*

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか、「王の中の王」とか。これぞ!〇〇という時に使うわけですが、最近この表現にピッタリの人がこの世を去りました。

 

その人の名は・・・

 

ウィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏(←メチャメチャ言い難いと同時に、メチャメチャ覚えにくいと同時に、メチャメチャ打ち難い=爆泣)

 

そう、プリミアリーグの、あのレスターのオーナーです。

 

まだプリミアが出来るまえ、イングランドリーグだった時代、イングランドのフットボールクラブのオーナーはほとんどがイギリス人でした。ま、「我が母国の我が街の我がクラブのオーナーが外国人なんて考えられない」そんな時代でした。

 

なので、そのクラブのオーナーはほとんどが地元の名士とか貴族流れのお金持ちとかであって、しかも我がクラブの熱狂的なサポーターでありました。「お金は出すが口も出す。だって俺は誰よりもこのクラブを愛しているのだからね」というスタイル。旧き良き時代とでもいいましょうか。

 
 

<Sponsered Link>



 
 

 

 

それが1992年にプリミアが出来て、あのアブラヒモビッチに代表される外国人の大量進出で、昔からのオーナー像というのもかなり変わりました。プリミアが格好の投資先になってしまって「金は出すけどクラブに興味なし」みたいなオーナーが、そしてイギリス人ではない外国人がオーナーとなるようになりました。そのオーナーたちはプリミアのサッカークラブはあくまで「投資の対象」であって「人生を賭す」ようなものではないというスタンスね。

 

今のアーセナルのアメリカ人オーナーなんて、試合を見に来たことなんてもうまったくと言っていいほどないんだとか。それでもクラブのためにお金は出してくれるから、ガナーズサポも黙ってそれを黙認(←はい、読裏得意の二重表現ね!)するしかない。

 

本当は「オラがクラブ」、「オラの人生の全てを傾けるクラブ」の大ボス(=オーナー)には、オラ以上の情熱をそのクラブに注いでもらいたいんだけれど、そういうオーナーはもうほとんどいない。あちらを望めばこちらが立たずみたいな、そんな欲求不満が地元の熱狂サポーターにはくすぶっている・・・そんなこの時代に・・・

 

このタイ人である外国人オーナーはまったく違った行動をとっていました。

 

レスターのゲームは出来る限りに顔を出して選手を励まし、そのうえにホームの試合などではサポーターに無料でビールやピーナッツを提供し、大事な試合ではマフラーなどもサポーターに無料で配布。とにかくチームの調子が良くても悪くても、その日の試合に注ぐ情熱はいつも同じ。旧き良き英国人オーナーと同じようなスタンスでレスターというクラブと関わっていました。

 

だからレスターの街の人々(サポーター)は、誰もが彼を愛し、決して「外人さん」なんて扱いはせずに、あくまでも「同志」として彼を街に迎え入れていたらしい。ええねぇ~、こういう話。

 

でも、「憎まれっ子世にはばかる」・・・じゃなかった、「良い人ほど早くこの世を去る」というのはどうも本当らしく、なんとこのレスターの試合を見たあとに乗り込んだヘリコプターが墜落して、亡き人となってしまいました。

 

それにしてもこのオーナーの企業の名前が皮肉というか印象的。KINGやもんね。まさに、このウィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏こそ、「オーナーの中のオーナー」、KING OF OWNERやね!

 

18年11月10日は、そのオーナーが事故死してから初めてのホーム戦。レスターはこの試合でオーナーを偲ぶ特別ユニフォームを着て試合に臨むのだとか。この試合、見たいなぁ~~。どんな雰囲気で、どんな試合になるんやろ。多分選手は死ぬほど走って、死ぬほど頑張るんだと思うよ。

 

岡崎もちょっとでいいから出て、走り廻って欲しいな。

 
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!
 

 

 

 

サイドバナー




関連記事

ラファエル・シルバの中国移籍に球団は痛手。という報道に違和感を感じるところは?

出ました!ラファエル・シルバの中国電撃移籍。こんなん今に始まったことでも何でもないっしょ?ひと昔前か

記事を読む

スコアレスドローの「魅力と美しさ」をもっと知って欲しいです!サッカーは点が入らないから面白い!

スコアレスドロー。この言葉を聞いて何を想像されるだろう?    

記事を読む

祝!50年ぶりの優勝!関西学院高サッカー部が兵庫県代表に!

50年と言えば、半世紀。半世紀といえば、一世紀の半分。つまり四半世紀の倍の時間が半世紀で、その年月が

記事を読む

最後にして、初めての元旦

皆様、明けましておめでとうございます。 2008年にスポナビブログにて書き始めた「読裏クラブの

記事を読む

大杉漣さん逝く。サッカー界の名バイプレーヤーよ永遠に!

「大杉漣さん死去」。それは突然の訃報だった。「え?」っと思わず絶句した人もホントに多かったのでは?

記事を読む

神戸の新監督はグラディオーラの師匠、ファン・リージョ。いよいよ本気か!?

異例だった。「ヴィッセル神戸の吉田監督が退任し、午後から新監督が発表されます」というニュースが午前中

記事を読む

イニエスタよ!もうちょっとだけ、もうちょっとだけ、我慢してくれよん!

暑い。とにかくこの暑さは尋常でない。ほとんど毎日のように「熱中症」というフレーズが飛び交っている。先

記事を読む

1位がネイマール、2位がメッシ、49位がクリロナ!?って。これ、何の順位やねん!?

1位はネイマール。(うん、まぁそうかい。ちょっと買いかぶりかもよ?)2位はメッシ。(全然面白くもなん

記事を読む

人口が減らない!「新潟・聖籠町」のヒミツはサッカーにあった!

先日のカーリング女子の「吉田知」選手の凱旋コメント「何もない町だよね?でも~~~」を聞いたときにはか

記事を読む

藤川孝幸の魂よ永遠なれ!読売クラブ戦士が逝く

元東京ヴェルディの、いや元ヴェルディ川崎の、いや・・元読売クラブのゴールキーパー、藤川孝幸が56歳と

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




強い勝ち方のスコアって?ポイチ・ジャパンは強いのか?

ここで突然の問題です。   皆さんはサッカーの試

1月17日、鎮魂の歌。「満月の夕」を

今年も1月17日がやってきました。あれから24回目。24年目となります

アジアカップのグループリーグ突破について(僕も)一言

2019年のアジアカップが始まってます。   日

日本のGK 仮面ライダー1号・2号 同時引退!

突然ですが・・・「ゴールキーパーってつくづく因果な商売やなぁ~」って、

自分が自分につながる道。カミーノ。

今回はスペインのお話しです。スペインと言ってもリーガー・エスパニョーラ

→もっと見る

  • 2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑