*

2018ワールドカップで今までなかった〇〇〇〇〇試合がとうとう出現!

2018ロシアワールドカップも、グループリーグの最終戦に突入。いよいよベスト16が決まろうとしてます。A~Hの各グループが1節2試合を消化するので、初戦ラウンドは2試合×8グループで16試合。第2戦ラウンドも同じで16試合。そして最終戦ラウンドも同じで16試合。つまりグループリーグは全部で48試合が行われるわけです。

 

ずぅ~っとここまで試合を見ていて、最初のうちは何とも思わなかったんだよ。グループAのロシアvsサウジとかグループBのスペインvsポルトガルの結果を見ても、「よう点入るなぁ~」ってな感じで。

 

で、「大迫ハンパない」で終わったグループHの初戦ラウンドが終わったぐらいから「ん?そうなんか?」って気づいてね。

 

そんな視線で第2戦ラウンドの各グループの戦績をチェックしてたら「え?また?」「ん?またか?」「う~ん、ここもか」と思ってね。

 

「これ、誰も気付いてないのかな?どこも書いてないし!」なんて思っていて、もしそうなら絶対に書いてやるぜ!なんて思ってたんですわ。

 

「いつものワールドカップで、いつものようにあるものが、このワールドカップではぜんぜんない!」という事を。

 

これ、わかります?

 

そう。「0-0」の試合。いわゆるスコアレスドロー。

 

「サッカーは点が入らないからつまんない!」なんて人には、僕はしつこいぐらい「0-0試合の魅力とスリル」を説明するわけです。はい、この教示(説教とも言う・・・爆)を聴いた人は、間違いなく「0-0試合のファン」になります(笑)

 

(スコアレスドローの魅力はこちらでたっぷりと語っております)

 

スコアレスドローについてミシェル・プラプラの名言をご紹介しよう。

 

「サッカーはミスのスポーツです。全ての選手が完璧なプレーをしたら、スコアは永遠に0-0です」

 

そうなんです。0-0というスコアは、そのプレーの完璧度を測る一つの物差しにもなるのです。僕から言わせれば「6-4」とか「8-5」なんてスコアは、それはもはやサッカーではない。ボールを枠に入れ合う、別のスポーツです。

 

鉄壁のディフェンスに、どう知恵と工夫と体力と勇気を使ってゴールをこじ開けにいくか。しかしそれをやればやるほど、自分達のディフェンスが手薄になって、相手にゴールを割られる可能性があがっていく。その波の押し引き、駆け引きの出し入れ・・・それこそがサッカーの醍醐味。

 

そんな「サッカーの醍醐味」が詰まった「0-0」。ましてワールドカップという、おっそろしいほどの超短期間の「星取り」がかかった試合では「0-0」を意識して勝ち取るぐらいの力が優勝するためには必要なはずで、「0-0」と「星取り」と「ワールドカップ」が三位一体となってサッカーというスポーツの醍醐味が成立すると本気で思っているのですが、その「0-0試合」がない(なかった)んですよ。

 

「0-0」がない2018ワールドカップは進歩が止まった最低のワールドカップなのか?

 

そんな「お題」が僕の中でぐるぐると渦巻いておりまして・・・。あとは「どのタイミングでこのお題(テーゼ)」をご提示しようかなぁ~と。

 

 

<Sponsered Link>



 

そんな矢先にとうとう出現しました。フランスvsとデンマーク戦。この二人が演じた「スコアレスドロー」。それがまた星取りの醍醐味が詰まった、別の意味で面白さ満載のスコアレスドローでして、ただ単純なる攻撃力不足とか技術不足でななく、意味がいっぱい詰まった、思いがいっぱい詰まったスコアレスドロー試合。(ちょっとしつこい?爆)

 

この試合、2試合消化して勝ち点6のフランスは無理する必要ない状態。イエローを貰ってるポグバも引っ込め(温存し)、スタートメンバーは6人入れ替え。この時点でフランスのスタンスは薄々解りますわね。つまり「遮二無二勝ちに行くつもりはない」と。で、デンマークは裏側のオーストラリアの戦況を見守りながらゲームを進める。最初こそフランスゴールに襲い掛かるように攻め続けていたデンマークですが、ハーフタイム後はいきなりトーンダウンで、攻撃モードは一気にトーンダウン。ペルーがリードしているのをロッカーで当然聞いたわけです。

 

で、これにまた追加で後半開始5分でペルーが追加点をあげたもんやから・・・(当然その経過も何らかの方法でピッチ内の選手に伝えてるはず)この時点でデンマークの攻撃シグナルは完全ストップ!あとは危険を侵さず、引いて引いて、守って守って。。。「点は入れなくてもええから入れられへんかったらそれでよし!」という、ワールドカップ第3戦特有のモードに突入しました。

 

そう、いわゆる「お手々つないで」モード。

 

で、フランスと二人、残りの40分を「お手々つないでサッカー」を演じてそのままタイムアップの「スコアレスドロー」

 

2018ロシアワールドカップの最初のスコアレスドローが、またまたある種サッカーの醍醐味の一つである「星取りの妙」で実現したのが、ちょっと嬉しく感じる。そんな読裏さんでした。

 

 



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

日本代表の問題点を一気に解決する方法を知ってるんやけど、知りたいですか?

今回のネタは、このタイトルそのものです。日本代表は先の欧州遠征で1分1敗の結果に終わりました。ただ、

記事を読む

ガラタサライの長友の盟友、スナイデルが語った意外な日本人選手とは?

長友がトルコのガラタサライに移籍して2週間ほどが経ちました。で、移籍直後にもかかわらず、ガラタサライ

記事を読む

バルセロナがシメオネを一蹴。終わってみればやっぱりメッシ。

リーガエスパニョーラもいよいよ終盤に差し掛かってきて、首位バルセロナがこのままゴールのテープを切るの

記事を読む

遠藤保仁(ヤット)よ!君の夢と僕の夢を叶えるために、この移籍を実現してくれないか?

Jリーグが再開して、いよいよあの「イニエスタ」が神戸のピッチに登場した。ただ、そのプレーは、まだまだ

記事を読む

バロンドールのモドリッチと区別がつかなかったもう一人の選手とは?

2018年のFIFAが「年間最優秀選手賞」を発表して、「モドリッチ」が、11年ぶりに「あの二人」以外

記事を読む

風前のロペテギ

日本のプロ野球では、巨人の高橋監督が、阪神の金本監督が、それぞれ成績不振の責任を取って辞任を発表しま

記事を読む

最後の球回しはお見事!ポーランド戦の採点です

それではポーランド戦の採点です。 GK 川島 7.5 ようやく出ました!カワシ~マ、ビッグセービ

記事を読む

「このくにのサッカー」。日本人初のFIFA特別賞受賞の最高齢サッカージャーナリストが語る。

私が一昨年(2016年)の5月からお邪魔している、サッカーフリークにとっては、ワールドカップ決勝戦の

記事を読む

韓国敗退!シャビィ、大当たりぃ!

2019アジアカップは、ベスト8が出揃って、いよいよノックアウトステージも佳境に入ってきました。

記事を読む

チャンピオンズリーグの準々決勝(ラウンド8)の結果をここで知ることが出来るとは!

4月4日は、桜の満開もピークを迎え、甲子園では選抜高校野球の決勝戦が行われ、プロ野球は開幕後の2カー

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




サッカーが無くなった日々で是非見て欲しい番組がこれ!

今は4月。2020年の4月。ときがときならば、あと3ヵ月で開幕するオリ

神様「志村けん」が、神様になった日

 志村けんが亡くなりました。コロナでまさかこんなことになるなん

サッカーで5つの新ルール変更を実験!その内容と結末は?

  サッカー(というより、フットボール)が、なぜこれほど世界

コロナウィルスでルミナス神戸2が破綻!

ついに、とうとう・・・ 「ルミナス神戸2」(正式名称=ルミナスクルー

こんなパス廻しは見た事ない!13分間の「最強のパス」廻し

  最強のパス廻しとは、どんな状態を言うのだろう? &nbs

→もっと見る

  • 2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券