*

レアルに挑む、鹿島アントラーズというクラブの実体は?

あまり盛り上がってない(というのは僕だけか・・・)2018クラブワールドカップ。久しぶりにアジアを制したJリーグのクラブ、鹿島アントラーズが1回戦を勝ち抜き、次はまた、あの、レアル・マドリ―と再戦ことになりました。

 

今度はレアルだって

 

「ん?ヤポネのカシマ?何それ?」

 

「フーン、、、ジーコが監督してたの。ア、ソウ・・・」

 

てな前回のイメージとは、ちと違うでしょうな。

 

ま、どこまで本気を出して臨んでくるか?は、解りませんが、少なくともセルヒオ・ラモスや、マルセロなんかの当時のメンバーは、「こいつら、あんまり調子に載せると厄介やで!」ぐらいはロッカールームで喋ってくれるかもしれない。

 

いやぁ~、改めて日本のサッカーも強よなったもんです。

 

で、その日本のクラブの中でも、特に「勝負強い」という存在ではずば抜けているのが「鹿島」です。

 

何個も何個も、ほんでもってまたまた何個もタイトルを獲っていても、貪欲に次を狙うクラブ。国内の他のクラブのサポからすればメチャメチャ鬱陶しい存在も、レアルと戦うという位置づけで見ると、それはそれでかなり頼もしい。

 

で、ふとね。急にね。思ったんですよ。

 

「鹿島の(フットボール)スタイルって何なんやろう?」って。

 

<Sponsered Link>



 

いわゆるポゼッション絶対のボール保持主義でもないし。かといってカウンターオンリーのスタイルでもないし。繋ごうと思えば繋げられるけど、けっして必要以上に持たないというか。真ん中も使うし、当然サイドは思いっきり使う。

 

タテの急所にもしっかりと楔は入れるし、かといって強引な「前へ、前へ」でもない。

 

陳腐な言い方をすれば、オールラウンド。万能型。

 

勝ち方だって、1-0を逃げ切ることもできるし、0-1から逆転だってフツーにできる。もっと言えば0-2から追いつくことも珍しくないし、ヘタすりゃ、0-2から3-2にだってできる。

 

もちろん1-0を3-1にして逃げ切ることも朝飯前のようにできる。

 

つまり、なんちゅうか(ほんちゅうか=本中華・・・←これ、昭和の人じゃないとワカンナイと思うけど、こちとらはもう「なんちゅうか」とくれば「ほんちゅうか」としか出てこないわけで。え?まったく関係ない?え?まったく必要ない?はい、しっつれいしましたぁ~~)負ける姿が非常に想像し難いのが「鹿島」というクラブなんよねぇ~。

 

喩えは強引だけれど、どこか「ドイツ」みたいな。強い時代の「イタリア」みたいな。そんな感じです。

 

もっと喩えは違うかもしれないけれど、「自分の型」というものを敢えて持たない「羽生善治」のような感じにも思えないこともないこともないではないかもしれない(苦笑)

 

だから、結構、たぶん、またレアルとは「ええ勝負」すると思うなぁ~~。

 

レアルが負けたら世界中がショックを受けるんやろうけど、一回ぐらいJのクラブがヨーロッパチャンピオンをいわして(←関西弁です。いわす=負かす)くれへんかなぁ~。

 

それに今(今年)のレアル、そんなに強いとは思わへんし!

 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

レアル・マドリ―移籍に選択肢は3つ存在!この気持ちわかるなぁ~。

レアル・マドリーにまた一人の男が移籍したようです。このクラブには、いったいどれだけのサッカー選手が、

記事を読む

8年ぶりのJリーグ、鹿島復帰の内田篤人が凄い!実は今頃気づきました。

内田篤人が鹿島に復帰しました。8年ぶりのJリーグらしいです。シャルケに7年、ウニオン・ベルリンに1年

記事を読む

ピピ、見参!中井卓大がいよいよ日本代表に招集!

ロシアワールドカップが終わって、森保ジャパンの船出はこれ以上ないほどの順調さ。戦績もさることながら、

記事を読む

サッカーワールドカップ。応援するなら期待しよう!期待しないのに応援してはしてはいけません。

今回は、非常にシンプルな事をシンプルに伝えたい。   いよいよワールドカップが

記事を読む

コスタ・リカvsセルビア戦の所感。巧い!セルビア!さすが東欧のブラジル!

ブラジルがいよいよ登場!というグループEの裏カードが、ブラジルvsスイスより先に行われました。コスタ

記事を読む

世界で最も過酷なリーグが日本にある!?

J2が第14節を終了して、ちょうど「21試合×2=42試合」の3分の1を消化しました。 &nb

記事を読む

怪物くん。引退を表明。ドリフ大爆笑のあの鉄板フレーズはもう使えないのか?

アナタは「怪物くん」と聞いたら何を思い浮かべますか?   「♪おれは、かいぶつ

記事を読む

アルゼンチンvsクロアチア戦の所感 なんでこんなことになっちまったんだ?

アルゼンチンvsクロアチアの所感。というタイトルですが。。。所感というよりは、嘆きという方が正しいし

記事を読む

4月を前に、知っておいて欲しい話です。「継続こそ力なり」。

もうすぐ4月です。   4月は新学期、新社会人、新生活の季節。いろいろ環境が変

記事を読む

韓国君に教えたいこと。オーストラリア君に教えてもらいたいこと。

アジアカップのベスト8が出揃いました。常連の韓国も、オーストラリアも、イランも順当に勝ち上がってきて

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




コパ・アメリカのセレソンのロッカールームでの会話

今まであまり詳しいことは述べてこなかったが、我々「読裏グループ」は、世

さすが英国!007に黒人女性。その驚きの表現がまた洒脱

英国のスパイ映画、あのジェームス・ボンドこと007シリーズ。 &

実は僕はフェンダーミラー派。なぜタクシーはフェンダーミラーにするのか?

最近、ふと、思ったことですが・・・。   タクシ

ブラジル戦評を、あの「岡田監督」にインタビューしました。

「日本、王国に惨敗!」   という、見出しがスポーツ

ハムストリングの別名は「紅茶の美味しい〇〇〇」

「歌は世につれ、世は歌につれ」とはよく言われるフレーズであるが、世につ

→もっと見る

  • 2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券