*

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか、「王の中の王」とか。これぞ!〇〇という時に使うわけですが、最近この表現にピッタリの人がこの世を去りました。

 

その人の名は・・・

 

ウィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏(←メチャメチャ言い難いと同時に、メチャメチャ覚えにくいと同時に、メチャメチャ打ち難い=爆泣)

 

そう、プリミアリーグの、あのレスターのオーナーです。

 

まだプリミアが出来るまえ、イングランドリーグだった時代、イングランドのフットボールクラブのオーナーはほとんどがイギリス人でした。ま、「我が母国の我が街の我がクラブのオーナーが外国人なんて考えられない」そんな時代でした。

 

なので、そのクラブのオーナーはほとんどが地元の名士とか貴族流れのお金持ちとかであって、しかも我がクラブの熱狂的なサポーターでありました。「お金は出すが口も出す。だって俺は誰よりもこのクラブを愛しているのだからね」というスタイル。旧き良き時代とでもいいましょうか。

 
 

<Sponsered Link>



 
 

 

 

それが1992年にプリミアが出来て、あのアブラヒモビッチに代表される外国人の大量進出で、昔からのオーナー像というのもかなり変わりました。プリミアが格好の投資先になってしまって「金は出すけどクラブに興味なし」みたいなオーナーが、そしてイギリス人ではない外国人がオーナーとなるようになりました。そのオーナーたちはプリミアのサッカークラブはあくまで「投資の対象」であって「人生を賭す」ようなものではないというスタンスね。

 

今のアーセナルのアメリカ人オーナーなんて、試合を見に来たことなんてもうまったくと言っていいほどないんだとか。それでもクラブのためにお金は出してくれるから、ガナーズサポも黙ってそれを黙認(←はい、読裏得意の二重表現ね!)するしかない。

 

本当は「オラがクラブ」、「オラの人生の全てを傾けるクラブ」の大ボス(=オーナー)には、オラ以上の情熱をそのクラブに注いでもらいたいんだけれど、そういうオーナーはもうほとんどいない。あちらを望めばこちらが立たずみたいな、そんな欲求不満が地元の熱狂サポーターにはくすぶっている・・・そんなこの時代に・・・

 

このタイ人である外国人オーナーはまったく違った行動をとっていました。

 

レスターのゲームは出来る限りに顔を出して選手を励まし、そのうえにホームの試合などではサポーターに無料でビールやピーナッツを提供し、大事な試合ではマフラーなどもサポーターに無料で配布。とにかくチームの調子が良くても悪くても、その日の試合に注ぐ情熱はいつも同じ。旧き良き英国人オーナーと同じようなスタンスでレスターというクラブと関わっていました。

 

だからレスターの街の人々(サポーター)は、誰もが彼を愛し、決して「外人さん」なんて扱いはせずに、あくまでも「同志」として彼を街に迎え入れていたらしい。ええねぇ~、こういう話。

 

でも、「憎まれっ子世にはばかる」・・・じゃなかった、「良い人ほど早くこの世を去る」というのはどうも本当らしく、なんとこのレスターの試合を見たあとに乗り込んだヘリコプターが墜落して、亡き人となってしまいました。

 

それにしてもこのオーナーの企業の名前が皮肉というか印象的。KINGやもんね。まさに、このウィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏こそ、「オーナーの中のオーナー」、KING OF OWNERやね!

 

18年11月10日は、そのオーナーが事故死してから初めてのホーム戦。レスターはこの試合でオーナーを偲ぶ特別ユニフォームを着て試合に臨むのだとか。この試合、見たいなぁ~~。どんな雰囲気で、どんな試合になるんやろ。多分選手は死ぬほど走って、死ぬほど頑張るんだと思うよ。

 

岡崎もちょっとでいいから出て、走り廻って欲しいな。

 
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!
 

 

 

 

サイドバナー




関連記事

ダイナミック琉球はサッカーの応援にも使えるぞ!

夏真っ盛り。夏と言えば・・・?はい。やっぱり旧い我々「おっさん世代」は、夏の甲子園やね。もう見るだけ

記事を読む

祝Jリーグ開幕!新四半世紀のスタート。今年の目標はこれだ!

いよいよです。今年もまたJリーグが開幕です。今年でJリーグも26年目。25年を四半世紀として一区切り

記事を読む

西野朗監督初陣!W杯選手選考前夜試合なので・・・!ガーナ戦の採点

いやぁ~、メチャメチャ久しぶりですが、(W杯の採点練習という意味もありますが、やっぱり西野さんの初陣

記事を読む

2018年の名古屋グランパスは台風の目になるジョー?

先日、2018年度を戦う名古屋グランパスの新加入選手とともに全メンバーの背番号も発表されました。

記事を読む

韓国君に教えたいこと。オーストラリア君に教えてもらいたいこと。

アジアカップのベスト8が出揃いました。常連の韓国も、オーストラリアも、イランも順当に勝ち上がってきて

記事を読む

代表がいっぱい。令和元年の6月は代表三昧!

令和になって1ヶ月強。いよいよ6月15日からは、コパ・アメリカが始まる。東日本大震災のために、辞退し

記事を読む

西野ブランド赤丸急上昇!セネガル戦の採点

それではセネガル戦(WC)の採点です。   GK 川島 5.5 出た出た出た出た~~

記事を読む

「このくにのサッカー」。日本人初のFIFA特別賞受賞の最高齢サッカージャーナリストが語る。

私が一昨年(2016年)の5月からお邪魔している、サッカーフリークにとっては、ワールドカップ決勝戦の

記事を読む

長谷川健太の同級生「さくらももこ」さん死去。頑張れ!清水エスパルス

また訃報です。今年は特にそう感じるんだけど、一報を聞いて(正確にはスマホのニュースが飛び込んでくるの

記事を読む

ドイツvsメキシコ戦の所感。やっぱ守備やなぁ~。もう一度アギーレを呼ぶ?

人はよくスペインのことを「無敵艦隊」と呼んでいるが、僕から言わせるとホンマの無敵艦隊こそドイツ。ドイ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




崎陽軒のシウマイと似た世界はここにもあるよ。関西学院の読み方の都市伝説について

ひょんなことから話題になった「崎陽軒のシウマイ」。”ひょんなこと”とい

もしかして人生初?お盆に直撃!台風10号でUターンラッシュに大打撃。車も新幹線もどうなるのか?

お盆の真っただ中。帰省のラッシュも一段落して、あと数日すればUターンラ

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれ

→もっと見る

  • 2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券