*

平成最後の日にはやっぱりこれかな?

いやぁ~~~、ずいぶんとご無沙汰してしまってました。こんだけネタを上げずにいたのはいつ以来かなぁ~?

 

診断士の試験直前の追い込みの時以来?

 

それとも熱にうなされて、病床についていたとき以来?

 

いやいや、それとも、持病の発作が出て急きょ入院生活を強いられたあの時以来か?

 

ま、それもこれも「良き平成の思い出」です。

 

という・・・強引なる掴みも当然でして、今日は平成31年の4月30日。そう、あと平成の時代も24時間を切ってしまいました。

 

世の中はもう改元ブーム。平成よサヨウナラ、令和よコンニチワ、てなノリで、いろんな特集をやってます。

 

そこでここ読裏クラブ~~でも、最後の最後にまるで取ってつけたかのように、やっつけ感満載の、平成ラスト企画を催したいと思います。

 

題して・・・そう。

 

読裏的平成思い出ベスト10!

 

何が10位で何が5位か?何が7位で何が3位か?は、まったくの主観で決めてますさかい、そこは勘弁しておくれやしておくれやして、おくれやしやぁ~(by 末成由美子)

 

では・・・イッテミヨ。。。

10位 ドーハの悲劇

そらもう、あの時のショック。。。あの時の「頭真っ白感」は、いまだに忘れられん。あのとき、シタリ顔で「日本にはまだ経験が足りない」と言われても、まったく納得できなかった。「な。。。なにが経験や!あと1分!あと1分守れたら・・・俺たちはワールドカップに行けたんや!KU~~~~~~~~SOO~~~~~~~」って、ガナリ、ワメイていたけれど、今なら冷静に「あの時の日本には経験が無さ過ぎた」と言えますね。遠い過去ですが、しっかりあの時、平成でした。

 

9位  読裏さん、現役引退!

それはひっそりと、しかし突然に訪れました。こう見えても(まぁほとんどの人は僕を見てないけどね=苦笑)、僕は結構な年齢まで現役を続けていました。大学を出ても、しっかりと・・・草サッカーを。。。(爆)もちろん正式に日本サッカー協会に登録もしたし、審判員の資格も持っていました。毎日曜はほとんどサッカーの試合に出かけていたもんです。で、そのとき、それは突然やってきました。1月17日の午前5時46分。それから1カ月はとにかく毎日を乗り越えることで必死。あのボールを蹴っていたいつものグランドは仮設住宅が立ち並び、もちろんサッカーのリーグ戦をやる雰囲気なんて「ゼロ」。そしてひっそりと、平成の名プレーヤー、神戸のポンテ、キープの鬼、ダイブの天才、そしてヒールの魔術師と言われた「読裏選手」が引退していったのでした。その日は正確には不明ですが、しっかりその時、平成でした。

 

8位  スマホ(メール)人生始まる!

ここに来られる読者は、初めてメールを打った日を覚えておられるでしょうか?え?覚えてない?物心ついたときにはもうメールが目の前にあった?なるほどね。しかし、レイワを前に、ショウワを走り抜けた読裏さんは、かなり人生の半ばを超えたころにようやくメールが登場したのでした。それまでは・・・?彼女の家に電話。オヤジさんが出たらもうパニック。デートの待ち合わせに双方どちらかが行けなくなったときもパニック。駅の伝言板に書き込んだことも一度や二度じゃなかったなぁ~。メールがこんなに生活の必需品になるなんて思ってもみなかったね。だいたい携帯電話のCMで「この電話で文字が打てます!メールが送れます!」なんてのをやっていたのを見て「何言うてんねん?文字打つヒマあったら電話したらええやん!?」って本気で思ってたからね。そう言えば、最近電話ってほんとに仕事以外はしなくなったなぁ~。好きな彼女に電話するあのドギマギ感。あれもしっかり平成に残ってたね。

 

7位  サッカー時代到来!

日本でここまでサッカーが根付くなんて、当時誰が本気で思っていただろう?テレビのニュースはプロ野球と大相撲とゴルフ。春と夏は甲子園。ウィンターシーズンになればサッカーが・・・ってのは甘くて、その時期はマラソンにラグビーに、ときどきアイススケート。僕たちサッカーフリークが正々堂々とサッカーを見ることができるのは元旦の天皇杯の決勝ぐらい。今では信じられないでしょうが、当時はワールドカップのアジア予選は、TV放送はもちろんなくて、その日のスポーツニュースでも飛ばされ・・・明日の朝刊の「その他スポーツ欄」で、2~3行の結果記事だけ。あの朝一番に新聞をおそるおそる、ドキドキしながら・・・開いてサッカーのワールドカップ予選の結果を探す。あんな醍醐味、今の人たちは味わえないのだね。あれはドキドキするよ~~?でもその結果で「日本2-4マレーシア」なんてのを見た時のショックもまたはかり知れん。あの瞬間、確かに平成でした。

 
 

<Sponsered Link>



 

6位  あのゴールで大絶叫!!

今、いろんな平成企画をやってます。もっとも記憶に残る平成のTV番組、歌、歌手、スター、そして・・・思い出のシーン。我々サッカーフリークともなれば、やはりベタ企画とはいえ、「もっとも記憶に残るゴール」というネタでしょう。で・・・私はどれを選ぶか?ここをよく知る読者さんなら、私が「遠藤好き」だということを知っている読者さんなら、あの南アフリカのデンマーク戦の遠藤のフリーキックをあげるだろう・・・と予測されると思います。でも、お!しい!!!あれは2番目(爆)。僕自身、今まで生きてきた中で、今までサッカーを見てきた中で、もっとも雄叫びをあげたゴール。それは岡野のサヨナラ弾でもなく、ブルチャガの決勝ゴールでもなく、イブラ様のスーパー・エキサイト・ウルトラ・ビューティフル・ゴールでもなく、あの「ループ弾!」そう、山口素が放ったあの美しいループ!!!あの時、「韓国」を凍り付かせ、ゴールが決まった瞬間は、雄叫びをあげすぎて、頭が真っ白シロっけになっていました。そう、あの時、確かに平成を私たちは生きていたのです。

 

5位  読裏さんが・・・なんと!

冒頭に少し掴みとして書きましたが、平成のある年、このブログはまったく更新されませんでした(当時はスポナビ・ブログでしたけどね)。「もう読裏はこの世にいないのでは?」というまことしやかな噂が立ったという噂がないようなあるような微妙な噂がたったという伝説が少しだけ流れたようで。それほどブランクを設けて時間を使っていたのが「中小企業診断士」の勉強でした。お陰様で今読裏さんは立派な経営コンサルタントとして頑張っております!(そのお陰で全然サッカー見られません・・・爆泣)

 

4位  オシムがやってきた!

千葉のサッカーを見て正直驚きました。「なんや?これ?」と。この驚きはオコチャのドリブルを見たときや、シャビのボコウマプレーを見たときや、イブラ様の威風堂々とした立ち居振る舞いを見たときと同じくらいの衝撃を受けたもんです。とにかく「湧き出るように」選手がパスのコースに雪崩れ込んでくる。「おいおい・・・千葉は13人いるんちゃうん?」と思わせるほど。そのすべての原因がこの人。そう、イビチャ・オシム。私は尊敬の念を込めていつもオシム氏のことをオシム師と表現します。そして私に「コトバ」の大切さを教えてくれました。今でも私の部屋に飾っている「(直筆サイン入りの)オシムの言葉」。サッカーというスポーツを哲学に、人生に、すべてにおける道標に昇華させた人、その人こそイビチャ・オシムでした。時は流れ、誰もが今の代表に一喜一憂しても、昔の人がデトマール・クラマーを忘れないように、僕はオシムを決して忘れません。オシムが平成に日本に来てくれて本当に良かった。平成はオシムとともにありました。

 

3位  日本、ワールドカップ出場!

日本が初めてワールドカップに出場したあの時、僕はまだ鮮明にその映像を思い出せます。というよりも、鮮明にあの時の気持ちを蘇えさせることが出来ます。そう・・・「究極の選択」の気持ちを。1998年、平成10年、僕は何を隠そう、すでにもうアルゼンチン人だったのです。サッカーという究極のボールゲームに心を奪われてから、ボールキープの楽しさに、ヒールが通る悦びに、そしてダイブでPKを貰ったときの興奮に心を奪われてから、僕はアルゼンチン人でした。ところが、なんと!その我らがアルゼンチンのグループリーグの初戦に、あのアジアから初出場した「ヤポネ」が当たったのです。心はアルゼンチンですが、戸籍上は僕はヤポネだったので、ヤポネの初勝利というものにはそれなりの大願を抱いておりました。。。が。。。それはイコール、我がアルゼンチンのグループリーグ突破の危機に直結します!というより、いつもいつもベルギーや、カメルーンや、ギリシャなどの厄介な曲者と初戦を戦ってきた我々アルゼンチンが・・・なんとこのフランス大会の初戦は・・・アジアの国!しかも、ワールドカップ初舞台のヤポネ!そらもう!当時抽選の翌日のアルゼンチンの新聞の一面がこの気持ちを一番表してました「神様!アリガトウ!」と。そんなアルゼンチンVS日本。あんな試合はもう二度と見たくないなぁ~。もしかしてもしかしたら令和の時代にW杯決勝でこのカードが実現するかも?ま、それはないわね。あの究極の対戦こそ、平成の名勝負と言えます。

 

2位  Jリーグ始まる!

今の日本サッカーの隆盛を築いた立役者。それは間違いなく川淵三郎さんでしょう。でも川淵さんはあくまで当時表舞台で役を演じた人の一人でしかありません。あのJリーグスタートの熱狂と興奮は、それまで何十年と日本サッカーのために、無人のグラウンドで、誰も観ていないところで、必死にボールを追いかけたサッカーに携わるすべての人の努力があったからです。Jリーグ初のゴールをあげたオランダのマイヤーは、今どこにいるのか知りません(苦笑)。リトバルスキーも、リネカーも、そしてあのジーコも、今やもう初老の人となりました。ジュビロで怒鳴りまくっていたドゥンガは、今も最悪のセンスのシャツを着てどこかでサッカーを見ているのだろうか?レオ様は?ジョルジーニョは?そしてあのアルシンドはどこで何をしているのだろう?ワールドユースで活躍したあのラモン・ディアスがまさか日本にやってくるとは思ってもみなかったし。そう言えばストイチコフも来たし、イルハンも来たし、ブッフバルトもストイコビッチも来たよなぁ~。そして今はなんと、イニエスタが。。。こうやってJリーグがしっかりと根付いてくれたこと、先生、覚えてます!(By まるむし商店)

 

1位  そらもうこれしかないでしょう!?

平成ラストの日に、こうやってブログでネタを書いている、何故ブログを書くのか?それはそこにネタがあるから。そこにサッカー愛があり、オシムへの想いがあり、そして何より「書く」のが好きだから。10年前にブログを書き始めて今年で何年?(←10年に決まってますわね・・・はい。そういうしょうもない掴みを書き続けて10年経ちました)

 

これからも、この書こうという気持ちが失くならない限り、サッカーへの想いと、しょうもないネタへのこだわりが消えない限り、私はこれからも書き続けようと思います。

 

え?「で、1位は?1位のタイトルは?」って?

 

そんなん、決まってるでしょう!?

 

1位は「あの有名ブロガー、【読裏クラブ】が颯爽と登場!」です。

 

因みに次点の11位は・・・ベルントさんとの出会いかなぁ~^^

 

では、新しい時代も、令和になっても、つまり明日からも、読裏クラブをご愛顧くださいませ!!

 
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!
 

 

 

 

サイドバナー




関連記事

韓国敗退!シャビィ、大当たりぃ!

2019アジアカップは、ベスト8が出揃って、いよいよノックアウトステージも佳境に入ってきました。

記事を読む

風前のロペテギ

日本のプロ野球では、巨人の高橋監督が、阪神の金本監督が、それぞれ成績不振の責任を取って辞任を発表しま

記事を読む

ハリー・ケインが止まらない!それでも新記録の4年連続プレミア得点王にはなれない理由とは?

ハリー・ケインがまた点を獲った。というニュースを見ても、もう何も誰も驚かない。どちらかというと「へぇ

記事を読む

「ローマは一日にしてならず」は、サッカー界の新しい「ことわざ」 です。

世の中にはいろいろ機知に富んだ「ことわざ」がある。アナタは「ことわざ」と聞いて直ぐに思い浮かべるのは

記事を読む

ガンバレ!スルガ銀行!

皆さんは「スルガ銀行」という銀行をご存知だろうか?   関東地方の方ならまだし

記事を読む

ポイチジャパン船出のメンバー選出に一人肝入りの選手が!

ポイチジャパンの船出となるキリン・チャレンジ用の代表が選出されました。   そ

記事を読む

ウルグアイ戦(コパ・アメリカ)の採点

それではウルグアイ戦の採点です。 GK 川島 7.5 不思議なものである。ロシアW杯でも、いや、

記事を読む

CLの準々決勝カードが決定!さぁ、ここからがホンマのCLだ!

17-18チャンピオンズリーグの準々決勝カードが抽選の結果決まりました!改めてここでその4カードをご

記事を読む

今シーズン、日本人が最も胸を張れる出来事。

日本人の海外選手って今はいったい何人いるんだろう?   つい10年前までは数え

記事を読む

アジアカップのグループリーグ突破について(僕も)一言

2019年のアジアカップが始まってます。   日本はグループF。相手は初戦がト

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




口述試験受験者のレベルが段々高くなってくるとき、ふと感じたこと

「今年ももう終わりかぁ~」と。「今年ももうそんな時期かぁ~」と、感傷的

バルセロナvsマジョルカ戦後の久保建英のコメントがプレーよりも凄い!お洒落過ぎる!

「マジョルカの」久保が、カンプノウの地で、バルサと対戦した。 &

松本といえば・・・?

よく酒の席のネタで盛り上がるものがあります。  

あの「ディズニー」が、あの「アナ雪2」で、まさかの「ステマ」!?

「あのビッグゲームの!」 「あのナイトゲームを!」 「スリ

流行語大賞はやっぱり「ONE TEAM」かぁ~。でも僕なら「こっち」やなぁ~。

「歌は世につれ、世は歌につれ」と言いますが・・・それよりも僕としては「

→もっと見る

  • 2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券