*

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれば、私はこのクラブのサポーターにならなければならないのでしょうが・・・

 

Jリーグが発足する以前から、私はアルゼンチンサッカーの信望者であったし、出身国はお隣りかも知れないけれど、そらもう当時の心に響きまくった「読売クラブ」のファンでもあった私は、神戸のこのクラブのことを冷静に(もっと言えば冷めた目で)見る事ができるわけです。

 

旧くは「イルハン」で話題をかっさらい、明らかに旬を過ぎた「ビスマルク」や「エンボマ」という名前を買い、そこそこの名前を、それなりの数だけ補強して(例えば岡野雅行、例えば三浦知良、例えば我那覇和樹、例えば播戸竜二、例えば大久保嘉人、例えば渡辺千真、例えば藤本主悦、例えば田代有三などなどなど)・・・

 

で・・・

 

も・・・

 

これまでまったく優勝争いにも加われない、どこか「何やってんだか・・・」という感が強いヴィッセル神戸。

 

 

<Sponsered Link>



 

イルハンの夢を再びではなかろうが、ポドルスキというビッグネームを獲ったのも記憶に新しい。

 

けれども、ポドルスキも今や「そんなんおったなぁ~~」的なバルサ化を進める神戸。

 

楽天=三木谷パワーを炸裂させて、バルセロナ化を目指し、イニエスタやビジャを獲り、元バルサという選手をこれでもか!?というほど獲り、DFが薄いと思えばジョアン・オマリを獲り、さらにまたまたバルセロナブランドのフェルマーレンを獲り・・・横浜から飯倉というGKを獲りました。

 

「フォワードだけではダメ。やっぱりリーグ最多失点のDF陣を立て直さないと」というのもまたどこかバランスを欠いている感じが否めません。

 

とにかく「これでもか!」「これならどうや!?」「これでもまだアカンか?」と言う感じの神戸の補強。

 

そしてとうとう、今度は「酒井高徳」まで獲ることになったよう。

 

ストーブリーグというコトバが懐かしい人にはこの感じがピッタリとは思いますが、まさに「ストーブリーグの覇者」である神戸。

 

ポドルスキが入ったときも

 

イニエスタが来たときも

 

これで間違いなく優勝争いに加われる!

 

みたいな報道がありました。

 

僕は心の奥で「そんな・・・甘いもんとちゃうで!」と呟いてました。プロスポーツは実力が全ての世界とはいえ、同じポジションで毎日必死に汗をかいて練習していた選手の気持ちを察すると、もろ手を挙げて歓迎する気持ちにはとてもなれない。獲るタイミングも、いつもチーム中心のそれではなくて、獲れるタイミング優先。だからチームのメンバーとしてはいつも「寝耳に水」というか、「またか」感の方が強いんじゃないかなぁ~?

 

僕自身は神戸のサポでもないので、「あらあら・・・また獲ってるよ」てな感じで見てました。

 

で、案の定、現在も順位は下位。ここ最近は大物選手を獲得する動機付けが「残留のため」というから哀しい。

 

結局、サッカーって、プロのリーグって、『名前をかき集めても勝てない』ということなんやねぇ~。これ、ごっつぃ自然で、ごっつぃええ事やと思います。

 

三木谷さん、今度は誰獲るのかな?

 
このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。
 

サイドバナー




関連記事

香川真司がやってのけたぜ!9分間で2点は、トルコの宝石箱やぁ~~!

香川がトルコのベシクタシュに移籍したのが1月31日。そしてなんと!その4日後の2月4日には、もう新し

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループGの巻

【お詫び】このネタは、6月17日にアップしたつもりがアップし損ねておりました。既に結果が出かかってお

記事を読む

サウジ、敗戦後のロッカーでの会話。「強いものが勝つのではない~~」という言葉を知っているかい?

アジアカップのノックアウトステージ、ラウンド16で、サウジアラビアは日本に0-1で負けました。

記事を読む

大変な駆け引きが繰り広げられたクラシコ。メッシが伝説のプレーヤーと並んだ日。

クリスマスウィークの週末。サンチャゴ・ベルナベウ、レアル・マドリーの本拠地にてクラシコが行われた。普

記事を読む

モウリーニョ、辞任!?解任!?マンU電撃退任!次のクラブはここ?

マンチェスター・ユナイテッドの監督であったジョゼ・モウリーニョが同クラブを退任するという。退任とはい

記事を読む

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく今日になって、その原因と仕組み

記事を読む

ブンデスリーガ最前線に異常あり!

日本では台風一過を越えるたびに、「秋深まりし・・・」で、金木犀の薫りが濃くなってきました。 &

記事を読む

ラファエル・シルバの中国移籍に球団は痛手。という報道に違和感を感じるところは?

出ました!ラファエル・シルバの中国電撃移籍。こんなん今に始まったことでも何でもないっしょ?ひと昔前か

記事を読む

日本代表で初?現象!これほどサッカーが面白いとは!

森保監督の日本代表、通称ポイチ・ジャパン(これ言ってるの、だんだん僕のところだけになってきた気もする

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループEの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




もしかして人生初?お盆に直撃!台風10号でUターンラッシュに大打撃。車も新幹線もどうなるのか?

お盆の真っただ中。帰省のラッシュも一段落して、あと数日すればUターンラ

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれ

吉野家の数量限定サーロイン使用「特選 すきやき重」は、本当に数量限定なんだろうか?

私(読裏)は、普段は広告戦略やマーケティングなどのコンサルティングをし

→もっと見る

  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券