトや、俊輔のセルティックや、香川のドルトムントが、霞んで見えなくなっちまう。もちろん名波のヴェネツィアや、カズのジェノアや、相太のヘラクレスは霞にもならないぐらい。。。

 

えらい時代になっちまったもんだぜ!な、相太、君もそう思うやろ?

 
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!
 

 

 

サイドバナー




関連記事

2月1日は特別な日。香川移籍!トルコ名門ベシクタシュに!

2月1日。それはサッカー界では特別な日ともいえる。正確にはその前日の1月31日なのだが、我々「日出る

記事を読む

ポイチ・ジャパン誕生!?「森って誰?」と呼ばれた男。森保一、日本代表監督就任!

どうも新しい日本代表監督が決まったらしい。ベルギー戦でロシアワールドカップから離れてから約3週間。や

記事を読む

アルゼンチンvsナイジェリア戦の所感 でかした!ジャイアント・ロホ!ラスト5分のボレーシュート!勝った!勝ったでぇ~!?

アルゼンチンvsナイジェリアの所感。というタイトルですが。。。所感というよりは、歓喜という方が正しい

記事を読む

決勝戦はウェンブリーで、ワールドカップはイングランドの永久開催に。

今回のネタは、私(読裏)と、ある人(Kさん)との会話から生まれました。その会話をちょっと再現すると・

記事を読む

クラブワールドカップの歴史を知ろう!そうすれば、浦和を応援したくなるよ

クラブワールドカップ2017がUAEで、12月6日に開幕。総勢7つの

記事を読む

倉敷保雄さん(クラッキー)で代表戦の中継を!あなたの一番好きなサッカー中継アナウンサーは誰ですか?

今日は我々に不可欠な「サッカー中継」のお話しをば・・・。   「サッカー中継」

記事を読む

大変な駆け引きが繰り広げられたクラシコ。メッシが伝説のプレーヤーと並んだ日。

クリスマスウィークの週末。サンチャゴ・ベルナベウ、レアル・マドリーの本拠地にてクラシコが行われた。普

記事を読む

阪急電車で聞いた「日本もここまで来たか」感の話

いやぁ~~、日本もえらい国になったもんです!! というのが本日のお題。   別

記事を読む

バロンドールのモドリッチと区別がつかなかったもう一人の選手とは?

2018年のFIFAが「年間最優秀選手賞」を発表して、「モドリッチ」が、11年ぶりに「あの二人」以外

記事を読む

ガンバレ!スルガ銀行!

皆さんは「スルガ銀行」という銀行をご存知だろうか?   関東地方の方ならまだし

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




崎陽軒のシウマイと似た世界はここにもあるよ。関西学院の読み方の都市伝説について

ひょんなことから話題になった「崎陽軒のシウマイ」。”ひょんなこと”とい

もしかして人生初?お盆に直撃!台風10号でUターンラッシュに大打撃。車も新幹線もどうなるのか?

お盆の真っただ中。帰省のラッシュも一段落して、あと数日すればUターンラ

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれ

→もっと見る

  • 2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券