*

『ホンマに来るの?度』史上最大!あのイニエスタがやってくる!その計り知れない影響度

イニエスタが神戸にやってくる?というニュースを最初に見たときには「おうおう、またガセかよ?」「ほぅ~~、ま、来たらええけどね」「はいはい。ネタがないからってここまで書かんえでもええのに」な~んて、思ってたわけですよ。

 

で、「どうせそんなこと言っても、最終的には、最後はいつものカタールなんやろ?」って思ってました。シャビもいるしね。

 

だから、先日「ほぼ合意!バルセロナのシーズンが終了したら、イニエスタが来日して会見」なんて記事を見たときには、ホンマにホンマにビックラこきました。はい、「ビックラこいた」とは、関西人のニュアンスで言いますと、「びっくりした」のエゲツナイ系。「驚いた」の比較上級系。ま、そんなことはどうでもええんですが、未だにまだ信じられないっすわ。

 

Jリーグが創設されてはや四半世紀。それこそ「外人さん」という選手は山ほど入ってきました。その中でトップクラスと言える選手も多数いました。ブランドで言えばトップはなんと言っても「ジーコ」。その次は「リネカー」かな?

 

J創設10年ぐらいまでは、とにかく「W杯の一流選手」が続々とJリーグに来たわけですよ。先のリネカーもそうだし、スキラッチとかカレカとか。ドゥンガもいたし、レオナルドも来たし、ジョルジーニョも、ストイチコフも来ました。あ、リトバルスキーだって当時の我々日本人からしたら「え?リトバルスキーがホンマに来るわけ?」って思ってたもんです。ついでに言えば「イルハン」もいたけど、直ぐに帰っちまいました。

 

そんな「え?ホンマに来るの?」というのに度合があるとしたら、その度合いではおそらくJリーグ史上最大ポイントになるであろうイニエスタ。ジーコよりもリネカーよりもリトバルスキーよりもおそらく上やろうね。

 

私は神戸に住んでいるのですが、正直「ヴィッセル神戸」のサポではないのです。ご存知な人はご存知でしょうが、ご存知でない人はご存知じゃないので、改めて申し上げますと、私が愛するクラブは「読売クラブ」といいまして、もう今は存在しませんのです。

 

確かに「読売クラブ」は今の「東京ヴェルディ1969」の前身ではあるのですが、やはりそこにはかなりの隔たりがあるわけで(それでもヴィッセル神戸よりは東京ヴェルディ1969の方に思い入れはあるんだけど)、あの熱く燃えた感覚は東京ヴェルディには持てないのよね。

 

だから、今まで神戸の試合なぞはほとんど行ったことがなかったわけです。それはイルハンが来ても、カズが来ても、ポドルスキが来ても同じやったわけです。

 
 

<Sponsered Link>



 

でもね、今回はね、ホンマにね、違いまっさ。なんせイニエスタやからね。彼のプレーを見るだけで楽しい。彼のあの独特のステップと体重移動とコース取りと、身体の入れ方は、絶対に「一見の価値」があるからね。

 

しかしもしイニエスタが神戸に来たら、それこそ「KOBE」というアルファベット4文字は、世界中に再発信されるやろうなぁ~。

 

たぶん、イニエスタを知らないという人は、「JAPANなんて国、知らないよ」という人はいても、「イニエスタなんか知らないよ」という人はいないんじゃないのかな?もしいるとしても、絶対に「JAPAN~~」のそれよりも少ないと思う。

 

そんなイニエスタが今やっているクラブがKOBE。これはデカいっすわ。神戸=港町なんてものよりも何よりも、KOBE=イニエスタの街ということになるわけでね。

 

これから外国に旅行に行ったときでも「どこから来たん?(←もちろん外国語で・・・苦笑)」「え?うん。神戸やねん!」って答えようもんなら・・・

 

「え?あの、イニエスタが行ったクラブの?マジ?スゲー!!」となって、やれ「寿司食いね~(外国語で・・・苦笑)」「俺の驕りだぜ!(外国語で・・・苦笑重複)」「なんなら泊まっていきなよ!(これも外国語で・・・苦笑度々重複)」なんていうケースが続出するやもしれん。

 

逆に今度は「なぁ、いっぺんイニエスタを見にいかへんか?」という韓国の人たちや中国の人たちも増えるかもしれないし、もちろん日本の中でも「なぁ、今度神戸に行ってイニエスタ見て、その晩はちょっと飯でも食って、神戸に泊まってから帰らへん?」みたいな予定を組もうとする人も増えるやもしれんね。

 

とにもかくにも・・・。

Jリーグ史上最高のネームバリューとなるイニエスタ。いやもう!今からドキがムネムネですわ!!

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

蓮舫も山尾も顔負け。Jリーグを渡り歩く男。「おいおい・・・」

人生長く生きていると、いろいろ興味深いものを見ることができる。その時に発する言葉は「おいおい・・・」

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【マ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

香川真司がやってのけたぜ!9分間で2点は、トルコの宝石箱やぁ~~!

香川がトルコのベシクタシュに移籍したのが1月31日。そしてなんと!その4日後の2月4日には、もう新し

記事を読む

今シーズン、日本人が最も胸を張れる出来事。

日本人の海外選手って今はいったい何人いるんだろう?   つい10年前までは数え

記事を読む

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれば、私はこのクラブのサポーター

記事を読む

韓国敗退!シャビィ、大当たりぃ!

2019アジアカップは、ベスト8が出揃って、いよいよノックアウトステージも佳境に入ってきました。

記事を読む

ついに再開したJリーグ。そこでは懐かしい景色が

コロナ禍で止まっていたJリーグが、ついに再開。   J1もJ2もJ3も無観客で

記事を読む

ダイナミック琉球はサッカーの応援にも使えるぞ!

夏真っ盛り。夏と言えば・・・?はい。やっぱり旧い我々「おっさん世代」は、夏の甲子園やね。もう見るだけ

記事を読む

南野リヴァプールデビュー戦の評価が酷い!

  南野が、リヴァプールに移籍して、早くも公式戦にデビューした。相手はエバートン。と言って

記事を読む

8年ぶりのJリーグ、鹿島復帰の内田篤人が凄い!実は今頃気づきました。

内田篤人が鹿島に復帰しました。8年ぶりのJリーグらしいです。シャルケに7年、ウニオン・ベルリンに1年

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

「彼」のような立場になるとマトモに生きる自信がない。

「彼」の評判がどんどん上がっている。 今「彼」は、超ビッグなワー

ついに再開したJリーグ。そこでは懐かしい景色が

コロナ禍で止まっていたJリーグが、ついに再開。  

ブンデスリーガ66日ぶりに再開!世界にフットボールが戻ってきた!

世界にフットボールが戻ってきた!と、大袈裟に言いたくなる気持ちをおさえ

レナウン娘はどこに行く?「レナウン」が民事再生法の手続きに

レナウン娘。。。と聞いて、すぐにあのメロディを思い浮かべる人が、このブ

→もっと見る

  • 2020年7月
    « 5月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券