*

ロシアワールドカップのドサとクサに紛れて。ヨシトよ。君の生き方は凄い!

それは、2018年6月25日の出来事でした。日本中(正確には日本のサッカーフリーク全員+その他サッカーに注目している人たち全員)が、2018ロシアワールドカップのグループリーグの結果に一喜一憂しているときです。

 

我がアルゼンチンは、なんとアイスランドに痛恨のドローという泥試合(←はい。ドローと泥を掛けてます。はい。めっちゃベタです。はい。しょうもないことは充分に承知しています。はい。でも書かずにはおられなかったのです。はい。ごめんなさい)を演じたそんな時期です。

 

アジアの雄、日本は、奇跡の開始早々3分退場という判定を追い風に、奇跡の勝ち点3を獲って、「さぁ!次のセネガル戦でラウンド16進出決定だ!」と、浮かれまくっていたときです。

 

そんなときに、某スポーツ新聞が、某日刊スポーツという新聞が、こんなネタをアップしておりました。

 

「大久保嘉人 ジュビロ磐田へ電撃移籍」

 

おいおい!?マジか?ホントかよ?と、そのネタを読んだときはかなり驚きが走ったのですが、なんせ毎日毎日深夜に超ハイスペックな試合を見ていて、睡眠不足もピークに達しようとしていた私の頭は、その驚きを記憶する余裕もなく、それから2週間経っちまったわけです。

 

で、ふと、思い出し、「おっと!そう言えば大久保は?どうなったんかな?」と、思ってサクサクといろんなところを見て回ったら・・・

 

なんとまぁ、先日は「ジュビロ磐田ファン感謝デー」なぞというイベントに参加して「パイ投げ」の的になって顔中パイだらけになって楽しそうに走り廻っているじゃ、あ~~~~りませんか!?(by チャーリー浜)

 

なんじゃこれ?

 

確か、君は、昨年暮れに、FC東京から川崎に復帰移籍したんじゃなかったっけ?そのFC東京に移籍するときも「川崎の体質が攻撃的ではなくなった」なんて言って移籍してたんじゃなかったっけ?「どの〇〇さげて・・・」と、川崎復帰のときに思った人も少なくなかったはず。現に君もそんな声があるのは承知のうえで、川崎が迎え入れてくれたことに感謝の言葉を発していなかったっけ?

 

その感謝すべき川崎をまたまた半年で出て今度は「磐田」かぁ~。

 

確かに君は3年連続Jの得点王という実績もあるし、迎え入れるクラブからしたら確実に「何点かは上積み」できる計算が立つ選手だとは思うよ。

 

磐田の名波監督はこんな言葉で君を評しているしね。

 

「日本人の中では群を抜いて大久保がシュートが上手い。ミート率が高いうえに、パワーもある」

 

でもなぁ~~~~。。。名波さんよ、その群を抜いてシュートが上手い選手は、いつまでそのクラブにいるかワカランというのもしっかり頭に入っているんやろうか?ま、監督という稼業もそんなにいつまでもそのクラブにはいないという前提もあるけどね。

 

<Sponsered Link>



 

それにしても・・・

C大阪→マジョルカ→C大阪(復帰)→V神戸→ヴォルフスブルク→V神戸(復帰)→川崎F→FC東京→川崎F(復帰)→磐田

 

改めて振り返ると、古巣への復帰が3度。でも3度とも次の移籍話が出ると旅立って・・・。すげーよ。それだけ人に乞われるわけだし、乞われるだけのポテンシャルを常に発信しているということだろう。

 

古巣への想いを断ち切って・・・次のステージへ旅立つその姿勢。。。

 

前へ前へ向かう、まさにFWの鑑のような生き方じゃないか!?その姿勢は、まさに日本人離れしているよな。

 

「俺はプロ。呼ばれたら、乞われたら、どこでもやるぜ!?」的な姿勢はまさにプロフェッショナル!

 

まさに日本の中の日本人助っ人!

 

嘉人よ!W杯の開催中に・・・このドサとクサの合間に・・・。まったくもって尊敬するぜ!

 



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

南米っていう表記は本当に正しいのだろうか?その疑問を今、全公開します!

「読裏クラブのワンツー通し」時代からこのブログを読まれている方々ならば、私が実はアルゼンンチン人であ

記事を読む

アジアカップのグループリーグ突破について(僕も)一言

2019年のアジアカップが始まってます。   日本はグループF。相手は初戦がト

記事を読む

サッカー日本代表に、ラファエル・シルバを入れる方法(画期的な賀川浩案!)

浦和レッズが10年ぶりに、ACL王者に輝き、12月6日から始まる「クラブワールド

記事を読む

大変な駆け引きが繰り広げられたクラシコ。メッシが伝説のプレーヤーと並んだ日。

クリスマスウィークの週末。サンチャゴ・ベルナベウ、レアル・マドリーの本拠地にてクラシコが行われた。普

記事を読む

阪急電車で聞いた「日本もここまで来たか」感の話

いやぁ~~、日本もえらい国になったもんです!! というのが本日のお題。   別

記事を読む

やっぱりサッカーは〇〇〇やねぇ~!

最近は新しいサッカーネタが少なくなってきてます。その中で元々あまり書かなかった「Jリーグ」ネタとなる

記事を読む

10年ぶりに復活した「入れ替え戦」がヤバ過ぎるぜ!だからサッカーは面白い!

プロ野球になくてJリーグにあるものはなんでしょう?   そう問われるといろいろ

記事を読む

まったく何を言っているのか解らん日本代表分析を見つけました

アジアカップ決勝のカタール戦。日本は残念な結果に終わってしまったが、どことなく一人「残念ではない?」

記事を読む

香川真司がやってのけたぜ!9分間で2点は、トルコの宝石箱やぁ~~!

香川がトルコのベシクタシュに移籍したのが1月31日。そしてなんと!その4日後の2月4日には、もう新し

記事を読む

後任は西野さん?ハリルホジッチ電撃解任で遠藤復帰も!?

ハリルホジッチ解任!の一報が携帯の速報で朝一番に飛び込んできました。ちょっと驚き。でも意外ではなかっ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




崎陽軒のシウマイと似た世界はここにもあるよ。関西学院の読み方の都市伝説について

ひょんなことから話題になった「崎陽軒のシウマイ」。”ひょんなこと”とい

もしかして人生初?お盆に直撃!台風10号でUターンラッシュに大打撃。車も新幹線もどうなるのか?

お盆の真っただ中。帰省のラッシュも一段落して、あと数日すればUターンラ

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれ

→もっと見る

  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券