*

今シーズン、日本人が最も胸を張れる出来事。

日本人の海外選手って今はいったい何人いるんだろう?

 

つい10年前までは数えようと思えば数えられたように思うし、20年前なんて片手もあれば指を折れたぐらいの数しかいなかったんじゃないだろうか?

 

国際試合でスタメンの発表が映像で流れるときに、選手の名前のあとに所属クラブが「外国のクラブ名」だっただけで、ちょっと胸を張れる気分になったもんだ。「俺たちの代表にも海外(それもヨーロッパね)でやってるメンバーがいるんだぜ?」って。

 

そしてその後、そのクラブになんとあの有名なクラブの名前が・・・。例えばインテルとか、例えばACミランとか、例えばシャルケとか。

 

セリエAやブンデスリーガでもトップクラスの有名クラブの名前が出場選手の所属クラブ名に載っていたときも、かなり胸を張れた感じだった。

 

で、今や、それがある種当たり前になって、なんとスタートピッチ全員が海外所属になったり、有名クラブに所属している選手が平気でベンチスタートになった今、その胸を張る気持ちも、徐々に慣れてきたというか、「ま、これって、もう普通やし!」って思い出してきて、「胸を張れる」感覚を少し忘れていたのだけれど

 

その「胸を張れる」ニュースが久々に飛び込んできました。

 
 

<Sponsered Link>



 

それが「長谷部誠」のベストイレブン選出。ドイツ・サッカー専門誌のあの「キッカー」が選出したベストイレブンに、フランクフルトの長谷部誠が選ばれたのである。ポジションはDFで。

 

評価もまさに長谷部誠という選手をそのまま表した言葉が並びます。

 

キッカー誌は

『日本人選手のマコト・ハセベは、アイントラハトの長く、偉大なるシーズンの成功を象徴し、保証する存在出ある』と評し、

 

フランクフルトのヒュッター監督は

『彼がいなければうちのチームは成り立たない』と、絶大なる信頼の言葉を彼に寄せている。

 

長谷部の本領発揮、まさに35歳の円熟の存在感である。ドイツ人にこんなコメントを吐かせるなんて、かなり日本人としては嬉しいよね。

 

因みに選ばれた11人は以下の通り

 

GK ペテル・グラーチ(RBライプtィヒ)

 

DF ジョシュア・キミッヒ(バイエルン)

ヴィリ・オルバン(RBライプツィヒ)

長谷部誠(フランクフルト)

ニコ・シュルツ(ホッフェンハイム)

 

MF チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)

マルコ・ルイス(ドルトムント)

カイ・ハベルツ(レバークーゼン)

 

FW ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)

キングスレー・コマン(バイエルン)

ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)

 

どう?この面子。まさに堂々たる、錚々たる面子。その中に我々日本人プレーヤーが名を連ねているというこの事実。昔々奥寺がこの賞をもらったときも、おそろしく胸を張った覚えがあったけれど、実はこの長谷部のベストイレブン選出は、別の「胸張り」があるんよね。

 

それは、「あ、そう。。。長谷部、ブンデスリーガでベスト11を貰ったんや。でもなぁ、もう彼が代表に入ることはないやろうなぁ~。彼自身が代表引退を表明してるし、彼が戻ってきてももう出るとこないやろうし」って。

 

つまり、我々日本サッカーは、ドイツ・ブンデスリーガのベスト11選手でも、もうそれが唯一無二の存在でもなく、「三顧の礼」でフランクフルトに「代表に彼を借りたい」って頼むこともないってこと。

 

くどいようだけれど、ブンデスリーガベスト11選手でさえ代表に絶対的に必要な選手ではないという事実。これ、メチャメチャ「胸張り」な事やと思うんよね。

 

いやぁ~、エライ時代になったもんっす。長生きはするもんやなぁ~。

 
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!
 

サイドバナー




関連記事

僕らは連戦になるとこの選手の名前を叫んでいた。

レンセンブリンクが亡くなったらしい。クライフもいなくなり、また一人、あの時代のオランダの選手がこの世

記事を読む

大杉漣さん逝く。サッカー界の名バイプレーヤーよ永遠に!

「大杉漣さん死去」。それは突然の訃報だった。「え?」っと思わず絶句した人もホントに多かったのでは?

記事を読む

平成最後の日にはやっぱりこれかな?

いやぁ~~~、ずいぶんとご無沙汰してしまってました。こんだけネタを上げずにいたのはいつ以来かなぁ~?

記事を読む

神戸の新監督はグラディオーラの師匠、ファン・リージョ。いよいよ本気か!?

異例だった。「ヴィッセル神戸の吉田監督が退任し、午後から新監督が発表されます」というニュースが午前中

記事を読む

世界で最も過酷なリーグが日本にある!?

J2が第14節を終了して、ちょうど「21試合×2=42試合」の3分の1を消化しました。 &nb

記事を読む

4月を前に、知っておいて欲しい話です。「継続こそ力なり」。

もうすぐ4月です。   4月は新学期、新社会人、新生活の季節。いろいろ環境が変

記事を読む

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか、「王の中の王」とか。これぞ!

記事を読む

6得点が入るリーグってどうよ?

「サッカーは得点が少ないから面白くない」   昔から言われてきたこのフレーズ。

記事を読む

アジアカップで実現!「試合を潰すことは、試合に勝つよりも難しい」

2019アジアカップのサウジアラビア戦で、日本のボールポゼッションが23%強だったという。 &

記事を読む

巻も引退!あの時代のあの選手達が、どんどんいなくなる淋しさ。

先日、女優の(というより、僕の中ではあのマンガの声優のイメージの方が強いんだけど)市原悦子さんがお亡

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




コロナ禍でも絶好調!あの「西松屋」って、メチャメチャ優良企業やったんやね。

♪「にっしぃ、まっつやぁ~~」というCMを見た人、どれぐらいいるのかな

メッシがどこに行っても「興味が湧かない」理由

メッシがバルセロナに決別の意思を示してからしばらく経ちました。

まさに2020年らしい、お盆にチャンピオンズリーグという違和感。

2020年。夏。とにかく暑い。暑い日は、「夏日」という表現から「猛暑」

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

→もっと見る

  • 2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券