*

怪物くん。引退を表明。ドリフ大爆笑のあの鉄板フレーズはもう使えないのか?

アナタは「怪物くん」と聞いたら何を思い浮かべますか?

 

「♪おれは、かいぶつくんだぁ~!怪物ランドの王子だぞぉ~!♪」と、口ずさんだ人はかなりええセンスしてます。が、僕の期待している反応ではありまへんね。

 

「それじゃ、もう、ネッシーでしょ?ネス湖の怪物!ネッシー!」

 

って、答えた人はセンスは別にして、たぶん私よりかなり年齢を重ねている方でしょうな。それに、「ネッシーはねつ造だった」というニュースが流れまくったので、基本ネッシーはなし!ね。

 

「それなら、サッシ―!長崎海星の酒井!それなら実在してるからね!」

 

って、おっしゃる方もかなり私より年配でしょう。だいたいこのブログを読んでいる人で「サッシ―」なんて直ぐに思い浮かべる人なんて数えるほどしかおらへんと思うし!そもそも一人もおらへんかも。

 

「それやったらもう、絶対に江川卓やろう?元祖怪物!怪物中の怪物やん!?」

 

と、おっしゃる方はかなり私と年齢が近いはず。いや、もしかしたら「タメ」かもしれん。

 

「いやいや、江川は所詮優勝してへんし!決勝でノーヒットノーランやった方が上っしょ?それにそのまま大リーグにまで行ったんやから、そらもう怪物オブ怪物は松坂大輔でしょ?」

 

と、おっしゃる方は少し私より若いのかな?私としては松坂よりも江川の方が怪物だと思うけどね。

 

・・・

 

って、いう話とちゃいますねん!(こうやって掴みのボケツッコミをするのも、旧くからこのブログをご愛読の方々ならお馴染みですけど。知らない人はちょいクドく感じられたでしょうか? 笑)

 

基本ここはサッカーネタをメインにやってますんで、今日はそのサッカーの怪物君のお話です。

 

そう、我らが平成の怪物。「平山相太」。彼が2018年1月26日。引退を発表しました。2017年の12月にベガルタ仙台の選手として契約し、「来年もよろしくお願いします」と、決意表明をした1ヶ月後に引退を発表したのです。

 

なんというか、かんというか。平山らしいというか。独特というか。

「怪我で満足いくプレーが、どうにもこうにも出来ない」というのが最大にして唯一の理由のようです。まだ32歳。これからもう一花咲かせられる年齢だけに残念やね。結局平山は「将来はとんでもない怪物になるぞ!」というイメージだけで怪物というフレーズを身に付けた男という印象。それはどこか可哀想な感じもするね。

 

とにかく平山は30代よりも20代、20代前半よりも10代後半に、その輝きが強かった選手。「将来はどんだけ化けるねん!?」と、サッカー関係者の誰もが思ったほどの逸材というか素材の持ち主でした。その日本人離れした身長と恵まれた体格で、当時の同年代のDFではどうにも抑えきれることが出来ませんでした。

 

Jリーグ各クラブから、また海外クラブからも含めて壮絶な争奪戦の末、なんと彼の選択はそのどことも契約せずに、一旦大学(筑波)へ。1年半で休学扱いでオランダのクラブ(ヘラクレス)へ。その後「プレーに専念したい」ということで大学を退学してオランダのヘラクレスと晴れてプロ契約。「怪物君がヘラクレスと契約!」なんていうベタ系のタイトルもよく目にしましたし。

 

高校時代からここまで、ほとんどのカテゴリーの日本代表に招集され、オリンピックからみではいわゆる飛び扱いでの招集も経験した。「エース平山」「怪物平山」の文字は、彼が10代の時にはよく見かけたもんです。

 

オランダでのいろいろな噂や風説も流れたが、敢えてココではご紹介はしまへん。けれども彼の輝きが、彼の年齢が大きくなるにつれて色褪せていったと感じるのは私だけではないだろうね。淋しいというか、哀しいというか・・・。スポーツ(サッカー)に「たら」「れば」は禁句。スポーツ(サッカー)に「たら」「れば」は付きものだけれど、でも「たら」「れば」は禁句。

 

<Sponsered Link>



 

そんなんを全部解ったうえで、敢えて平山の引退の一報を聞いたとき、この「たら」「れば」を連発してしまいました。

 

「平山があのままJリーグに入っていたら

 

「平山が別の外国クラブに行っていたら

 

「平山が怪我に悩まされなければ

 

「平山がもう少しヘッドがしっかり出来ていたら

 

「平山がもっと精悍な顔つきやったら

 

「平山が猫背でなくて、しっかり前を向くような姿勢だったら

 

「平山が(本当は速いのに)どこかノッソリ見えるプレーぶりを何とかしていたら

 

「平山がヒラヤマじゃなかったら

 

もっと、もっと、点を獲って、もっともっと日本代表にも入って、どこか海外の強豪クラブから声が掛かって、もっともっと世界に名を知られるアジアの大砲となって、日本のサッカーのイメージを変えてくれてたかもしれないのにね。

 

そう思うとホント、残念であり淋しいです。

 

「な?ソウタ?君もそう思うやろ?」

 

という、このブログではよく使っていた定番の締め言葉・・・。まるで「ドリフ大爆笑」の「いかりや長介」さんの「ダメだこりゃ」に匹敵するぐらいの鉄板強力締め言葉として使っていたこの「な?ソウタ?~~そう思うやろ?」フレーズ。これも使えないのか?と思うと・・・それが一番淋しいです。

(でも、たぶん僕は今後もこのフレーズを使うと思うけど 爆)

 

 

※わかりにくいですが、コメント欄はこのブログの一番下に設けております。ご感想・ご意見がおありなら是非コメント欄にどうぞ!

サイドバナー




関連記事

10年ぶりに復活した「入れ替え戦」がヤバ過ぎるぜ!だからサッカーは面白い!

プロ野球になくてJリーグにあるものはなんでしょう?   そう問われるといろいろ

記事を読む

ポイチ・ジャパン誕生!?「森って誰?」と呼ばれた男。森保一、日本代表監督就任!

どうも新しい日本代表監督が決まったらしい。ベルギー戦でロシアワールドカップから離れてから約3週間。や

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループFの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

ガンバ大阪の遠藤保仁、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が秒読みへ?

本日驚愕のニュースが我々の元に飛び込んできた(★)     あ

記事を読む

私の天才列伝。栄えある1回目は『礒貝洋光』

今回は勝手に「シリーズ化」を目論んでおります「私の天才列伝!」 その一回目をお贈りしたいと思っ

記事を読む

大迫招集拒否に思う、「日本もとうとうここまで来たか」という嬉しさ。

今年のポイチ・ジャパンの最大の試金石は、アジアカップではなく、もちろんキリン・チャレンジカップでもな

記事を読む

J開幕!J2も一斉スタート!開幕らしいスコアが目白押し!やっぱりJ2はオモロイ!

僕はJリーグの中でもJ2の方がなんとなく気になる。そんな毎年を送っています。  

記事を読む

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか、「王の中の王」とか。これぞ!

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【サ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

やったぜ!大金星!コロンビア戦の採点です。

それではコロンビア戦(WC)の採点です。   GK 川島 4.5 最近、川島が出て「

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




新元号決定直前企画!新元号の本命はコレだ!?

いよいよあと数日で新元号が発表されます。発表は4月1日の月曜日、まさに

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアと

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑