*

レアルに挑む、鹿島アントラーズというクラブの実体は?

あまり盛り上がってない(というのは僕だけか・・・)2018クラブワールドカップ。久しぶりにアジアを制したJリーグのクラブ、鹿島アントラーズが1回戦を勝ち抜き、次はまた、あの、レアル・マドリ―と再戦ことになりました。

 

今度はレアルだって

 

「ん?ヤポネのカシマ?何それ?」

 

「フーン、、、ジーコが監督してたの。ア、ソウ・・・」

 

てな前回のイメージとは、ちと違うでしょうな。

 

ま、どこまで本気を出して臨んでくるか?は、解りませんが、少なくともセルヒオ・ラモスや、マルセロなんかの当時のメンバーは、「こいつら、あんまり調子に載せると厄介やで!」ぐらいはロッカールームで喋ってくれるかもしれない。

 

いやぁ~、改めて日本のサッカーも強よなったもんです。

 

で、その日本のクラブの中でも、特に「勝負強い」という存在ではずば抜けているのが「鹿島」です。

 

何個も何個も、ほんでもってまたまた何個もタイトルを獲っていても、貪欲に次を狙うクラブ。国内の他のクラブのサポからすればメチャメチャ鬱陶しい存在も、レアルと戦うという位置づけで見ると、それはそれでかなり頼もしい。

 

で、ふとね。急にね。思ったんですよ。

 

「鹿島の(フットボール)スタイルって何なんやろう?」って。

 

<Sponsered Link>



 

いわゆるポゼッション絶対のボール保持主義でもないし。かといってカウンターオンリーのスタイルでもないし。繋ごうと思えば繋げられるけど、けっして必要以上に持たないというか。真ん中も使うし、当然サイドは思いっきり使う。

 

タテの急所にもしっかりと楔は入れるし、かといって強引な「前へ、前へ」でもない。

 

陳腐な言い方をすれば、オールラウンド。万能型。

 

勝ち方だって、1-0を逃げ切ることもできるし、0-1から逆転だってフツーにできる。もっと言えば0-2から追いつくことも珍しくないし、ヘタすりゃ、0-2から3-2にだってできる。

 

もちろん1-0を3-1にして逃げ切ることも朝飯前のようにできる。

 

つまり、なんちゅうか(ほんちゅうか=本中華・・・←これ、昭和の人じゃないとワカンナイと思うけど、こちとらはもう「なんちゅうか」とくれば「ほんちゅうか」としか出てこないわけで。え?まったく関係ない?え?まったく必要ない?はい、しっつれいしましたぁ~~)負ける姿が非常に想像し難いのが「鹿島」というクラブなんよねぇ~。

 

喩えは強引だけれど、どこか「ドイツ」みたいな。強い時代の「イタリア」みたいな。そんな感じです。

 

もっと喩えは違うかもしれないけれど、「自分の型」というものを敢えて持たない「羽生善治」のような感じにも思えないこともないこともないではないかもしれない(苦笑)

 

だから、結構、たぶん、またレアルとは「ええ勝負」すると思うなぁ~~。

 

レアルが負けたら世界中がショックを受けるんやろうけど、一回ぐらいJのクラブがヨーロッパチャンピオンをいわして(←関西弁です。いわす=負かす)くれへんかなぁ~。

 

それに今(今年)のレアル、そんなに強いとは思わへんし!

 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

日本代表の問題点を一気に解決する方法を知ってるんやけど、知りたいですか?

今回のネタは、このタイトルそのものです。日本代表は先の欧州遠征で1分1敗の結果に終わりました。ただ、

記事を読む

17分間の幸せ。ベルギー戦の採点です。

それではベルギー戦の採点です。 GK 川島 6.0 あ。。。あれ。。。。あれ、なに?ようやく超久

記事を読む

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアとボリビア。スコアはコロンビアに

記事を読む

東京にアルゼンチンとブラジルがやってくる!

  東京オリンピックまであと半年を切りました。カウントダウン的なニュースがこれからいよいよ

記事を読む

秋の夜長に読む一冊「スティーブン・ジェラード自伝」

台風の被害に遭われた方々へのお見舞いを申し上げます。 そんな挨拶が通常になる、台風

記事を読む

長谷川健太の同級生「さくらももこ」さん死去。頑張れ!清水エスパルス

また訃報です。今年は特にそう感じるんだけど、一報を聞いて(正確にはスマホのニュースが飛び込んでくるの

記事を読む

Jリーグ開幕!ビッグ3で黒星スタート!だからサッカーは面白い

平成最後の・・・あ、いや、新元号の最初の・・・Jリーグが、いよいよ始まりました!!  

記事を読む

「彼」のような立場になるとマトモに生きる自信がない。

「彼」の評判がどんどん上がっている。 今「彼」は、超ビッグなワールドワイドのグローバル企業に転

記事を読む

サッカーで5つの新ルール変更を実験!その内容と結末は?

  サッカー(というより、フットボール)が、なぜこれほど世界に普及したのか?という問いに対

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループCの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




マンチェスターユナイテッドが久々の首位!暫定やけど

)今回は久しぶりに本格的?な、フットボールネタを。 プレミアリー

檸檬堂が売れるとホンマに思ってた?

日本コカ・コーラボトラーズが販売する缶チューハイ「檸檬堂」が売れに売れ

26回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから26回目。26年目、もう四半

今年は「忙しい人」にならないようにします!

あっという間に新年1月も半ばを過ぎました(汗)ほんま、あっと言う間。リ

中山雅史、引退じゃない事実上の引退。

中山雅史、53歳。選手としてJ3の沼田を退団し、今季から古巣ジュビロの

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券