*

サッカー日本代表に、ラファエル・シルバを入れる方法(画期的な賀川浩案!)

公開日: : サッカー

浦和レッズが10年ぶりに、ACL王者に輝き、12月6日から始まる「クラブワールドカップ」ではアジア代表として各大陸チャンピオンと対峙する。日本サッカーにとって非常に喜ばしく、そして誇らしい勝利だった。

 

ただ、その勝利を呼び込んだのは、間違いなく一人のブラジル人によるところが大きい。その名はラファエル・シルバ。決勝の1stレグでは左サイドをゴリゴリと突破し、あっという間に相手のディフェンスラインを引き割いた。最後は自分のクロスを自分がまた決めるという、これもまた得点に飢えたFWというのに相応しい得点シーンだった。

 

迎えた2ndレグ。0-0で残り10分。チリチリ、ヒリヒリするゲーム展開。相手は退場者が出たとはいえ、「1点取れば勝ち」という、狙い通りの展開に持ち込み、怒涛の攻めを展開していた。

 

まさに、その瞬間、またもやラファエル・シルバだ。一瞬のスキを突いて身体を入れ替え、抜け出したその瞬間、「ズドン!」である。変に持つこともしないし、変にコースも狙わない。とにかく「ズドン!」。それがまた「宇宙開発(←サッカー用語でゴール上にシュートが大きく飛んでしまうこと)」もせずに、しっかりと枠を捉えて、相手GKの側をボールが突き抜けていった。

 

まさに、「これぞ!フォワード」である。

 

この瞬間、いや、試合が終わってからもこう思った人は決して少なくなかったのではないだろうか?「ああ。ラファエル・シルバが(日本)代表にいたらなぁ~」と。

 

<Sponsered Link>



そんなこんなを思いながら、日本人で初めてFIFA特別賞を受賞した、92歳にて現役サッカージャーナリスト、あの高名なる「賀川 浩」先生のサッカーサロンがあったので、そこにちょこっとお邪魔してたところ、その場で先生がこんなとんでもない「提案」を持ち出した。

 

「ラグビーの日本代表のように、サッカーも外人が日本代表に入れるようになったら面白いのにね」と。

 

これ、考えもしなかったっすわ。その昔、「日本代表キカキカ(帰化)作戦」という案を唱えはしましたが、それでも帰化条件は覆しようもないと決めつけておりました。賀川先生よりも〇十年も若造の僕なのに、そんな柔軟な発想、まったくもって思い浮かばない・・・。我が頭の固さにしばしショックを受けました。

 

確かに調べてみると、日本ラグビー協会では【①出生地が当該国 ②両親、祖父母のうち一人が当該国出身 ③当該国で3年以上継続して居住歴がある の、いずれかを満たした場合は代表資格が得られる】とあった。

う~ん、この③を使えば、ラファエル・シルバは充分に日本代表ではないか?フッキだって代表に入れるのではないか?いや、今からでも遅くないから、イブラ様に3年間暮らしてもらえれば、日本代表で試合に出ていただけるかもしれないぞ?

 

ま、どれだけ妄想しても「FIFA」がこんな約束事を認めるわけないけどね(苦笑)。それに万一このルールをサッカー界に適用したら、それこそW杯は「ブラジル人対ブラジル人」のブラジルだらけの「ブラジル大会」になったりしかねないもんね。

 

しかし、それでも、やっぱり、ラファエル・シルバって日本代表に欲しいよなぁ~。

 

で、ここで一句。『フォワードの、原点みたり、ラファエル・シルバ』(雰囲気字余り?)

サイドバナー




関連記事

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく今日になって、その原因と仕組み

記事を読む

アルゼンチンvsフランス戦の所感。新旧の時代が今日切り替わりました。2018ワールドカップ、終~~了~~~(涙)

アルゼンチンvsフランスの所感。   終わった。終わってしまったよ。ワールドカ

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【タ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

バロンドールのモドリッチと区別がつかなかったもう一人の選手とは?

2018年のFIFAが「年間最優秀選手賞」を発表して、「モドリッチ」が、11年ぶりに「あの二人」以外

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ハ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループBの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

実は私はアルゼンチン人なのです!

皆さん、実は非常に大事なことをこのブログにてお伝えしておりませんでした。私としたことが何と言う不覚!

記事を読む

日本代表で初?現象!これほどサッカーが面白いとは!

森保監督の日本代表、通称ポイチ・ジャパン(これ言ってるの、だんだん僕のところだけになってきた気もする

記事を読む

ダイナミック琉球はサッカーの応援にも使えるぞ!

夏真っ盛り。夏と言えば・・・?はい。やっぱり旧い我々「おっさん世代」は、夏の甲子園やね。もう見るだけ

記事を読む

サッカーワールドカップ。応援するなら期待しよう!期待しないのに応援してはしてはいけません。

今回は、非常にシンプルな事をシンプルに伝えたい。   いよいよワールドカップが

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




世界を知る101冊

皆さんは、秋の夜長、どのような本を手にお過ごしでしょうか? 僕は

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上

つい手を出してしまったキーパーの取り調べ室での会話

ここはとある取調室。一人の男が取締官の尋問を受けている。今回はそんなシ

読裏クラブへの10の質問

今日は、ゆる~~く、私への質問コーナーを設けました。私の好みを知ってい

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく

→もっと見る

  • 2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑