*

天皇杯決勝にサッカー界の大谷翔平登場!その選手の名は!?

公開日: : サッカー

1月1日の元旦。サッカーを愛する人ならば、元旦イコール天皇杯決勝。これがもう身体に沁みついていることでしょう。そんな元旦決勝も今回が最後となる天皇杯。そんな天皇杯の決勝に、大きな衝撃が走りました。それは「サッカー界の大谷翔平」が颯爽とその姿を現したから。

 

え?そんな選手いた?そんなイケメン、で、若くて、圧倒的な力を持つ選手っていた?ってお思いの方。

 

大谷翔平といえばなんですか?

 

イケメンだけじゃないでしょう?若さだけではないでしょう?大谷と言えば?

 

はい。そうです。「二刀流」です。

 

で、この天皇杯の決勝で見事にその二刀流を使いこなした選手がその能力をいかんなく発揮しました。それがセレッソ大阪の「山村和也」選手。

 

<Sponsered Link>



 

この山村、元々は鹿島の選手だったし、元々はボランチの選手です。大谷翔平よりはちょっと年齢がいってて、今年28歳。ただ、国見→流通経済大というエリートコースを歩み、鹿島加入の際もその能力は高く評価されていた逸材。そんな山村をワタクシ、読裏としては「遠藤二世」とか「遠藤の後任は山村」とかなり声を大にしてアッピールしていたものだった。

 

そんな山村が今、セレッソでその異才をいよいよ発揮しだしたのだ。ユン・ジョンファン監督の慧眼もあって、なんと今年の春から彼はトップ下というまったくの新境地で試合に出場。当時僕だってこれを聞いた瞬間「え?山村が?そんなにセレッソって前がいなかったっけ?」と思ったほどだ。ただ、山村がトップ下に入るとまったく違ったサッカーが可能になる。なんと言っても186cmというその上背が、長く高いボールをしっかりうけとめるし、セレッソ独特の「前でのコチョコチョ」も、山村の個人技なら充分に対応が可能なのだ。

 

そんな山村を中心に攻撃を仕掛け、後半のある時間帯でリードを確保すると、山村は「スーっ」っと引いて、ボランチどころかその後ろの最終ラインに入って、残り時間の相手の攻撃を跳ね返す壁に早変わりするのである。

 

まるであの日本シリーズで打者として試合に出て攻撃を組み立てたあとに、9回だけ抑えのマウンドに登った「大谷翔平」のようだったのだ。

 

ユン・ジョンファン、アンタはクリヤマかい?そう思ったサッカーファンも決して少なくはないほど多くもないとは言えないけれど、やっぱりそれでも決して少なくはないし、多いと言えないこともないぐらい、少なくないだろう!(←結局それなりに多いという表現になる)

 

FWにも、MFにも、そしてDFにもなれる山村和也。2010年の1試合しか代表に呼ばれていない山村和也ではあるが、23人しか呼べず、そのバックアッパーの人選には苦労する、ロシアW杯の日本代表には最も重宝する存在ではないだろうか?

サイドバナー




関連記事

西野ブランド赤丸急上昇!セネガル戦の採点

それではセネガル戦(WC)の採点です。   GK 川島 5.5 出た出た出た出た~~

記事を読む

大変な駆け引きが繰り広げられたクラシコ。メッシが伝説のプレーヤーと並んだ日。

クリスマスウィークの週末。サンチャゴ・ベルナベウ、レアル・マドリーの本拠地にてクラシコが行われた。普

記事を読む

バロンドールのモドリッチと区別がつかなかったもう一人の選手とは?

2018年のFIFAが「年間最優秀選手賞」を発表して、「モドリッチ」が、11年ぶりに「あの二人」以外

記事を読む

「ローマは一日にしてならず」は、サッカー界の新しい「ことわざ」 です。

世の中にはいろいろ機知に富んだ「ことわざ」がある。アナタは「ことわざ」と聞いて直ぐに思い浮かべるのは

記事を読む

ロペテギの後任は、ひさびさ・爽やか・アルゼンチン人、サンティアゴ・ソラーリ!

レアルのロペテギ監督が解任された。先のクラシコで1-5の大敗を喰らった時点で完全にアウト!やったね。

記事を読む

日本代表欧州メンバー発表!宇佐美、お帰り。中島、初めまして!そして、え?え?宇賀神!?

ロシアワールドカップの日本代表の最終調整の試合である欧州遠征のメンバー26人が発表された。 &

記事を読む

小笠原満男引退!また一人、ゴールデンエイジが消えていく。そしてあの男は?

日本サッカー界で、燦然と輝いた年代があります。年代=エイジ。燦然と=ゴールデンということで、この年代

記事を読む

ザキトワの演技構成で論戦中に思い浮かんだ一人のサッカー選手とは?

個人資格で参加しているロシアのザキトワ選手が、弱冠15歳の若さで、平昌オリンピックで金メダルを獲得。

記事を読む

コスタ・リカvsセルビア戦の所感。巧い!セルビア!さすが東欧のブラジル!

ブラジルがいよいよ登場!というグループEの裏カードが、ブラジルvsスイスより先に行われました。コスタ

記事を読む

フィッカデンティの敗戦コメント、ソクラテスも顔負けの三段論法に脱帽!

マッシモ・フィッカデンティ。イタリア人。50歳。サガン鳥栖の監督です。   &

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




新元号決定直前企画!新元号の本命はコレだ!?

いよいよあと数日で新元号が発表されます。発表は4月1日の月曜日、まさに

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアと

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑