*

日本代表の問題点を一気に解決する方法を知ってるんやけど、知りたいですか?

今回のネタは、このタイトルそのものです。日本代表は先の欧州遠征で1分1敗の結果に終わりました。ただ、私が言いたいのはそんな「結果」ではなくてその「内容」なのですわ。

 

 

この2試合で日本代表の何が問題なのか?何が足りないのか?ということを述べたいと思います。

 

 

が、私、「読裏」はこれでも「中小企業診断士」です。「ここが課題ですよ」と言ってそのまま「ほったらかし」というわけにはいきません。課題をあげたのならば、その解決方法も示さないといけない。そういうもんです。

 

 

ですので、「課題」と「解決」の2つの視点で、この2試合をシンプルに分析しましょう。

 

 

では、その「課題」から。というよりここが一番の「問題」。それは「急ぎすぎ!」とにかく「速い!」なんでそんなに前に前に行くねん!と。あのさ、●●●君。君がフリーで持っているということは、君のマーク相手は他の選手の側にいるということなんだよ?そういう時はルックアップしながら持ってもいいんだよ?わかる?

 

 

あのさ、■■■君。君がフリーだということは、君が勝負するという選択肢に決めつけなくてもよいんだよ?君のマークが戻ってきたら、また廻したらいいんだよ?解る?その方が相手は「しんどい」んだよ。

 

 

つまりさ、いい意味での「さぼり」と「余裕」がないんだよ。だから中盤でミスる。ミスるからカウンターを喰らって、リズムが悪くなる。リズムが悪くなると余裕がなくなって、また急いで前に前にが出てきて、ほんでもって焦ってまたミスる。これを読裏的専門用語で「悪循環」と言うんだよ(苦笑)わかるね?

 

 

ただ、この試合は、「自分をアッピールする試合」だから、ただ「来たボール」を、「あっちへポーン!」「こっちへポーン!」と、振ってるだけでは代表レースに残れないというのは解るけどね。

 

 

つまり何が言いたいか?というと、「タメ」と「余裕」がまったくない!ということ。キープするだけの時間、ただ回すだけの時間がほとんどない。常に効率的なボール回しで、常に速く回して、常に「次で崩そう」とする。それが間違いなんだよ?わかるね?これが今の日本代表の根本的根源的元祖的直接的確実的な課題なんだよ。

 

 

さて、この課題をどうやって解決する?柴崎にそれを求めるのかい?それはダメだ。それじゃ長谷部かい?彼はそんなタイプじゃないよね。

 

 

解決方法は簡単さ。問題はそんなプレーを得意とする選手がいないということで、彼らがそのプレーを出来ないことではないんだよ。解決方法は簡単さ。それが出来る選手を入れたらいいんだよ。

 

 

え?「そんなこと言っても急に代表に入って順応できるはずないじゃん!?」って?何を言ってるんだい?A代表に何度も何度も何度も何度も選ばれて、何度も何度も何度も何度も試合に出て、何本も何本も何本も何本もそんなパスを回していた選手だったらどうなんだい?問題はないだろう?

<Sponsered Link>




いくら「独自ドメイン」だと言ってもサーバーの無駄遣いはあまり好ましくないから、あまり引っ張るのはよそう。では、この代表の課題に対する解決方法をここで言ってしまうね。

 

 

何度も言わないよ。一度しか言わないからね。いいかい?今の代表の課題を解決する方法だよ。

 

 

 

「遠藤を!遠藤をださんかい!」



※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

 

サイドバナー




関連記事

「このくにのサッカー」。日本人初のFIFA特別賞受賞の最高齢サッカージャーナリストが語る。

私が一昨年(2016年)の5月からお邪魔している、サッカーフリークにとっては、ワールドカップ決勝戦の

記事を読む

ザキトワの演技構成で論戦中に思い浮かんだ一人のサッカー選手とは?

個人資格で参加しているロシアのザキトワ選手が、弱冠15歳の若さで、平昌オリンピックで金メダルを獲得。

記事を読む

アルゼンチンvsクロアチア戦の所感 なんでこんなことになっちまったんだ?

アルゼンチンvsクロアチアの所感。というタイトルですが。。。所感というよりは、嘆きという方が正しいし

記事を読む

神戸の新監督はグラディオーラの師匠、ファン・リージョ。いよいよ本気か!?

異例だった。「ヴィッセル神戸の吉田監督が退任し、午後から新監督が発表されます」というニュースが午前中

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ヤ】【ワ】【ン】の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

究極の対決(選択)!気持ちが引き裂かれる対戦。試合の結果は?

その昔、それは今から20年前のことです。1998年。日本代表が初めてワールドカップに出場しました。ワ

記事を読む

日本代表で初?現象!これほどサッカーが面白いとは!

森保監督の日本代表、通称ポイチ・ジャパン(これ言ってるの、だんだん僕のところだけになってきた気もする

記事を読む

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ア】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血沸き肉躍る年であります。

記事を読む

スコアレスドローの「魅力と美しさ」をもっと知って欲しいです!サッカーは点が入らないから面白い!

スコアレスドロー。この言葉を聞いて何を想像されるだろう?    

記事を読む

『ホンマに来るの?度』史上最大!あのイニエスタがやってくる!その計り知れない影響度

イニエスタが神戸にやってくる?というニュースを最初に見たときには「おうおう、またガセかよ?」「ほぅ~

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




世界を知る101冊

皆さんは、秋の夜長、どのような本を手にお過ごしでしょうか? 僕は

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上

つい手を出してしまったキーパーの取り調べ室での会話

ここはとある取調室。一人の男が取締官の尋問を受けている。今回はそんなシ

読裏クラブへの10の質問

今日は、ゆる~~く、私への質問コーナーを設けました。私の好みを知ってい

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく

→もっと見る

  • 2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑