*

神戸の新監督はグラディオーラの師匠、ファン・リージョ。いよいよ本気か!?

異例だった。「ヴィッセル神戸の吉田監督が退任し、午後から新監督が発表されます」というニュースが午前中に流れたのだ。

 

普通は「解任と就任」は同時発表でしょ?

 

それが、時間をずらすということは???そんだけ監督の就任発表に力(リキ)が入っているというか、「普通の発表やないからね!」というメッセージが込められているわけでしょ?

 

僕は神戸に住んでいるけれど、神戸のサポではないので、どこかこのクラブを冷静に客観的にいつも見てるんだけどさ、どこかここって「空回り感」が強いのよね。補強もそれなりにするんだけれど、どこか「根無し」という感じでさ。

 

だから、ポドルスキを獲得したときは、「ああ、またか」ぐらいにしか思わなかったんよ。なんせここは「イルハン」で痛い目に遭っていたりして、一貫した強化というよりも、その時その時の雰囲気で強化を図ってるイメージが強かったからね。

 

ところが、そこから間を置かずにイニエスタを獲得したので、ちょっとビックラ仰天。でも、これだって年棒は確かに32億か33億かしらんけど、「ネームバリュー」と「スターダム」に大金をはたくという感じで、「地道なクラブの強化」というようには思わなかった。

 

でもね、その裏でね、結構しっかりと強化のベクトルを継続してたのよ。

 

それがこの2人以外の外国人の補強。若きカタール代表DFのアフメド・ヤセル、ブラジルFWのウェリントン、キーパーもキム・スンギュという外国人。地味だけどしっかりとチームの急所を抑えてるかんじ。

 

そして最近のニュースでは「車屋(川崎フロンターレ」の獲得を、シーズン終了を待たずしてオファーするという。

 

おいおい、何か、ちょっと、いつもと違うやん?本気っぽいやん?って・・・。ちょっとだけ、ちょっとだけ思ってたんだけどね。

 

でもこの「ちょっとだけ」が、今日は「ごっつぃ」にかなり変わりました。「これで自信が確信に変わりました」というあの松坂大輔の名言のスタイルを借りるなら、『これで神戸の強化の意図が「ちょっとだけ」から「ごっつぃ」に変わりました』みたいな。はい、いつものように「まんま」です(爆)

 

<Sponsered Link>



今日神戸が発表した監督は、ファン・マヌエル・リージョ。この人、あのグラディオーラが「最も影響を受けた指導者の一人」として、師と仰ぐ存在。スペイン一筋(ちょこっとだけメキシコも)で、攻撃的パスサッカーを標榜する、一流の戦術家である。現在はあのチリで仕事をしていたが、たぶん、三顧の(三つの木谷という表現の方が正しいか・・・)礼で迎え入れられたのだろう。もちろんイニエスタという存在が大きかったんだろうけど。

 

そら、誘われる方も「え?イニエスタがおるん?おっと!ポドルスキ―もいるんやて?」ってなったら、やる気もまったく違ってくるわね。

 

本当は「鳴り物入り」という意味では、シーズン終了後の「真っ新」状態で、「じゃんじゃじゃ~~~ん!」という形で就任した方がニュースバリューはあるんだろうけれど、チームを一日でも早く把握したいとなれば、シーズン途中でも全然オッケーだろう。それにまだACLの出場権もまったく視野に入れることができる順位だしね。

 

いやぁ~、しかし、最近あんまりインパクトのあるネタが少なかったのですが、さすがに今日は「速攻でネタアップ」になるような、ビッグニュースでした。

 

やるやん!神戸!やるやん!ヴィッセル!こら、完成されたヴィッセルのサッカーを早く見てみたいもんです。もしかしたら日本でバルセロナ(のようなサッカー)が観られるかもしれんよ!?

 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

最後にして、初めての元旦

皆様、明けましておめでとうございます。 2008年にスポナビブログにて書き始めた「読裏クラブの

記事を読む

風前のロペテギ

日本のプロ野球では、巨人の高橋監督が、阪神の金本監督が、それぞれ成績不振の責任を取って辞任を発表しま

記事を読む

長谷川健太の同級生「さくらももこ」さん死去。頑張れ!清水エスパルス

また訃報です。今年は特にそう感じるんだけど、一報を聞いて(正確にはスマホのニュースが飛び込んでくるの

記事を読む

藤川孝幸の魂よ永遠なれ!読売クラブ戦士が逝く

元東京ヴェルディの、いや元ヴェルディ川崎の、いや・・元読売クラブのゴールキーパー、藤川孝幸が56歳と

記事を読む

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか、「王の中の王」とか。これぞ!

記事を読む

「このくにのサッカー」。日本人初のFIFA特別賞受賞の最高齢サッカージャーナリストが語る。

私が一昨年(2016年)の5月からお邪魔している、サッカーフリークにとっては、ワールドカップ決勝戦の

記事を読む

蓮舫も山尾も顔負け。Jリーグを渡り歩く男。「おいおい・・・」

人生長く生きていると、いろいろ興味深いものを見ることができる。その時に発する言葉は「おいおい・・・」

記事を読む

バレンタインデーが近づくと考える、男前論

もうすぐバレンタインデー。昔と違って最近はずいぶんと僕の周りもバレンタインデーは様変わりして、「今日

記事を読む

阪急電車で聞いた「日本もここまで来たか」感の話

いやぁ~~、日本もえらい国になったもんです!! というのが本日のお題。   別

記事を読む

究極の対決(選択)!気持ちが引き裂かれる対戦。試合の結果は?

その昔、それは今から20年前のことです。1998年。日本代表が初めてワールドカップに出場しました。ワ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




僕にも巨人軍の後輩ができました!その名は坂本!

皆さんは、出身の学校で有名人のOBや、有名人の後輩がいらっしゃるでしょ

池江璃花子が白血病を公表。頑張れ!頑張れ!そして・・・頑張って・・・勝ってまえ!

競泳の池江璃花子選手が自身の白血病を公表した。日本水泳連盟も緊急会見し

2月12日はレトルトカレーの日!

先日、とある企画で「今日は何の日?」という書き物をしたのですが、そこで

何があったんだ?松倉悦郎!?

僕には憧れの職業がある。その1つが、スポーツアナウンサー。試合をお金を

バレンタインデーが近づくと考える、男前論

もうすぐバレンタインデー。昔と違って最近はずいぶんと僕の周りもバレンタ

→もっと見る

  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑