*

「このくにのサッカー」。日本人初のFIFA特別賞受賞の最高齢サッカージャーナリストが語る。

公開日: : 最終更新日:2018/02/08 サッカー, 良書 , ,

私が一昨年(2016年)の5月からお邪魔している、サッカーフリークにとっては、ワールドカップ決勝戦のスタジアムにも負けるとも劣らない「至高で至福の空間」が神戸にあります。

 

その名も「賀川サッカー文庫」。その中心はその名の通り、日本最高齢のジャーナリスト、2015年にFIFAの特別賞を受賞した「賀川浩」氏(先生)。

 

「サッカーの奥深さ・・・いや、人生の奥深さ」を、こんな私に度々語ってくれた「賀川浩」氏が、このたび本を出されることになりました。

 

その名も「このくにのサッカー」

 

 
このくにのサッカー―日本サッカーの「これまで」と「これから」
 
日本のサッカーを支えてきた人たちとの対談集ではありますが、そこに描かれているのは「こらからの日本のサッカーの未来像」です。

 

●岡田武史・・・

~~今ではコーチをやりたいなんて全然思わないです。何をやってきたんだ。オレみたいなのがやってたら日本のサッカーはダメだ。そんな衝撃を受けたんです~~

 

●川淵三郎・・・

 ~~こういうのをつくったって意味ない。これをやって何人代表が育つんだ?・・・なんて人がいますが、そんな短い、短期的な目で見てくれるなと。100年の大計なんですよ~~

 

●セルジオ越後・・・

~~アマチュアとプロとは全然違うんだということをわからないといけない。道具、遠征、ドクター、食料から全部。プロはそれを返さないといけない。日本のプロスポーツ選手は返さないでいいと思っている。自分にかかっている経費がこんなにあるんだという自覚を持たないと~~

 

●加茂健

~~店を出すなら、加茂スポーツというようなよくある名前ではなく「サッカーショップ」にしたらどうだ?というアドバイスをもらいました。そのアドバイスには今も感謝しています~~

 

ね?ちょっと見ただけでも面白そうでしょ?

 

その他にも「櫻井嘉人」「釜本邦茂」「澤穂希」「黒田和生」「加藤寛」「佐々木則夫」「岸本健」「石井幹子」「岡野俊一郎」そして「デットマール・クラマー」。

 

鬼籍入りされた方もおられるので、この対談集はその意味でも非常に貴重なものとなっています。どの対談も読みごたえがメチャメチャありました。やはり一つのことを成し遂げるということは、時間と夢と行動を伴うということを実感できる対談集となっています。

 
<Sponsered Link>




 

【どんな人がどんな風に日本のサッカーを愛してきたか?支えてきたか?を、聞くのではなく、あくまでその人たちが描く日本のサッカーの未来を一緒に語りたい。私もこの歳(93歳!!)になると、「自分がやってきたこと」「自分が思っていること」「自分の考えていること」を残すような本を書くことも一考なのかと思いますが、どうも根っからのジャーナリストである私は、やはり「人と会って人から何かを聞き出す」ということが無性に楽しく好きなんだよね。だから今回はこんな風な本にしました。自分のことを書くのは次の本を書く時にするよ】と、私(読裏)に語ってくれました。

 

この時間軸・・・感覚・・・この若さ・・・が凄い!

 

本年50に加えること〇歳!の私、読裏。。。まだまだです。まだまだ若輩ものです。

 

この本の「まえがき」の賀川氏の言葉が印象的です。

 

「これから」を考えるためには「これまで」を知る必要があります。そして「これまで」を知ることは楽しいことです」

 

実は賀川さんは、別のコラムにて「このくにとサッカー」というタイトルの記事をずっと書いてこられていました。で、今回は「このくに・・・の・・・」になっています。

 

ずっと「このくに・・・の」というタイトルを付けたかったそうですが、残念ながらまだ日本はそんな「このくに【の】」というほどのサッカーをもっていない。でも、ようやく今、「このくにの~~」というタイトルを付けてもいいのではないか?と、思ってこういうタイトルになったそうです。

 

サッカーを愛する皆さんも、是非「このくにのサッカー」を手に取って、読んでみてくださいね!

 

サイドバナー




関連記事

私の天才列伝。栄えある1回目は『礒貝洋光』

今回は勝手に「シリーズ化」を目論んでおります「私の天才列伝!」 その一回目をお贈りしたいと思っ

記事を読む

大変な駆け引きが繰り広げられたクラシコ。メッシが伝説のプレーヤーと並んだ日。

クリスマスウィークの週末。サンチャゴ・ベルナベウ、レアル・マドリーの本拠地にてクラシコが行われた。普

記事を読む

サッカー日本代表に、ラファエル・シルバを入れる方法(画期的な賀川浩案!)

浦和レッズが10年ぶりに、ACL王者に輝き、12月6日から始まる「クラブワールド

記事を読む

ヤンマーディーゼル化する?パナソニック

2017年シーズンでJリーグ制覇には届かなかったものの、ルヴァン・カップと天皇杯の2大カップを制覇し

記事を読む

実は私はアルゼンチン人なのです!

皆さん、実は非常に大事なことをこのブログにてお伝えしておりませんでした。私としたことが何と言う不覚!

記事を読む

ロシアW杯組分け決定!一番早い8つのグループ評価

ロシアW杯の抽選会が、モスクワ宮殿で厳かに行われ、我々日本代表は最終のH組、の、

記事を読む

クラブワールドカップの歴史を知ろう!そうすれば、浦和を応援したくなるよ

クラブワールドカップ2017がUAEで、12月6日に開幕。総勢7つの

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【タ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ハ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

南米っていう表記は本当に正しいのだろうか?その疑問を今、全公開します!

「読裏クラブのワンツー通し」時代からこのブログを読まれている方々ならば、私が実はアルゼンンチン人であ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




「ローマは一日にしてならず」は、サッカー界の新しい「ことわざ」 です。

世の中にはいろいろ機知に富んだ「ことわざ」がある。アナタは「ことわざ」

後任は西野さん?ハリルホジッチ電撃解任で遠藤復帰も!?

ハリルホジッチ解任!の一報が携帯の速報で朝一番に飛び込んできました。ち

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ヤ】【ワ】【ン】の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血

フィッカデンティの敗戦コメント、ソクラテスも顔負けの三段論法に脱帽!

マッシモ・フィッカデンティ。イタリア人。50歳。サガン鳥栖の監督です。

チャンピオンズリーグの準々決勝(ラウンド8)の結果をここで知ることが出来るとは!

4月4日は、桜の満開もピークを迎え、甲子園では選抜高校野球の決勝戦が行

→もっと見る

  • 2018年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑