*

2018ワールドカップで今までなかった〇〇〇〇〇試合がとうとう出現!

2018ロシアワールドカップも、グループリーグの最終戦に突入。いよいよベスト16が決まろうとしてます。A~Hの各グループが1節2試合を消化するので、初戦ラウンドは2試合×8グループで16試合。第2戦ラウンドも同じで16試合。そして最終戦ラウンドも同じで16試合。つまりグループリーグは全部で48試合が行われるわけです。

 

ずぅ~っとここまで試合を見ていて、最初のうちは何とも思わなかったんだよ。グループAのロシアvsサウジとかグループBのスペインvsポルトガルの結果を見ても、「よう点入るなぁ~」ってな感じで。

 

で、「大迫ハンパない」で終わったグループHの初戦ラウンドが終わったぐらいから「ん?そうなんか?」って気づいてね。

 

そんな視線で第2戦ラウンドの各グループの戦績をチェックしてたら「え?また?」「ん?またか?」「う~ん、ここもか」と思ってね。

 

「これ、誰も気付いてないのかな?どこも書いてないし!」なんて思っていて、もしそうなら絶対に書いてやるぜ!なんて思ってたんですわ。

 

「いつものワールドカップで、いつものようにあるものが、このワールドカップではぜんぜんない!」という事を。

 

これ、わかります?

 

そう。「0-0」の試合。いわゆるスコアレスドロー。

 

「サッカーは点が入らないからつまんない!」なんて人には、僕はしつこいぐらい「0-0試合の魅力とスリル」を説明するわけです。はい、この教示(説教とも言う・・・爆)を聴いた人は、間違いなく「0-0試合のファン」になります(笑)

 

(スコアレスドローの魅力はこちらでたっぷりと語っております)

 

スコアレスドローについてミシェル・プラプラの名言をご紹介しよう。

 

「サッカーはミスのスポーツです。全ての選手が完璧なプレーをしたら、スコアは永遠に0-0です」

 

そうなんです。0-0というスコアは、そのプレーの完璧度を測る一つの物差しにもなるのです。僕から言わせれば「6-4」とか「8-5」なんてスコアは、それはもはやサッカーではない。ボールを枠に入れ合う、別のスポーツです。

 

鉄壁のディフェンスに、どう知恵と工夫と体力と勇気を使ってゴールをこじ開けにいくか。しかしそれをやればやるほど、自分達のディフェンスが手薄になって、相手にゴールを割られる可能性があがっていく。その波の押し引き、駆け引きの出し入れ・・・それこそがサッカーの醍醐味。

 

そんな「サッカーの醍醐味」が詰まった「0-0」。ましてワールドカップという、おっそろしいほどの超短期間の「星取り」がかかった試合では「0-0」を意識して勝ち取るぐらいの力が優勝するためには必要なはずで、「0-0」と「星取り」と「ワールドカップ」が三位一体となってサッカーというスポーツの醍醐味が成立すると本気で思っているのですが、その「0-0試合」がない(なかった)んですよ。

 

「0-0」がない2018ワールドカップは進歩が止まった最低のワールドカップなのか?

 

そんな「お題」が僕の中でぐるぐると渦巻いておりまして・・・。あとは「どのタイミングでこのお題(テーゼ)」をご提示しようかなぁ~と。

 

 

<Sponsered Link>



 

そんな矢先にとうとう出現しました。フランスvsとデンマーク戦。この二人が演じた「スコアレスドロー」。それがまた星取りの醍醐味が詰まった、別の意味で面白さ満載のスコアレスドローでして、ただ単純なる攻撃力不足とか技術不足でななく、意味がいっぱい詰まった、思いがいっぱい詰まったスコアレスドロー試合。(ちょっとしつこい?爆)

 

この試合、2試合消化して勝ち点6のフランスは無理する必要ない状態。イエローを貰ってるポグバも引っ込め(温存し)、スタートメンバーは6人入れ替え。この時点でフランスのスタンスは薄々解りますわね。つまり「遮二無二勝ちに行くつもりはない」と。で、デンマークは裏側のオーストラリアの戦況を見守りながらゲームを進める。最初こそフランスゴールに襲い掛かるように攻め続けていたデンマークですが、ハーフタイム後はいきなりトーンダウンで、攻撃モードは一気にトーンダウン。ペルーがリードしているのをロッカーで当然聞いたわけです。

 

で、これにまた追加で後半開始5分でペルーが追加点をあげたもんやから・・・(当然その経過も何らかの方法でピッチ内の選手に伝えてるはず)この時点でデンマークの攻撃シグナルは完全ストップ!あとは危険を侵さず、引いて引いて、守って守って。。。「点は入れなくてもええから入れられへんかったらそれでよし!」という、ワールドカップ第3戦特有のモードに突入しました。

 

そう、いわゆる「お手々つないで」モード。

 

で、フランスと二人、残りの40分を「お手々つないでサッカー」を演じてそのままタイムアップの「スコアレスドロー」

 

2018ロシアワールドカップの最初のスコアレスドローが、またまたある種サッカーの醍醐味の一つである「星取りの妙」で実現したのが、ちょっと嬉しく感じる。そんな読裏さんでした。

 

 



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

ガラタサライの長友の盟友、スナイデルが語った意外な日本人選手とは?

長友がトルコのガラタサライに移籍して2週間ほどが経ちました。で、移籍直後にもかかわらず、ガラタサライ

記事を読む

ガンバ大阪の遠藤保仁、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が秒読みへ?

本日驚愕のニュースが我々の元に飛び込んできた(★)     あ

記事を読む

ハリー・ケインが止まらない!それでも新記録の4年連続プレミア得点王にはなれない理由とは?

ハリー・ケインがまた点を獲った。というニュースを見ても、もう何も誰も驚かない。どちらかというと「へぇ

記事を読む

1位がネイマール、2位がメッシ、49位がクリロナ!?って。これ、何の順位やねん!?

1位はネイマール。(うん、まぁそうかい。ちょっと買いかぶりかもよ?)2位はメッシ。(全然面白くもなん

記事を読む

小笠原満男引退!また一人、ゴールデンエイジが消えていく。そしてあの男は?

日本サッカー界で、燦然と輝いた年代があります。年代=エイジ。燦然と=ゴールデンということで、この年代

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ナ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

アジアカップで解った南米の人たちの気持ち

アジアカップが開催されて、大いに!?盛り上がろうとしている感じがしないでもない。そんな感じです。

記事を読む

10年ぶりに復活した「入れ替え戦」がヤバ過ぎるぜ!だからサッカーは面白い!

プロ野球になくてJリーグにあるものはなんでしょう?   そう問われるといろいろ

記事を読む

2018年の名古屋グランパスは台風の目になるジョー?

先日、2018年度を戦う名古屋グランパスの新加入選手とともに全メンバーの背番号も発表されました。

記事を読む

大迫招集拒否に思う、「日本もとうとうここまで来たか」という嬉しさ。

今年のポイチ・ジャパンの最大の試金石は、アジアカップではなく、もちろんキリン・チャレンジカップでもな

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




新元号決定直前企画!新元号の本命はコレだ!?

いよいよあと数日で新元号が発表されます。発表は4月1日の月曜日、まさに

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアと

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑