*

本田がなんと!カンボジア代表監督に就任!?

ロシアワールドカップが終わって、「次のカタール大会に出場しない」と、名言は避けたものの事実上の日本代表引退をほのめかした本田圭佑。そのセリフは、「僕のワールドカップは終わった。これからは次のステージを歩んでいく」てな雰囲気をプンプンさせていた。

 

ただ、ヒデのように選手自体を引退するわけではないので、「さて、彼は次のステージをどこに選ぶのだろう?」と思っていた矢先に「オーストラリア・リーグ」、いわゆるAリーグへの移籍を発表。

 

Aリーグ自体、それほど悪いリーグではないと思うし、選手として多くの国の多くのリーグに身を置くことは、きっと自身の将来においてプラスが多いだろうと思っていたので、「ヨーロッパ以外=アウト!」というイメージは僕自身はあまりないんですよ。

 

ヨーロッパだけが海外サッカーじゃないからね。南米だってあるし、もっと言えばアフリカだってあるわけだし、もちろん日本以外のアジアだってある。南米なんかはもっともっと日本人は移籍して欲しいと思っていたから、パチューカなんていうこの前の選択は「お?いいねぇ~。本田、やるやん!」みたいに思っていたんだよね。「ミランからの都落ち」なんて、言わせる奴に言わせていればいいんだ!なんても思っていた。

 

さて、そんなAリーグで、それなりにまだまだプレーの幅を拡げていけば、「時の監督」から(代表の)お呼びがかかっても全然おかしくないと思っていたんだけどさ。

 

そんな矢先にとんでもないネタが飛び込んできました。「え?なんじゃ?これ!?」的な。

 

ちょっと我が目を疑ったし、当然本田の考え方自体を疑ってしまったよ。

 

<Sponsered Link>



 

なんと、本田が「カンボジア代表監督」に就任するという。いや、代表監督だけに留まらず、実質的には代表監督兼GM(ゼネラルマネージャー)に就任するという。肩書は「Head of delegation」というなんか聞いたことがない肩書で契約は2年。登録上の代表監督は別人らしいが、実質的に本田が全権で指揮を執るらしい。しかも現役選手を続けながら。。。しかも違う国のリーグの選手の立場で。契約は2年。

 

詳しい内容は本田の記者会見のそれで把握してもらおう。以下がその全文である。

 

「みなさん、こんにちわ。会長、副会長、みなさん、このような場を用意していただきありがとうございます。先日、メルボルン・ビクトリーFCというチームと新しい契約を結んだばかりで現役サッカー選手は続けます。そんな中でカンボジアサッカー連盟に「現役を続けながらカンボジア代表監督をやることは可能か」と質問したところ、「本気で言っているのならオファーする」と言っていただき、この場に至りました。こういった形の契約は世界どこをみても初めての契約だと思います。そういった普通ではないやり方を受け入れたことに感謝しています。」

 

「私にとってはじめての監督業になります。実際にはメルボルンでプレーするので、すべての試合に関われない可能性がありますが、可能な限りでカンボジアのサッカーに関わっていきたい。ミッションがふたつあります。ひとつは、カンボジアサッカー連盟、各チーム、育成年代のすべてが同じサッカースタイルをつくること。つまり、カンボジアのサッカーのスタイルを確立すること。それがミッションのひとつです。これは日本でもすごく苦労していることです。目指すものがバラバラだとみんなが違う方向に向かって、強いサッカーチームができあがりません。サッカーというのは、今日、明日では強くならないので、しっかり目標を掲げ、そこにみんなが我慢しながら一緒になって進んでいくことを今回のミッションの一つとして掲げます」

 

「ふたつめは、サッカーを強くするだけではなく、サッカー以外のカンボジアの素晴らしいところを世界に伝えていくことも私の使命だと思っています。何度もカンボジアに足を運んでいて、カンボジアの素晴らしいところをいくつも目にしてきました。文化、世界遺産、農業、そういったところに世界にアピールをしていくつもりでいます。さらに、一番の特徴であるカンボジア人のまじめなところ。日本人と共通する部分でもあると思うが、そこをアピールしていきたい。もう一度繰り返しますが、ひとつはサッカーのスタイルを確立すること。ふたつめは、サッカー以外のカンボジアの魅力を世界にアピールすることです」

 

オーストラリアのメルボルン・ビクトリーに所属する本田は、ここでトレーニングを行い、現役でのプレーを継続したまま、週に数回はカンボジア代表のスタッフとTV会議などでミーティングを行い、カンボジア代表の代表戦には現地に赴くとか。

 

カンボジアサッカー協会がアジアサッカー連盟などに「このような形で指揮を執ることにルール上の問題はない」と確認を取ったようだ。でもなぁ~、ルール上問題はなくても、そのモラル上というか、シップという観点でいかがなもんだろうか?

 

メルボルンサイドから見たら「おいおい、他の国の代表チームの仕事もええけど、ここでしっかりと試合に勝つためのプレーをしてくれよ」ってなるだろう。そらもう僕がメルボルンの選手だったら、本田がシュートを外すたびに「おいおい!監督さんよ!しっかりとスタイル確立してくれや!」という嫌味の一つも・・・必ず言うだろう(苦笑)。

 

カンボジアサイドから見たら「ええ?もうオーストラリアに帰るん?なんかウチのこと、片手間でやってるんとちゃうやろな?そもそも世界遺産のことや農業のことよりも、サッカーのことをもっと真剣に考えてぇ~な」って思っても全然不思議じゃないと思うし。

 

こういうのが新しい挑戦、君の次のステージなのかい?

 

「誰もやったことがないことに挑戦するのが、俺の生き方」と言うつもりなのかい?

 

なんか、違うような気がするねんけどなぁ~。

 

この本田の決断を「勇断」ととるのか「蛮行」ととるのか。人は自由だろうけど。

 

カンボジアには「二匹のウサギを追いかけたら結局1匹も獲れない」というコトワザはないんやろうか?

 

 

やっぱ、なんか、違うような気がするねんけどなぁ~。

ま、サッカー辞めて、ずっと旅人してるのよりはマシやけどね。

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

サイドバナー




関連記事

蓮舫も山尾も顔負け。Jリーグを渡り歩く男。「おいおい・・・」

人生長く生きていると、いろいろ興味深いものを見ることができる。その時に発する言葉は「おいおい・・・」

記事を読む

J開幕!J2も一斉スタート!開幕らしいスコアが目白押し!やっぱりJ2はオモロイ!

僕はJリーグの中でもJ2の方がなんとなく気になる。そんな毎年を送っています。  

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループDの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

バロンドールのモドリッチと区別がつかなかったもう一人の選手とは?

2018年のFIFAが「年間最優秀選手賞」を発表して、「モドリッチ」が、11年ぶりに「あの二人」以外

記事を読む

大迫招集拒否に思う、「日本もとうとうここまで来たか」という嬉しさ。

今年のポイチ・ジャパンの最大の試金石は、アジアカップではなく、もちろんキリン・チャレンジカップでもな

記事を読む

平成最後の日にはやっぱりこれかな?

いやぁ~~~、ずいぶんとご無沙汰してしまってました。こんだけネタを上げずにいたのはいつ以来かなぁ~?

記事を読む

1試合2億5千万、1ゴール12億5千万貰って帰っていった男。

1試合で2億5千万、1ゴールで12億5千万貰えたら、アナタはどうしますか?  

記事を読む

2018年の名古屋グランパスは台風の目になるジョー?

先日、2018年度を戦う名古屋グランパスの新加入選手とともに全メンバーの背番号も発表されました。

記事を読む

怪物くん。引退を表明。ドリフ大爆笑のあの鉄板フレーズはもう使えないのか?

アナタは「怪物くん」と聞いたら何を思い浮かべますか?   「♪おれは、かいぶつ

記事を読む

「このくにのサッカー」。日本人初のFIFA特別賞受賞の最高齢サッカージャーナリストが語る。

私が一昨年(2016年)の5月からお邪魔している、サッカーフリークにとっては、ワールドカップ決勝戦の

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




VARで疑念は減るのか?増えるのか?

  VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字を

25回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから25回目。25年目、とうとう

タイで最も有名になった日本人!?

  アジア選手権U23=東京五輪サッカーのアジア予選がいよい

森保解任論に見るオシムの凄さ

2020年1月。AFC-U23選手権。この大会は東京五輪サッカーアジア

成人の日に一番ふさわしい本

  成人の日。昔は1月15日という決まった日だったけど、今は

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券