*

「このくにのサッカー」。日本人初のFIFA特別賞受賞の最高齢サッカージャーナリストが語る。

公開日: : 最終更新日:2018/02/08 サッカー, 良書 , ,

私が一昨年(2016年)の5月からお邪魔している、サッカーフリークにとっては、ワールドカップ決勝戦のスタジアムにも負けるとも劣らない「至高で至福の空間」が神戸にあります。

 

その名も「賀川サッカー文庫」。その中心はその名の通り、日本最高齢のジャーナリスト、2015年にFIFAの特別賞を受賞した「賀川浩」氏(先生)。

 

「サッカーの奥深さ・・・いや、人生の奥深さ」を、こんな私に度々語ってくれた「賀川浩」氏が、このたび本を出されることになりました。

 

その名も「このくにのサッカー」

 

 
このくにのサッカー―日本サッカーの「これまで」と「これから」
 
日本のサッカーを支えてきた人たちとの対談集ではありますが、そこに描かれているのは「こらからの日本のサッカーの未来像」です。

 

●岡田武史・・・

~~今ではコーチをやりたいなんて全然思わないです。何をやってきたんだ。オレみたいなのがやってたら日本のサッカーはダメだ。そんな衝撃を受けたんです~~

 

●川淵三郎・・・

 ~~こういうのをつくったって意味ない。これをやって何人代表が育つんだ?・・・なんて人がいますが、そんな短い、短期的な目で見てくれるなと。100年の大計なんですよ~~

 

●セルジオ越後・・・

~~アマチュアとプロとは全然違うんだということをわからないといけない。道具、遠征、ドクター、食料から全部。プロはそれを返さないといけない。日本のプロスポーツ選手は返さないでいいと思っている。自分にかかっている経費がこんなにあるんだという自覚を持たないと~~

 

●加茂健

~~店を出すなら、加茂スポーツというようなよくある名前ではなく「サッカーショップ」にしたらどうだ?というアドバイスをもらいました。そのアドバイスには今も感謝しています~~

 

ね?ちょっと見ただけでも面白そうでしょ?

 

その他にも「櫻井嘉人」「釜本邦茂」「澤穂希」「黒田和生」「加藤寛」「佐々木則夫」「岸本健」「石井幹子」「岡野俊一郎」そして「デットマール・クラマー」。

 

鬼籍入りされた方もおられるので、この対談集はその意味でも非常に貴重なものとなっています。どの対談も読みごたえがメチャメチャありました。やはり一つのことを成し遂げるということは、時間と夢と行動を伴うということを実感できる対談集となっています。

 
<Sponsered Link>




 

【どんな人がどんな風に日本のサッカーを愛してきたか?支えてきたか?を、聞くのではなく、あくまでその人たちが描く日本のサッカーの未来を一緒に語りたい。私もこの歳(93歳!!)になると、「自分がやってきたこと」「自分が思っていること」「自分の考えていること」を残すような本を書くことも一考なのかと思いますが、どうも根っからのジャーナリストである私は、やはり「人と会って人から何かを聞き出す」ということが無性に楽しく好きなんだよね。だから今回はこんな風な本にしました。自分のことを書くのは次の本を書く時にするよ】と、私(読裏)に語ってくれました。

 

この時間軸・・・感覚・・・この若さ・・・が凄い!

 

本年50に加えること〇歳!の私、読裏。。。まだまだです。まだまだ若輩ものです。

 

この本の「まえがき」の賀川氏の言葉が印象的です。

 

「これから」を考えるためには「これまで」を知る必要があります。そして「これまで」を知ることは楽しいことです」

 

実は賀川さんは、別のコラムにて「このくにとサッカー」というタイトルの記事をずっと書いてこられていました。で、今回は「このくに・・・の・・・」になっています。

 

ずっと「このくに・・・の」というタイトルを付けたかったそうですが、残念ながらまだ日本はそんな「このくに【の】」というほどのサッカーをもっていない。でも、ようやく今、「このくにの~~」というタイトルを付けてもいいのではないか?と、思ってこういうタイトルになったそうです。

 

サッカーを愛する皆さんも、是非「このくにのサッカー」を手に取って、読んでみてくださいね!

 

サイドバナー




関連記事

南米っていう表記は本当に正しいのだろうか?その疑問を今、全公開します!

「読裏クラブのワンツー通し」時代からこのブログを読まれている方々ならば、私が実はアルゼンンチン人であ

記事を読む

ラファエル・シルバの中国移籍に球団は痛手。という報道に違和感を感じるところは?

出ました!ラファエル・シルバの中国電撃移籍。こんなん今に始まったことでも何でもないっしょ?ひと昔前か

記事を読む

あなたはアホ派?それともバカ派?どちらで傷つき、どちらで腹が立つか?全国アホ・バカ分布図でチェックしてみよう!

これを読まれている方は関東方面の方ですか?それとも関西方面?もちろんそれ以外の地方の方もいらっしゃる

記事を読む

蓮舫も山尾も顔負け。Jリーグを渡り歩く男。「おいおい・・・」

人生長く生きていると、いろいろ興味深いものを見ることができる。その時に発する言葉は「おいおい・・・」

記事を読む

フランス、気の抜けたシャンパン!まったく違う味で優勝。

ロシアワールドカップが終わりました。優勝はフランス。ま、今回のフランスは優勝候補の一角に名を連ねてい

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ナ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループEの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

アルゼンチンvsフランス戦の所感。新旧の時代が今日切り替わりました。2018ワールドカップ、終~~了~~~(涙)

アルゼンチンvsフランスの所感。   終わった。終わってしまったよ。ワールドカ

記事を読む

倉敷保雄さん(クラッキー)で代表戦の中継を!あなたの一番好きなサッカー中継アナウンサーは誰ですか?

今日は我々に不可欠な「サッカー中継」のお話しをば・・・。   「サッカー中継」

記事を読む

究極の対決(選択)!気持ちが引き裂かれる対戦。試合の結果は?

その昔、それは今から20年前のことです。1998年。日本代表が初めてワールドカップに出場しました。ワ

記事を読む

サイドバナー




サイドバナー




フランス、気の抜けたシャンパン!まったく違う味で優勝。

ロシアワールドカップが終わりました。優勝はフランス。ま、今回のフランス

役立つ「雨のことわざ」をご紹介します

関東地方で、観測史上初の「6月の梅雨明け」が宣言されたのも束の間、とい

究極の対決(選択)!気持ちが引き裂かれる対戦。試合の結果は?

その昔、それは今から20年前のことです。1998年。日本代表が初めてワ

東西の2大ブロガーがビッグ対談!・・・2018ロシアワールドカップを大いに語る!の巻

2018ロシアワールドカップも4強が出揃い、残すところ準決勝と決勝のみ

ロシアワールドカップのドサとクサに紛れて。ヨシトよ。君の生き方は凄い!

それは、2018年6月25日の出来事でした。日本中(正確には日本のサッ

→もっと見る

  • 2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑