*

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれば、私はこのクラブのサポーターにならなければならないのでしょうが・・・

 

Jリーグが発足する以前から、私はアルゼンチンサッカーの信望者であったし、出身国はお隣りかも知れないけれど、そらもう当時の心に響きまくった「読売クラブ」のファンでもあった私は、神戸のこのクラブのことを冷静に(もっと言えば冷めた目で)見る事ができるわけです。

 

旧くは「イルハン」で話題をかっさらい、明らかに旬を過ぎた「ビスマルク」や「エンボマ」という名前を買い、そこそこの名前を、それなりの数だけ補強して(例えば岡野雅行、例えば三浦知良、例えば我那覇和樹、例えば播戸竜二、例えば大久保嘉人、例えば渡辺千真、例えば藤本主悦、例えば田代有三などなどなど)・・・

 

で・・・

 

も・・・

 

これまでまったく優勝争いにも加われない、どこか「何やってんだか・・・」という感が強いヴィッセル神戸。

 

 

<Sponsered Link>



 

イルハンの夢を再びではなかろうが、ポドルスキというビッグネームを獲ったのも記憶に新しい。

 

けれども、ポドルスキも今や「そんなんおったなぁ~~」的なバルサ化を進める神戸。

 

楽天=三木谷パワーを炸裂させて、バルセロナ化を目指し、イニエスタやビジャを獲り、元バルサという選手をこれでもか!?というほど獲り、DFが薄いと思えばジョアン・オマリを獲り、さらにまたまたバルセロナブランドのフェルマーレンを獲り・・・横浜から飯倉というGKを獲りました。

 

「フォワードだけではダメ。やっぱりリーグ最多失点のDF陣を立て直さないと」というのもまたどこかバランスを欠いている感じが否めません。

 

とにかく「これでもか!」「これならどうや!?」「これでもまだアカンか?」と言う感じの神戸の補強。

 

そしてとうとう、今度は「酒井高徳」まで獲ることになったよう。

 

ストーブリーグというコトバが懐かしい人にはこの感じがピッタリとは思いますが、まさに「ストーブリーグの覇者」である神戸。

 

ポドルスキが入ったときも

 

イニエスタが来たときも

 

これで間違いなく優勝争いに加われる!

 

みたいな報道がありました。

 

僕は心の奥で「そんな・・・甘いもんとちゃうで!」と呟いてました。プロスポーツは実力が全ての世界とはいえ、同じポジションで毎日必死に汗をかいて練習していた選手の気持ちを察すると、もろ手を挙げて歓迎する気持ちにはとてもなれない。獲るタイミングも、いつもチーム中心のそれではなくて、獲れるタイミング優先。だからチームのメンバーとしてはいつも「寝耳に水」というか、「またか」感の方が強いんじゃないかなぁ~?

 

僕自身は神戸のサポでもないので、「あらあら・・・また獲ってるよ」てな感じで見てました。

 

で、案の定、現在も順位は下位。ここ最近は大物選手を獲得する動機付けが「残留のため」というから哀しい。

 

結局、サッカーって、プロのリーグって、『名前をかき集めても勝てない』ということなんやねぇ~。これ、ごっつぃ自然で、ごっつぃええ事やと思います。

 

三木谷さん、今度は誰獲るのかな?

 
このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。
 

サイドバナー




関連記事

祝Jリーグ開幕!新四半世紀のスタート。今年の目標はこれだ!

いよいよです。今年もまたJリーグが開幕です。今年でJリーグも26年目。25年を四半世紀として一区切り

記事を読む

南野は悪くない!?ドフリーは外れるものなのです!その根拠とは?

先日のアジアカップの1次リーグの第2戦。何とか日本は1-0で勝利をもぎ取りましたが、翌日の仕事場での

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ア】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

結果が大事?プロセスが大事?サッカーの実在派と実証派との間の話。

先日読んだ「物理学」の本で面白い表現がありましたので、ここでちょっと引用させていただきます。

記事を読む

韓国君に教えたいこと。オーストラリア君に教えてもらいたいこと。

アジアカップのベスト8が出揃いました。常連の韓国も、オーストラリアも、イランも順当に勝ち上がってきて

記事を読む

風前のロペテギ

日本のプロ野球では、巨人の高橋監督が、阪神の金本監督が、それぞれ成績不振の責任を取って辞任を発表しま

記事を読む

南米っていう表記は本当に正しいのだろうか?その疑問を今、全公開します!

「読裏クラブのワンツー通し」時代からこのブログを読まれている方々ならば、私が実はアルゼンンチン人であ

記事を読む

西野ブランド赤丸急上昇!セネガル戦の採点

それではセネガル戦(WC)の採点です。   GK 川島 5.5 出た出た出た出た~~

記事を読む

祝!50年ぶりの優勝!関西学院高サッカー部が兵庫県代表に!

50年と言えば、半世紀。半世紀といえば、一世紀の半分。つまり四半世紀の倍の時間が半世紀で、その年月が

記事を読む

フィッカデンティの敗戦コメント、ソクラテスも顔負けの三段論法に脱帽!

マッシモ・フィッカデンティ。イタリア人。50歳。サガン鳥栖の監督です。   &

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




口述試験受験者のレベルが段々高くなってくるとき、ふと感じたこと

「今年ももう終わりかぁ~」と。「今年ももうそんな時期かぁ~」と、感傷的

バルセロナvsマジョルカ戦後の久保建英のコメントがプレーよりも凄い!お洒落過ぎる!

「マジョルカの」久保が、カンプノウの地で、バルサと対戦した。 &

松本といえば・・・?

よく酒の席のネタで盛り上がるものがあります。  

あの「ディズニー」が、あの「アナ雪2」で、まさかの「ステマ」!?

「あのビッグゲームの!」 「あのナイトゲームを!」 「スリ

流行語大賞はやっぱり「ONE TEAM」かぁ~。でも僕なら「こっち」やなぁ~。

「歌は世につれ、世は歌につれ」と言いますが・・・それよりも僕としては「

→もっと見る

  • 2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券