*

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれば、私はこのクラブのサポーターにならなければならないのでしょうが・・・

 

Jリーグが発足する以前から、私はアルゼンチンサッカーの信望者であったし、出身国はお隣りかも知れないけれど、そらもう当時の心に響きまくった「読売クラブ」のファンでもあった私は、神戸のこのクラブのことを冷静に(もっと言えば冷めた目で)見る事ができるわけです。

 

旧くは「イルハン」で話題をかっさらい、明らかに旬を過ぎた「ビスマルク」や「エンボマ」という名前を買い、そこそこの名前を、それなりの数だけ補強して(例えば岡野雅行、例えば三浦知良、例えば我那覇和樹、例えば播戸竜二、例えば大久保嘉人、例えば渡辺千真、例えば藤本主悦、例えば田代有三などなどなど)・・・

 

で・・・

 

も・・・

 

これまでまったく優勝争いにも加われない、どこか「何やってんだか・・・」という感が強いヴィッセル神戸。

 

 

<Sponsered Link>



 

イルハンの夢を再びではなかろうが、ポドルスキというビッグネームを獲ったのも記憶に新しい。

 

けれども、ポドルスキも今や「そんなんおったなぁ~~」的なバルサ化を進める神戸。

 

楽天=三木谷パワーを炸裂させて、バルセロナ化を目指し、イニエスタやビジャを獲り、元バルサという選手をこれでもか!?というほど獲り、DFが薄いと思えばジョアン・オマリを獲り、さらにまたまたバルセロナブランドのフェルマーレンを獲り・・・横浜から飯倉というGKを獲りました。

 

「フォワードだけではダメ。やっぱりリーグ最多失点のDF陣を立て直さないと」というのもまたどこかバランスを欠いている感じが否めません。

 

とにかく「これでもか!」「これならどうや!?」「これでもまだアカンか?」と言う感じの神戸の補強。

 

そしてとうとう、今度は「酒井高徳」まで獲ることになったよう。

 

ストーブリーグというコトバが懐かしい人にはこの感じがピッタリとは思いますが、まさに「ストーブリーグの覇者」である神戸。

 

ポドルスキが入ったときも

 

イニエスタが来たときも

 

これで間違いなく優勝争いに加われる!

 

みたいな報道がありました。

 

僕は心の奥で「そんな・・・甘いもんとちゃうで!」と呟いてました。プロスポーツは実力が全ての世界とはいえ、同じポジションで毎日必死に汗をかいて練習していた選手の気持ちを察すると、もろ手を挙げて歓迎する気持ちにはとてもなれない。獲るタイミングも、いつもチーム中心のそれではなくて、獲れるタイミング優先。だからチームのメンバーとしてはいつも「寝耳に水」というか、「またか」感の方が強いんじゃないかなぁ~?

 

僕自身は神戸のサポでもないので、「あらあら・・・また獲ってるよ」てな感じで見てました。

 

で、案の定、現在も順位は下位。ここ最近は大物選手を獲得する動機付けが「残留のため」というから哀しい。

 

結局、サッカーって、プロのリーグって、『名前をかき集めても勝てない』ということなんやねぇ~。これ、ごっつぃ自然で、ごっつぃええ事やと思います。

 

三木谷さん、今度は誰獲るのかな?

 
このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。
 

サイドバナー




関連記事

CLの準々決勝カードが決定!さぁ、ここからがホンマのCLだ!

17-18チャンピオンズリーグの準々決勝カードが抽選の結果決まりました!改めてここでその4カードをご

記事を読む

西野ブランド赤丸急上昇!セネガル戦の採点

それではセネガル戦(WC)の採点です。   GK 川島 5.5 出た出た出た出た~~

記事を読む

サッカー日本代表に、ラファエル・シルバを入れる方法(画期的な賀川浩案!)

浦和レッズが10年ぶりに、ACL王者に輝き、12月6日から始まる「クラブワールド

記事を読む

クリスティアーノ・ロナウドってなんやかんや言うて、メチャメチャ凄いんとちゃうのん?と、今思ってしまった理由。

17-18のチャンピオンズリーグは、グループリーグのステージが終わり、いよいよノックアウトステージへ

記事を読む

イニエスタよ!もうちょっとだけ、もうちょっとだけ、我慢してくれよん!

暑い。とにかくこの暑さは尋常でない。ほとんど毎日のように「熱中症」というフレーズが飛び交っている。先

記事を読む

ヤンマーディーゼル化する?パナソニック

2017年シーズンでJリーグ制覇には届かなかったものの、ルヴァン・カップと天皇杯の2大カップを制覇し

記事を読む

南野は悪くない!?ドフリーは外れるものなのです!その根拠とは?

先日のアジアカップの1次リーグの第2戦。何とか日本は1-0で勝利をもぎ取りましたが、翌日の仕事場での

記事を読む

ワールドカップの醍醐味!それは一にも二にも「星取り」である!

さあ!いよいよだ。いよいよあと数日でワールドカップが始まる。   「うん!そう

記事を読む

バルセロナvsマジョルカ戦後の久保建英のコメントがプレーよりも凄い!お洒落過ぎる!

「マジョルカの」久保が、カンプノウの地で、バルサと対戦した。   結果は2-5

記事を読む

ブンデスリーガ最前線に異常あり!

日本では台風一過を越えるたびに、「秋深まりし・・・」で、金木犀の薫りが濃くなってきました。 &

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




VARで疑念は減るのか?増えるのか?

  VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字を

25回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから25回目。25年目、とうとう

タイで最も有名になった日本人!?

  アジア選手権U23=東京五輪サッカーのアジア予選がいよい

森保解任論に見るオシムの凄さ

2020年1月。AFC-U23選手権。この大会は東京五輪サッカーアジア

成人の日に一番ふさわしい本

  成人の日。昔は1月15日という決まった日だったけど、今は

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券