*

私の天才列伝。栄えある1回目は『礒貝洋光』

今回は勝手に「シリーズ化」を目論んでおります「私の天才列伝!」

その一回目をお贈りしたいと思っております(笑)。

 

皆様は「天才」と聞いて誰を思い浮かべるのでしょうか?

 

ベタな「マ○○ーナ」を筆頭に、それこそ、それぞれの好みと趣向の数だけ、この世に天才は存在しているのでしょう。

 

そして「引退組」と「現役組」とで振り分けたら、圧倒的な、かなりの確率で「引退組」が幅を利かすのも、「人の記憶のノスタルジー」が、天才度を増幅させることになるのかもしれませんね。

 

で、栄えある「私の天才列伝!」第1回目に登場するのは。。。

 

そう、「礒貝洋光」です。

 

<Sponsered Link>



 

「え~~~?礒貝が~~?天才~~~?」と、いぶかる人々も多かろうとは思います。

 

「お前の(サッカーを見る)レベルってそんなもんなの?」と、私を罵倒される方もいらっしゃるでしょう。

 

 

礒貝の天才度というのは、知る人ぞ知るなんですが、なかなか「ええ映像」が残ってないんですよね。天才を感じさせるものが。

(ユーチューブではそれなりに彼の映像が出てきますが、実は「これぞ!」というもんが探しても無かったので、ここでは敢えてご紹介しません)。

でもって、この前行われた「澤登引退試合」の容姿なんかを見てしまった日にゃ~、もう、「ただの土建屋のおっさんじゃん?」みたいになっちまって・・・。

ちなみに、いろんなところでいろんな記事を見てみるとこのような「逸話」が載っておりました。

 

●永井(秀樹)に「マラドーナがどんなに天才だったと言っても、少年時代の礒貝にはかなわない」と言わしめた。

●澤登は「一言で言うと天才。冗談抜きで中田英寿とか小野伸治二以上のモノを持っていた」と語った。

●松波正信は帝京の先輩である礒貝に憧れ、「パスを受けたい」との理由でガンバを選んだ。

 

などですが、私が記憶しているのは、

●ラモスに「俺の跡に10番をつけるのは礒貝しかいない」と言わしめ、

 

そして、もっとも好きな礒貝の逸話は、

●「俺は筋トレはせぇへん。。。。だって筋肉ついたら、ボールタッチが硬くなるやろ?」

というやつです。

 

だいたい「サッカーはチームプレーで自分の出来る限界がある。一人で勝負できるプロスポーツで勝負したい!」って、 29歳になって言いますかね?十何年もサッカーやってて。。。(もちろん度重なる怪我があってのことでしょうが)

 

そこら辺りが一番私が「天才」と称する理由でしょうか?



このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年02月12日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【マ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

秋の夜長に読む一冊「スティーブン・ジェラード自伝」

台風の被害に遭われた方々へのお見舞いを申し上げます。 そんな挨拶が通常になる、台風

記事を読む

1位がネイマール、2位がメッシ、49位がクリロナ!?って。これ、何の順位やねん!?

1位はネイマール。(うん、まぁそうかい。ちょっと買いかぶりかもよ?)2位はメッシ。(全然面白くもなん

記事を読む

実は私はアルゼンチン人なのです!

皆さん、実は非常に大事なことをこのブログにてお伝えしておりませんでした。私としたことが何と言う不覚!

記事を読む

ロシアW杯組分け決定!一番早い8つのグループ評価

ロシアW杯の抽選会が、モスクワ宮殿で厳かに行われ、我々日本代表は最終のH組、の、

記事を読む

「このくにのサッカー」。日本人初のFIFA特別賞受賞の最高齢サッカージャーナリストが語る。

私が一昨年(2016年)の5月からお邪魔している、サッカーフリークにとっては、ワールドカップ決勝戦の

記事を読む

フェリペ・コウチーニョのバルサ移籍を誰よりも先に知っていたのは誰だ?

とうとうというか、いよいよというか、やっぱりというか、ついにというか。。。  

記事を読む

4月を前に、知っておいて欲しい話です。「継続こそ力なり」。

もうすぐ4月です。   4月は新学期、新社会人、新生活の季節。いろいろ環境が変

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ヤ】【ワ】【ン】の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

大変な駆け引きが繰り広げられたクラシコ。メッシが伝説のプレーヤーと並んだ日。

クリスマスウィークの週末。サンチャゴ・ベルナベウ、レアル・マドリーの本拠地にてクラシコが行われた。普

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




『ホンマに来るの?度』史上最大!あのイニエスタがやってくる!その計り知れない影響度

イニエスタが神戸にやってくる?というニュースを最初に見たときには「おう

アーセン・ヴェンゲル退任。遂にこの時がきた!さぁ、次はどこへ?言いたいことは解るよね?

ふと気付くと、4月も終盤に差し掛かってきているではないか?あと何日かす

「ローマは一日にしてならず」は、サッカー界の新しい「ことわざ」 です。

世の中にはいろいろ機知に富んだ「ことわざ」がある。アナタは「ことわざ」

後任は西野さん?ハリルホジッチ電撃解任で遠藤復帰も!?

ハリルホジッチ解任!の一報が携帯の速報で朝一番に飛び込んできました。ち

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ヤ】【ワ】【ン】の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血

→もっと見る

  • 2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑