*

レアルに挑む、鹿島アントラーズというクラブの実体は?

あまり盛り上がってない(というのは僕だけか・・・)2018クラブワールドカップ。久しぶりにアジアを制したJリーグのクラブ、鹿島アントラーズが1回戦を勝ち抜き、次はまた、あの、レアル・マドリ―と再戦ことになりました。

 

今度はレアルだって

 

「ん?ヤポネのカシマ?何それ?」

 

「フーン、、、ジーコが監督してたの。ア、ソウ・・・」

 

てな前回のイメージとは、ちと違うでしょうな。

 

ま、どこまで本気を出して臨んでくるか?は、解りませんが、少なくともセルヒオ・ラモスや、マルセロなんかの当時のメンバーは、「こいつら、あんまり調子に載せると厄介やで!」ぐらいはロッカールームで喋ってくれるかもしれない。

 

いやぁ~、改めて日本のサッカーも強よなったもんです。

 

で、その日本のクラブの中でも、特に「勝負強い」という存在ではずば抜けているのが「鹿島」です。

 

何個も何個も、ほんでもってまたまた何個もタイトルを獲っていても、貪欲に次を狙うクラブ。国内の他のクラブのサポからすればメチャメチャ鬱陶しい存在も、レアルと戦うという位置づけで見ると、それはそれでかなり頼もしい。

 

で、ふとね。急にね。思ったんですよ。

 

「鹿島の(フットボール)スタイルって何なんやろう?」って。

 

<Sponsered Link>



 

いわゆるポゼッション絶対のボール保持主義でもないし。かといってカウンターオンリーのスタイルでもないし。繋ごうと思えば繋げられるけど、けっして必要以上に持たないというか。真ん中も使うし、当然サイドは思いっきり使う。

 

タテの急所にもしっかりと楔は入れるし、かといって強引な「前へ、前へ」でもない。

 

陳腐な言い方をすれば、オールラウンド。万能型。

 

勝ち方だって、1-0を逃げ切ることもできるし、0-1から逆転だってフツーにできる。もっと言えば0-2から追いつくことも珍しくないし、ヘタすりゃ、0-2から3-2にだってできる。

 

もちろん1-0を3-1にして逃げ切ることも朝飯前のようにできる。

 

つまり、なんちゅうか(ほんちゅうか=本中華・・・←これ、昭和の人じゃないとワカンナイと思うけど、こちとらはもう「なんちゅうか」とくれば「ほんちゅうか」としか出てこないわけで。え?まったく関係ない?え?まったく必要ない?はい、しっつれいしましたぁ~~)負ける姿が非常に想像し難いのが「鹿島」というクラブなんよねぇ~。

 

喩えは強引だけれど、どこか「ドイツ」みたいな。強い時代の「イタリア」みたいな。そんな感じです。

 

もっと喩えは違うかもしれないけれど、「自分の型」というものを敢えて持たない「羽生善治」のような感じにも思えないこともないこともないではないかもしれない(苦笑)

 

だから、結構、たぶん、またレアルとは「ええ勝負」すると思うなぁ~~。

 

レアルが負けたら世界中がショックを受けるんやろうけど、一回ぐらいJのクラブがヨーロッパチャンピオンをいわして(←関西弁です。いわす=負かす)くれへんかなぁ~。

 

それに今(今年)のレアル、そんなに強いとは思わへんし!

 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

ロシアW杯でテルスター復活!?歴代W杯で最高のサッカーボールとは?

サッカーで最も必要なものは何でしょうか?ゴール?審判?ユニフォーム?それとも選手でしょうか?

記事を読む

4月を前に、知っておいて欲しい話です。「継続こそ力なり」。

もうすぐ4月です。   4月は新学期、新社会人、新生活の季節。いろいろ環境が変

記事を読む

ピピ、見参!中井卓大がいよいよ日本代表に招集!

ロシアワールドカップが終わって、森保ジャパンの船出はこれ以上ないほどの順調さ。戦績もさることながら、

記事を読む

CLの準々決勝カードが決定!さぁ、ここからがホンマのCLだ!

17-18チャンピオンズリーグの準々決勝カードが抽選の結果決まりました!改めてここでその4カードをご

記事を読む

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく今日になって、その原因と仕組み

記事を読む

ロペテギの後任は、ひさびさ・爽やか・アルゼンチン人、サンティアゴ・ソラーリ!

レアルのロペテギ監督が解任された。先のクラシコで1-5の大敗を喰らった時点で完全にアウト!やったね。

記事を読む

風前のロペテギ

日本のプロ野球では、巨人の高橋監督が、阪神の金本監督が、それぞれ成績不振の責任を取って辞任を発表しま

記事を読む

アジアカップのグループリーグ突破について(僕も)一言

2019年のアジアカップが始まってます。   日本はグループF。相手は初戦がト

記事を読む

ブンデスリーガ最前線に異常あり!

日本では台風一過を越えるたびに、「秋深まりし・・・」で、金木犀の薫りが濃くなってきました。 &

記事を読む

12月1日、W杯抽選の時はポットとポッド。どっちが正しいのか?

W杯の出場を決めている国の人たちにとって、その前年の12月1日は我々サッカーフリ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

セブン・イレブンよ。初心に帰ろうぜ!?

セブン・イレブン。   こう聞いて &nb

新記録が更新されたら連続記録は途切れるの法則

「記録は破られるためにある」   誰が最初に語っ

→もっと見る

  • 2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑