*

2018ワールドカップで今までなかった〇〇〇〇〇試合がとうとう出現!

2018ロシアワールドカップも、グループリーグの最終戦に突入。いよいよベスト16が決まろうとしてます。A~Hの各グループが1節2試合を消化するので、初戦ラウンドは2試合×8グループで16試合。第2戦ラウンドも同じで16試合。そして最終戦ラウンドも同じで16試合。つまりグループリーグは全部で48試合が行われるわけです。

 

ずぅ~っとここまで試合を見ていて、最初のうちは何とも思わなかったんだよ。グループAのロシアvsサウジとかグループBのスペインvsポルトガルの結果を見ても、「よう点入るなぁ~」ってな感じで。

 

で、「大迫ハンパない」で終わったグループHの初戦ラウンドが終わったぐらいから「ん?そうなんか?」って気づいてね。

 

そんな視線で第2戦ラウンドの各グループの戦績をチェックしてたら「え?また?」「ん?またか?」「う~ん、ここもか」と思ってね。

 

「これ、誰も気付いてないのかな?どこも書いてないし!」なんて思っていて、もしそうなら絶対に書いてやるぜ!なんて思ってたんですわ。

 

「いつものワールドカップで、いつものようにあるものが、このワールドカップではぜんぜんない!」という事を。

 

これ、わかります?

 

そう。「0-0」の試合。いわゆるスコアレスドロー。

 

「サッカーは点が入らないからつまんない!」なんて人には、僕はしつこいぐらい「0-0試合の魅力とスリル」を説明するわけです。はい、この教示(説教とも言う・・・爆)を聴いた人は、間違いなく「0-0試合のファン」になります(笑)

 

(スコアレスドローの魅力はこちらでたっぷりと語っております)

 

スコアレスドローについてミシェル・プラプラの名言をご紹介しよう。

 

「サッカーはミスのスポーツです。全ての選手が完璧なプレーをしたら、スコアは永遠に0-0です」

 

そうなんです。0-0というスコアは、そのプレーの完璧度を測る一つの物差しにもなるのです。僕から言わせれば「6-4」とか「8-5」なんてスコアは、それはもはやサッカーではない。ボールを枠に入れ合う、別のスポーツです。

 

鉄壁のディフェンスに、どう知恵と工夫と体力と勇気を使ってゴールをこじ開けにいくか。しかしそれをやればやるほど、自分達のディフェンスが手薄になって、相手にゴールを割られる可能性があがっていく。その波の押し引き、駆け引きの出し入れ・・・それこそがサッカーの醍醐味。

 

そんな「サッカーの醍醐味」が詰まった「0-0」。ましてワールドカップという、おっそろしいほどの超短期間の「星取り」がかかった試合では「0-0」を意識して勝ち取るぐらいの力が優勝するためには必要なはずで、「0-0」と「星取り」と「ワールドカップ」が三位一体となってサッカーというスポーツの醍醐味が成立すると本気で思っているのですが、その「0-0試合」がない(なかった)んですよ。

 

「0-0」がない2018ワールドカップは進歩が止まった最低のワールドカップなのか?

 

そんな「お題」が僕の中でぐるぐると渦巻いておりまして・・・。あとは「どのタイミングでこのお題(テーゼ)」をご提示しようかなぁ~と。

 

 

<Sponsered Link>



 

そんな矢先にとうとう出現しました。フランスvsとデンマーク戦。この二人が演じた「スコアレスドロー」。それがまた星取りの醍醐味が詰まった、別の意味で面白さ満載のスコアレスドローでして、ただ単純なる攻撃力不足とか技術不足でななく、意味がいっぱい詰まった、思いがいっぱい詰まったスコアレスドロー試合。(ちょっとしつこい?爆)

 

この試合、2試合消化して勝ち点6のフランスは無理する必要ない状態。イエローを貰ってるポグバも引っ込め(温存し)、スタートメンバーは6人入れ替え。この時点でフランスのスタンスは薄々解りますわね。つまり「遮二無二勝ちに行くつもりはない」と。で、デンマークは裏側のオーストラリアの戦況を見守りながらゲームを進める。最初こそフランスゴールに襲い掛かるように攻め続けていたデンマークですが、ハーフタイム後はいきなりトーンダウンで、攻撃モードは一気にトーンダウン。ペルーがリードしているのをロッカーで当然聞いたわけです。

 

で、これにまた追加で後半開始5分でペルーが追加点をあげたもんやから・・・(当然その経過も何らかの方法でピッチ内の選手に伝えてるはず)この時点でデンマークの攻撃シグナルは完全ストップ!あとは危険を侵さず、引いて引いて、守って守って。。。「点は入れなくてもええから入れられへんかったらそれでよし!」という、ワールドカップ第3戦特有のモードに突入しました。

 

そう、いわゆる「お手々つないで」モード。

 

で、フランスと二人、残りの40分を「お手々つないでサッカー」を演じてそのままタイムアップの「スコアレスドロー」

 

2018ロシアワールドカップの最初のスコアレスドローが、またまたある種サッカーの醍醐味の一つである「星取りの妙」で実現したのが、ちょっと嬉しく感じる。そんな読裏さんでした。

 

 



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

本田がなんと!カンボジア代表監督に就任!?

ロシアワールドカップが終わって、「次のカタール大会に出場しない」と、名言は避けたものの事実上の日本代

記事を読む

ガラタサライの長友の盟友、スナイデルが語った意外な日本人選手とは?

長友がトルコのガラタサライに移籍して2週間ほどが経ちました。で、移籍直後にもかかわらず、ガラタサライ

記事を読む

究極の対決(選択)!気持ちが引き裂かれる対戦。試合の結果は?

その昔、それは今から20年前のことです。1998年。日本代表が初めてワールドカップに出場しました。ワ

記事を読む

アジアカップで実現!「試合を潰すことは、試合に勝つよりも難しい」

2019アジアカップのサウジアラビア戦で、日本のボールポゼッションが23%強だったという。 &

記事を読む

発煙筒が燃える景色

時々、このブログで、ワタクシ、読裏クラブが綴る「日本もここまで来たか」シリーズ。  

記事を読む

西野ブランド赤丸急上昇!セネガル戦の採点

それではセネガル戦(WC)の採点です。   GK 川島 5.5 出た出た出た出た~~

記事を読む

イニエスタよ!もうちょっとだけ、もうちょっとだけ、我慢してくれよん!

暑い。とにかくこの暑さは尋常でない。ほとんど毎日のように「熱中症」というフレーズが飛び交っている。先

記事を読む

クリロナって永遠にゴールを獲り続けるんじゃねーの?

イタリアのセリエA。僕の中では「ある程度のレベルの高さは解かるけど、なんか試合が戦術的過ぎて、ボール

記事を読む

タイで最も有名になった日本人!?

  アジア選手権U23=東京五輪サッカーのアジア予選がいよいよ「ノックアウトステージ」に入

記事を読む

大胆かつ無謀!独断且つ偏愛!ワールドカップグループリーグ完全星取り予想!グループCの巻

始まりました!ワールドカップ2018!一流選手のガチンコ試合。一流の戦術の中で一流のテクニックと一流

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




コロナ禍でも絶好調!あの「西松屋」って、メチャメチャ優良企業やったんやね。

♪「にっしぃ、まっつやぁ~~」というCMを見た人、どれぐらいいるのかな

メッシがどこに行っても「興味が湧かない」理由

メッシがバルセロナに決別の意思を示してからしばらく経ちました。

まさに2020年らしい、お盆にチャンピオンズリーグという違和感。

2020年。夏。とにかく暑い。暑い日は、「夏日」という表現から「猛暑」

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券