*

ガンバ大阪の遠藤保仁、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が秒読みへ?

本日驚愕のニュースが我々の元に飛び込んできた(★)

 

 

あのジョゼ・モウリーニョ率いるマンチェスター・ユナイテッドがガンバ大阪に遠藤の獲得を正式にオファーした(★)のだ。

 

 

昨年、モウリーニョはポグバというピースを獲得して彼の野望を達成しようとしたが、それが機能していないのは誰が見ても明らかになってきている。その欠けたピースをフェライニで埋めることが出来るとは到底思えない。

 

 

以前から「我々のチームにはあと最後のワンピースが足りない。私はそれを今探し求めているのだ」と語った(★)モウリーニョが発掘した最後のワンピースは、日本のマエストロ『遠藤保仁』だった(★)!

 

 

実は我々の信頼できる消息筋からは、遠藤がレアルのジダンからも熱烈なラブコールを受けた(★)との情報も入ってきている。「ワタシノキオクノナカデイチバンインショウニノコッテイルノガ、ヤポネノヤットダ」と。ジダンが遠藤のことをヤットと呼んでいることが、いかに遠藤を自分と近い存在であると認識している、一つの証拠だと言える。

 

 

世界のどのクラブも実は中盤の底には(それ自体は贅沢なものではあるが)課題を抱えている(★)。

 

 

バルサだってあの圧倒的なボールポゼッションとパス回しの印象が強いが、後ろのラインはお世辞にも「華麗」とは縁遠い選手が顔を並べており、あの芸術的なボールポゼッションに、更なる極みの美しさを求めている彼らは、「美しき底」を今でも探し求めている(★)。それはセビージャもチェルシーも、そしてバイエルンでもユーべでも同じことだ。

 

 

一方、ジョゼのもとで、完全なるリアリストに変貌したマンチェスター・ユナイテッドは、彼らの野望を達成する準備は整ったものの、世界中のサポーターの満足を得ようと思えば、まだまだ駒を揃える必要があるというのは、衆目の一致するところでもある(★)。

<Sponsered Link>




これもその信頼できる(★)消息筋からの情報だが、ジョゼ・モウリーニョは、遠藤獲得の執念から、この数週間は日本語学校から特別な個人教授を迎え、かなりの日本語を習得して、あろうことか遠藤本人に「YUNAITEDDO NI KITE KURE HEN DESSHARO KA?」と、日本語(のしかも関西弁で)で電話を入れた(★)のだ。

 

 

ここにきて俄然熱を帯びてきた(★)日本の至宝、遠藤。

 

 

ガンバは果たしてどうこれに対処するのか?いや、ガンバよりも遠藤本人はどう応えるのか?

 

 

ある意味ロシアワールドカップの行方よりも、チャンピオンズ・リーグでのそれよりも、そしてプレミアのそれよりも、確実にその注目度は上である(★)。

 

(★)には「らしい・・・という噂がないわけでもないらしい」という言葉を代入して上記の文を完成させてください。

 

 

「なぁ読裏さんよ!ようもまぁこんだけベタベタなエイプリルフールネタをアップさせよんなぁ~!?その神経、信じられへんわ!」と仰るそこのお方!誰がエイプリルフールやねん!そんなん解らへんやろ?もしかしてもしかしたらこれと同じニュースが7月1日ぐらいに出回るかもしれんやろ?

 

 

これがもし現実になったら・・・。その時はこれを「正(まさ)エイプリルフール」って言うんやで!?

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2011年04月01日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。(このネタは4月1日にアップすることでその価値が何倍にも増しますので・・・今日この日にラッシュでアップしております。 爆)

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

 

 

 

サイドバナー




関連記事

バルセロナがシメオネを一蹴。終わってみればやっぱりメッシ。

リーガエスパニョーラもいよいよ終盤に差し掛かってきて、首位バルセロナがこのままゴールのテープを切るの

記事を読む

秋の夜長に読む一冊「スティーブン・ジェラード自伝」

台風の被害に遭われた方々へのお見舞いを申し上げます。 そんな挨拶が通常になる、台風

記事を読む

チャンピオンズリーグの準々決勝(ラウンド8)の結果をここで知ることが出来るとは!

4月4日は、桜の満開もピークを迎え、甲子園では選抜高校野球の決勝戦が行われ、プロ野球は開幕後の2カー

記事を読む

怪物くん。引退を表明。ドリフ大爆笑のあの鉄板フレーズはもう使えないのか?

アナタは「怪物くん」と聞いたら何を思い浮かべますか?   「♪おれは、かいぶつ

記事を読む

ワールドカップ開幕直前!スイス戦の採点です

それではスイス戦の採点です。 GK 川島 6.0 そう言えば最近君のトレードマークの「どや顔」っ

記事を読む

10年ぶりに復活した「入れ替え戦」がヤバ過ぎるぜ!だからサッカーは面白い!

プロ野球になくてJリーグにあるものはなんでしょう?   そう問われるといろいろ

記事を読む

アジアカップで実現!「試合を潰すことは、試合に勝つよりも難しい」

2019アジアカップのサウジアラビア戦で、日本のボールポゼッションが23%強だったという。 &

記事を読む

南野は悪くない!?ドフリーは外れるものなのです!その根拠とは?

先日のアジアカップの1次リーグの第2戦。何とか日本は1-0で勝利をもぎ取りましたが、翌日の仕事場での

記事を読む

大変な駆け引きが繰り広げられたクラシコ。メッシが伝説のプレーヤーと並んだ日。

クリスマスウィークの週末。サンチャゴ・ベルナベウ、レアル・マドリーの本拠地にてクラシコが行われた。普

記事を読む

さぁ決勝だ!さぁ韓国だ!森保監督初優勝か?ここでアジアのブラジルになろうぜ!

アジア大会で森保監督率いるU21代表が準決勝でUAEを破って見事決勝に進出しました。 &nbs

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




Jリーグ開幕!ビッグ3で黒星スタート!だからサッカーは面白い

平成最後の・・・あ、いや、新元号の最初の・・・Jリーグが、いよいよ始ま

オリンピックからあのマークが消える日!?

来年の事を言えば鬼が笑う・・・と言いますが、かと言って来年になってしま

ガンバレ!スルガ銀行!

皆さんは「スルガ銀行」という銀行をご存知だろうか?  

大迫招集拒否に思う、「日本もとうとうここまで来たか」という嬉しさ。

今年のポイチ・ジャパンの最大の試金石は、アジアカップではなく、もちろん

僕にも巨人軍の後輩ができました!その名は坂本!

皆さんは、出身の学校で有名人のOBや、有名人の後輩がいらっしゃるでしょ

→もっと見る

  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑