*

発煙筒が燃える景色

時々、このブログで、ワタクシ、読裏クラブが綴る「日本もここまで来たか」シリーズ。

 

え?「そんなん知らんで!」って?

 

はい、このシリーズ、実はまだシリーズ名としてはアップしておりませんでしたが、ところどころではネタとして上げていた、私の定番的な内容であります。

 

1978年にアルゼンチンはラプラタ川で産湯に浸かり、紙吹雪の舞う中で生まれた(←サッカー選手としてね!)読裏さんとしては、あれからはや半世紀近く。

 

『阪神vs巨人が、最大スポーツとして君臨していたこの国で、オリンピックが世界で最大のスポーツ大会だという、誤った認識が通っていたこの国で、まさか、ここまで、本当に、サッカーというものが根付くとは・・・思いもよらなかったぜ!』

 

という、メッセージを時々、常々、事あるごとに、アップしてきたわです。

 

で、今回はそんな中でもちょっと別の角度から当時の気持ちを振り返ると、「あの景色」を思い出したので、ちょいネタにと思いまして。

 

それは、ヨーロッパのサッカー場(スタジアム)の、あの景色。当時の日本から見て、それが何と羨ましかったことか。

 

それは、「発煙筒」

 

たとえば、こんな景色。


 

こんなのも・・・。

 

 

代表的なこんな景色

 

 

誤解を恐れずに、敢えて言うなら

 

「さぁ!今から始まるでぇ~~!」という、心が躍る景色ではあります。

 

これが、羨ましかったんよね!

 

今では正式にJリーグでは発煙筒は禁止されているし、ヨーロッパだって基本は「ご法度」というか「やっちゃダメよ」という扱いになっているはずですが、「サッカー」=「熱狂」=「宗教」=「忘我」=「暴動」=「発煙筒」という図式が、どこか僕の中にはあって・・・。

 

当時、日本サッカーのスタジアムの雰囲気は、スタンドガラガラ。正月元旦の天皇杯決勝では、晴れ着を着たお姉ちゃんが、健康的な笑顔を振りまいてサッカーをのんびり観戦するという・・・。

 

ヨーロッパのサッカーから見るとまさに「異文化」。まさに「別次元」。まさに「なんじゃ?こりゃ?」という景色。

 

だからこそ、当時のヨーロッパのスタジアムの景色を、三菱ダイヤモンドサッカーとか、イレブンとかで垣間見て、なんと「羨ましい」と思ったことか。

 

 

<Sponsered Link>



 

解ってるんよ!解ってる。発煙筒は炊いちゃダメ!持ち込みももちろん禁止!

 

でもね・・・。

 

緑の芝生を取り囲む何万人の群衆の中で炊かれる発煙筒。その煙の、なんと壮言なることか。なんか「勝負が始まる感」が、「今からいよいよだぜ!感」が、この発煙筒の煙によって増幅されるわけです。

 

これぞ!フットボール!

 

これぞ!熱狂!

 

というね。

 

念のために言っておきますが、だからといってワタクシ、発煙筒を炊くべきだとか、発煙筒がないと雰囲気出ないぜ!とかを申し上げているわけではございませんので、念のための念のため。

 

発煙筒だけに・・・このネタ、まさか炎上はしないと思うけどね!(爆)

 

このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。

 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

サイドバナー




関連記事

大杉漣さん逝く。サッカー界の名バイプレーヤーよ永遠に!

「大杉漣さん死去」。それは突然の訃報だった。「え?」っと思わず絶句した人もホントに多かったのでは?

記事を読む

どうなってるねん?久保がレアルで阿部がバルサ。まさかこんな時代が来るなんて!

鹿島の阿部がバルセロナに正式に移籍するらしい。つい先日まで、バルサと言えば久保。久保と言えばバルサ。

記事を読む

大変な駆け引きが繰り広げられたクラシコ。メッシが伝説のプレーヤーと並んだ日。

クリスマスウィークの週末。サンチャゴ・ベルナベウ、レアル・マドリーの本拠地にてクラシコが行われた。普

記事を読む

ポイチジャパン船出のメンバー選出に一人肝入りの選手が!

ポイチジャパンの船出となるキリン・チャレンジ用の代表が選出されました。   そ

記事を読む

南米っていう表記は本当に正しいのだろうか?その疑問を今、全公開します!

「読裏クラブのワンツー通し」時代からこのブログを読まれている方々ならば、私が実はアルゼンンチン人であ

記事を読む

チャンピオンズリーグの準々決勝(ラウンド8)の結果をここで知ることが出来るとは!

4月4日は、桜の満開もピークを迎え、甲子園では選抜高校野球の決勝戦が行われ、プロ野球は開幕後の2カー

記事を読む

代表がいっぱい。令和元年の6月は代表三昧!

令和になって1ヶ月強。いよいよ6月15日からは、コパ・アメリカが始まる。東日本大震災のために、辞退し

記事を読む

サウジ、敗戦後のロッカーでの会話。「強いものが勝つのではない~~」という言葉を知っているかい?

アジアカップのノックアウトステージ、ラウンド16で、サウジアラビアは日本に0-1で負けました。

記事を読む

「ローマは一日にしてならず」は、サッカー界の新しい「ことわざ」 です。

世の中にはいろいろ機知に富んだ「ことわざ」がある。アナタは「ことわざ」と聞いて直ぐに思い浮かべるのは

記事を読む

怪物くん。引退を表明。ドリフ大爆笑のあの鉄板フレーズはもう使えないのか?

アナタは「怪物くん」と聞いたら何を思い浮かべますか?   「♪おれは、かいぶつ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




コパ・アメリカのセレソンのロッカールームでの会話

今まであまり詳しいことは述べてこなかったが、我々「読裏グループ」は、世

さすが英国!007に黒人女性。その驚きの表現がまた洒脱

英国のスパイ映画、あのジェームス・ボンドこと007シリーズ。 &

実は僕はフェンダーミラー派。なぜタクシーはフェンダーミラーにするのか?

最近、ふと、思ったことですが・・・。   タクシ

ブラジル戦評を、あの「岡田監督」にインタビューしました。

「日本、王国に惨敗!」   という、見出しがスポーツ

ハムストリングの別名は「紅茶の美味しい〇〇〇」

「歌は世につれ、世は歌につれ」とはよく言われるフレーズであるが、世につ

→もっと見る

  • 2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券