*

サッカー日本代表に、ラファエル・シルバを入れる方法(画期的な賀川浩案!)

公開日: : サッカー

浦和レッズが10年ぶりに、ACL王者に輝き、12月6日から始まる「クラブワールドカップ」ではアジア代表として各大陸チャンピオンと対峙する。日本サッカーにとって非常に喜ばしく、そして誇らしい勝利だった。

 

ただ、その勝利を呼び込んだのは、間違いなく一人のブラジル人によるところが大きい。その名はラファエル・シルバ。決勝の1stレグでは左サイドをゴリゴリと突破し、あっという間に相手のディフェンスラインを引き割いた。最後は自分のクロスを自分がまた決めるという、これもまた得点に飢えたFWというのに相応しい得点シーンだった。

 

迎えた2ndレグ。0-0で残り10分。チリチリ、ヒリヒリするゲーム展開。相手は退場者が出たとはいえ、「1点取れば勝ち」という、狙い通りの展開に持ち込み、怒涛の攻めを展開していた。

 

まさに、その瞬間、またもやラファエル・シルバだ。一瞬のスキを突いて身体を入れ替え、抜け出したその瞬間、「ズドン!」である。変に持つこともしないし、変にコースも狙わない。とにかく「ズドン!」。それがまた「宇宙開発(←サッカー用語でゴール上にシュートが大きく飛んでしまうこと)」もせずに、しっかりと枠を捉えて、相手GKの側をボールが突き抜けていった。

 

まさに、「これぞ!フォワード」である。

 

この瞬間、いや、試合が終わってからもこう思った人は決して少なくなかったのではないだろうか?「ああ。ラファエル・シルバが(日本)代表にいたらなぁ~」と。

 

<Sponsered Link>



そんなこんなを思いながら、日本人で初めてFIFA特別賞を受賞した、92歳にて現役サッカージャーナリスト、あの高名なる「賀川 浩」先生のサッカーサロンがあったので、そこにちょこっとお邪魔してたところ、その場で先生がこんなとんでもない「提案」を持ち出した。

 

「ラグビーの日本代表のように、サッカーも外人が日本代表に入れるようになったら面白いのにね」と。

 

これ、考えもしなかったっすわ。その昔、「日本代表キカキカ(帰化)作戦」という案を唱えはしましたが、それでも帰化条件は覆しようもないと決めつけておりました。賀川先生よりも〇十年も若造の僕なのに、そんな柔軟な発想、まったくもって思い浮かばない・・・。我が頭の固さにしばしショックを受けました。

 

確かに調べてみると、日本ラグビー協会では【①出生地が当該国 ②両親、祖父母のうち一人が当該国出身 ③当該国で3年以上継続して居住歴がある の、いずれかを満たした場合は代表資格が得られる】とあった。

う~ん、この③を使えば、ラファエル・シルバは充分に日本代表ではないか?フッキだって代表に入れるのではないか?いや、今からでも遅くないから、イブラ様に3年間暮らしてもらえれば、日本代表で試合に出ていただけるかもしれないぞ?

 

ま、どれだけ妄想しても「FIFA」がこんな約束事を認めるわけないけどね(苦笑)。それに万一このルールをサッカー界に適用したら、それこそW杯は「ブラジル人対ブラジル人」のブラジルだらけの「ブラジル大会」になったりしかねないもんね。

 

しかし、それでも、やっぱり、ラファエル・シルバって日本代表に欲しいよなぁ~。

 

で、ここで一句。『フォワードの、原点みたり、ラファエル・シルバ』(雰囲気字余り?)

サイドバナー




関連記事

怪物くん。引退を表明。ドリフ大爆笑のあの鉄板フレーズはもう使えないのか?

アナタは「怪物くん」と聞いたら何を思い浮かべますか?   「♪おれは、かいぶつ

記事を読む

ハリー・ケインが止まらない!それでも新記録の4年連続プレミア得点王にはなれない理由とは?

ハリー・ケインがまた点を獲った。というニュースを見ても、もう何も誰も驚かない。どちらかというと「へぇ

記事を読む

8年ぶりのJリーグ、鹿島復帰の内田篤人が凄い!実は今頃気づきました。

内田篤人が鹿島に復帰しました。8年ぶりのJリーグらしいです。シャルケに7年、ウニオン・ベルリンに1年

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ナ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

クリスティアーノ・ロナウドってなんやかんや言うて、メチャメチャ凄いんとちゃうのん?と、今思ってしまった理由。

17-18のチャンピオンズリーグは、グループリーグのステージが終わり、いよいよノックアウトステージへ

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ア】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

私の天才列伝。栄えある1回目は『礒貝洋光』

今回は勝手に「シリーズ化」を目論んでおります「私の天才列伝!」 その一回目をお贈りしたいと思っ

記事を読む

ロシアW杯でテルスター復活!?歴代W杯で最高のサッカーボールとは?

サッカーで最も必要なものは何でしょうか?ゴール?審判?ユニフォーム?それとも選手でしょうか?

記事を読む

サッカー好きの彼氏にピッタリのクリスマスプレゼントをご紹介します!

彼氏がサッカー好きの彼女は今年のクリスマスプレゼント、どういうものを考えているのでしょうか?サッカー

記事を読む

ラファエル・シルバの中国移籍に球団は痛手。という報道に違和感を感じるところは?

出ました!ラファエル・シルバの中国電撃移籍。こんなん今に始まったことでも何でもないっしょ?ひと昔前か

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




平昌オリンピックは韓国現地で盛り上がってるのでしょうか?現地からの声を聴いてみました。

羽生弓弦の感動の金メダルで、いっきに盛り上がりのピークを迎えている「平

サッカーにおける旧くて新しい公式です

我々は、一つの出来事を記号で表わすことが多い。ひとつの事象を説明する際

身体能力とは何ぞや?

今回は「【身体能力】について、その解明と分析をどなたかにお願いしたい」

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ナ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血

もうすぐ春。春といえば?「安部礼司」と「いかなごのくぎ煮」

日曜の黄昏時と言えば皆さんは何をしています?いわゆる「笑点」タイムから

→もっと見る

PAGE TOP ↑