*

『ホンマに来るの?度』史上最大!あのイニエスタがやってくる!その計り知れない影響度

イニエスタが神戸にやってくる?というニュースを最初に見たときには「おうおう、またガセかよ?」「ほぅ~~、ま、来たらええけどね」「はいはい。ネタがないからってここまで書かんえでもええのに」な~んて、思ってたわけですよ。

 

で、「どうせそんなこと言っても、最終的には、最後はいつものカタールなんやろ?」って思ってました。シャビもいるしね。

 

だから、先日「ほぼ合意!バルセロナのシーズンが終了したら、イニエスタが来日して会見」なんて記事を見たときには、ホンマにホンマにビックラこきました。はい、「ビックラこいた」とは、関西人のニュアンスで言いますと、「びっくりした」のエゲツナイ系。「驚いた」の比較上級系。ま、そんなことはどうでもええんですが、未だにまだ信じられないっすわ。

 

Jリーグが創設されてはや四半世紀。それこそ「外人さん」という選手は山ほど入ってきました。その中でトップクラスと言える選手も多数いました。ブランドで言えばトップはなんと言っても「ジーコ」。その次は「リネカー」かな?

 

J創設10年ぐらいまでは、とにかく「W杯の一流選手」が続々とJリーグに来たわけですよ。先のリネカーもそうだし、スキラッチとかカレカとか。ドゥンガもいたし、レオナルドも来たし、ジョルジーニョも、ストイチコフも来ました。あ、リトバルスキーだって当時の我々日本人からしたら「え?リトバルスキーがホンマに来るわけ?」って思ってたもんです。ついでに言えば「イルハン」もいたけど、直ぐに帰っちまいました。

 

そんな「え?ホンマに来るの?」というのに度合があるとしたら、その度合いではおそらくJリーグ史上最大ポイントになるであろうイニエスタ。ジーコよりもリネカーよりもリトバルスキーよりもおそらく上やろうね。

 

私は神戸に住んでいるのですが、正直「ヴィッセル神戸」のサポではないのです。ご存知な人はご存知でしょうが、ご存知でない人はご存知じゃないので、改めて申し上げますと、私が愛するクラブは「読売クラブ」といいまして、もう今は存在しませんのです。

 

確かに「読売クラブ」は今の「東京ヴェルディ1969」の前身ではあるのですが、やはりそこにはかなりの隔たりがあるわけで(それでもヴィッセル神戸よりは東京ヴェルディ1969の方に思い入れはあるんだけど)、あの熱く燃えた感覚は東京ヴェルディには持てないのよね。

 

だから、今まで神戸の試合なぞはほとんど行ったことがなかったわけです。それはイルハンが来ても、カズが来ても、ポドルスキが来ても同じやったわけです。

 
 

<Sponsered Link>



 

でもね、今回はね、ホンマにね、違いまっさ。なんせイニエスタやからね。彼のプレーを見るだけで楽しい。彼のあの独特のステップと体重移動とコース取りと、身体の入れ方は、絶対に「一見の価値」があるからね。

 

しかしもしイニエスタが神戸に来たら、それこそ「KOBE」というアルファベット4文字は、世界中に再発信されるやろうなぁ~。

 

たぶん、イニエスタを知らないという人は、「JAPANなんて国、知らないよ」という人はいても、「イニエスタなんか知らないよ」という人はいないんじゃないのかな?もしいるとしても、絶対に「JAPAN~~」のそれよりも少ないと思う。

 

そんなイニエスタが今やっているクラブがKOBE。これはデカいっすわ。神戸=港町なんてものよりも何よりも、KOBE=イニエスタの街ということになるわけでね。

 

これから外国に旅行に行ったときでも「どこから来たん?(←もちろん外国語で・・・苦笑)」「え?うん。神戸やねん!」って答えようもんなら・・・

 

「え?あの、イニエスタが行ったクラブの?マジ?スゲー!!」となって、やれ「寿司食いね~(外国語で・・・苦笑)」「俺の驕りだぜ!(外国語で・・・苦笑重複)」「なんなら泊まっていきなよ!(これも外国語で・・・苦笑度々重複)」なんていうケースが続出するやもしれん。

 

逆に今度は「なぁ、いっぺんイニエスタを見にいかへんか?」という韓国の人たちや中国の人たちも増えるかもしれないし、もちろん日本の中でも「なぁ、今度神戸に行ってイニエスタ見て、その晩はちょっと飯でも食って、神戸に泊まってから帰らへん?」みたいな予定を組もうとする人も増えるやもしれんね。

 

とにもかくにも・・・。

Jリーグ史上最高のネームバリューとなるイニエスタ。いやもう!今からドキがムネムネですわ!!

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループDの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

サッカー日本代表に、ラファエル・シルバを入れる方法(画期的な賀川浩案!)

浦和レッズが10年ぶりに、ACL王者に輝き、12月6日から始まる「クラブワールド

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【サ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

やったぜ!大金星!コロンビア戦の採点です。

それではコロンビア戦(WC)の採点です。   GK 川島 4.5 最近、川島が出て「

記事を読む

サッカーワールドカップ。応援するなら期待しよう!期待しないのに応援してはしてはいけません。

今回は、非常にシンプルな事をシンプルに伝えたい。   いよいよワールドカップが

記事を読む

4月を前に、知っておいて欲しい話です。「継続こそ力なり」。

もうすぐ4月です。   4月は新学期、新社会人、新生活の季節。いろいろ環境が変

記事を読む

「このくにのサッカー」。日本人初のFIFA特別賞受賞の最高齢サッカージャーナリストが語る。

私が一昨年(2016年)の5月からお邪魔している、サッカーフリークにとっては、ワールドカップ決勝戦の

記事を読む

コスタ・リカvsセルビア戦の所感。巧い!セルビア!さすが東欧のブラジル!

ブラジルがいよいよ登場!というグループEの裏カードが、ブラジルvsスイスより先に行われました。コスタ

記事を読む

ハリー・ケインが止まらない!それでも新記録の4年連続プレミア得点王にはなれない理由とは?

ハリー・ケインがまた点を獲った。というニュースを見ても、もう何も誰も驚かない。どちらかというと「へぇ

記事を読む

私の天才列伝。栄えある1回目は『礒貝洋光』

今回は勝手に「シリーズ化」を目論んでおります「私の天才列伝!」 その一回目をお贈りしたいと思っ

記事を読む

サイドバナー




Comment

  1. スナフキン より:

    こんばんは、僕も100%ガセだと思ってましたが、マジか?という気持ちです。
    イニエスタが、日本のサッカーにフィットするか?なんて記事がたくさん出るんでしょうが、そんなことはどうだって良いと思ってます。
    スペインまで行かなけりゃ見れないものが、日本に来ると言うんですからね。
    イニエスタのイメージを感じられるプレーヤーがいる事を願うばかりです。

    • yomiuraclub より:

      スナフキンさんへ。コメント有難うございました。相変わらずの遅々レスですみません。
      言い訳がましいですが、とにかくこのブログに移ってから、スパムのコメントが異常に入るんで
      なかなかスパムチェックを入れていても、追いつかないんっすわ。

      ですんで、注意しないと、スパムに紛れて消してしまうんで
      どうしても、時間がかかっちまいます。

      はい。言い訳です。すんまへん。(汗)

      イニエスタが日本のサッカーにフィットするか?どうか?という前提自体がイニエスタを知らなさすぎる。

      イニエスタのサッカーに日本がフィットするかどうか?が問題でっしゃろ?

      とにかく、今回だけは神戸在住の特権を思う存分使わせてもらいまっさ!

      その時はまた報告するからね!

      今後ともよろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




世界を知る101冊

皆さんは、秋の夜長、どのような本を手にお過ごしでしょうか? 僕は

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上

つい手を出してしまったキーパーの取り調べ室での会話

ここはとある取調室。一人の男が取締官の尋問を受けている。今回はそんなシ

読裏クラブへの10の質問

今日は、ゆる~~く、私への質問コーナーを設けました。私の好みを知ってい

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく

→もっと見る

  • 2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑